FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

組紐講座第3回 「唐組平緒」をカタカムナで読み解く

組紐講座第3回1

河野典子先生の組紐講座@サラ・シャンティ
第3回となりました。

いよいよ深みに入ってきた感があります。

御代替わりの『令和』のはじめに相応しい、
伊勢神宮に奉納されるという「唐組平緒」について
どのようにして職人さんが代々技を受け継がれて
いのちを繋ぎ、心を込めて組まれて来たのか・・・
たっぷりとお話をお聞きすることができた貴重な会となりました。

組紐講座第3回2

有職組紐「道明」で研鑽されてきた
河野先生が組まれた唐組が並んでいます。

写真で、手触りまでお伝えすることは難しいかもしれませんが
綺麗だと思いませんか?

とくに、クッキリとした美しい◆菱型◆
これが唐組の特質のようです。

奈良時代から、位の高い高貴な方しか
身に付けることが出来なかった紐と教わりました。

組紐についての知識が深まると
神社やお寺に参拝した時に
そこに納められているものや宝物を見ていく視点が
どんどん変わっていくので楽しいです。
神社やお寺にはそれぞれの特色を示す組み方・結び方が存在していて
時代を超えて悠久の文化の流れを知るという事になります。

河野先生は博識で、帯締めを組みながら
縄文の古神道から続く日本文化を独学で紐解いてこられました。

見習っていきたいところがたくさんあります。


組紐講座第3回3

今回は御皇室の金平糖ボンボニエールも話題でした。
スイカ味とミルク味。
濃厚で美味しかったです。

組紐講座第3回4

不肖、私めの組んだ唐組の紐も、
河野先生の美しい組紐の横に並べられる事になりました。

オハズカシイ・・・。(''◇'')ゞ

唐組は、ただいま絶賛練習中です。

私は今年の春から東京の河野教室に通いはじめて、
さまざまな組紐の組み方を教わっています。
その中でも、唐組は難易度が高いですネ。


これまで、3/26.3/27. 5/8.5/9. 7/25.7/26 と、
手帳を見ると2ヶ月ペースで通っている事に気が付きました。

このごろ忙しすぎて、いつ何をしてきたのか・・・すぐに忘れてしまいます。(;''∀'')
振り返ってみると、頑張っている自分を褒めたくなります。

講座のために、お話をお聴きしなくちゃ・・・と思ったのが最初でしたが、
実際に組んでいくと、その楽しさに、すぐにハマってしまいました。

私はもともと職人気質なんだと思います。
1人で黙々と向き合う組紐は私の性に合っているんですよね。

昔、江坂に住んでいた頃は、
2Dグラフィッカーとしてゲーム開発をしていました。
なにもないところからキャラを産み出すことはとても楽しくて
いまもその延長のような技術でデジタルイラストを描いています。
基本はひとりで黙々・・・が好きなもので
多少煮詰まっていても、そんなに苦にはならないです。

うまく言えませんが
組紐もそれに近い感覚です。

これもあれもみんな、
昔、家に蚕がいた御縁なのかもしれません?

組紐は技術継承者がいなくなれば
その本質は見失われていくばかりのようです。

何ができるかな・・・

私も知らなければならないことが山のようにありますし
皆さんにも、一緒になって、知っていって欲しいと願うばかりです。
河野先生のような技と知恵をお持ちの先生に
これからもたくさん教わっていきたいです。

組紐講座第3回5

組紐と一緒に語られる「君の名は。」です。

吉野先生のカタカムナでも読み解きで話題となっていますが、
河野先生の会では、中心アイテムがずばりの「組紐」なので、いつも当然、話題になります。
本物にも触れられますし、さらに映画の見方も変わります。

組紐講座第3回6

瀧くんの裏に三葉がいる・・・

白鷹酒造「宮水の郷」の宮水も、
六甲山系の夙川の伏流水から仕込まれています。

組紐の関係の方々にも、
ぜひ知って頂きたくて、このお酒を紹介してきました。
これも最初は、洒落が効いててイイじゃん!っていう軽いノリでしたが・・・
すると、お贈りした方たちに、続々と不思議な出来事が起こりだしました。

自然な流れのうちに、映画と同じ流れが揃っていくのです。
ちょっとどころではない、神ハカライ。
ますます楽しくなってきたんだすよネ。
組紐はいのちを繋いでいるんです。

