FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

南紀出雲 旅のまとめとタヌキちゃん

土山SA3

土山SAの信楽タヌキちゃんです。

カワイイ (´。•ㅅ•。`) ♡ 

南紀・出雲の旅の切り込み隊長
武部正俊さんが、今回の旅を纏められています。

火(ホ)と「ニワ」と鍋釜

南紀探索の旅-01 動機と地質
http://blog.livedoor.jp/omtakebe/archives/82065866.html

私とは違う視点で綴られていく武部さんの発見と記録。
きっと面白いと思いますヨ。
ぜひご一読を♪

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/28(火) 23:20:10|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)

南紀・出雲の旅 17. 阿須賀神社

阿須賀神社1

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

1/23(金)
阿須賀神社(あすかじんじゃ)に参拝しました。

和歌山県新宮市阿須賀1-25-25に鎮座。

熊野曼荼羅三十三ヶ所霊場 第23番。

阿須賀神社2

熊野九十九王子の王子社
「阿須賀王子」ゆかりの場所。

阿須賀神社3

梅の花が咲いていました~。

°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

阿須賀神社4

阿須賀王子は金龍くんかぁ~。

阿須賀神社5

朱い社殿が印象的です。

御祭神
・事解男命(ことさかおのみこと)
・熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)
・熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)、
・家津美御子大神(けつみみこのおおかみ)

配神
・事角見命(事角見神、たけつねのかみ)
・黄泉津道守命(黄泉津道守神、よもつみちぬのかみ)

阿須賀神社6

阿須賀神社8

孝昭天皇の代の創建。
平安時代に熊野権現の本地が確立してからは、
「大威徳明王」を本地仏として祀られているそうです。

五大明王だよ!

大威徳明王(だいいとくみょうおう)=シヴァ でもあるみたいだよ。

柴ちゃんは、旅の移動中、ずーっと喋っていた。
そのため、ちっとも退屈しませんでした。
聞かれたことしか答えない塩対応の私とは違い、
彼女は人情派のおねぃさんです。

お産の事とか、家族の事とかの話をしてくれて
それはみんな、ナグサトベが彼女の口を借りて
語ってくれているのかなと思いながら、うんうん、、、と聞いていた。

クライマックスは、カーリーの話だった。

柴だけに、カーリー・・・って。
五大明王とよほど縁が深いのかなと思う。
となると、とうぜん空海とも。

ほんとにきっと、濃いぃぃ出雲人だわ。
なかなか気の置けない、楽しさ満載の旅が続いています。

阿須賀神社9

由緒と歴史

阿須賀神社は、熊野川河口近くにある
蓬莱山と呼ばれる小丘陵の南麓に鎮座する。
古くは飛鳥社とも称された。
蓬莱山は南北100メートル、東西50メートル、標高48メートルの
椀を伏せたような山容で、神奈備の典型とも言うべき姿をしている。

熊野速玉大社伝の「新宮本社末社総目録」に
上御備・下御備の祭祀遺跡が描かれているように、
古くから信仰の対象となっていたと見られる。

また、もともとは陸から離れた島であったともされる。

熊野の地において熊野権現はまず神倉神社に降臨し、
それから61年後に阿須賀神社北側にある石淵(いわぶち)谷に勧請されて、
その時に初めて結早玉家津美御子と称したと伝えられており、
熊野権現の具体的な神名がはじめて現れた場所と
見なされていたことが分かる(「熊野権現垂迹縁起」)。

その他、境内からは弥生時代の遺跡が発掘されており(後述)、
熊野における歴史と信仰の最も古い層に関わる地として重要である。

wikiより

阿須賀神社10

背後の蓬莱山がとても美しいな~と思っていたら、
もともとは陸から離れた島!?

えぇぇぇぇーーー!

(@ ̄□ ̄@;) びっくり。

名前が蓬莱だから、イメージ的には
海中に丸くプカプカ浮かんでるような
「潮満珠」・「潮干珠」みたいな感じかな?

西宮の甲山とかも、案外そんなのでは。。。

・・・知らんけど。 (''◇'')ゞ

阿須賀神社7

ほんとのところは、どうなの?
教えて~ 阿須賀王子~!

紀伊半島って、大昔には
大規模な地殻変動が起こったんだろうな・・・っていう
意味深な由緒を持つ場所が本当に多くて、驚かされます。

地下神殿やら、地下ピラミッドやら
研究している人たちもいらっしゃるし。

それは、アトランティス・ムー・レムリアにまで飛んでしまう話。

私たちはほんの地球の皮膚にあたる
ほんの表面にしか触れられていないってことですね。

壮大すぎるけれど面白いね!

