瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

遥かなる古代出雲 2

出雲本2冊3

岡谷公二さんの新著「韓神(からかみ)と鉄 伊勢と出雲」(平凡社新書)には
知りたかったことがたくさん書かれていました。
視界が少しずつ開けていくような感じです。
その前に書かれている本も、気になったので取り寄せました。
「神社の起源と古代朝鮮」
時間がないので、移動中に読もう。。。

出雲で八岐大蛇を退治したソサノヲは、
イナダ姫と結婚し、八重垣の臣となりました。

ホツマでは、(私の知る限りですが)
その後のソサノヲのことには、ほとんど触れられていなくて
ハッキリわかっていることは、
アマテル神と同じ8人の子供がいて、
その子孫の活躍は三輪山を中心にして記されています。

その八重の雲が掛かって覆っているようなソサノヲの足取りを
島根半島と韓半島をくまなく歩いて検証し、

・鉄神・韓神の正体=ソサノヲ
・植樹神の正体=子供の五十猛命 であり

古代の日本から、半島に渡って
その技術を伝え発展させてきた神であると、岡谷氏は顕彰さています。

「出雲國風土記」も、これからもっと注目されていくと思います。

八幡神の正体=中心にはソサノヲと五十猛命

私はこの春、長野の阿智や伊那の八幡神に参拝し、それを確信していました。
深い山に囲まれた当地には、古代の息吹が微かに残っていて、
肌で出雲と同じフィーリングに包まれていくのを感じたのです。

そんな場所は、伊勢や元伊勢にもあったけれど・・・
長野の山間には、手付かずの自然があり、色濃くそれを感じられたのです。

八幡神のほんとうの姿、ソサノヲの真実、
それが、これからもっともっと、顕れていくと思います。

そして日本で広める役割を、大国主として知られるオオナムヂが果たしたのでは?
さらに明日香で引き継がれ、ホノアカリ~ニギハヤヒ~ウマシマジ ・・・が、
その鋼鉄技術を継いでいってたのでは?

まだまだ憶測の域を出られていませんが・・・

二ニキネ尊やその子孫が称えられている影で、
でも、決して影にはなりきらず、
その存在感は私の中でありありと甦ってきています。

個人的にはそんなふうに想像していますが、真相はどうでしょうか?
この本を読んだら、少し真相に近づけるのかな?

いろいろ期待もしています。


古代の鉄神の叡智は、カタチを変えてこれからも活きていきます。

戦争のための武器とか、軍用機とか
その技術から生み出されたエネルギーの誤用は、すでにもう過去の歴史です。

IT AI 感性を高める映像技術 宇宙工学 メタサイエンス メタセラピー など
新しい医療や科学分野での正の方向への応用が、
現実的に私たちの生活をサポートするためにすでに流用されています。

どこに目を向けて生きていきますか。

1010龍くん

龍くんは私のセントラルサン。
一心同体の霊的なパートナー。
今日はみごとなウロコが顕れました。

ソサノヲとも不二の心で繋がり、
さまざまな思念を現象化させていきます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/10(月) 08:39:17|
  2. 未分類

オオタタネコさん

オオタタネコ

クシミカタマさんに心を寄せながら、古代出雲を偲んでいたら
オオタタネコさんのことにも、触れたくなりました。
ふたりは三輪の大物主に繋がるホツマツタヱの編纂者。
フィーリングは似てるけど、性質はちょっと違う感じ。

しわかみのweb

シワカミノ ココロホツマト ナルトキハ ハナサクミヨノ  ハルヤキヌラン
『地上の 心 ほつまと 成る時は  花咲く代の 春や来ぬらん』

ほつまつたゑ(29~40文)を編纂したオオタタネコが
序文の中で記しているウタです。

このウタは、なんだかよく分からないけれど
心にずきゅんと響くというか、
一度目にしてから、ずっと頭の中で回っているという
私にとっては印象の強い、マジナイちっくな歌なのです。
ほかに優れていると思う歌は、たくさんあるのに、これが一番のお気に入りです。

