FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

シリウス旅行記  松久 正

シリウス旅行記

シリウス旅行記
フツーの地球人が新しい地球と自分に出会うための異次元の旅

保江先生のお話から、
ドクタードルフィンさんの存在を知りました。

ほんとに読んでいると
イルカちゃんが飛び込んできてくれそうです。

本はフィクションと書かれているけれど、
実際、こんなふうに意識の切り替えがないと
自分の現実も周囲も変わりようがない・・と思っています。

疑いを失くしていくと、
不思議なコンタクトも日常で起こり始めます。

大事なのは新しいことに出逢うたび、信頼しあうこと
それと、素直に愉しむことなんじゃないかな~と思います。

私もペンタブを持って
自分の夢を描き始めてからが
新しいストーリーの始まりだったように思います。

いまでもドラマチックな旅の途中ですが。

すご~く共感できました。 \( 'ω')/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/03/19(火) 21:05:22|
  2. 読んだ本とか

出雲を原郷とする人たち   岡本雅享

出雲を原郷とする人たち

https://amzn.to/2HwrtI3

「出雲」発の人びとの移動の歴史を足で辿る、異色の移住・文化史
神話の地・出雲から遠く離れた列島各地に、
出雲という地名や神社が数多く存在するのはなぜか?
全国の「出雲」を訪ね歩くとともに、神話・伝承・考古学・郷土史を博捜し、
「海の道」をメインに各地へ伸びた出雲文化の広がりを解き明かす。
『山陰中央新報』好評連載、待望の単行本化!


------------------

岡本雅享さんの著書「出雲を原郷とする人たち」
この本を購入したのは去年だったと思いますが、
本棚に置いていて、時々読み返しています。

八雲の空 岡本雅享の出雲学
https://twitter.com/okamotomasataka

生まれ育った場所から離れてみて
はじめて気が付く思いというのものがあります。

後ろ髪を引かれる気持ち。
どこに行っても出雲を見つけようとしてしまうところ。

私自身も、出雲が原郷であることを
いつも確認したがっているひとりなのです。

探し出すとキリがないほど
実はどこもかしこも出雲なんだけれど。

同じ感覚の人をいつも探してしまいますが
なんだか自分の中で熱くなりすぎて
時々疲れてしまうほどです。

どうしていつも、追い求めてしまうんでしょうね。
人を。場所を。
その空気、というか神々を。

古志がご出身の岡本雅享さんも、紛れもない出雲人。
とても親しみを覚えて、読んでいて胸が熱くなりました。

大国主命は各地を巡りましたが、
私もまだ行ったことのない土地に出かけてみたくなります。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/03/17(日) 23:24:52|
  2. 読んだ本とか

ドラえもん のび太の月面探査記

2019ドラえもん映画

映画ドラえもん「のび太の月面探査記」を娘と2人で観てきました。

娘は運転免許取り立てホヤホヤです。
これから時々、平日ドライブに付き合うことにしました。
というわけで、ほどよい距離の西宮ガーデンズへドライブです。

最近いろんな映画を見ていますが
今日は最新のドラえもんです。

月面探査記。
見るからに気になるタイルです。
そしてやっぱり、毎回期待を裏切りません。
あん・あん・あん・やっぱり大好き・ドラえもんです。\( 'ω')/

「ともだち歴、46億年。」「信じる力が僕らをつなぐ。」
「ぼくは、想像力を信じる。」
「わたしは、未来を信じる。」
「おれは、友情を信じる。」
「ぼくは、愛を信じる。」
「ぼくは、みんなを信じてる。」
「月のうさぎに逢いに行こう」
「僕らは、想像力を信じてる。」
「帰り道がわかっているから、どんなに暗くても怖くはない」
「道が違っても、同じ光を見上げている」
「万有引力があるんだね。離れてたって友達には」
「思い出だって、思い出さないと死んでしまうから」
「子供の頃、世界を救いたかった。今夜は、あいつを救いたい」
「大人のフリが上手な人が、大人なだけだよ」


名言づくしのドラえもん。


ほんとうのところ・・・
月の裏側には何があるのでしょう?