阿須賀神社11

子安之社。

阿須賀神社12

優しい顔の母子像ですね。

阿須賀神社13

椿の花弁に彩られていて、
慈母観音と聖母マリアにも見えました。

この場所が一番良いなと思いました。

阿須賀神社14

子安之社のそばの磐座です。

阿須賀神社15

拝殿の向かって左手には「熊野三山」
右手には「太平洋」の御神酒が奉納されていました。

やっぱりここは、山と海のあいだなんだね。

阿須賀神社16

徐福之宮。

阿須賀神社17

蓬莱山と聞いて、
真っ先に想像するのはやはり徐福ですね。

蓬莱山は、暖帯照葉樹林ということで
クス・ホルトノキ・シイ、ミミズバイ・シロダモ・タイミンタチバナ、
イヌツゲ・アセビ・カマツカ・クチナシなど。
また、シダ類がたくさん繁茂しているそうです。

登ってみたくなりますね。

阿須賀神社18

阿須賀稲荷神社。

みんな蓬莱山に向かって
手を合わせる感じです。

阿須賀神社22

阿須賀神社21

阿須賀遺跡と呼ばれる、「弥生式竪穴住居跡」です。

弥生時代から古墳時代にかけての集落跡。
(1978年〈昭和53年〉9月25日指定)

阿須賀神社19

その弥生の居住地のそばには、
テンダイウヤク(天台烏薬)という中国の薬木が茂っていました。

阿須賀神社20

新宮市には徐福渡来伝説が伝えられ、
徐福が求めた不老不死の妙薬が
テンダイウヤクであるとされることから特に珍重される。

特に蓬莱山は徐福がテンダイウヤクを採取した所であるとされ、
神社境内にも植栽されている。

どんな効用が有るのか、気になります。(^O^)

徐福は、いろいろなものを持ち込んで
その土地に繁殖させてきてるんですね。

山陰の出雲にいるときは、まったく関心が湧かなかったけれど
太平洋側や九州などを旅していくと
とても気になってくるという不思議な人物です。

阿須賀神社の蓬莱山。
速玉神社からも眺めて見たいですね~。 \( 'ω')/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/28(火) 12:09:35|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)

南紀・出雲の旅 16. 神倉神社 磐座での祈り

神倉神社15

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

神倉神社です。

いざ、磐座へ!

神倉神社16

私は上下防水の登山用スーツを着ていました。
そのうえ傘をさして石段を登っている・・・
それでも登っているうちに、だんだんと染みてきます。

なかなか厳しぃ。

けど、がんばるぞ。(/・ω・)/

トレッキング用のシューズも
ツルツルした石段では滑りやすい。

神倉神社17

遥か前方に
ひょいひょいと登っては消えていく名古谷さん。

さすがや。。。

ふだんはお淑やかな奥様にしかみえない、
そんな名古谷さんですが、
どんな山だろうと鋸などを担いで
ガシガシ登っていく健脚っぷりには
アッパレ!の一言です。 (◎_◎;)

神倉神社22

途中で、火神社が現れました。

火のありがたみが・・・尊いわ。

神倉神社18

いろんな岩が、見え隠れしていて、
進むほどに楽しくなります。

神倉神社19

窪んだところになにかありそう。

別の登山ルートとかかな。

神倉神社20

巨大な岩に抱かれている感覚。

クラクラしそうでした。

神倉神社21

それぞれの視点で周囲を見つめながら
それぞれのペースで登っていきました。

神倉神社23

ようやく、磐座の鳥居まで到着。

神倉神社24

ぐるりと巨大なご神体が囲まれていました。

神倉神社25

途中で、降りていく長靴をはいたお父さんとすれ違いましたが
私たち4人のほかには、誰も参拝者はいませんでした。

それはかえって好都合かもしれない。

神倉神社27

あの拝殿を目指して。

神倉神社28

神倉神社へ参拝した人たちのblog記事を見ると
この角度からみんな写真を写していますよね。

私も同じ位置に立ってるんだ~と思うと、感無量でした。

神倉神社31

あの岩、転がってこないかしら・・・ドキドキ。。。

同じとこにいる柴ちゃんは
冷静に写真を撮ったり、動画にしたリと余裕の構え。

ここにいる女子たちは、皆、肝が据わってる。

さすがのチームtakebe!やで。

(; ・`д・´)

神倉神社33

拝殿に立つと、見晴らしがとても良くて
これまで沢山の方に、
この場に立つことをお勧めされてきましたが
今回4人で参拝できて、ほんとうによかったです。

熊野速玉の神様、
天照大御神様、高倉下命様


ありがとうございます。

神倉神社34

菊がお供えされていました。

神倉神社30

つつじかな。
磐座のところに自生していました。
ピンク色がとても可愛らしかったです。

神倉神社32

裏手の磐座をちらっと見て、
柴本さんと降りていこうとしていたら
武部さんと名古谷さんに
こっちこっちと呼び止められてリターン。

神倉神社36

気づかなかった場所に、
ホト(女陰)の磐座があったのですね。

驚きました。

°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

武部さん曰く、
ここがスサノオ誕生の聖地ではないかと!

