瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

2016盆 出雲へ

2016大山

写真は伯耆富士・大山です。
米子道・大山PA付近から。

ここを通り過ぎる少し前に渋滞に巻き込まれました。
山陰道 のトンネル内で数台が絡む玉突き事故があったようです。
その生々しい現場検証を目撃しました。

あちこちで事故が多発中です。
気を引き締めて
周囲に注意を払っていきたいものですね。

13日(土)、矢作直樹先生の講演会の後で出雲に帰省しました。
14日(日)の夕方まで、とても短い滞在期間でしたが、
両親、おばぁちゃん、ふたりの弟、弟家族と
久しぶりに再会できて楽しい時間を過ごしました。

ちょっとリフレッシュ☆彡
またがんばろう。

しまねっこ2

超ラブリィな
しまねっこのクッキーを召し上がれ♪

しまねっこ

ヽ(=^・ω・^=)丿 ニャァァァァァァァァァァァァーーーー!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/08/15(月) 08:59:07|
  2. 自然(出雲)

龍神たちの雪下ろし

穂積屋1

荒神谷遺跡を散歩してから、お昼ご飯を食べに行きました。

出雲市斐川町にある、地元で人気のうどん・蕎麦のお店です。

鶴華 波積屋 / つるがはずみや

穂積屋2

久しぶりに、出雲蕎麦を食べるつもりが・・・

あまりに寒かったので、鍋焼きうどんを注文してしまいました。

温かくて、美味しかったよ。。。 〃o(*´▽`*)o〃

穂積屋3



日蓮宗の鶴の紋みたい。

丸いマークは、蕎麦の実を引く道具かな。
鶴の恩返しの、機織の糸
糸巻きの糸
運命の赤い糸
そんな感じにも見えました。


ここでは蕎麦打ち体験ができる施設もあるのです。
いつも出雲大社参拝の、多くの観光客さんで賑わっているお店なのです。
大社の近くには、たくさんの蕎麦屋さんがあります。
出雲蕎麦は地元の名産ですから。

美味しいので、ぜひ、皆様にも出雲の蕎麦を食べてほしいなぁ。
・・・といいつつ、うどんを紹介している私です。 てへ♪

雪景色2

実家に帰ると、床の間の掛け軸が変わっていました。

天照皇大神 → 梅ノ木

あっ 弁才天さんがいる。 w(*・o・*)w

2014 元旦 出雲の夜明け
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1111.html

↑この記事の中では「弁才天さんだけがなぜか居ない」と書いていたのに
今回帰省すると、ちゃんと弁才天さんが飾ってありました。
何も伝えなくても、やっぱり両親には、ちゃんとテレパシーが通じてしまうみたい。

嬉しいなぁ♪

そして
去年11月の出雲大神宮で引いたおみくじを思い出してしまいます。

うぐいすの 谷の戸いずる こえはして のきばの梅も さきそめにけり

久しい間のくるしみも 時が来て おのずから去り
なにごとも春の花のさく様に 次第次第に さかえてゆく運です
安心して ことにあたりなさい


-------

出雲に着いた晩、激しい雪下ろしの雷が鳴り響きました。

あぁぁぁ・・・龍神たんが、大暴れしてる。。。

家の屋根を突き破りそうな勢いで
ドスーーーン・ズドーーーーン・バリバリバリ・・・と鳴り続けていました。

雷には慣れているはずの家族たちでしたが、かなりビビッておりました。

私は雨女でもあるけれど
雪女でもあったんだなぁ。。。

それも、かなり顕著になってきてるみたい。ははは。。。(汗)