詳しくはこちらを御覧ください↓
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1589.html

この歌は、誰か特定の人に向けられているのではなく、
全方向に広がりや浸透をもたらす光があるからじゃないかな。
過去にも未来にも、遥か遠くまで、見通しながら詠まれた歌です。

皆様も、この一文のこの部分が気になってしょうがない、、、、そんなのがありますか?
私には、いくつかあります。
そこを掘り下げると自分の本質に近づける感じです。
読み方は、何通りもあって、何通りもの理解がある。
それを楽しんでいます。

きっとタタネコさんは、楽しめ~楽しめ~ と伝えていると思うよ。
なので、私は、自分なりの理解でアートにします。
どうせなら、誰もしていないことを、やってみたい。
たぶん、喜んでくれているんじゃないかな。
そう思っていたいですね。

このウタのイラストを完成させてupしたのが、2016年5月18日でした。

2016広島1

そしてそれから9日後の5月27日
アメリカのオバマ大統領が、原爆投下国の現職大統領として初めて、被爆地・広島を訪問。
広島平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花したというニュースが流れました。

そっくりなお花のリースが映し出されているのを見て、思いました。

やっぱり、タタネコさんの歌に感銘を受けるのは、
時空を超えて、世界の調和を伝え続けている歌だからなんだよ。

言霊48音の四十八神は、48音(ヨハネ)の黙示録のヨハネでもあり
言葉は真っ直ぐで純粋な想いを、現象化していくのです。

タタネコさんと、繋がってるな~と実感できた出来事でした。
私たちは、言葉は正しく使わなければならないです。
宇宙も世界も変えていく「音」なのだから。

2016広島2

この時、日本国民の心は癒され
多くの人たちの目から、熱い涙が零れたと思います。

それからまた終戦記念日を迎えて、
秋分と、お彼岸を超えて、、、

いまはどうでしょうか?

偽りの心で
偽りの歴史を刻む
偽りの世界創造を
続けていくのでしょうか?

2016広島3


6月8日、元春日・河内国一宮「枚岡神社」に参拝し
神奈備山である神津嶽にも登拝した時に、境内の掲示板に
昭和天皇の御製が張られているのを目にしました。

西ひがし むつみかはして 栄ゆかむ 世をこそ祈れ としのはじめに

皇統を繋いでいくお立場の歴代の天皇陛下のお心は、
縄文神の心そのものです。

私たちにも、その心を問われています。

まっさらな心で
道を糺して進んでいく時。
おわらせて、はじめてゆく時。

日本と世界の国々の、遥かなる、あめなる道を進んでいくとき。

崇神天皇とオオタタネコが出会ったときも、
国が外来勢力に包囲されて、
疫病が流行り、臣民の心は乱れ、
世界の終わりを迎えようとしていた。

昭和天皇の御代は、
幾度も繰り返される世界戦争に加担せざるを得なくなり、
大東亜戦争で国力を落とし、
一時代の終焉を迎えることになりました。

もしかしたら、崇神天皇とオオタネコの関係は
昭和天皇と国師・三上照夫の関係とも似ていたのかな。

いろいろなことを創造させられます。
ホツマツタヱは、編纂したクシミカタマさん・オオタタネコさん
ふたりの心に寄り添う気持ちで読んでいったら
きっと、読み解けなかったことが、だんだんと見えてくる気がします。
だって、私も同じ。
彼らとルーツを共にする古代出雲人だもん。
時空を超えて分かり合えているはず、そう思っています。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/07(金) 08:37:22|
  2. 未分類

クシミカタマさん

出雲本2冊2

「伊勢と出雲 韓神と鉄」 岡谷公二 
「古代出雲を歩く」 平野芳英


いままで見えないままだった古代出雲が
だんだんと鮮明に甦ってきます。

ホツマツタヱには、いったいどんな古代出雲が描かれているのか
当初は、期待を込めて見ていってたのですが、
私の知りたかったことには、なにも触れられていませんでした。

その時は、心底ガッカリしていました。
それを書いたクシミカタマさんは、
出雲のソサノオの系譜とされているのにね。
なんでよ・・・!?
と思ったんです。

でも、今なら、ちょっと分かる気がする。
きっと彼は遠見ができたんじゃないかな。

未来の日本は、物質至上主義が高じて
国も、世界も、地球の生命みんなが、
まともに生きていけない環境になるっていうことを。
彼は知っていて危惧していたんだろうなと感じます。