私たちがたくさん組んで結んでゆけるように
瀬織津姫さんがしっかり糸を紡いでくださっているのかな・・なんて思います。
私たちは応えていくことが使命なのかもしれませんね。

組紐講座第3回7

東京メトロには、雑誌が発行されているそうですが
2019年の夏号には、有職道明の特集記事が載っているそうで
中身をちらっと見せて頂きました。

素敵なタイミングです。
表紙の帯締めが虹のようなカラーで美しいです。
皆さんの熱意の現れでは・・!?と思いました。

私もいちど、道明さんの本店へ行ってみたいです。
こんど東京いく時には上野に行こう! \( 'ω')/

組紐講座第3回8

カラ族・クル族は、原日本人。
先生はそう言い切っておられました。

私も感覚的ですが、そう思います。

唐組の「カラ」は縄文文様にも見受けられるようです。
もっと研究してみたいですね。

組紐講座第3回9

シュメールにも行くんですね~。

組紐講座第3回10

講座の最後には、
こちらの展示されている丸源氏組は完成するのでしょうか。

いつか教わりたい丸源氏組です。

組紐講座第3回11

シンプルに2色で組んだ私のオリジナル唐組です。
今後も精進していきます。

---------------------

次回は、11月17日(日)の開催です。

【第4回】
2019年11月17日(日)
【1】組紐図形に見る神聖図形
1.唐組の菱紋
2.両面亀甲の亀甲紋
3.聖徳太子の紐に見る笹波
【2】組紐の図形に見るDNAと遺伝子

詳細はこちら↓
http://salashanti.kir.jp/events/event_index.html#20190519

組紐にご興味ある方は、ぜひ来てくださいね♪

お待ちしています。 (^o^)



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/16(月) 00:48:26|
  2. くみひもLesson

引っ越し大名!

引っ越し大名!

8/30「公開の引っ越し大名」です。

『超高速!参勤交代』シリーズの原作、脚本を手掛けた
土橋章宏の「引っ越し大名三千里」を映画化。

何度も国替え(引っ越し)をさせられた実在の大名
松平直矩(結城松平家)のエピソードを基に、
高額な費用のかかる遠方への引っ越しを
知恵と工夫で乗り切ろうとする
姫路藩士たちの奮闘を描いています。

姫路藩(姫路城)⇢豊後国日田藩へのお引越し!

国替えは藩の一大プロジェクト。
引っ越しのトリセツが生まれていくプロセスが面白かったです。

見どころは、高橋一生さん演じる鷹村源右衛門が
松平家に伝わる天下三名槍の一つ『御手杵(おてぎね)』を振り回す場面です。
これが伝家の宝刀かぁ~。。。

映画『引っ越し大名!』メイキング(高橋一生の大立ち回り)

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/14(土) 10:53:38|
  2. 動画

BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark

オーロラアーク1

BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark
@京セラドーム大阪です。

娘がチケットを取ってくれたので
ふたりで一緒に行ってきました。

Live終了後の余韻が伝わるでしょうか。

久しぶりに熱い涙が流れた・・・
私以上に娘も泣いていた・・・

これ以上は胸いっぱいで語れません。
今日は良い夢見れそうです。

オーロラアーク2

京セラドームの空です。

オーロラアーク3

秋の風が心地よく吹いていました。

オーロラアーク4

ドームのそばにあるモールです。

オーロラアーク5

ニコルが。
二コルがたくさんいる。

相変わらずめちゃカワイイ♪

オーロラアーク6

ガラスのブルースが聴きたいな~と思っていたら
最後に演奏してくれました。

BUMPのみんな、ありがとう ☆彡

明日からまたがんばれるよ!

-------------------
BUMP OF CHICKEN「流れ星の正体」



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/12(木) 23:40:34|
  2. 動画

やはり曹操と卑弥呼を繋ぐ鏡? 『金銀錯嵌珠龍文鉄鏡』

三国史展

東京国立博物館では、
日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」が開催中です。
2019年7月9日(火) ~ 2019年9月16日(月)

「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解きます。
2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせるなか、各地の有力武将が次々に歴史の表舞台へと躍り出ました。
そうして魏、蜀、呉の三国が天下を分かち、新時代へと向かう大きなうねりとなりました。
近年、三国志をめぐる研究は曹操高陵(そうそうこうりょう)の発掘など空前の活況を呈しています。
それらは実物ならではの説得力と、歴史書や物語をしのぐ迫力があります。

(公式サイトより)

そして、こんなニュースも。

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡

日田市の伊藤塾で郷土の歴史研究をされている
佐々木しょうじさんから教えて頂きました。

曹操の墓と日田市のダンワラ遺跡から、
同じ鏡ではないか?と調査が進められている鏡
 『金銀錯嵌珠龍文鉄鏡』に光が射していると!