南の方向を向ているそうです。
陽光が射すように、かな。

私も疑いなく、そう感じてしまいました。
ここは生まれ出る場所。

雨はイザナミさんの涙のよう。
スサノオさんの産声とともに流れる涙でもあるかのよう。

冷たさが、温かいものに感じられた瞬間でした。

ここで、カタカムナヒフミのうた
あわうた、君が代をうたい、4人でハグハグ♪

神倉神社37

ホツマツタヱ3アヤ

そさくににうむ
そさのをは つねにおたけひ
なきいさち くにたみくしく
いさなみは よのくまなすも
わかをゑと たみのをゑくま
みにうけて まもらんための
くまのみや かくみこころお
つくしうむ ひひめみをかみ
うみてよの きみとみのみち
とのをしゑ さかりもとらは
ほころはす


イザナミさんとスサノオさんの
母子関係を思うと、
なんだか胸いっぱいになって
泣けてきてしまいます。

兄弟は、何人いても
それぞれに性格は違うわけだし。

親子の関係って
思うようにはいかないことだらけ。

難しくもあり、楽しくもあり
家族で泣き笑いの日々を
誰もが経験していくものね。

それこそがほんとうに
鏡磨きの連続で大切な時間なんだと思うよ。

私もひととおり経験できたから
いまこうして、ここに立つことが
許されているのかもしれません。

ほんとうに、感謝でいっぱいです。

神倉神社38

ホトの磐座の裏側です。

神倉神社39

神倉神社40

この旅は、ほんとうに気が付くことが多くて
熊野の地は深くて暖かくて
人生の総集編を書き綴っているかのような気持ちになります。




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/27(月) 21:57:43|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)

南紀・出雲の旅 15. 神倉神社 出雲大社教会から参る

神倉神社1

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

1/23(木)
雨は相変わらず止む気配はありません。

これは出雲の神様のお導き・・・

2日の日程でまわろうとすると、
そこに私以外にも誰か出雲人がいたら
だいたいどっちかの日には必ず雨が降ったりしています。
今回は皆が出雲の血が濃いんだと思います。

神倉神社の前に到着すると
雨はこれまでにも増して、
私たちの頭上に強く降り注ぎました。

寒いし厳しいぃぃ。

神倉神社2

まずは、神倉神社参拝前に、
手前にある出雲大社新宮教会へ。

出雲國一之宮といえば、たぶんほとんどの人が
出雲大社のことだと思っていらっしゃるでしょうが、
じつは出雲にも熊野大社があり、そちらも一之宮として知られています。
むしろそちらの熊野が出雲だろうと。。。
双方で、転がり入って転がり出る!
・・・みたいな、繋がりあってる関係なのです。

なので、この神倉神社の入り口にも出雲大社があることは
当然のように納得できます。

神倉神社3

この注連縄を見ると、やはり出雲だな~と思う。

神倉神社4

大・大・大

聖書の国の聖地の壁などにも
この「大」の字があちこちに描かれています。

キラキラ星のように。

神倉神社5

三柱稲荷神社。

玉置神社に鎮座の三柱神社分祠とのこと。
玉置神社にも、出雲大社玉置教会があります。

神倉神社6

1/19に、カタカムナ言霊伝道師・吉野信子先生と
お会いした時にいただいた
カタカムナウタヒが入ってる傘です。

これが今回の旅で、さっそく重宝していました。
カタカムナの神に護られているようでした。
ありがとうございます。

こちらが傘になったデザインです。↓

リラ Lilas
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-2037.html

夏の花ブルー

カタカムナ学校で製品化されて、皆様に愛用されています。
5.6.7首を入れてデザインしています。
私が言うのも手前みそのようで、ナンなのかもしれませんが、(''◇'')ゞ
なかなか良いです。・・・というか、カタチにしちゃうのがスゴイです。
作ってくださった里美さん&メイキさん、ありがとうございます。
皆さまもどうぞ使ってみてください♪ 
雨の日が虹色気分になります。
入手したい方は、一緒に学んでください。(^o^)