鉄の文化をできるだけ隠して、
水田を広げたり農地改革を伝えることのほうが
私たちの意識の進化のために、
新しい精神文明への移行のために
重要だったんでしょうね。

他にも、いろいろな政治外交組織的思惑のうえに
そうなっているのかなとも思いますが。。。

宮﨑駿さんの「もののけ姫」は
人類全体へのテーゼとして創られたんだと思います。
たたら場と森と自然神が出てきますから。

でも、こうして、古代出雲のソサノオとその御子神・五十猛命が
鉄神・植樹神として伝えたことやその本質が見え始めています。

それは、これまで長きにわたって築いてきた物質文明終了と、
新しい精神文明への端境期であることを
知らせてくれているからでしょう。

ちなみに、私の母の生まれ故郷は、
出雲国風土記に書かれているところの意宇郡です。
現在は松江市宍道町。

なんと、家のすぐ傍に、
大物主櫛甕玉命・積羽八重事代主命・五十猛命
お三方が祀られていました。

どひゃぁーーーーーーーーーー \(◎o◎)/!

子供の頃に、訪れたことがあったわ。
思い出した!
思い出した!

もう どれだけディープな出雲人なんだか。。。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/06(木) 09:12:16|
  2. 未分類

遥かなる古代出雲

出雲本2冊

古代出雲のソサノオと鉄の道について、もっと知りたいな。
・・・そんなことを思って書店に行くと、二冊の新刊に巡り合いました。

私の故郷は、出雲国風土記にも記されている、楯縫郡というところです。
ソサノオの八岐大蛇伝説が伝わるところ。
たたら文化や鋼鉄技術発展の元になった砂鉄の宝庫の地。
古代から現代まで銅をたくさん産出してきた銅山にも囲まれています。
もともと、とてつもない磁場の地なのです。
そして韓半島と大陸への窓口。
韓神(カラカミ)との習合・合祀の神社がたくさんあり
韓半島から、地名や苗字、言葉に至る様々な影響を受けまくってきた地域です。

大阪鶴橋の比売許曾神社に参拝してから、
ツヌガアラシト~アメノヒボコ・アカルヒメの生きていた頃が気になりだしました。
崇神天皇の御代も。
時代が下って秦氏の渡来も。

島根半島とは無関係ではないはず。
もっと古代の任那や新羅のことも
知っていったほうが良いんじゃないか・・・と感じるんです。
いつも心に引っかかっていて、胸がザワザワします。

なかなか前進はしませんが
少しずつ本当の古代出雲が見えてくるといいな。

私自身が、古代出雲人で、現代にも生きている
そんな感覚でいるので、
知らないことは心地良くない、と感じるようになりました。

ロボニャンはジバニャンの未来の姿。
ようじゅつ 氷結の術
とりつく鋼鉄パワー(まもりアップ)
ひっさつ ボウギョモードニャン
そしてちょっと寂しん坊


キミは私の相棒だyo!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/05(水) 08:40:01|
  2. 未分類

今村聰夫さん 「はじめてのホツマツタヱ【天】の巻【地】の巻【人】の巻」

はじめてのホツマツタヱ1

今村聰夫さんの「はじめてのホツマツタヱ」天の巻・地の巻・人の巻

コンプリートしました。 ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

はじめてのホツマツタヱ2

天の巻を阪急六甲駅改札前のブックファーストさんで予約注文して購入したら、
以降ホツマ関係の本を置いてくれるようになりました。

それ以前は、まったくホツマの本は見かけなかったんだよね・・・

なかなか身近で手に入らないものはAmazon.comを利用することもありますが、
やっぱり書店に行っての直接購入が、いろいろな意味でベストなんだな~と思いました。

ホツマ関係の本はこれまで苦手でした。
最近になって、ようやく 丸ごと読み込めるようになりました。
ちょっと前までは、眠気がついたり文字がグルグル回ったりして
いつも途中で挫折していたんです。
夢の住人になってしまう。
あっちの世界へ向かう入口への書物だ・・・超おっかねェ・・・
・・・みたいな感覚に思ってました。(笑)
なぜだろう?