2010/07/19 に公開

「睡蓮」 ピアノ演奏:yurichopin
http://www.youtube.com/user/yurichopin

コンピューター・グラフィックスによる復元
邪馬台国 卑弥呼の鏡

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡 (金銀錯嵌珠龍紋鉄鏡)
きんぎんさくがんしゅりゅうもんてっきょう
http://www.netpia.jp/history/kagami.htm

九州の古代王国
http://hitakodai.web.fc2.com/
http://hitakodai.web.fc2.com/index2.html

コラージュ・アートギャラリー ガランドヤカフェ
http://garandoya.web.fc2.com/

女王の鏡の修理人
http://blog.livedoor.jp/miketoranoabi/

-----------------------------

大分県日田市の金銀錯嵌珠龍文鉄鏡については、
ホツマツタヱと魏志倭人伝から構想を練られて描かれた
川鍋光慶氏の処女小説「『邪馬台国ラプソディ』でも紹介されています。
ご興味があれば、ぜひ読んでみてください。
卑弥呼を中心にして曹操に繋がる一連の流れを掴みやすいかと思います。
古代九州王朝と大和王朝を、考古学的視点から書かれた新説が満載です。



私は川鍋氏に出会うまで、日田市からこのような美しい鏡が出土していることを知りませんでした。
そして現地で顕彰されている伊藤塾の佐々木氏から鏡のレプリカを見せて頂いたときに
この鏡はもっと世に広く知られるべきだと思いました。
現地に行くと、隠されていることが山のようにあるんだと思い知らされます。

関連記事はこちらです。↓

邪馬台国ラプソディ 卑弥呼の履歴書
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1936.html

『邪馬台国ラプソディ』 聖地巡礼 24 天領日田資料館
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1978.html

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡と久津媛
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-2177.html


東西南北どこを向いても、それぞれの信仰のなかで
独自の天神地祇を執り行ってきた歴史があるのだと思います。

それを表わしているのがフトマニ図で、その流れはトーラスです。
日本から始まって、出て行って、そしてまた帰って来るものです。

鏡は私たちの外側と内側の天地宇宙を表わしているので
『金銀錯嵌珠龍文鉄鏡』の存在が知られていく意味は大きいですよね。
いつか私も実物が見たい。\( 'ω')/

『平成』」の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、
『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」
「内外、天地とも平和が達成される」・・・でした。
夏王朝「禹」の顕彰碑は、調べてみると日本中に存在しています。

『令和』の由来も九州からでした。
麗しい時代の幕開けのように感じられました。

共産党の独裁支配が終わるとき
私たちは、知恵と経験を最大限に活かして
温故創新の文化交流を始めてゆくことになります。

真善美を見つめる眼を磨いていきたいものです。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/10(火) 10:22:27|
  2. 邪馬台国ラプソディ 聖地巡礼

京都太秦 ☆ 君が代の「千代の古道」

かいこのやしろ1

今日はProject Phoenix 2019の壮行会で
京都の太秦へと出かけました。

ここは云わずと知れた秦氏のふるさとです。

かいこのやしろ2

広隆寺の弥勒菩薩像、木嶋坐天照御魂神社(蚕ノ社)、大酒神社は、
二十歳の頃に初めて訪れてから、その後も何度か参拝してきました。
なぜだか、昔から、心に引っかかる場所で
行けば必ず大なり小なり、旅のイベントが待っていたりします。

かいこのやしろ3

個人的には、大酒神社祭神の
秦始皇帝三世孫、孝武王の後裔「弓月君」が気になっています。

出雲の私の実家では、昔は養蚕をしていて敷地には桑畑がありました。
母の郷も出雲忌部ですし、忌部と言えば麁服(あらたえ)、玉造、
祭祀に関わるものであり、蚕の役目は絹糸を産み出すことです。
いまは、組紐について勉強する機会を頂いてます。
蚕は、私にとって、子供の頃は友達でした。
それ故、この流れも必然のような気もしています。