私ものび太くんが言うように、
楽しい光あふれたウサギワールドだと想像します。

ドラえもんは、いつ見ても泣けます。
純粋な心で湧き上がる思いを大事にしたいものです。

どらちゃん1

見終わった後、ふたりでランチを頂きました。

ウサ耳のドラちゃんを添えて。

どらちゃん2

アニメ映画にも、いつも付き合って一緒に観てくれて、
こんな写真をキャッキャと一緒に撮るのを楽しんでくれる。
娘の存在は、私にとってはとても有難いです。

親子というよりも、ともだち感覚です。 

家族みんな、バラバラに好きなことをしているので、
この頃はみんな、ともだち感覚です。

どらちゃん3

ともだち歴、46億年。
誰にとっても、長く親しんできたともだちはいるはずです。

身近にいて、世話をやいたり、すれ違っていたり。

地球外の惑星にも、月にも、太陽にも。
ここで出逢えていなくても、見ていてくれているのかもしれない。

そんなともだちには、いずれ逢ったときに、
たくさんの経験を語る事が出来るかもしれないです。

信じることで、繋がりあえると思います。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/03/14(木) 19:09:10|
  2. 美味しい創造♪

INDRA MAHAL インドラ マハール

インドラマハール3

今日も食ネタです。
ごはんが美味しいです♪  (๑╹ᗜ╹๑)ノ

最近、お気に入りのお店になりました。
灘区桜口町の「INDRA MAHAL(インドラ マハール)」さんのカレーランチです。

最初に食べておいしいと思った、チーズ入りのナン。
トロトロのチーズがナンにサンドされていて絶品でした。

マハル1

今日食べたのは、プレーンのナンです。ライスも付きます。
カレー2種類と、タンドリーチキン、サラダ、スープ、
最後にチャイも頂いて、1000円ちょっと。

美味しくて、満腹になって、リーズナブルで大満足のランチです。

マハル3

インドのカレーは、ときどき無性に思い出して食べたくなるよね。。。

Pokhara.jpg

ペワ湖から望むヒマラヤ連峰。
ポカラ・ネパール。

その写真が大きく店内に貼られていて、
どこか六甲山系と茅渟の海にもよく似ている気がしました。

お店のご主人は故郷と六甲へ特別な思い入れがあるのかな。
なんだか温かい想いが伝わってくるような景観です。

六甲山は標高932 m ポカラは標高1,400 m
ぜんぜん高さは違うけれど。
なにか共通点が見出せそうな感じがします。

アンナプルナ(ヒマラヤ山脈)=「豊穣の女神」とされています。
六甲山は、六甲比命大善神。
摩耶山忉利天上寺もあり、インド色は濃厚です。

---------------
ヒマラヤの青いケシ 六甲高山植物園



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/03/14(木) 00:09:24|
  2. 美味しい創造♪

風が吹いている

パパイヤリーフ

「翔んで埼玉」を観に行った日に
西宮ガーデンズのPAPAYA・LEAFというお店で
アジアン大人のお子様ランチを頂きました。

ふだん、パンもよく食べていますが
やっぱりご飯を食べるとホッとします。

大陸のミャオ族・モン族の稲作や祖霊信仰などを見ていると
魂の故郷とも呼べる場所のひとつなのかもしれないとも感じます。
アジア料理を食べながら、いつも思うことです。

西日本にしか縁がないと思い込んでいた私は
北関東には直接的な繋がりはなにも無いと思っていました。

ですが、きっと行かなければ分からないし
行けばなにかが待ってくれているにちがいない、とも思います。

かつて稲作を日本に伝えた人たちも
同じ思いがあったのかもしれません。

東から昇ってゆくお日様の光を
全身全霊で受けとめてみたいと。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/03/09(土) 23:02:44|
  2. 美味しい創造♪

映画 「翔んで埼玉」

翔んで埼玉

ずっと気になっていた原作:魔夜峰央さんの
実写映画「翔んで埼玉」を観てきました。



公式サイト
http://www.tondesaitama.com/

漫画『翔んで埼玉』のヤバい名言ランキングベスト15!豪華キャストで実写化

めっさ面白いです~!
映画でこんなに笑ったの久しぶりです。

埼玉愛に溢れてます。
崎玉はやっぱり「サキタマ」だ!

