瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

目神山(女神山)

女神山web1

久しぶりのイラストです。
西宮市にある目神山のイワクラ・イラストです。

目神山は女神山。
甲山大師・神呪寺の境内地であり、
甲山八十八ケ所磐座巡りとして知られている場所です。

目神山イワクラ

こちらが、本来のイラククラ(タマゴ岩)です。
モデルにした巨大な岩です。

御覧のとおり、本来この場所は、コスモスなどは咲いたりしません。

近くに廣田明神影向岩という岩があり、
そちらの付近では、春になると
コバノミツバツツジがピンクの彩りを添えてくれますが
ここにはむき出しの岩がゴロゴロと点在していて、お日様に照らされているのみ。

女神山web2

今回は、遠近感も無視して、花盛りにして
ほとんどフィクション・ファンタジーの
女神降臨(廣田明神)
はたまた、弁財天、融通観音、降臨図となりました。

女神降臨といえば、なんとなく
満開の花が咲いたようにイメージしてしまいます。

たまには、こんなのも良いでしょう。

なにが現象化されるかわかりません。
ありえないことが起こるかもしれません。

いろいろ想像しているうちに
ドリームいっぱいの絵にしたいと思いました。

女神山web3

ヲシテで書いているのは、
フトマニ・81首目のヲヤマです。

女神山web4



をやま81

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/18(水) 22:11:56|
  2. イワクラ・イラスト

やどちゃん成長記 2 たくさんの宿

やどちゃん10月11日1

オカヤドカリのやどちゃんですが
我が家に来てから、早2カ月が経ちました。

10月に入ってから、めっきり朝晩、冷えてきましたね。

やどちゃんのお部屋には、ヒーターを入れてます。
鍋敷きのようなかたちで、一見ソレとは分からない優れモノです。

そのためなのかどうなのか、
温室状態でめきめき育っているのはガジュマルの木です。
そのうち、よじ登って脱出してしまうかもしれませんね。

やどちゃん10月11日2

あぁぁ 可愛い~

毎日ずーっと見ていたいわ。。。 (〃▽〃)

やどちゃん10月11日3

私たちを創造した創造主の視点も
こんな感じなのだろうか?

沖縄のアマミキヨの視点は?

・・・なんてことを考えつつ、愛でているのです。

やどちゃん10月11日6

こちらが、やどちゃんの宿です。
東急ハンズのクラフトコーナーでで購入した
一番小さな巻貝を被っています。

もっと頻繁に宿の貝を変えるのかな・・・と思っていたけれど
お気に入りをコレと決めたら、それ一筋のようです。

また宿替えの瞬間を見たいわ。。。

やどちゃん10月11日4

かくれんぼも好きみたい。

やどちゃん10月11日5

いまだに性別は謎です。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/11(水) 21:35:15|
  2. やどちゃん

Sirius おおいぬ座の青い星★彡



天界神より受取った「アセンション・3サイン」

kagomeさんの動画が2017.09.30に更新されました。

とっても大切でありなから
ともすれば日常では軽視しがちな仲間たちを見つめていますか。

彼らはいつも寄り添ってくれていて、私たちの身近な存在です。
ひとつひとつのメッセージを受けとめていこう。

ひとはかみなり

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/10(火) 22:16:02|
  2. 動画

古代鏡展示館

1.jpg

加西市の兵庫県立フラワーセンター内に、古代中国の鏡の展示館があります。

秋のお花を見ながらのお散歩も楽しかったですが
私たちの目的は、古代の鏡を見ることでした。

古代鏡展示館
http://www.hyogo-koukohaku.jp/kodaikyou/

展示館のホームページは内容盛りだくさんです。
とても綺麗です。
詳しく紹介されているので
ご興味のある方は、ぜひ御覧ください。

こちらの写真は、鋸歯縁鏡(きょしえんきょう)と呼ばれる
周縁が鋸(のこぎり)の歯のようになっている鏡です。

最古の鏡は、見た目がほんとうに歯車っぽくて
時計の部品の一部みたいなかたちをしていました。

時代・年代は、 二里頭 「夏」 カと呼ばれる時代の鏡です。 

造られたのは、紀元前17~16世紀。
直径・重さは、21.8 cm 769g

トホカミヱヒタメ 

カ(夏)の鏡です。 

ここで出会うことが出来ました。 (^O^)