神倉神社7

雨だって、いろんなことがあって楽しいです♪

神倉神社8

出雲の神様に挨拶して、さあ、いざ。
神倉神社へ。

神倉神社9

社務所です。
誰もいなかったです。

神倉神社10

ちょっと勢い強すぎなんじゃないかと。

神倉神社11

申田彦大神にご挨拶。

神倉神社12

となりに滝がありました。

神倉神社13

こちらも勢いがあります。

神倉神社14

ここから登っていくようです。

ここに来たことがある名古谷さんによると
石段が急こう配で、こんな雨の日だと滑りやすくて
しっかりした防備が必要なようです。

上下とも防水加工のジャンバーとパンツでしたが
雨は少しずつ染みてきて、やはり大変でした。


・・・つづきます。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/27(月) 21:31:10|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)

南紀・出雲の旅 14. 熊野三所大神社

熊野三所大神社1

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

1/23(木)
ちょっとホラーな渡海船を目にして、
ビビりにビビった補陀洛山寺(ふだらくさんじ)のお隣りへ。

こちらは、熊野三所大神社(くまのさんしょおおみわしゃ)です。

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字浜の宮350に鎮座。

寺と神社が別れつつも、
しっかり神仏習合の場になってます。
カラーも空気も、お互いにちょっと別世界。

和歌山にも大神社があるなんて。
ビックリでした。 

九十九王子のひとつである浜の宮王子の社跡でもあるそうで
浜の宮大神社(はまのみやおおみわしろ)とも呼ばれます。

主祭神
夫須美大神、家津美御子大神、速玉大神

熊野三所大神社2

摂社
・丹敷戸畔命(地主の神)
・三狐神(食物の神)
・若宮跡(浜の宮王子跡)

・・・と、建造物は華やかではないけれど
ただならぬ空気が漂っています。

熊野三所大神社5

ココで見かけた樹木たちが、
どれもこれも、生命力に溢れて圧倒されました。

こちら、武部さんが、これが聖地の証!と豪語されている
鹿子の木(カゴノキ)です。

なんと、丸くて大きい青玉を抱きかかえています。
大切に育むように、しっかりと包み込んでいます。

熊野三所大神社6

鹿子の木(カゴノキ)を裏側から見たところ。

雨に打たれているせいで、
とても艶っぽく、幹の模様が美しく見えます。

ほんとうに、鹿子柄、蛇柄。

ドクンドクンと・・・
息遣いが伝わってきそうな面持ちです。

熊野三所大神社7

お隣の木は、カゴノキとは違うようだけれど
こちらもダイナミックで負けていません。

熊野三所大神社8

神武天皇頓宮址という場所もあり
三つの丸石が配されていました。

熊野三所大神社9

その手前には、さざれ石。

熊野三所大神社3

補陀洛山寺の横から入ってきたので、
通常ルートとは逆に辿ってきていたみたいです。
いかにも出雲らしくて、それも良いよね。

鳥居は最後に潜ることになました。

熊野三所大神社4

鳥居の横には御神木のクスノキ。

熊野三所大神社11

樹齢800年とも言われているそうです。
夫婦の楠で、幹は根元で繋がっていました。

熊野三所大神社10

男と思われる楠は、
丸い空洞ができていて

熊野三所大神社12

女と思わる楠は、
ホトの形になっていました。

熊野三所大神社13

この木は武部さんによると
「梛」の木ということで、

娘の嫁入りの際に、
夫となる男性が浮気しないよう
父親が葉を娘に持たせるという習わしがあるそうです。

お守りみたいなものかな?
浮気と本気の違いはどこなんでしょう。

人それぞれに、当人同士の事情によりけりで
一夫多妻の時代のこととかを見ていると
この世の価値観では計れないと感じてしまうよね。

出雲の神様は、縁結び・和合の神様。
いつでも全力で本気なら無罪!
・・・ってことで、おけー☆では。

やたら茂ってる梛木の木でした。\( 'ω')/

熊野三所大神社14

ここには、いろいろな種類の樹木に出会えて面白かったです。
とても印象にのこる熊野三所大神社でした。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/27(月) 21:13:55|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)

南紀・出雲の旅 13. 補陀洛山寺

補陀洛山寺1

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

さて、旅の2日目です。

勝浦温泉の「一の滝ホテル」から、
早朝に近くの「弁天島」へと渡ってみようと計画していたのですが
未明から降り続けている雨が降りやまず、計画は変更に。

ホテルをチェックアウトして、朝ごはんを済ませて
武部さんの提案で、那智にある神社仏閣の散策に向かいました。

こちらは、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町に鎮座する
補陀洛山寺(ふだらくさんじ)です。

補陀洛山寺2

補陀洛山寺は、天台宗の寺院。
補陀落(ふだらく)とは、サンスクリット語の観音浄土を意味する
「ポータラカ」の音訳であるそうです。

補陀洛山寺3

本尊   三貌十一面千手千眼観音
創建年  伝・仁徳天皇治世(4世紀)
開基   伝・裸形上人
文化財  木造千手観音立像

仁徳天皇の治世にインドから
熊野の海岸に漂着した裸形上人によって
開山されたと伝わっています。

インド色濃いわぁぁ~。

補陀洛山寺4

ここは、渡海船の発祥地らしいです。

(´・∀・`) ヘー

渡海船って、なんなん?