もういっかい見たいです。

北関東のとくに埼玉県人の皆さまと
仲良くできそうな気がします~!\( 'ω')/

  1. 2019/03/08(金) 14:33:30|
  2. 動画

『平成』の誓ひ~忘れ難き「昭和」の精神~小笠原貞宗Pf.



2019/03/05 に公開

〈作曲者からのメッセージ〉 

この「『平成』の誓ひ」は、以前に公開した「『明治』の教へ」(平成二年秋完成)
https://twitter.com/oge323/status/999672565101555712
の一年前に作曲されたものである。
作曲期間は、平成元年(1989年)七月~十月だったと記憶する(完成は平成元年十月十八日)。
今から30年も昔のことだ。そんなに長い時間が経ったとは俄かに思えず、
振り返ってみると今更ながら隔世の感を禁じ得ない。
この間、時代も大きく変化してきたことは言うまでもない。
実はこの曲の1年前に、「『昭和』への祈り」という、同種の曲を自作自演したことがあった。
それはまさに「昭和」最後の日々の思いを私なりに、音楽作品として定着しておきたかったからであった。
昭和六十三年秋、十月のことである。

この最初の「『昭和』への祈り」は、今は適当な音源もなく、
直近で録音する計画も立っていないが、後に続く「『平成』の誓ひ」 「『明治』の教へ」という、
一連の纏まった「近代日本」描写シリーズの謂わば記念すべきスタートに当たる作品だった。
何故、このような硬めのテーマで作曲することになったのだろうか。
今思い返してみると、やはり、偉大な「昭和」が間もなく終焉を迎えるという、
かつて経験したことのない重大な事態への畏れの感覚、途轍もない緊張感が、
当時の私の頭を支配していたからとしか考えられない。

言うまでもなく、「昭和」の戦前の歴史~大東亜戦争~敗戦~戦後復興~戦後の繁栄、
という大きな流れは一人の日本人から見ても驚嘆すべき歴史であり、
そこに天皇として一貫して君臨しておられた「昭和天皇」という御存在は、
私にとって親しみというより、畏敬と崇拝の対象だった。敢えて誤解を恐れずに言えば、
私のような日本人にとっての「神」であった。
その聖上が病に倒れられ、今まさに臨終の時を迎えるという
緊張感と喪失の予感は、とても尋常なものではなかったのである。
「『平成』の誓ひ」が、今振り返れば、そんな尋常ならざる空気を
そのまま引き継いだ音楽になっているのも、そのためであると言っていいと思う。
平成元年二月に出版された、小室直樹『昭和天皇の悲劇』
(カッパ・ビジネス)の最後の一行にはこう書かれてあった。
「昭和六十四年一月七日のこの日、日本人が失ったものがいかに大きかったか、年を追って強く気づくであろう。」
まさにこのことを音楽として表現するために書かれたのが「『平成』の誓ひ」だったのである。

曲は、昭和六十四年一月七日、昭和天皇崩御の瞬間の静寂に遡る。
当時の小渕恵三官房長官が「平成」の二文字を掲げた写真(平成元年一月八日)は
歴史的にも有名になったが、そのイメージと共に音楽は始まる。
冒頭、シ~ミ~レ♯~ミ という下降する四つの音が、単音でシンプルに鳴らされる。
これは音名に変換すると、H~E~Es(=レ♯)~E となり、
そのまま「平成」という元号を発音した時の音をドイツ音名で表したものである。
これがこの曲の基本モティーフであり、下降形になったり、
上行形になったりしながら全編中で執拗に繰り返され、全曲を支配する音楽的細胞となっている。
先帝陛下を失った日本国民の哀しみ、偉大な時代が遂に終わったのだという
深い感慨を引き摺りながら曲は進行していく。

