FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

いよのいし 『人生も宇宙も「0」を「1」にしなければ始まらない』

iyonoishi.jpg

とても感銘をうけた本なので皆さまに知って欲しいです。
いよのいしさんの本です。

「いのちのことば」
「日本のことばで宇宙をひもとく」
「人生も宇宙も0を1にしなければ始まらない」

先日ご紹介したサイエンスナビゲーター・桜井進先生の著書
「雪月花の数学」がお好きな方には響くのではないかなと思います。
日本のこころ・真善美の数学、数霊そのものだからです。

言葉と文字は、数学的法則の「数」から生まれていて
古くはプラトンやアリストテレスの時代より考察されてきたそうです。
数物科学・生命科学・考古学・聖書・古事記・ホツマツタヱ・カタカムナまで・・・
統合していく試みが、ジオメトリー(幾何学)とニュートリノから読み解かれていきます。

それは、宇宙でたったひとつの地球のため!と仰っています。

生命誕生には古事記の造化三神(水素H・酸素O・珪素Si)の働きが必要であり、
=光=ニュートリノ粒子=水 の働きで、満たされて輝くと、解かれています。

古事記については、
「言霊学」では言霊百神=50(虚)と50(実)の+100(働き)、ということを学んできましたが
いよのいしさんの本では、幾何学的なフィジカルサイエンス・ナノサイエンスです。
どちらにしても、神の働き=私たちが知るべきエネルギーのお話なのです。

カタカムナのウタヒも、古事記の神々の名が登場するので
神=エネルギーそのものだと言えます。

その視点で読み解くことができると
古事記はあらためて聖なる書=聖書と同じであるとも感じます。

歴史という一本の軸だけでは語れないほどに
多次元的で面白くて、読んでいてとても楽しいです。

キリスト教ではワイン、日本は御神酒が神前にお供えされますが
「酒は百薬の長」とされます。世界共通かもしれません。
生命細胞は液晶で食物繊維のコレステロール(脂肪)から発見されたと言われていますが
そこで大切とされる食物繊維の構造(コレステリック液晶)の働きは、
「IT構造」にも欠かせないメカニックでもあります。
「人工頭脳」も人体と同じ光学異性体を人工的に作り上げたものです。

「神は天ではなく創造物の中に宿る」

身の回りの物を見ることで、神を知ることができる仕組みになっています。

御神酒は天地創造第四番目に誕生した
宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂ) が司ります。
この神の働きは =微生物発酵の働きです。
(原子転換とエンタングルメントの作用)
これは、沖縄でEM研究をされている比嘉照夫先生も同じことを仰っています。
虚の世界・造化三神のエネルギーの働き(光合成)から生まれた
第四番目の神は、根の国・出雲で御祭りされています。

神は私たちの中に細部に宿るのです。


いよのいしさんの本に出合って
言霊と数霊の理も、ますます紐解けていきそうで楽しみです。


マカバ3


「ホツマツタヱ」には陽陰の働きとして
神なる人の心の真善美が描かれていますが
フトマニ宇宙だって、もしかしたら
N=4 超対称ヤン・ミルズ理論で回転してるのかもしれないし。


フトマニ多面体


多面体を構成するフトマニの数霊宇宙も、
ピタゴラスの定理式(白銀比の二等辺三角形)に集約されて
楕円回転しながら黄金比を描いていく・・・といえるのではないでしょうか?



愛


ホツマツタヱのフトマニ世界は
カタカムナのヤタノカカミの世界と同じです。

物質世界の実のうらには、見えない世界の虚(i)があります。

この世界に i=愛 を広げて、結びあっていくこと

それこそが、瑠璃色の地球を輝かせていくことに繋がっていく・・・と信じています。




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/12/10(月) 01:00:28|
  2. 未分類

昭和天皇物語

昭和天皇物語
「昭和天皇物語」です。現在3巻まで出ています。
ビッグコミックオリジナル(小学館)の連載1話から読んでいました。
多忙で、しばらく読まない期間があったため
コミックを買ってしまいました。\( 'ω')/

昭和天皇のことを、ちゃんと知りたいと思っていました。
宮内庁編修の「昭和天皇実録」は一般購入できるものの、
内容が膨大でとても読み切るのは大変そうです。

漫画だと、やっぱり読みやすくて入り込みやすいですね。
ビジュアルも在りし日の昭和天皇の雰囲気があって良い感じと思いました。

これからのお話の展開は大変なんだろうなぁ・・・と感じますが
自然と目頭が熱くなってしまうのです。

昭和という時代を知っている人たちは
みんなどんな感想を持っているのかな。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/12/07(金) 00:33:36|
  2. 未分類