私は、よく知らななかったので
wikiなどで調べてみました。

船上に造られた屋形には扉が無い。
屋形に人が入ると、出入り口に板が嵌め込まれ
外から釘が打たれ固定されるためである。

その屋形の四方に4つの鳥居が建っている。
これは「発心門」「修行門」「菩薩門」「涅槃門」の死出の四門を表しているとされる。

渡海は北風が吹き出す旧暦の11月に行われた。
渡海船は伴船に沖に曳航され、綱切島近くで綱を切られた後、
朽ちたり大波によって沈むまで漂流する。
もちろん、船の沈没前に渡海者が餓死・衰弱死した事例も多かったであろう。
しかし、船が沈むさまを見た人も、渡海者たちの行く末を記した記録も存在しない。

wikより抜粋


補陀洛山寺5

渡海者たちについて詳しく記した資料は残っていないが、
初期は信仰心から来る儀礼として補陀洛渡海を行っていたと考えられている。

平安・鎌倉時代を通じて6名が渡海したと、
補陀洛山寺に建つ石碑に記されている。

これが戦国時代になると60年間で9名もの渡海者が現れたという。
この頃になると、熊野三山への参詣者が減少したことから、
補陀洛渡海という捨身行によって人々の願いを聞き届けるという形で宣伝され、
勧進のための手段としての側面が現れたとされる。

16世紀後半、金光坊という僧が渡海に出たものの、
途中で屋形から脱出して付近の島に上陸してしまい、
たちまち捕らえられて海に投げ込まれるという事件が起こった。

後にその島は「金光坊島(こんこぶじま)」とよばれるようになり、
またこの事件は井上靖の小説『補陀落渡海記』の題材にもなっている。

江戸時代には住職などの遺体を渡海船に載せて
水葬するという形に変化したようである。

wikより抜粋


補陀洛山寺6

結構ホラーな慣習でビックリでした。(◎_◎;)

七福神の宝船かなと思ったんですが
予想の斜め上でした。

補陀洛山寺7

たぶん、この歌が旅立つ人たちへの
慰めや平安になることでしょう。。。

合掌。

なかきよの とおのねふりの
みなめさめ なみのりふねの
おとのよきかな


補陀洛山寺8

近くに「ふだらく霊園」という場所があり、
伊勢平柿という甘柿の古木があるそうです。

源頼朝(1147ー1199)の死後に植えられた柿の木。

霊園には、政子に仕え、
尼将軍の廟所を代々お守りした所縁の人々も眠る。

「尼将軍供養塔」は政子を偲ぶ。
北条氏が政子の実子頼家と実朝を暗殺した
その罪の苦しみから政子は尼となり、
熊野三山詣でを、2回もしたと伝えられているそうです。

樹木はいろいろ伝えてくれていますね。

柿の木は、頼朝と関係が深いのかな。

西宮市の甲山にも頼朝ゆかりの供養塔があり、
甲山で見つけた柿の木が気になると武部さんは仰っていたけれど。

・伊豆の国市の佐藤敏夫先生のそばの黒柿
・三島の富士山湧水は柿田川
・熊野の頼朝&政子の伊勢平柿と渡海船
・甲山や弁天岩にも自然に生えてる柿の木。

柿の木が結ぶネットワークってなにかありそうですね。




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/27(月) 13:55:38|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)

南紀・出雲の旅 12. お魚いっぱい 勝浦周辺

いちりん1

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

名勝「弁天島」が見渡せる
海のホテル「一の滝」で宿泊しました。

昭和レトロな雰囲気の素泊まりオンリーホテルです。

100パーセント源泉かけ流しの、
なにも手を加えられていない自然な温泉。
それがとても肌にしっとりと心地よくて、
翌日の目覚めもバッチリでした。
めちやめちゃ調子が良かったです。
また行きたいと思いました。

名古谷さんがお手配してくださったのですが
良いところをお勧めいただき、ありがとうございます。

肝心のホテルを撮っていないのですが、
(翌日は土砂降りの雨でした)