途中、別の作曲者の作品からの引用が挟まる。
タイトルは、『哀の極(かなしみのきわみ)』(フランツ・エッケルト作曲の葬送行進曲)。
平成元年二月二十四日、大喪の礼の日、先帝陛下の御遺体を乗せた霊柩車が、
人々が沿道を埋め尽くす雨の中を、葬祭場に向かって厳かに移動していた。
その時、自衛隊音楽隊の演奏した調べが、この『哀の極』だったのである。
当時、テレビ中継を粛々として見つめていた私は、後で録画テープを繰り返し再生し、
この哀しい調べを採譜して、自作曲「『平成』の誓ひ」に謹んで引用することを決心したのだった。

哀しみはクライマックスに向かうが、そのまま大破局とも言えるクラスターに向かって
急降下する。この二回の強烈なクラスターは二発の原爆の大音声のエコーとも言えるかもしれない。
二回のクラスターの硝煙の中から立ち上ってくる旋律は、「『昭和』への祈り」で使われた主題であり、
後の「『明治』の教へ」で、日露戦争を描く場面で勇壮な形に変容させて使用した旋律である。
敢えて名付けるならば、「近代日本の栄光と哀しみ」を象徴する主題と言えるかもしれない。

作曲当時の平成元年は、まだバブルも弾けていなければ、
その後長期に亘る平成不況も顕現していない、
まだまだ明るい空前の好景気を謳歌していた時だった筈である。
それがどうして大破局に向かうかのような縁起でもない音楽を書いたのか、
私自身にも良くわからない。この「平成」という新時代は、
いずれ未曽有の辛い時代に入り込んでいくという、
漠然とした暗い予感を私なりにキャッチしていたとしか言いようがないのである。
そして、それは大体において予感した通りの時代になったのだった。

曲の後半、国歌「君が代」を後ろから冒頭に向かって逆向きに辿る
「逆行・君が代」が、国旗「日の丸」を背景にして二度演奏される。
私はここで、どんなに大変な時代がやってきても、
日本国の光輝ある歴史に立ち返っていけば、必ずや祖国は蘇るに違いないという
「祈り」と「誓ひ」の気持ちを籠めたのである。

「平成」という時代の終わりがはっきり見えてきた今(平成三十一年三月現在)、
この作品を公開することになったのも何かの巡り合わせかも知れない。

今上陛下、皇后陛下におかれては、長きに亘り日本国のため、
憲法で定められた象徴としてのお立場を全うして頂いたことに、
一国民として唯々畏れ謹んで感謝の祈りを捧げるのみである。
次の新時代がどんな世の中になっていくのか、本当のことは誰にも分からない。
東アジアの近隣周辺国では、いよいよ大動乱が近いのではないかとの観測が出始め、
我が日本国にも少子高齢化と人口減少の波、AIによる産業構造の大転換に加え、
そもそも生きる希望が見えにくい時代になってきたという、あまり嬉しくない将来展望がなされている。
私は日本人の一人として、日本国の繁栄を何よりも望むものであり、
それを通じてこそ、世界全体の平和に貢献することが真っ当な姿だと信じて疑わないものである。
ここに新たなる時代の胎動を感じながら、
三十年前に作曲した「『平成』の誓ひ」を謹んで公開する次第である。

この作品は、平成十二年十二月五日、
元長州藩士の子爵・山尾庸三の御子孫、山尾信一氏に献呈された。
山尾信一氏は、昭和天皇崩御から大喪の礼までの喪服期間、
交代で先帝陛下の御遺体をボランティアとしてお守りした数少ない日本人の一人であり、
平成四年の宮中歌会始の「読師」を務められたほどのお方だった。
ある方の仲介により、お知り合いになることができ、
何度もお会いしてお話を伺うことが出来たのは、誠に幸運なことだった。
最も相応しい方に「『平成』の誓ひ」を献呈させて頂き、
私の自筆譜をお渡しすることができたのは、誠に有難いことだったと、
今でも深く感謝している次第である。