なにごともタイミングなのかもしれません。

ベストタイミングで読めたらいい。
きっとそんなもんです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/08/30(火) 08:14:07|
  2. 未分類

慈雨〜神聖なる恵みを求む旅の途上にて〜/小笠原貞宗さん

慈雨〜神聖なる恵みを求む旅の途上にて〜/小笠原貞宗



------------------
《作曲者からのメッセージ》

 今から20年以上も前の、平成5年4月発刊の「理性のゆらぎ」(青山圭秀)は、
科学と超常現象、神と信仰、精神世界と瞑想、
あるいは、運命と予言、といったテーマを扱った、深くて読み易い清々しい印象の本だった。
精神世界を追求する人の多くが著者の人柄に魅了され、
知的で親しみやすい語り口に引き込まれ、多くの読者を虜にしたベストセラーだった。

翌年、平成6年3月には「アガスティアの葉」、さらに同年10月には「真実のサイババ」が次々に刊行され話題をさらった。

私自身も例外ではなかった。
関心を持ち続けている分野なので、新刊情報で知ると、まさに跳ぶ様にして書店に向かったものだった。

これらの著作で青山氏は、インドの聖者「サイババ」についても、まことに興味深いエピソードを披露していた。

それらは常識的にあり得ない不思議な話の連続であり、科学を超えた次元の話であり、
読者の中のある特定の感性を非常に心地よく刺激した文章だった。
これら奇跡と言われる現象について、当時も今も、否定する気持ちにはなれない。
もっとはっきり言うと、ある一定のレベルを突破すると、
ああいう不思議な現象も起きるに違いないと信じているのである。

平成6年の末ごろにはすっかり「サイババ」の信奉者予備軍になっていた私は、
サイババの講和「ブリンダヴァンの慈雨」を、ほとんどよく分からないながらも、一心に読み進めていたのだった。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%85%88%E9%9B%A8-1990%E5%B9%B4-%E3%82%B5%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A4-%E3%82%B5%E3%82%A4-%E3%83%90%E3%83%90/dp/4916138651/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1438690085&sr=1-1&keywords=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3

 一方、ちょうどその頃、平成5〜6年にかけて、九州在住のHさんという(当時60歳代)
不思議な霊能力に恵まれた男性と出会うことになった。
この方は、一面識もない人であっても、その人の名前を見たり、あるいは聴いたりしただけで、
人柄、運命、罹患する病気などを全て当てて見せることが出来るという、信じ難いことをやってのけた。
その信憑性については、この私が証人になる。
当の私自身についても唯一の持病を当てられ、その持病が20数年後にどうなるのかまで予言され、
驚いたことにその通りになった。友人・知人についても、今思えば、全て百発百中であったことに驚く。

 その不思議なHさんが私に向かって、
「あんたは音楽家やろ。仏さんが、あんたにはニ長調がええよ、と言ってますがな。」と笑顔で仰ったのだ。

「私が、ニ長調?」

その意味するところは、未だに不明だが、深く記憶に残る言葉であった。

 サイババの講話集「ブリンダヴァンの慈雨」を読み終えた私は、あるイメージ、ヴィジョンを頭の中に描き始めていた。
それは、心の激しく求めていたものが、最後には遂に与えられるという、神の恩寵のイメージだった。

 サイババの講話から「慈雨」と言う言葉を拝借してタイトルとし、ピアノ曲を作曲しようという気になったのは、
まさにそのような時である。その時、九州のHさんが言う「ニ長調」を基調とする音楽にしようと思い立ったのだ。

聴いて頂ければ分かるが、この曲には完全5度上に向かう音型が繰り返し出てくる。
それは、完全5度が90度の角度を表し、しかも5度上に向かうというのは、天に祈る人間の姿の音化なのである。
そして、遂に恵みの雨、慈雨が天から降り注ぐ・・・・・。

 ここでは詳しくは述べないが、この曲の作曲を終えた平成7年正月直後、
ある不思議な出会いと出来事が私の身に起こったのだった。

(平成27年8月4日記す)


