瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

八花鏡と七福神と卑弥呼さまのお山を眺める 七寶寺(七宝寺)

七寶寺1

11/16(木)~11/17(金)にかけて
トーラステラファイトクラブ
「かごめかごめを伝える会」主催の
キリストさま卑弥呼さまの墓参りツアーに参加してきました。

http://kagome.biz/

だいぶ日が暮れてきました。

兵庫県神崎郡神河町大山110に鎮座する
七寶寺(七宝寺)へと訪れました。

七寶寺2

卑弥呼さまのお山です。

七寶寺からの眺めは、
福本遺跡から見るよりも、より身近で大きかったです。

七寶寺3

こちらの弁天像は
卑弥呼さまをイメージして造られているのでしょう。

七寶寺4

こちらの観音さまもきっとそうですね。

七寶寺5

空海さまも、卑弥呼さまのお山を背に立っていらっしゃいます。
ここに手を合わせてね、と言っておられるのでしょうか。

七寶寺6

地球のかたちに描かれている七福神さん。

七つの宝は七福神さんですね。
それを亀さんが背負っています。

見上げる先には鶴さんがいるのでしょう。
太陽と月のめぐりがイエスさんということなのかな。

七寶寺7

下がり藤です。

私は縁あって、下がり藤の文の人と結婚しましたので
ここにくるとやはり家系的なご縁を感じます。

七寶寺8

カーミンのおすすめスポット・七寶寺
http://www.kamikawa-kankonavi.jp/archives/900/

七寶寺にある鏡は、唐式の伯牙弾琴鏡(はくがだんきんきょう)と云われ
我が国では奈良時代から平安時代に流行した鏡の形式だそうです。

鏡面には精巧な毛彫りで阿弥陀浄土図が描かれており、
鏡背面は名前の縁起を示す浮き彫りで伯牙が琴を弾いている故事の絵柄です。

伯牙は中国の春秋時代の人で琴の名人でしたが、
その音をよく聞き分けた鍾子期が死んでからは
琴の理解者がいなくなったと琴の弦を切って
二度と弾かなかった事から「伯牙絶弦」とも云われます。

この形式鏡は全国で12面程が伝わっており
ほとんどが円形で、この八花鏡は極めて珍しいものです。

昭和63年3月に県指定文化財に指定されました。

七寶寺9

こちらは卑弥呼さんの山を拝む位置に建てられている瑠璃光殿です。

御本尊は薬師瑠璃光如来。
イエス様のお父さん・瑠璃明王は
やはりお薬師さんということなのかな。
なにかとてつもなく湧き上がる親近感・・・だって私も瑠璃だから。

観音様のお花が咲いてる♪

七寶寺10

梅の花、山茶花、牡丹の花にも見えますね。

写真が、みんなこんな感じ。
赤い花びらが艶やかに舞っていました。

八花鏡の花びらかもしれません。
とにかく見事なお花です。

この花は、卑弥呼さんのお印だったのかな。

七寶寺11

プラズマちっくな虹の光も現れます。

ここではシリウスメッセージを受け取られている方が
たくさんいらっしゃいました。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/11/18(土) 16:55:09|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

播磨国風土記に述べる「はにおかの郷」 福本遺跡

福本遺跡1

11/16(木)~11/17(金)にかけて
トーラステラファイトクラブ
「かごめかごめを伝える会」主催の
キリストさま卑弥呼さまの墓参りツアーに参加してきました。

http://kagome.biz/

スイレンが群生している大きな池を眺めながら
樹木の生い茂る道を進んでいくと・・・

福本遺跡2

まるで異次元空間のような
古代ロマンあふれる「はにおかの郷」でした♪ \(^o^)/

福本遺跡3

赴きある住居が丘の真ん中に。

福本遺跡4

くわしくはこちらです。

カーミンのおすすめスポット・福本遺跡
http://www.kamikawa-kankonavi.jp/archives/310/

昭和27(1952)年1月、
偶然に発見された一片の押型文様土器片により、
この地域は播磨地方では最も古い
早期縄文時代の遺跡地とされましたが、
その後の発掘調査を経て
旧石器時代の遺物出土が確認されたことで
約一万三千年前から近世に至るまで、
人が居住した複合遺跡として評価されました。

特に、七基の瓦窯跡の発掘と出土品から、
奈良時代初めに撰進された播磨国風土記に述べる
「はにおかの郷」波自加村の比定地と推定され、
文書での記載が考古学によって検証された
希少的価値の極めて高い遺跡地として、
平成21年3月に県指定文化財に指定されました。

福本遺跡5

ここが神河の中枢だったのかな。

上森さんが、
「ここから、イエスさまのお墓、卑弥呼さまのお墓、
そしてふたつの山を遥拝できる御嶽山が見えますよ~」
と教えてくださいました。

福本遺跡6

神河町の山はブルーグリーンでした。

ところどころ紅葉していて、
魅力ある山が連なっています。
どんな角度からも楽しめます。

福本遺跡7

雲がメッセージを伝えてくれています。

龍くんや動物たちの顔が見えたりしていて
見ていて楽しくて飽きないですね。

福本遺跡8
福本遺跡9

イエスさまのお墓は、ちらりとここから見えていたっけ?