雪景色1

一夜明けると家の周囲は
御覧のように、いちめんの銀世界に変わっていました。\(^O^)/

うわぁ・・・

トンネルを抜けると、そこは雪国であった  ・・・みたいなね。

玄関を開けると、そこは雪国に変わっていた也。

雪景色3

久しぶりに、雪遊びを愉しみました。\(^O^)/

白兎神ーーーーー。

雪景色4

カエルにも積もってる。

雪景色5

そういえば、このカエルは親子だったんだよ。
ずっと実家の庭にいて、ずっと私にサインを送ってくれていたんだね。

大きなカエルは私。

私が、現世の子供たちを背負ってる。

そして、再会した私の過去生での子供たちをも背負ってる。

子供のカエルは、そんな魂の兄弟たち。

母カエルの私は背負ってる。

再会した過去生の息子たちは、大切な私の伴侶でもあります。

シングルソウルは、ここには並んでいない父カエル。

私たちの親子再会を見届けると、その役割を彼らに引継ぎ、還っていきました。

ずっと長い間、私たちを温かく見守り続けてくれていたんだね。。。

ちゃんと、恩返しをしていけるといいな。

私たちには、これからまだまだ、やることがいっぱいあるね。



いまは多次元的な人生生活を、愉しみながら過ごしています。

これまでも、そんな感じだったけれど。。。


なかなか理解してもらえないお話をしているのかもしれません。


私たちは、すでに「弥勒の世」の中で生きています。


毎日が新しい日々。

どんどん輝きを増していく日々。

虹色の日々。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2014/01/25(土) 09:41:31|
  2. 自然(出雲)

蒜山(ひるぜん)

蒜山1

ここは、米子自動車道の蒜山(ひるぜん)SAです。

1/2 出雲から神戸までの帰り道。

雪がこんなに積もっていました。\(^O^)/ 白い♪

蒜山2

蒜山は火山です。

岡山県真庭市北部鳥取県倉吉市南部に跨って位置しています。

約100万年前に活動をはじめ、約60万年前に活動を停止したそうです。

北隣の大山山系より形成は古く
成分・特徴も似ていて形成過程を重複している部分も多いため
専門家は大山山系の側火山・外輪山と見ているそうですよ。

蒜山3

ほんと、大山と仲良く手を繋いでいる感じの山々です。

そしてやはり、大山同様に、富士山のように青々としていて美しい姿です。

蒜山4

子供の頃、家族みんなで、蒜山高原センターに遊びに行きました。

美味しい空気、高原、遊び場、動物たち、、、気分はハイジです。

ハイジの生活にもちょっと憧れている自分がいます。
出雲の雲州平田も充分に自然を満喫できる田舎なんですけれどね。

それもこれも、みんな良い思い出ですわ。。。

蒜山5

雲が厚くて、光が射したり、蔭ったり。。。

やっぱりここは山陰だね。

蒜山6

オオサンショウオのかたちの御影石のベンチです。

オオサンショウオは、本州から九州北部に生息していて、一生水中で過ごすんですって。
世界中の両生類の中で一番大きな生物なのだそうです。
昼は水中の穴に住んでいて、夜になるとカエルなどの小動物を食べているそうです。

夏になると卵を500個ほど産み
卵を守るのはオスの役目なのだそうです。

このあたりは、オオサンショウオの生息地です。
生きた化石であり、特別天然記念物で絶滅危惧種でもあります。

大切に護られている生物からは
多くのことを教えてもらえそうな気がします。

生きることに必要なことのみでロスカットしつつ自給していく、エコな生き方のお手本にも観えます。
卵を守るのがオスの役目なら、一緒に生きる男女の役割も少しずつ変わっていくのかもしれません。
家族間の子育てだけに当てはまるのではなく、社会観念そのものの変化の中で
本来の能力や役割を活かしていけるヒントをたくさん見つけられるような気がしています。