近くの居酒屋さんでの直会も楽しかったので載せておきます。
南紀勝浦産まぐろと季節の料理「いちりん」さんです。

いちりん2

たくさん頂いた、海の幸。
お造りがとても新鮮でおいしかったです。

いちりん3

南紀といえども1月は寒くて結構冷えます。
あったかいシーフードグラタンも絶品でした。

いちりん4

クジラさんの盛り合わせ。

いちりん5

茶碗蒸し。

ほかにもココでしか味わえないような
新鮮なお魚を、皆で分け合って頂きました。

満足感に包まれました。
ごちそうさまでした。

いちりん6

お店に飾られていた八咫烏さんたちです。

いちりん7

熊野権現速玉大社のもの。

宝珠と烏のデザイン良いな~。

いちりん8

八咫烏尽くしの町。勝浦。

勝浦漁港にぎわい市1

翌日23日の朝です。

朝ごはんを食べたところ。
「勝浦漁港にぎわい市場」です。

勝浦漁港にぎわい市2

今日は一日雨なのかな~・・・
雨だとロー・テンションにりがちですが
今回は出雲の旅だから、設定通りといった感じです。

勝浦漁港にぎわい市3

足湯もありました。あったかそうです。

勝浦漁港にぎわい市4

ZIPの朝ごはんジャーニーも来てた。
マーティンも鮪丼を食べたのね。

このお店のごはんを食べてみることにしました。

勝浦漁港にぎわい市5

朝定食です。

鮪のお刺身を朝から頂くのは久しぶりでした。
旅をしているんだな~と実感したひとときでした。

ふだん家で食べてる朝ごはんは、
玄米ご飯と漬物だけとか、もっと適当なんですよね。

誰かに拵えてもらったご飯を食べさせてもらうのは幸せだよね。

勝浦漁港にぎわい市6

勝浦漁港にぎわい市7

八咫烏グッズがたくさんあり、
ひとつひとつ見ていると楽しい♪

2日目の旅のスタートもワクワクしてきました…!





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/27(月) 13:06:24|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)

南紀・出雲の旅 11. 下里神社

下里神社1

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

1/22(水) この日の最後に訪れたのは、下里神社(しもさとじんじゃ)です。

鎮座地は、東牟婁郡那智勝浦町大字下里123番地。

123 ミロク番地ですね♪

下里神社2

この由緒書のアバウトさ。
手書きで味があって結構好きです。(^O^)

もちろん、社務所に行けばちゃんといただけるのかもしれないけれど
もう日が暮れてるので、最後は駆け足で回りましたね~。

下里神社4

永禄8(1564)年6月23日創建。
元諏訪神社と称し、下里村の鎮守だったたそうです。
宝暦11(1761)年に大洪水にあい、現位置に鎮座。

明治6年4月村社となり、明治43年神社制度改正により
粉白、高芝、八尺鏡野、下里、天満の鎮守9社を合祀し、社名を下里神社と改称。

下里神社3

狛犬さんの向こうに、三日月の灯篭がイイ雰囲気。

さっきまで訪れていた下和田諏訪神社にも
歳旦祭(後弓祭)が1月3日に執り行われるとありましたが、
ここも元諏訪神社といわれるだけあって、
御弓神事は一大イベントであるようです。

三日月のカタチは、やはりかぁ。。。

たぶん、辿れば出雲・月信仰
弓月君・大月氏国とかまでいっちゃうんだろうね。

さっきの下和田諏訪神社で出会った
アクアマンの三叉槍から妄想が広がりすぎて収まらない。。。

下里神社7

主祭神は、健御名方神 

配祀神
誉田別命 青彦命 豊宇気毘売命 市杵嶋姫 
健角身命 表筒男命 中筒男命 底筒男命 火産霊命

下里神社5

境内社の下里護国神社です。
216柱の地区戦没者が祀られているのだそうです。

下里神社6

しゃちほこ?
暗くてよくわからなかったです。

下里神社8

最後に見つけた庚申塔。

(猿田彦尊 享保元年申9月4日)

ささささ、さるたひこーーーー!

アクアマンって海神族。
健御名方神で申田彦で帝釈天でもあるんだね。

°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

ここで4人が、この日最高潮のハグハグをしましたぁぁぁ。

弥栄!!!


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/27(月) 12:29:21|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)

南紀・出雲の旅 10. 下和田諏訪神社

下和田諏訪神社1

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

1/22(水)八咫烏神社から見える川の向こうにある
下和田諏訪神社へ参拝しました。

東牟婁郡那智勝浦町大字下和田2番地に鎮座。

ここは、下里神社へ行こうとして
通りすがりに、たまたま立ち寄った場所。

下和田諏訪神社2

御祭神は、健御名方神

下和田諏訪神社3

御由緒に、
特殊神事として、歳旦祭(後弓祭)1月3日 とありました。

和田、市屋、八尺鏡野三ヶ村の合同祭りで
田甫にお的を祀り、神酒や供物をそなえて神事。神職2矢を放って終了する。
庄村から獅子舞が奉納され、又太地の鯨方より幟が奉納された、とあります。