2.jpg

古い鏡から、順番に見ていきました。

撮影OKの展示館だったので
年代順に写真を撮らせてもらいました。

学芸員の方、見守りの方たちから、詳しくお話を聞くことが出来ます。
とてもお得感のある展示館。。。

3.jpg

最古のものは、祭祀や、呪術的な目的でつくられていた感じがしますが
時代が下るにつれて、文字や装飾が変化していきます。

4.jpg

蛇のような、龍のような・・・複雑な透かし彫り。
これぞ縄文文様、という感じですね。

ひとつひとつ、鏡の中には
その時代の宇宙が描かれています。

5.jpg

その時代の文化や宗教を
保江先生のお言葉を借りれば
まるで「神様ののぞき穴」から覗いているかのように感じます。

6.jpg

龍や鳳凰、花鳥風月 神仙世界など・・・

7.jpg

いくら見ていても、見飽きない世界が広がりますね。

8.jpg
9.jpg

こちらは神代文字のような、遠つ国の文字。
説明文と合わせて御覧ください。

万葉集に出てくるような、恋の歌が書かれているそうです。

鏡は日月の象徴で
男女の妹背の道が描かれている・・・
まったくホツマの世界そのものが、ここにもあるんです。
驚きましたね。。。
やっぱり、という気持ちもあります。

鏡を見てると、古代は地上のあちこちで
日本を中心にして、各地との交流が盛んだったんだな~と思います。

10.jpg
11.jpg

こちの鏡に書かれているのは、
なんだか見た目がヲシテ文字っぽいですよね。

12.jpg
13.jpg
14.jpg

象形的な文字から、現在の漢字のようなかたちの文字が登場したり
時代が変わっていっても、鏡自体の存在はなにか不変な意味を持っていて
大事にされていたものだったんだな・・・と感じます。

15.jpg
16.jpg
17.jpg
18.jpg
19.jpg
20.jpg
21.jpg
22.jpg
23.jpg
24.jpg
25.jpg
26.jpg
27.jpg
28.jpg

最後に見た鏡は、鏡の表側でした。

青銅製の鏡は、常に綺麗に磨かないと曇って錆びてしまうため、
古代中国の鏡も、磨きまくっていたそうです。

日月のように澄んだ美しい鏡面は
男女の愛情を例えるものとして、
また、・君・臣の忠節を象徴するものとして
心を繋いでいくモノザネであったようです。

夏(カ)の時代から続く古代中国の鏡の歴史は
ホツマツタヱで伝えられていた鏡の役割と同じであったということですね。

とても興味深くて、もっと知りたくなります。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/06(金) 17:56:42|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

兵庫県立フラワーセンター

フラワーセンター1

西区に住む友人と一緒に、
加西市豊倉町飯森にある
兵庫県立フラワーセンターを訪れました。

フラワーセンター2

ゲートを潜ると、そこはもう コスモス祭りでした。

ヾ(*´∀`*)ノ

フラワーセンター3

花と噴水。

フラワーセンター4

中央にある、亀ノ倉池。

亀がいたのかどうかは、わかりません。
天上のうろこ雲が、鶴の拡げた羽のように見えました。

秋の空ですね~。
ウットリ。。。

フラワーセンター5

ダリア祭りも開催中です。

フラワーセンター6

フラワーセンター7

フラワーセンター8

神戸から、少し足を延ばせば
こんなに素敵な花園があるんですね。

初めて訪れて、とても感激しました。

満開の花を眺めていると心が和みますね。
もうすぐ菊花展も始まるようです。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/05(木) 22:04:48|
  2. 散歩(神戸)