ホピ丸十字とキリスト意識

アメリカ先住民「ホピ族」の予言を伝える、ランド・アンド・ライフの辰巳玲子さんと、
ヨーロッパ精神史研究所の小林直生先生にお会いしました。

こちらが辰巳玲子さんの
Land and Life(ランド・アンド・ライフ)です。

1986年に製作されたドキュメンタリー映画「ホピの予言」公開に伴い、
監督の宮田雪氏を代表とし、翻訳家・北山耕平氏の協力を得て、非営利団体として発足されました。
ネイティブ・アメリカンのホピ族をはじめとする地球に植え付けられた伝統的な人々ー地球人ーの、
自然(ナチュラル)にそった、質素(シンプル)で、精神的(スピリチュアル)な暮らし方や文化を再生させ、
大地と生命のふたつをあわせて守っていくことを目的とされています。


ホピのシンボル@辰巳玲子さん
(シンボルはLand and Lifeよりお借りしています)

いまとても知りたかった先住民族と宗教のお話です。
シェアして頂ける機会に恵まれて、とても感謝しています。

小林直生先生は、北海道札幌市のご出身。
24歳でドイツに留学されて、以後、23年間シュタイナーを学ばれたそうです。

シュタイナーの「キリスト社共同体」の牧師・司祭を務められ、
帰国してからは東京にコミュニティをつくったり、2009年には大阪にも建てられたそうです。

「キリスト社共同体」とは、信仰を前提にしないキリスト教会のことで
教義もドグマも存在しないそうです。

シュタイナーの神智学から継承された
キリスト教のなかの神秘思想について教えて頂きました。

それはどうやら、アメリカ先住民の「ホピ族」の生き方にも通じるようです。

ホピ族は、自分たちが世界のひな形であると、「未来へ続く道」を「予言」に込めて伝えてきました。
ホピの長老たちを後継していく若い先住民は年々減っていってる現状のようです。

キリスト教は世界で最も信者の多い宗教ですが
コミュニティもいろいろで、一概に一括りにはできません。

宗教の名のもとに、ローマン・カトリックは、カタリ派を異端とし、
フランス・モンセギュールで大虐殺。1000人を火刑にしたという史実もあるようです。

アメリカに入って宗教教義を掲げた白人たちは、
先住の「ホピ族」を含むアメリカインディアンを大虐殺しました。
先住民族は精神の自由をキリスト教よって奪われたのです。

キリストはそれを望んだのでしょうか?
キリスト意識とはいったい何なのでしょうか?

誰もが疑問に感じると思います。

日本人は古神道(八百万の神)とともに在る
と思えば、なおさらに・・・・

辰巳玲子さんは、映画「ホピの予言」の上映会をポーランドで開催したことがあるそうです。
ポーランドでは、アメリカインディアンフェスティバルが42年間も継続して開催されてきたそうです。
そこでの「ホピの予言」上映会は、現地で鑑賞した多くの方が感銘を受けられた、
素晴らしい上映会となったようです。

どうしてポーランドなのでしょうか?
そこにはインディアンはほとんどいないけれど、キリスト教国に馴染めない人たちが
ホピ族のことを知って、集いを持つことで共鳴が生まれていくようです。

ホピの教えや生き方は、アウシュヴィッツ=ビルケナウ・ナチス強制収容所の記憶を
刻み込まれて生きてきたポーランドの人々の心には、深いところまで響いていくようです。
辰巳さんのお話に触れていると、心に温かいものが広がりました。

シュタイナーは4世紀にキリスト教は無くなったと言います。
東ローマ・ビザンチンが国教にしたために、本来の「キリスト意識」というものは消えてしまったと。

宗教は「愛」そのものであるのに「正義」を言い出したら、そこから殺戮が始まっていく。

福音に献身する人たちのことを、「キリスト教原理主義」と呼ぶそうですが

福音派(evangelical)
=古代ギリシャ語でεὐαγγέλιον(エヴァンゲリオン)