尚、この録音は、平成十二年十二月二十六日~二十八日、
埼玉県県民活動センター小ホールにて収録されたものである。

 平成三十一年三月六日   小笠原 貞宗 記す
------------------------------------------


小笠原貞宗さん作曲の
『平成』の誓ひ~忘れ難き「昭和」の精神~
ぜひ聴いてください。

御代がわりのいまだからこそ、
在りし日の昭和天皇に思いを馳せるひとときがあります。
曲を聴きながら、振り返ってみたりしました。

新しい御代には、新しい光が
いっぱい降り注がれますように。\( 'ω')/


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/03/06(水) 23:02:21|
  2. 動画

組紐・麻・翡翠 蝶結び

組紐と麻と勾玉1

いろいろなアイテムが揃ってきました。
河野先生の組紐。精麻で作った紐。翡翠の勾玉。
それを、ひとつにして身に着けてみました。

河野先生に教わりましたが
この組紐は「唐組(からくみ)」といって
奈良・飛鳥時代の格調高い組紐のようです。
和装の帯締が本来の使い方だろう・・と思います。
着付けもちゃんとできるようにならなきゃ、と思います。

それはそれとして、なにもない普段にこそ、
お馴染みのアイテムにもしていきたいです。
皆に見てほしい、と思います。

縄文っぽい首飾りが出来た~♪と思いましたが
画像に撮ってあらためて見ると、歪んだ下手な蝶結びでした。

(;・∀・) あはは

綺麗な結び眼を作っていきたいです。
新しいチャレンジです。

がんばるぞ~。\( 'ω')/

組紐と麻と勾玉2

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/03/03(日) 09:15:04|
  2. まいにち創造♪

鹿島神宮における日本刀奉納鍛錬

日本武道学会理事で
筑波大学・酒井利信博士(体育科学)の運営されている
「武道 BUDO WORLD」サイトに魅了されました。

出雲にはタタラ場や美作、備前長船など
刀剣の里が身近にありますが、
北関東の刀剣に纏わる地のことは
まだほとんど知らないので
動画を見ていると引き込まれます。

刀剣の光はイノチの煌めきそのものですね。

--------------
日本刀奉納鍛錬



鹿島神宮における日本刀奉納鍛錬の記録映像。
筑波大学の酒井利信教授(体育系、当時准教授)の企画。
故宮入行平刀匠(人間国宝)の高弟である藤安将平氏が執り行われる。

鹿島神宮は剣の神であるタケミカヅチを祀る社です。
剣神の前で武士の魂であった日本刀を鍛錬し、
奉納することによって武の文化性を再認識しようというものです。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/03/02(土) 17:43:50|
  2. 動画

大阪城公園の梅林 2019春

大阪城の梅1

大阪城公園の梅林の中を歩いて来ました。

大阪城の梅2

梅はまだ三分咲きといっところでした。
週末頃には、たくさんの人出ではないかなと思います。

満開のイイとこだけを撮ってきました。

大阪城の梅3

今日は、夙川 女神庵 ~MEKAMI~
主宰の村井和子さんと待ち合わせです。

女神庵は梅若派緑幸会の分会として発足しました。\( 'ω')/
これから仲間が増えるとイイナ。

大阪城の梅4

お能の幽玄の世界でも梅はたくさん謡われています。

自然の中に包まれていると
空間認識も豊かに広がりそうですね。

大阪城の梅5

桜も良いけれど、梅を見ていると
寒い冬を潜り抜けて、春を迎える喜びに浸れますね。

大阪城の梅6

お堀には屋形船も。

大阪城の梅7

お堀の水を見ていると、
以前よりも透明感が増しているような気がしました。

鏡のように澄んだ水になっていくのかな。
水の都、そして花いっぱいの城下町が続いてゆきますように。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/02/26(火) 20:41:31|
  2. 散歩(大阪)
次のページ