なにか、いろいろなことを考えさせられます。

オオサンショウオは、人よりも長生きしている生物種だもの。

開発という名の破壊で、彼らの生息地を奪って生きてきた私たちは
護っていかなければならない大切なものが、たくさんあるんだよ。

どこに居たとしても、すぐ傍に。この足元にも。

どうか 忘れないで。。。

オオサンショウオは、生き方を見習うべき大先輩、という感じがしてきませんか。

蒜山7

・・・雪だるまは、娘のお手製です。可愛いでしょ♪

オオサンショウオの背に乗っているけれど
龍(日本列島)の背に乗っているようにも観えました。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2014/01/06(月) 09:56:59|
  2. 自然(出雲)

2014 元旦 出雲の夜明け

正月いずも1

2014年の年末年始を出雲で過ごしてきました。

大晦日の17:00頃だったかな。
米子自動車道の大山(だいせん)PAにて。

雪化粧の大山が見えます。

ここから見る大山は、何度も書いてしまうけれど、本当に富士山にそっくりなのです。
晴れていたから、薄暗がりでもちゃんと拝むことが出来ました。

ちょっと嬉しかったです♪

出雲の実家には、大晦日~1/2まで滞在してきました。
今回はちょっと慌しくて、短かったなぁ。。。

正月いずも4

元旦の朝です。

年季の入った国旗です。
私が子供だった頃から、ずっと昔から我が家にあります。

もうずいぶんとシミだらけになって、所々汚れていたりするけれど
写真では全くそんなことを感じないくらい、綺麗に写っていますね。 

日の丸を見ていると、気持ちがシャキッとしますね。

正月いずも5

床の間には、天照皇大神。

布袋さんや大黒さんが指をさしてる。。。
なんだか面白いな。

ほかにも寿老人さんとかの七福神さんがいるけれど
なぜか弁才天さんは居ないです。

こういうのは、自然と何処かから集まってくるようだから
そのうちに、やって来てくださるのかもしれませんが・・・。


それにしても・・・・
昔に比べて、私の実家もずいぶんと地味なお正月になってしまいました。

祖母・父・母・・・みんな年をとっちゃったんだな・・・と実感しています。

年末に大掃除を手伝おうか、と聞いてみるのですが
別にいいから、と言われてしまうんですよね。

それはそれで、しょうがないのかもね。

みんな、のんびりと静かに新年を迎えて過ごしたいみたいですね。

正月いずも6

床の間の座敷に、滝の写真があるのです。
そうとう古くて、祖父か曽祖父か・・・いったい誰が飾ったのかも不明です。

これは富士宮の白糸の滝なのでしょうか。

私はまだ行って見たことがないので、よくわかないのですが
画像検索して出てくる滝を見ていると、白糸の滝のように見えるんですよね。

教えて偉い人。

白糸の滝で正解?合ってる?

子供の頃からずっと見てきたの。。。

今年こそ、行って確かめて見ようかな。
どうしてこの写真がここにあるのか。
誰かの残した意図と謎が知りたい。

元旦の誓いが、白糸の滝詣になってしまった。。。

正月いずも3

庭には、五月に咲くサツキが、ちらほらと咲いていました。

正月いずも2

こんなに寒いのに。。。

儚げなピンクで可愛いね。

正月いずも7

2013年冬至の日に、桜・梅・アーモンドの木は神戸の近所にはいっぱいあるけれど
柑橘系はあまりなくて寂しい・・・みたいなことを書いていましたが

実家に帰ると、柑橘系だらけでした。

しかも、毎年少しずつ増えているような気がする。。。

これはユズの木。
もうほとんど実が成っていないけれど。。。

正月いずも8

こちらもユズ。

私が父の還暦祝いに贈った木です。

良い形のユズがたくさん成っていました。

本当に良い香り。
大好き♪

正月いずも9

はっさく。
今が食べごろです。

たくさん持って帰ってきました。

正月いずも10

はっさくの隣には、甘夏が成っています。

甘夏は、まだ少し時期が早いみたいです。

いいよね。
本当に実のなる木を見ていると楽しくなってくるよ♪

正月いずも11

デコポンの木までありました。

果実畑はいろいろな種類の柑橘系の実でいっぱいでした。

2014宍道湖

R431から見た宍道湖です。

ぜんぜん荒れてなくて、気持ちの良い眺めでした。

2014年も良いスタートを切っていこう。


テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2014/01/03(金) 12:04:31|
  2. 自然(出雲)

朝の散歩道

畑1

実家に滞在している時、畑の周辺を撮影してきました。

朝露がいっぱい付いた草木を見ていると
光の世界そのものといった感じで、朝からめちゃめちゃ癒されますよね。

畑2

以前から、こんなにブルーの光が入っていたっけ?