「正義の女神」の名のもとに牧師たちは、インディアンを殺していきました。

人間は孤独だと感じるとき、霊的な支えが欲しいと望みます。
ほんとうの「愛」を知るために、これまで彷徨ってきたのですよね。

Ilove you =自分と異なる存在を引き寄せます
Ilike you =同質だから好きですが異質であれば別れます


自分と他者との違いを、喜びとして受け入れること。
それがほんとうの「愛」なんだ・・・と、小林先生は仰います。

私も以上のお話を聞いたときに、心の底から頷けました。

様々な宗教が生まれていっても、みんな自由です。
ひとりひとりの孤独が愛に包まれたら、犠牲もないはずです。

そんなキリスト意識を、普遍的に伝えていったもの。繋いできたもの。
これからも続いていくもの。神宿るもの・・・
それがシンボルでした。

丸十字

島津の丸十字・ケルト十字・太陽の十字架・・
ほかにもいろいろ、精霊と共存する、神道に触れる
小泉八雲の世界でもあります。

精霊・自然霊は、底辺に在りながらも、もっとも高いところに繋がっています。

高みに昇るなら下っていけとも言います。

エメラルドタブレットという石板に刻まれた 
『上なる如く下もまた然り』

そのメッセージも、シンボルに秘められているのかもしれません。

ずっとシンボルの作用は働いてきたということですね。

「キリスト意識」に繋がる人たちは、このシンボルを畏れ敬いながら生きていたようです。
納得させる力があるのでしょう。

ヨハネの福音書・第20章

わたしは、わたしの父
またあなたがたの父であってわたしの神
またあなたがたの神であられるかたのみもとへ上って行く


このメッセージは、

『どこにでもいるんだよ』
『いつも共にいるよ』


いつも「キリスト意識」が包むよ
孤独ではないんだよ・・・


そんなメッセージです。

私がカタカムナやホツマツタヱに出会って、気付いて、教えて頂いたこと・・・
ヨハネはまた、「言霊48音」でもあるということです。

キリスト意識(グレートスピリット)は、シンボルによって普遍的に伝えられてきました。
それにより、人類のあらゆる言語によって理解できるものとなり
全世界の言葉で認識されうる存在となりました。

聖霊降臨祭(ペンテコステ)のはじまりは、48音が鍵だったとも言えると思います。

孤独から生まれた宗教の時代を経験し、あらゆる違いを乗り越えて
ほんとうの愛を広げていくとき

まったく新しい人類文化が花開いて、創造性の花が咲き誇るとき

「キリスト意識」は人類普遍のものとなり、そのとき私たちは太陽の光を受けながら
アルカイックスマイルを浮かべて、歩いていることと思います。


白鳩
(白鳩 2010年10月皇居千鳥ヶ淵で撮影)



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/30(金) 19:31:21|
  2. 未分類

miffy and Hankyu

miffyandHankyu.jpg

たかがメモ帳。 されどメモ帳。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/22(月) 08:32:05|
  2. 未分類

私はあの世の「裁判官」だった: 「霊魂彗星」初めて明かされる魂の発信基地

霊魂彗星

私はあの世の「裁判官」だった
「霊魂彗星」初めて明かされる魂の発信基地


この本の著者である吉田寿治さんと娘さんにお会いしました。

とても興味深い体験が書かれています。

地球のいくつかのポイントに30年に1度訪れる
霊魂彗星(輪廻転生のための星)のシステムを語られています。

人は魂の向上のために
この地上で調和しながら命を繋いで
また生まれ変わっていく、、というお話です。

臨死体験を語られる方も増えましたが
肉体から離れた魂を受け入れて
次の生まれ変わりのサポートをするお役目の方から
お話を聞いたのは今回が初めてでした。

「裁判官」というと、抵抗感を持つ人がいるかもしれません。
吉田さんの印象から、厳しく裁く、というイメージは湧きません。
人事官のような、コンシェルジュのような・・・
もっと相応しい役職名があるのかもしれません。

こんなにほっこりお話できる裁判官の方が
あの世に還れば出迎えてくださるのです。

恐れずに、いつ死んでもいいや、と思って
いまを精一杯に生きていこう。




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/07/10(火) 21:41:56|
  2. 未分類

2018 大祓

2018大祓2

近所の六甲八幡神社では、今年も「夏越の大祓い」です。
6/30に、私も茅の輪をくぐってきました。

授与品を頂いたので、飾っています。

注連縄飾りは、六甲八幡神社のものです。

それと、福岡県太宰府市に鎮座する
宝満宮竈門神社(ほうまんぐうかまどじんじゃ)の
「てるてる晴れ守り」を添えて飾っています。
これは久留米の友人が贈ってくれました。