------------------

小笠原貞宗さんが新しい曲をYouTubeにupしてくださいました。

サイババさんが出てくる「理性のゆらぎ」(青山圭秀)さんの本が
実はいま、私の部屋の本棚にもあったりします。

私の周囲には、インド繋がりの人たちがとても多くて、
例えば、現在、上司にあたるサラ・シャンティ清水正博オーナーも
サイババの物質化現象を目の当たりにしたひとりだったりします。

ガネーシャ象がミルクを飲むとか
床にアムリタが湧いてくるとか・・・
目の前で見せられ、生き方に多大な影響を与えられたそうな。。。

それから最近、神智学の神尾学先生と繋がったことで
ますますインド関連・サイババ関連の繋がりが増えてきているという
面白い展開が起こっています。
私も、そこに巻き込まれちゃっているんです。
それでいま、読んでみて・・・と清水オーナーに薦められて
「理性のゆらぎ」(青山圭秀)さんの本が、私の本棚に並んでいるのでした。

私個人にも、面白いサイババさん繋がりがありました。
私は、金属アレルギーになってから、金目のアクセサリーや
ケミカル系の化粧品などを、一切使わなくなったのですが、
それらを排除しても、生活に支障をきたすくらい、アレルギーに悩まされていた時期がありました。
その時、完治に導いてくれた医師も、何度もサイババに会いにインドに行っている人でした。
京都市伏見区の内科医・堀田医師です。
統合医療の、不思議な治療をする先生です。

サイババさん関連の人々には、何度となく助けられています。
生き方に気付きを与えてくださる人たちです。
ほんとうに、これまでとても不思議なご縁を感じる出会いが多かった気がします。


小笠原貞宗さんの「慈雨〜神聖なる恵みを求む旅の途上にて〜」を聴いて・・・

なんて素敵な曲なんだろう・・・と、ウルウルする一方で、
こんなにも興味深いエピソードの中から生まれた曲だったんだ・・・と知り、ますます魅力的に感じました。

ほんとうに、人と人との出逢いって、不思議と神秘に満ちていますね。

ぜひ、多くの皆様にも、小笠原さんの曲をお勧めしたいと思いました。

2011夏出雲大社12



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/08/05(水) 08:40:23|
  2. 未分類

御預二号さんの 「神の見た夢 天地創造の実相」

神の見た夢

御預二号(おあずけにごう)さんの「神の見た夢」天地創造の実相が、アマゾンから発売されました。

二号さんは、私がいつもお世話になっています、
「ほつまつたゑ 解読ガイド」の駒形一登さんでもあります。
http://gejirin.com/index.html
ほつまつたゑ 解読ガイド

解読ガイドのコンテンツの中でも「あめなるみち」として紹介されていたので
以前から少しずつ読ませていただいていました。

アメリカ人チャネラーのジェフリー・ホッピーさんが伝えるメッセージは
ほんとうに、ホツマの冒頭で伝えられている天地創造と
同じことを伝えられているように思えます。

創造主から生まれ出た、神の子・光の子のイメージが
掴みやすく感じられる内容だと思います。

神の見た夢=私の夢 私たちの夢 

私は、御預二号(おあずけにごう)さんの言葉のセンスとチョイスが大好きです。
シンプルで長すぎず、とても読みやすい文章なので
まるで絵本のようにイメージが沸いてきます。

詠み終わって、しばらくは
事切れたかのように眠ってしまいました。
夢の世界で、なにかが整理されていったのかもしれません。

今日はクリスマス・イブ
明日はクリスマス

なんとなくキリストさんから伝えられている内容にも思えたので
24日になったら御紹介したいと思いました。

私は聖書を持っていないし、普段も読みません。
「神の見た夢」は、新時代に向かって走る私のバイブルとなりました。

ありがとうございます。 \(^O^)/

本は発売直後に手にしていましたが、そのタイミングで
眠れる子羊のぬいぐるみが私の手元にやってきていました。

眠れる子羊・・・私なのかも。  w(*・o・*)w

この世の夢から眼を醒ます時がきたようです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2014/12/24(水) 08:20:35|
  2. 未分類