ヲシテとカタカムナの新しいフォントです。

トコヨ体

カタカムナ土偶

縄文フォルダ
縄文フォルダ jomon-folder

縄文フォルダでは、
ヲシテとカタカムナの
新しいフォントを公開しています。

RJヲシテ・トコヨ体とRJカタカムナ・土偶アイコンを公開しました。
http://jomon.folder.jp/archives/431

・RJヲシテ・トコヨ体
・RJカタカムナ・土偶アイコン  
↑ふたつの新フォントを使って、
渦巻き模様を作ってみました。 (^o^)

PhotoshopとIllustratorで作っています。
フォントが完成していくたびに、楽しくなります。
気軽に文字を使って描きたいものが書けるようになりました。
遊び心も膨らみます。

私はデザイン素材として使っていますが
Wordやメモ帳などでヲシテやカタカムナ文字を使った
レジメや資料などを作成することも可能かと思います。

関心のある方は、どうぞ使ってみてくださいネ。  (/・ω・)/



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/03(火) 15:10:15|
  2. 縄文フォルダ

平安神宮

平安神宮1

9/30(土) 京都観世会館で梅若能を観覧しました。

開場まで、少し時間があったので
平安神宮へ訪れました。

平安神宮2

この空を見ていたら、
とても素通りなどできません。

あの鳥居の奥へと誘われてゆきたい~

そんな気持ちにさせられてしまいました。

平安神宮3

みやこめっせで催しがあった時に
以前訪れていたことがあります。

何年ぶりかなぁ? 忘れてしまいました。

平安神宮4

應天門の前では
フリーマーケットが開催されていて
賑わいがありました。

平安神宮5

ずーっと空ばかり見ていました。

秋の空だなぁ・・・

平安神宮6

青龍くんと一緒に。

白い雲が描くアートを見ていたら
泣きそうになりました。

身体中に清々しい風が
通り抜けていくような感じがしました。

平安神宮7

桓武天皇と、平安京最後の孝明天皇天皇の御二柱が御まつりされています。

京都の祖神様として崇敬されている平安神宮でした。




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/02(月) 08:43:46|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

響き合う能の世界

京都観世会館1

9/30(土) 京都観世会館で秋の梅若能

能 「竹生島 女体」  梅若玄祥
能 「阿漕」 井上和幸
狂言 「萩大名」


を観覧いたしました。

主催は京都梅若会さん。 
和幸会会長の黒田順子さんよりご招待をいただきました。

竹生島・女体は梅若玄祥さんの演です。
竹生島弁財天が真白の狩衣装束で剣を持ち
龍神と対峙し共に舞う姿が妖艶でとても引き込まれました。

阿漕のお話は、伊勢の浦での密漁を重ねて沈め殺された漁師・阿漕が
亡霊となって人間の殺生や執心にかかわる業に延々と苦しみ
沈んでいく様を表現される・・・ちょっと重いテーマの演題でした。

阿漕は、観世流梅若六郎家・能楽師 井上和幸さんの演。
新年に吉野信子先生率いる111カタカムナ伊勢御神事で
内宮磐座で一緒に祝詞奏上をあげた頃が
まるで昨日のことのように思えたりもしました。

弁財天と龍神の邂逅
亡霊の漁師と旅人の一期一会

縁は異なもの・・・

私たちも、不思議な縁で出会わされて結ばされる
良いも悪いも一緒に超えていく因縁・宿縁はあるように思います。
それを超えた先に、新しい扉が開かれるのかなとも感じます。

能の世界は、縁起の世界。
響きそのものの世界でもありますね。

一番の盛り上がりの場面で、
すっぽりと温かい眠気に包まれて、ウトウトとしてしまう瞬間がありました。
528HZ 432HZ の周波数の心地よさと同じことなのかもしれませんね。
ふたつの演目もタイムリーな内容に思えてなりません。