明治44年3月28日、神社制度の改正で市屋鎮座太田神社に合併。
昭和29年1月18日、旧社地に遷宮。
明治6年4月、村社となる。

下和田諏訪神社4

9つの葉が出ていたソテツのような植物。

植物の名が判らなかったんですが
この記事をUPしてから、
読んでくれた武部さんが教えてくれました。

オオタニワタリ(大谷渡り)というシダ植物なのだそうです。
ひとつお利巧さんになりました。ありがとうございます。(^O^)

11.4の誕生花で、
花言葉は「あなたは私の喜び」 「真実の慰み」

いっぱい生えていました。

下和田諏訪神社5

まるで海草のように見えました。
諏訪湖と繋がるような水辺があるのかな。

下和田諏訪神社6

拝殿の裏手にまわると、なんと、
祭られているのは、三叉槍(さんさそう)でした。

(@ ̄□ ̄@;)!!

下和田諏訪神社7

ポセイドンネプトゥヌス
はたまた、インド神話のシヴァの武器。

そういえば、この旅の終わりに、
柴本ちゃんがシヴァの嫁・カーリーの話をしていたっけ。
内緒だけど。。。(≧▽≦) 柴だけに、、カーリー。

それにこの三叉槍
八咫烏の3本足のようにも、見えなくもない・・・よね?

そしてコレを思い出しました。

アクアマン

アクアマン。

アトランティスの物語。

勝浦って、そういう地なのかな~。

アクアマンが持っているのはフォークのような槍だけれど、

歳旦祭(後弓祭)は1月3日だから、
弓矢が3に別れているのかもしれないし
3つの村の合同祭り。

3が大きく絡んでる気がします。

下和田諏訪神社8

いきあたりばったりの旅は、
思いがけない発見があって、めちやめちゃ面白いです。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/26(日) 23:28:40|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)

南紀・出雲の旅 9. 八咫鏡野の八咫烏神社

八咫烏神社1

1/22(水)~1/23(木)に行ってきた、南紀・出雲の旅レポートです。
武部正俊さん・名古谷雅代さん・柴本徳子さんと瑠璃の4人旅。
カタカムナとホツマツタヱで伝わる
和歌山で誕生したスサノオ神話を追い求めて・・・
それは、ヤタガラスさんの足跡を辿る旅でもありました。
---------------------

1/22(水)だいぶ日が暮れてきました~。
八咫鏡野八咫烏神社に参拝しました。

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字八尺鏡野字中地に鎮座 。

八咫烏神社2

八尺鏡野(やたがの)という、
鏡そのものの地名には妙に興味をそそられますね。

八咫鏡の八咫烏。
ということで88並びの気になる場所へとやってきました。

御祭神は、建角身命(たけつのみのみこと)

別名、八咫烏。
他にもたくさんの別名があります。
三嶋湟咋、三島溝咋、三島溝橛耳神、陶津耳命、陶津耳、天日方奇日方武茅淳祇。

神武天皇を導いた人物。

建角身命は神魂命(かみむすびのみこと)の孫。
神武東征の際、高木神・天照大神の命を受けて日向の曾の峰に天降り、大和の葛木山に至り、
八咫烏に化身して神武天皇を先導し、金鵄として勝利に貢献した、とされています。

八咫烏神社3

「八尺鏡野」という地名ですが、もともとは「八咫鏡野」であったそうです。

記紀神話に、イシコリドメノ命が登場します。

石(イシ)の鋳型で鏡を鋳造(コリ)する女性(トメ・トベ)。

作鏡連(かがみづくりのむらじ)らの祖神。
天糠戸(あめのぬかど)の子。

『古事記』では伊斯許理度売命。
『日本書紀』では石凝姥命または石凝戸邊命。

岩戸隠れの際に八咫鏡を作る。

天照大神はイシコリドメノ命に鏡を作らせるために、八咫鏡野に降り立たせた。
最初の鏡は失敗作。次に作った鏡は無事完成し、天照大神に献上。
その鏡は伊勢神宮御神体の八咫鏡となった。
傷のある鏡は、八咫鏡野の八咫烏神社に残された。
以後、盗まれ行方不明。

ここは、神武天皇の休息地とも言われているそうです。

八咫烏神社4

昔はこんな社殿だったらしいです。
立派!