大酒神社では、牛祭(うしまつり)が執り行われていたそうです。
のちに広隆寺で行われ、いまは廃れているそうで、残念なのですが・・・
祇園(=シオン)の牛頭天皇のお祭りも、牛。艮。

仮面を着けた「摩吒羅(またら/まだら)神」が牛に乗り、
四天王と呼ばれる赤鬼・青鬼が松明を持ってそれに従って四周を巡行し、
薬師堂前で祭文を独特の調子で読んで参拝者がこれに悪口雑言を浴びせる。
祭文を読み終わると摩吒羅神と四天王は堂内に駆け込む。
摩吒羅神=秦河勝 ということです。

広隆寺の薬師如来は、吉祥天の姿をしていると言われます。
霊宝殿には、国宝・弥勒菩薩半跏像をはじめ錚々たる仏像が並んでいます。
いつ見ても、見ごたえがあります。
ですが、薬師如来だけは、ガッツリ鍵を掛けられて秘されています。
いつ御開帳されているのでしょうか。そんな場面に出会ったことはなく・・・
こちらの薬師如来さんも、そのお姿は吉祥天のようだと思っても良いのかな?

そんなことを考えていると、夜も眠れなくなります。

今日は、教科書には乗らないような、
秦氏ルーツと自称する方でも知らないような
そんな秘密の場所にいろいろと連れていって頂きました。

その中でも、とくに印象的だったのは、
秦氏による封禅の痕跡が遺されているという
「梅ヶ畑祭祀遺跡」と、その場に存在する「千代のさざれ石(=玄武)」でした。

ここは、京都市の管理で、ふだんは鍵が掛けられて立ち入り禁止のようです。

秦始皇帝が封禅を行ったのはB.C.219. 山東省の泰山で行われたということです。
南郊に円壇を設けて天神を。北郊に方壇を設けて地祇を。
山の上と麓の2か所で天神地祇を祀るそうです。

ここ「梅ヶ畑祭祀遺跡」では、銅鐸が多数出土していたり、
正倉院に保管されているのと同じ二彩の皿、
和同開珎、「秦」と書かれた土器・・・いろいろ出てきているそうです。
そして、ほかでは目に出来ないような、千代のさざれ石が出現。
間違いなく、ここは秦氏が祭祀を執り行っていた重要地点だと感じました。


地元の郷土史家・田井先生は、秦氏の顕彰と
「千代のさざれ石」や千代の古道についての考察を長年されてきたそうです。
今回、その大切な場所へ、私たちをご案内くださいました。(感謝です!)

今日はあちこち見学できて良かったです。
隠れていた本当の歴史が、太秦にもたくさんあることを知りました。
世に現れる時期が、今まさに訪れているのだな・・・としみじみ感じました。

蛇塚古墳1

ほかにも、関連する蛇塚古墳なども訪れて、
盛りだくさんの遺跡探求でした。

蛇塚古墳は気軽に立ち寄る事が出来ますので
少し関連画像を紹介します。

蛇塚古墳2

蛇塚古墳3

蛇塚古墳4

蛇塚古墳6

蛇塚古墳7

蛇塚古墳8

日本から世界へと出ていって、
そして再び戻ってきた海洋民族たち、
私たちの祖先は、
たくさんの文化交流を繰り広げて、
時代に即した新文明を築きあげていったのでしょうね。

蛇塚古墳9

イタリア・ローマでは、エトルリア人の遺跡を見学します。
日本の古墳群との共通点がたくさん見出せる。そんな予感があります。
表先生・杣先生・土居先生のお話も楽しみです。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/07(土) 00:22:42|
  2. Project Phoenix 2019

◇◇ 唐組・白蛇さん ◇◇ 

白蛇1

【唐組】
・刺繍糸2色(白・桃)
・12本持
・20玉
・おもり約100匁
・仕上がりは約45㎝

白蛇2

今年の夏、大橋さんがご案内くださった寒川神社。
そこは霊峰・富士山から注がれる氣と
水の恵みがいっぱいの清々しい場所でした。

そこで購入した、三つ巴のキーホルダー。
やはり白蛇をイメージしてしまいます。

大橋さんも白蛇さんと出会ったことがあるそうで
よほど御縁が深い大切な場所なのだと思いました。

私は唐組の組み方をを覚えたら、
いろんな蛇さんを組んでみたいと思っていました。
白蛇さんを作るのがひとつの目標でしたが
オロチさんを仕上げてから取り掛かると、
スムーズに組むことが出来ました。