いつも心は晴れやかに・・・

心がけていきましょう。 (^o^)

2018大祓1

100円ショップの苗から育てている三本のパキラです。
だんだんと室内で御神木っぽい風情がでてきました。
イイ感じです。

クリスマスツリーみたいにしてしまいましたが
こんな飾り方は邪道なのかもしれません。(^-^;

神様の話ばかり書いているのに
我が家には神棚とかは無いのです。
大事なものは部屋の一番良いところに置く感じです。
適当すぎますね。スミマセン。。。

なんにもない

・・・に限りなく近づけていきたいのです。

こうした飾りやお守りは、
いつも愛でていて応えてくれる存在と
寄り添いあうのが良いんじゃないかと思いました。

今日も神戸は暑いです。
梅雨明けまでもうちょっと。

夏の暑さを乗り切っていきましょう。 \( 'ω')/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/07/02(月) 11:52:55|
  2. 未分類

EM(有用微生物)開発者 比嘉照夫さん

EM1.jpg

5月の上旬に、友人の芦屋にある別荘におじゃまして
京都のU-Net 吉彌信子さんからEM(有用微生物)の活性液づくりを教わりました。

発酵した活性液を生活のあらゆる場面で使い始めましたが
空間が浄化されて、清々しい気を放っています。

大下伸悦先生NPO緑の会が制作された、ドキュメンタリー映画 
「無償の愛 わたしの中の宇宙に生きる」 を鑑賞して、EMの凄さを思い知らされました。
きっとそのうち、大下先生プロデュースのYouTubeでも映画は公開されるでしょう。

EM2.jpg

本日は重藤悦男先生主宰の「感動塾」に行ってまいりました。
沖縄のEM(有用微生物)開発者:比嘉照夫先生がゲストです。
お会いできるのを楽しみにしていました。


比嘉先生は、
微生物の底力=愛=思考の利他
それは、すべての力の元となる、と仰います。

微妙なバランスで、
善玉菌にも、悪玉菌にも転じてしまう微生物たち。

人は愛を注がれるとパワフルになれますが
微生物もまた同じようです。

有用微生物は、私たちの目には見えないけれど
量子のエネルギーを秘めている弱くてピュアな存在です。
それを想念世界で生きる私たちが
利他の心で重力波を起こして広げていく。

私たちの想念・祈りの力が
量子もつれを生んで奇跡を起こしていく。

311後の福島では
EMのチカラで74% 放射能が消えたそうです。
小さな存在に私たちの社会が助けられています。

地球にとっては、私たち人間だって
微生物と同じでちっぽけな生命体なんだろうと思います。

ですが、私たちは知恵を持って生きていますから
万物に愛を注いで、周囲を輝かせ
ひとりひとりが大きな原子転換を起こしていけるのです。

人間の身体も90%は微生物と比嘉先生は仰います。
量子の世界は、何にでも変わる世界だということが分かってきました。

世の中の為に、自分は何ができるのだろう?

様々な不条理を受け入れつつも
それを問い続けて生きるのが、私たちの使命なんだと思います。
ピュアな心で、向き合って生きたいものです。

EMを使った畑の作り方や、
効果的な活性液の使い方なども比嘉先生から教わりました。

私もEMさんともっと仲良くなって
一緒に環境浄化の重力波を起こしていきます。 (^o^)

ありがとうございます。









テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/05/31(木) 00:04:06|
  2. 未分類

ヤマタイカ

ヤマタイカ

星野之宣さんの「ヤマタイカ」を読みました。

ここ最近、出雲・神戸から
沖縄・九州のあちこちに訪れて
ぐるぐる歩いているうちに
縄文末期~古墳時代の神々のことを
もっと知りたいと思うようになりました。

川鍋光慶さんの「邪馬台国ラプソディ」からも
その実相の手がかりは掴めます。

星野之宣さんの「ヤマタイカ」はテーマが明確です。

卑弥呼のメッセージは、この時に描かれていた内容と
いまとでは、少しずつ変容しているように思います。

ですが、大切なメッセージはこんなカタチで
伝達されていくんだ…と知ることができます。

上森三郎さんの活動を応援している方たちも
卑弥呼を知っている人たちだから
一緒に動いていけるんだと思っています。

私もイラストなどで伝えていきたいと思っています。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/05/15(火) 08:27:30|
  2. 未分類