八咫烏神社5

大和の田原本町にある鏡作りの神社にも参拝したことがあります。
奈良県磯城郡田原本町大字八尾にある、
鏡作坐天照御魂 (カガミツクリニマスアマテルミタマ) 神社です。

詳しくは、カテゴリ分類している、一連の「ニギハヤヒの軌跡旅」をご覧ください。
以前、関西ホツマ分会のメンバーと一緒に参拝していました。

ニギハヤヒの軌跡・・・で紹介しているのは、大和の鏡作り神社ですから、
第10代崇神天皇の頃であり、時代は下りますが・・・

ホツマツタヱ33アヤに、
興味深い記述があります。
その一部を抜粋します。

みをやのさつく
みくさもの くにとこたちは
かんをして あまてるかみは
やたかかみ おおくにたまは
やゑかきと つねにまつりて
みとかみと きはとほからす
とのゆかも うつはもともに
すみきたる

ややいつおそれ
やすからす あまてるかみは
かさぬひに とよすきひめに
まつらしむ おおくにたまは
ぬなきひめ やまへのさとに
まつらしむ いしこりとめの
まこかかみ あめひとかみの
まこつるき さらにつくらせ
あまてらす かみのをしてと
このみくさ あまつひつきの
かんたから


このホツマ・33アヤの中で伝えられていることは、
歴史上とても重要な場面です。

10代崇神天皇(ミマキイリヒコ) の御世に
八咫鏡 (アマテルの神霊) と、八重垣剣 (オオクニタマの神霊) とが
宮中にあるのは畏れおおいとされ、
昔、イシコリドメがイザナギ・イザナミの二尊に奉った八咫鏡のコピーを、
イシコリドメの子孫に造らせることになった。
これを宮中に置いて、オリジナルはトヨスキ姫をして笠縫に祭らせた。
しかし民の半ばが枯れるという疫病が流行り、再び移動することになった。

八重垣剣 は、大和神社(奈良県天理市新泉町星山)へ。
市磯長尾市が祀る。

大田田根子が、三輪山の大物主の斎主になる。 

・・・八咫鏡は、トヨスキイリ姫からヤマト姫に受け継がれ、
最後には伊勢の内宮へ・・・という、
あの流れに繋がる、最初の場面が、八咫鏡の物語が
ここから始まっているということになるのでしょうか。

建角身命と、
三輪山や山陰出雲の風土記で知られる
阿遅須枳高日子命(アジスキタカヒコネ)は
ともに八咫烏だと思う。

出雲の私の大切な氏神様。
その妻神は瀬織津姫の系譜だと思うよ。

八咫烏神社6

八咫鏡は鋳造品。
コピーしたものの中から完成度の高い物が選ばれた。

土地も同じだと思う。

三輪山(太陽の暗号)は、元三輪山(星の暗号)のコピー。
藤原定明さんと行った、ダンノダイラがその中心地でした。

そんな大和(倭)も、鏡作りの産地に限って言えば
どうやら八咫鏡野(南紀出雲方面)のコピーということになるのかも。
1度目は失敗して2度目に成功した鏡を納めるという同じエピソードが
田原本町の鏡作坐天照御魂神社にも伝えられているからです。
2番めが尊ばれる、というのは、ちょっと意味深。

これらコピーのオリジナルはどこでしょう?

2020年(令和2年)に入り、
鏡のニュースを大分県日田市の佐々木さんが伝えてくださいました。

卑弥呼の鏡

卑弥呼の鏡とも呼ばれている、
大分県日田市のダンワラ古墳出土と伝わる
国重要文化財「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡(きんぎんさくがんしゅりゅうもんてっきょう)」

年明けから、おめでたいビッグニュース!

°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

詳しくはココを見てね!↓

『邪馬台国ラプソディ』 聖地巡礼 24 天領日田資料館
金銀錯嵌珠龍文鉄鏡と久津媛
やはり曹操と卑弥呼を繋ぐ鏡? 『金銀錯嵌珠龍文鉄鏡』

鏡は、やはり九州を知らずしては語れない気がしています。
八咫烏のふるさとも、出雲であり、南方から飛んできているのかも。

隠されていたものが出てきて
これから書きかえられていくんでしょうか。

八咫烏神社7

八角形を見つけると、嬉しくなりました♪

八咫烏神社8

鏡を作るための条件が、
この地にも揃っているように思いました。

ただ、大規模ではない印象です。

鋳造のためには、火と水が必要です。

見晴らしの良い原があり、川があり、
神社の背後には山があり、その奥には池も見えました。

本来の場所からズレてるのかもしれませんが
なにかを示しているようです。

書きたいことが膨大すぎて、うまく纏まりません。
出雲や大和の枠を超えて
国土を広げて語りたくなる話があるからです。

伝わらないかなぁ。。。

八咫烏神社9

八咫烏さんが、光を受けて輝いていく・・・
そんなイメージが浮かんできました。

金鳥山の鳳凰のように。。。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/26(日) 22:38:43|
  2. 神社仏閣めぐり(和歌山)
次のページ