ホツマツタヱのトノヲシテとも密接です。

10/1(日)は正午より、櫻谷文庫にて
いときょう先生、宮﨑貞行先生が、
能の世界とホツマの縄文の宇宙観について講演をなさいます。

お能の観覧の席で、先生方に久しぶりにお会い出来て嬉しかったです。
昨年、高島市で開催された「ホツマ再発見50年・縄文の集い」で
お会いしていた方との再会も続きました。

初めて触れた、奥深い世界・・・
じっくりとお能の響きの世界を堪能いたしました。

ありがとうございます。

京都観世会館2

観世会館側の白川。 
川沿いを歩いて東山駅へ。

白川は淀川水系鴨川支流の一級河川。

流域一帯が花崗岩を含む礫質砂層で構成されているそうです。
まるで、白砂(石英砂)が敷き詰められたように川面が輝いて見えます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/01(日) 09:51:35|
  2. 散歩(その他)

ヲシテと土偶のアイコン手ぬぐいを作ってみました

縄文てぬぐい1

公開中のオリジナル・フォント
「RJヲシテ・土偶アイコン」を使って
手ぬぐいを作ってみました。

縄文フォルダ
縄文フォルダ jomon-folder

↑フォントについて、詳しくはこちらをご覧ください。

公開しているフォントは、誰でもご自由に
ダウンロードしてご使用いただけます。

RJヲシテ・土偶アイコンを使って、手ぬぐいを作ってみました。
http://jomon.folder.jp/archives/398

↑手ぬぐい作りの詳細は
ご興味があれば、こちらのページをご覧ください。

縄文てぬぐい2

なにか作ってみるたびに
新しい発見に出会えます。

縄文てぬぐい3

言霊の世界の奥深さ。

その現代生活での活かし方を
手を動かしたり、頭を使って考えたりしながら
新しいものを試作して生み出していくのは楽しいですネ。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/09/29(金) 12:07:11|
  2. まいにち創造♪

阪神御影 「沢の井」

沢の井1

神戸市、とくに東灘にお住いの皆様はよくご存じと思います。

阪神御影駅の高架下に湧き出ている、名水「沢の井」です。

古くは「澤之井」とも呼ばれるらしいです。

沢の井2

いろいろな謂れがあります。

ここにも神宮皇后伝説です。

神功皇后が朝鮮半島に出兵した帰りに、この泉水に立ち寄られて
化粧のために姿を映したところ、鮮やかに映し出されたため
「御影」の地名がついたという伝説があります。.

また南北朝時代には、この泉の水で酒を醸して
後醍醐天皇に献上したところ、たいそう嘉ばれて、その酒を納めたというお話もあります。
周辺の酒造の一族は、それから嘉納と姓をなのりはじめたという言い伝えもあるそうです。

「柔道の父」と呼ばれる嘉納治五郎も造り酒屋の一族ですね。
御影公会堂でも称えられています。

沢の井3

そんなこんなで、阪神大震災も乗り越えて
こんこんと御影の「沢の井」は、今日も綺麗な水を湛えています。

沢の井4

鯉やカメさんが優雅に泳いでいます。

沢の井5

地元の方の御尽力で綺麗に清掃や管理をされています。

とてもありがたいことですよね。

沢の井6

御影駅はよく利用します。

たまに通りかかっているものの、
ふだんはこんなに覗いてみることが無かったです。

身近で親しみのある地元の名水に
もっと触れていかなければね。。。

クレセント

この「沢の井」を含む御影市場「旨水館」には
パワーストーンのお店・クレセントさんがあります。
オーナーさん&娘さんと、お友達になりました。
石や水の神様にまつわる、いろいろなお話ができて楽しいです。

クレセント=三日月
御影には弓弦羽神社があります。
弓弦羽は、弓張り月の三日月と八咫烏の羽なのかな。

清明な秋月。。。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/09/26(火) 16:35:47|
  2. 散歩(神戸)
次のページ