自然界も少しずつ、目に見えて変わっていってるよね。
人もどんどん変わっていってるけれど。

畑3

もう少ししたら、露が霜に変わっていくね。

そんな光の世界も好きだな~♪

畑4

こんな場所なんですけどね~。

一見、なにもない
つまらない場所のように見えるかもしれないけれど

朝の散歩は、まるで宝石箱の中に居るみたいです。

畑5

かならず見かけるアマガエル。^^

畑6

ダリアにバッタがいました。

畑7

翌日の朝に見た時には、二匹に増えていました。

畑8

小さな花に、瑠璃色の蝶。

畑9

母のお気に入りなのか
ビオラやパンジーの鉢植えがたくさんあります。

畑10

蔦の実も最近たくさん見かけますよね。
こんな色の組み合わせがたまらなく好きです。

畑11

柿の収穫を手伝いました。
今年は例年に比べて、不作だったようです。

今年は全国的に、農家にとっては難しい試練の時でしたね。。。
来年はたくさん実ると良いね。

畑12

なぜか、綿花が植えられていました。

どこかご近所さんのところから
種を貰ってきて植えてみたらしいです。

フワフワの綿菓子のようで可愛いですよね♪

綿。。。

しあわせゾウさんに続いて
なんだかやっぱり、インドが来てるな~。

薬師如来さんが繋いでくださる縁。

畑13

この小さい蜂さんも、最近やたらと遭遇しています。

畑14

猫、大歓喜 の、ねこじゃらし。
家の近所にはたくさんのノラ猫がいます。

でも最近はあまり見かけなくなったよ。
どこにいったんだろう。

畑15

雲がたくさん忙しなく泳いでいました。
神在月の出雲の風景。

畑16

井戸です。
ライオンちゃん。久し振り。(*´∀`*)

畑17

金魚が大きく成長しています。
またこの夏の猛暑で、すこし数が減ってしまったね。

帰省のたびに、どれだけ成長したのかな~と
井戸の中を覗くのが楽しみです。

畑18

また逢おうね。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/01(金) 16:14:01|
  2. 自然(出雲)

日本三美人の湯・湯の川温泉

2012出雲の春1

2012出雲の春2

週末を出雲で過ごしてきました。
早朝散歩に出かけると、霜がが降りていて真っ白でした。

2012出雲の春3

春の目覚めを待っていた植物たちが、少しずつ成長して
あちこちでキラキラに輝いていて綺麗ですね。

2012出雲の春4

2012出雲の春5

2012出雲の春6

この季節に、この時間にしか
お目にかかれない景色を堪能しました。

2012出雲の春7

久し振りの再会です。
井戸にいる金魚ちゃんたち。

去年は残暑が厳しくて
たくさんの金魚たちが弱ってお星様になっていきました。

みんな20cmくらいです。
見た目は鯉にも見えますが、金魚すくいの金魚たちです。
おおきく育った金魚たちだけが残りました。

また子供たちが増えるかしら・・・・?(´・∀・`)