奉仕

皇居奉仕1

去年の暮れに2018年版の手帳を購入しました。
スマホがあるからといって、日常の大切なことを
全部その中で管理することはできません。
私はまだまだアナログなところがあります。

そのタイミングで、
皇居勤労奉仕に参加された方からペンを1本頂きました。
滑らかな書き心地のボールペンです。
きっと、2018年は皇室がもっと身近に感じられることでしょうね。

ブログはオープンな日記帳のようなもの。
手帳はメモ書き程度の内容でも
大事なことを記していくことになるのかもしれません。

皇居奉仕2

菊家紋入りのメダル・チョコも。

毎年、なにがしかのお土産を頂きます。
ありがとうございます。

2018年の神戸六甲からの始まりは
矢作直樹先生と保江邦夫先生の講演会の開催です。

天皇陛下の御譲位を控えて
私たちは、どんな1年にしていったら良いのでしょう。

これから出会う人たちとも
2018は忙しくも楽しく充実した日々にして
2019を光いっぱいで迎えます。

そんなイメージを持ちつつ
いまを綴っていきましょう。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/01/06(土) 21:48:20|
  2. 未分類

遥かなる古代出雲 2

出雲本2冊3

岡谷公二さんの新著「韓神(からかみ)と鉄 伊勢と出雲」(平凡社新書)には
知りたかったことがたくさん書かれていました。
視界が少しずつ開けていくような感じです。
その前に書かれている本も、気になったので取り寄せました。
「神社の起源と古代朝鮮」
時間がないので、移動中に読もう。。。

出雲で八岐大蛇を退治したソサノヲは、
イナダ姫と結婚し、八重垣の臣となりました。

ホツマでは、(私の知る限りですが)
その後のソサノヲのことには、ほとんど触れられていなくて
ハッキリわかっていることは、
アマテル神と同じ8人の子供がいて、
その子孫の活躍は三輪山を中心にして記されています。

その八重の雲が掛かって覆っているようなソサノヲの足取りを
島根半島と韓半島をくまなく歩いて検証し、

・鉄神・韓神の正体=ソサノヲ
・植樹神の正体=子供の五十猛命 であり

古代の日本から、半島に渡って
その技術を伝え発展させてきた神であると、岡谷氏は顕彰さています。

「出雲國風土記」も、これからもっと注目されていくと思います。

八幡神の正体=中心にはソサノヲと五十猛命

私はこの春、長野の阿智や伊那の八幡神に参拝し、それを確信していました。
深い山に囲まれた当地には、古代の息吹が微かに残っていて、
肌で出雲と同じフィーリングに包まれていくのを感じたのです。

そんな場所は、伊勢や元伊勢にもあったけれど・・・
長野の山間には、手付かずの自然があり、色濃くそれを感じられたのです。

八幡神のほんとうの姿、ソサノヲの真実、
それが、これからもっともっと、顕れていくと思います。

そして日本で広める役割を、大国主として知られるオオナムヂが果たしたのでは?
さらに明日香で引き継がれ、ホノアカリ~ニギハヤヒ~ウマシマジ ・・・が、
その鋼鉄技術を継いでいってたのでは?

まだまだ憶測の域を出られていませんが・・・

二ニキネ尊やその子孫が称えられている影で、
でも、決して影にはなりきらず、
その存在感は私の中でありありと甦ってきています。

個人的にはそんなふうに想像していますが、真相はどうでしょうか?
この本を読んだら、少し真相に近づけるのかな?

いろいろ期待もしています。


古代の鉄神の叡智は、カタチを変えてこれからも活きていきます。

戦争のための武器とか、軍用機とか
その技術から生み出されたエネルギーの誤用は、すでにもう過去の歴史です。

IT AI 感性を高める映像技術 宇宙工学 メタサイエンス メタセラピー など
新しい医療や科学分野での正の方向への応用が、
現実的に私たちの生活をサポートするためにすでに流用されています。

どこに目を向けて生きていきますか。

1010龍くん

龍くんは私のセントラルサン。
一心同体の霊的なパートナー。
今日はみごとなウロコが顕れました。

ソサノヲとも不二の心で繋がり、
さまざまな思念を現象化させていきます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/10(月) 08:39:17|
  2. 未分類
次のページ