わりとイメージ通りです♪
やった♪ \( 'ω')/

蓋つきバスケットに蝶結びしたら
白蛇さんは兎耳に擬態したように見えます。

こういうことをあれこれ考えながら
創ってる時が一番楽しいです♪

白蛇3

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/04(水) 08:57:59|
  2. くみひもLesson

唐組10本 カラフルオロチ

唐組10本1

【唐組】
・刺繍糸5色
・12本持
・20玉
・おもり約100匁
・仕上がりは約45㎝


夏のあいだ、暇を見つけては
唐組を組めるようになりたいと練習していました。

唐組10本2

石見神楽の大蛇(おろち)をイメージしました。

なつかしの国 石見 石見神楽「大蛇」


8本ほど組めば完成・・・と思っていたけれど
勢い余って10本になっていました。

組間違っているところもあるので
課題がいっぱいです。

◝(⁰▿⁰)◜ファー

唐組10本3

緩かったり、締まりすぎていたりして
その手加減のほどが難しく、
なかなか綺麗な菱に仕上げることが出来ません。

刺繍糸は伸縮の幅が大きいように思えます。

ここから色数を減らして、難易度を上げてみようかと。
美しい白蛇さんを組んでみたいです♪

それと、そろそろ絹糸で組んでみようかなと考え中です。

また先生にご教示いただきたいと思います。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/03(火) 11:33:11|
  2. くみひもLesson

ゆかた会@梨木神社

ゆかた会1

9/1です。
新しい月となり、秋らしくなってきました。

今日は、京都御所のとなりにある梨木神社で
緑幸会主宰のゆかた会
(健康能楽ワークショップ&発表会)に参加してきました。

ゆかた会2

お役を頂いた謡曲「竹生島」と
地謡で参加した「西王母」
お仕舞は「絃上」

他の参加者の方の謡にも
いろいろ刺激も受けました。

楽しかったです。ヾ(o´∀`o)ノ

ゆかた会3

能楽師の井上和幸先生から、お謡いを習い始めて
良かったなと思うことがいっぱいあります。

とくに弱点だった喉が、
少しずつ強化されてるような気がします。
この調子でがんばります。

ゆかた会4

謡を聴いていると、なかなか意味深。
そのストーリーには興味が尽きないです。

たくさんの謡を知っていきたいなと思っています。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/01(日) 23:38:52|
  2. まいにち創造♪

笹浪組 龍と鳳凰

笹浪組龍と鳳凰1

お題を頂いて組んでみました。
タイトルは「龍と鳳凰」です。

笹浪組龍と鳳凰2

天上寺秘仏6

2019/8/8
摩耶山天上寺にて。
秘仏御開帳の法要のときに現われた、龍と虹色の鳳凰。

これを目にしてから、
スムーズに組むことが出来ました。

なにごともタイミングってあるよね。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/08/28(水) 00:02:47|
  2. くみひもLesson

サルタヒコさんとサカホコ

茅渟の海

青空と茅渟の海を繋ぐグラデーションが鮮やかです。
8/8の摩耶山天上寺からの帰り道に撮影しました。
六甲山系からは日に照らされた美しい大和国を一望できます。

サルタヒコグラス

このまえ近所のスーパーに買い物に行ったら、
濃縮タイプのジョージア(猿田彦コーヒー監修)が売られていました。
購入すればグラスが付いてくるという事で、ひとつゲットしました。
オレンジジュースに猿田彦のロゴが映えます♪

サルタヒコは、ホツマツタヱに登場する神ですが
いつも大事な局面で大きな鍵を握っている注目人物です。

ホツマツタヱ 23アヤ

くしひこは やまとやまへに 
とのつくり よおかんかえは
としすてに そふよろやちも
きわあれは のちのまもりは
とよけのり  

たまのをいれて すへらきの
よよまもらんは あめのみち

みもろのやまに ほらほりて 
あまのさかほこ さけなから 
いりてしつかに ときおまつ



三諸山の大國魂神さんは
二代目大物主のクシヒコさんで
サルタヒコさんを待っています。

また会いに行きたい。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/08/20(火) 00:19:19|
  2. 未分類
次のページ