2012出雲の春8

年々大きくなる桜の木。
まだ5分咲きくらいかな。

この桜は、今年から新しい農産物の生育を見守る役目があるんです。
楽しみな春。o(^^o)(o^^)o


2012年 実家周辺の春の自然でした。

道の駅湯の川1

久し振りに、道の駅へ寄ってみました。
湯の川温泉の近くにある「道の駅・湯の川」です。

道の駅湯の川2

外観はこんな感じ。

道の駅湯の川3

湯の川温泉の近辺は、出西生姜(しゅっさいしょうが)の産地です。
出雲の西・簸川でしか栽培されていない、とてもめずらしい生姜です。

青くて瑞々しくて、生食すると美味しいですよ♪

出雲神話にあやかって、ハート形の縁結びバーガーも人気のようです。

簸川には、八上姫さん縁の御井神社もあります。

道の駅湯の川4

バニラと出西生姜のミックスソフト。

甘さの中に、生姜のピリッとした爽やかな風味が利いていて
とても美味しかったです。
夏の熱い時期にも食べたくなるような味でした。
また食べたいです。(*´∀`*)

道の駅湯の川5

島根発の、地産地消の食通信が、いまとても熱いです。
島根各地の学校給食など、とくに
ほかのどの地域よりも豊かなものになっていると思います。

食物が育ちやすい気候条件もあるのかな。

この道の駅に置かれている名産品も
小さなグループ企業やサークルで生産加工された
手作り感が溢れる商品でいっぱいでした。

バラエティ豊かな温かさを感じられる物が多くて
ずーっとぐるぐる見て回っていても
ちっとも飽きない感じで楽しかったです。

*。・+(*゜∀゜*)+・。*

道の駅湯の川6

道の駅には、湯の川温泉の足湯もあります。

---------------
湯の川温泉の由来

神代の昔、大国主命(おおくにぬしのみこと)と恋に落ちた稲羽の国(鳥取市)の八上姫は
大国主命を慕ってはるばる出雲の国へと旅に出られました。
厳しい旅の中、宍道湖の南の谷あいに、湯が湧き出ているのを見つけられた姫は、
旅の疲れを温泉で癒され、いっそう美しい美人神になられたと伝えられているのが
この「湯の川温泉」なのです。
和歌山県の龍神温泉、群馬県の川中温泉と並ぶ、「日本三美人の湯」に数えられる名湯です。

古くからこの地方では、切り傷や慢性皮膚病などによく効くと言い伝えられています。

---------------

ひいお婆ちゃんっ子だった私は、小学校に上がるまでは
いつも離れのひいお婆ちゃんの部屋で一緒に寝起きをしていました。

そのひいお婆ちゃんが参加していた老人会の催しには
マイクロバスに乗って湯の川温泉に入りに行くというイベントが定期的にありました。
私はいつも一心同体のように、一緒に同行させてもらっていました。

大勢のじぃちゃん&ばぁちゃんの中に、ひ孫の私がひとり。
温泉も楽しかったけれど、湯上がりのランチタイムも至福のひとときでした。
小さかった私は、その場のみんなに可愛がってもらえて
和気藹々と、とても楽しい時間を過ごしました。

子供の頃から、こうして私は
高齢者さんたちに囲まれる機会がとても多かったです。

そのせいか、いまでも高齢者さんと会話をするのは
とても楽しく感じます。

介護職は、身体を壊して辞めるまで3年続きましたが
いまでも天職と思っています。

何度、湯の川温泉に入ったのかな・・・?

子供の頃のことで、今ではわかりません。

湯の川は、美人の湯。

八上姫さんの御神徳。

私は、いたって普通ですが。。。


超絶美人に変容していく予定ですので、お楽しみに♪ 


・・・ってことにしておこう。

てへ☆彡

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2012/04/09(月) 11:10:13|
  2. 自然(出雲)

2012 小寒の出雲

2012最初の出雲1

2012年 年が明けて、初めての出雲路散歩です。

2012最初の出雲2

小寒の今。

畑の緑は元気でした。

2012最初の出雲3

2012最初の出雲4

大根 蕪 白菜 キャベツ 葱 春菊 春の七草・・・

その他、いろいろな冬野菜が元気に育っていました。

2012最初の出雲5

大陸からカラスさんがたくさん飛んできているらしく
田んぼに 畑に 集団で移動しながら
カァカァカァカァーーー と鳴いていました。

時々、つがいの青鷺も飛んできていました。

他の鳥は、ほとんど見かけなかったです。

カラスさん・・・多すぎ~。

2012最初の出雲6

野生の芝も青々と。

2012最初の出雲7

田んぼ。

2012最初の出雲8

柿ばたけ。

2012最初の出雲9

轍。

2012最初の出雲10

景色の中に引かれているライン。

どれもキラキラで美しいね。

2012最初の出雲11

小さいながらも存在感のある郷土富士です。

2012最初の出雲12

小さなポット苗だったゆずの苗木が、

ほんの数年で大きく成長しています。

2012最初の出雲13

良い香りが漂っています♪

2012最初の出雲14

桜の木も大きくなりました。

春の開花が楽しみです。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2012/01/09(月) 10:54:08|
  2. 自然(出雲)

米子道にて

雪だるま1

1/7 (土) 23:30頃  米子自動車道 大山PAにて

久々に雪をさわったよ。

因幡の白ウサギたんを作ったよ♪

雪だるま2

1/8 (日) 21:00頃  米子自動車道 蒜山SAにて

大山も蒜山も雪が多かったよ。

雪だるまのカップルを作ったよ。

ふたりで満月を眺めているところだよ♪

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2012/01/09(月) 00:43:45|
  2. 自然(出雲)

稲佐の浜(いなさのはま)

稲佐の浜2

稲佐の浜(いなさのはま)へやってきました。\(^○^)/

あーーーーー夏って感じ♪

泳ぎたい 泳ぎたいよーーー♪

稲佐の浜3

青い空 白い雲 海 砂浜 

稲佐の浜4

はるか西の海岸線には、国引き神話の佐比売山(三瓶山)が見えるよ。

稲佐の浜5

「古事記」では、 稲佐の浜 = 「伊那佐の小濱」 と伝えられる渚です。

弁天様がお祀りされています。

現在は、豊玉毘古命をお祀りされているそうです。

稲佐の浜7

出雲大社の神事、神幸祭(8月14日)と神迎祭(旧暦10月10日)が行われます。

ここは出雲大社からもっとも近い浜なのです。


動画もどうぞ。




テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/26(火) 14:46:16|
  2. 自然(出雲)

出雲神話街道

出雲駅1

少し、大社周辺の、出雲の街並みを紹介してみます。

こちらが、JR出雲市駅です。

駅舎が、お社になっています。

国引き神話の大国主命さんや
ヤマタノオロチ伝説の素戔嗚尊さんのモニュメントがいっぱいです。

スセリ姫さんや、クシナダ姫さんも。

出雲駅2

こんな感じで、とにかく、駅周辺は
どこもかしこも神話のヒーロー・ヒロインのフィギュアで埋め尽くされている感じです。

出雲駅3

木彫りの大国主さん。

縁結びグッズでいっぱいです。

勾玉の山

出雲大社近くの、旧平田市に向かって走るR431沿いの山には、こんな山も。

勾玉みたいに、刈り込んであります。

ワイナリー1

大社町周辺は、マスカットやデラウエアなどの、葡萄の産地です。

ワイナリーにだって、いつも日章旗が掲げられている素敵な町です。

ワイナリー2

ひたすら自転車を漕いで、出雲大社周辺を散策していました。

汗だくになりながら、ながーーーーい国道を走っているあいだ

私に伴走するように、白龍たんがしっかり見守り、ずーっと付いてきてくれていました。

白龍たんは、私が出雲にいるあいだ、あちこちで姿を見せてくれていましたよ。


「きをつけていんでごせ」

(出雲弁で : 気を付けてお帰りなさい)

・・・って聞こえました。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2011/07/26(火) 09:59:13|
  2. 自然(出雲)
次のページ