いま写真で確かめようと思いましたが
どれだったかな、うまく説明できないです。

ちっちゃく見えていたのかな。

福本遺跡10

福本遺跡11

卑弥呼さんのお墓はどれでしょう。

福本遺跡12

こちらの丸く盛り上がっている場所が卑弥呼さんのお墓なのだそうです。

福本遺跡13

イエスと卑弥呼の山を遥拝できる場所。
御嶽山の山頂はこちらです。

福本遺跡15

見晴らしの良い、はにおかの郷。

昼間の太陽を遮るものが無くて、
誰もが集まる広場に最適な場所といった感じです。
きっと月の光を愛でるのにも最高ですね。

福本遺跡の周辺は、
祭祀や宴の場に最適な神の広場でした。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/11/18(土) 15:18:25|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

木庭神社(きにわじんじゃ)

木庭神社1

11/16(木)~11/17(金)にかけて
トーラステラファイトクラブ
「かごめかごめを伝える会」主催の
キリストさま卑弥呼さまの墓参りツアーに参加してきました。

http://kagome.biz/

最初に訪れたのは、絶景の木庭神社(きにわじんじゃ)です。

兵庫県姫路市木場の海岸近くに鎮座の神社です。

木庭神社2

お社の傍には、たくさんの大きなイワクラがごろごろ。

木庭神社3

イワクラだけでも見応えがありますが
瀬戸内海を一望できる
最高のロケーション。

木庭神社4

あぁ 来てよかった。

木庭神社5

今日はこの景色を見られただけで満足

・・・と思ってしまいましたが
ツアーは、まだ始まったばかりなのです。

さすがトーラステラファイトクラブ
お水のゼロ磁場装置を開発されているだけあって
こんなにキラキラした海を見せて頂けるのは
水の神様にもしっかり見守られているからなのかな、と感じたりしていました。

私も、日常で触れ合う水に感謝して使っていこう。
そう誓いを立てました。

木庭神社6

ぽっかり浮かぶ、上島です。

木庭神社の拝殿より眺めています。

この上島は、上森三郎さん・武部正俊さんによると
奈良の東大寺から手を合わせると~ここ上島を拝むことになり(東西線)
上島からこの地点を拝むと~イエスの墓・卑弥呼の墓を拝むことになり(南北線)
比叡山延暦寺から手を合わせると~イエスの墓・卑弥呼の墓を拝むことになり(東西線)
比叡山延暦寺と東大寺は(南北線)で綺麗に繋がるそうです。

つまりは長方形のスクエア状に、4点が美しく繋がっているということ。

人智を超えた神秘
神の意図(糸)があったんですね。

くも

そんなこんなで、
神の意図(糸)を紡いでいるクモさんとも出会いました。

これから訪れるところも、
昔々に意図的につくられてきた
神々の故郷・聖地が紡がれてきたところを掘り起こすツアー。

ここでクモさんと出会えたことで、ちょっと期待♪

いまはまだ見えにくいけれども
確かな糸で繋がっている
私たちの御先祖様との巡り逢い。

様々な出会いを期待しつつ
私たちは先を進んでいきました。

木庭神社7

木庭神社8

参道は素朴な山道が続きます。

岩に生えている樹木に注目。

木庭神社9

なんとそこには、石棺がありました。

参道からは見えない構造です。

木庭神社10

木庭神社は、祭祀場だったイワクラ群、
瀬戸内海の絶景、そして石棺と、
ほんとうに見どころいっぱいの素敵な神社でした。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/11/18(土) 14:40:18|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

2017キリストさま卑弥呼さま墓参りツアーと上森三郎さん 

上森さん1
11/16(木)~11/17(金)にかけて
トーラステラファイトクラブ
「かごめかごめを伝える会」主催の
キリストさま卑弥呼さまの墓参りツアーに参加してきました。

http://kagome.biz/

写真は神河町長選に出馬されてる上森三郎さんです。
明日が投票日です。

上森さん2

私たちが神河町の山々を案内していただいてるあいだにも
上森さんは街頭演説に立たれていました。

上森さん3

上森さんが仰るには、神河町は神々が坐す日本の聖地。
空海さまの声をきいて、誰も知らなかった歴史を紐解き
町を復活させていきたいという願いを込めて
ここに立たれて町民の皆さんに訴えかけていらっしゃいます。

上森さん4

熱い思いは、聞いている私の心にも響きます。

ほんとうに神河町全体を大事に思い、
それは同時に日本全体、世界全体、地球そのものを
とても愛して行動していらっしゃるんだなぁ・・・と。

イエス

そんなわけで、ツアーに参加している皆様とともに
精一杯応援していた2日間でした。

声が響いて届くことで、
風穴があき
大きな渦が生まれていく
そんな手ごたえがあったと思います。

光あれ!!!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/11/18(土) 13:53:52|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

2017 六甲比命大善神・護摩供養

2017護摩1

六甲比命大善神の護摩法要が
今年も執り行われました。

2017護摩2

台風21号が通り過ぎて、
六甲山ではあちこちで木々が倒壊したり、
枝が散らばっていたりしました。

昨夜は雨が降り続いていたようです。

ヒバも湿っていて、
最初はなかなか火が付かない状態でした。

毎年、状態が違っていて、困難だな~と思う時ほど
それがのちのち印象に残って思い出すことが多かったりします。
今年もそんな感じでした。

2017護摩3

すべての護摩木がくべられて
真言を唱えている時に、お馬さんが出現。

今回、個人的に一番印象に残った写真です。

2017護摩4

終わってしまうと、ホッとしますね。

残り火が冷えた身体を温めてくれました。

2017護摩5

2017護摩6

2017護摩7

山の上美術館からの羨望です。

良い天気でした。

帰宅してから、最初に見たニュースが
お馬さんに関するニュースでした。

後に起こる出来事が現象化されてたのかな?

今日はあちこちで神事があったみたいですね。
ハプニングもいろいろあるようです。

https://breaking-news.jp
2017護摩8

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/25(水) 19:42:19|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

2016年 六甲比命神社 護摩法要 

2016六甲比女護摩1

今年も六甲比命神社の例祭(護摩法要)が
無事に執り行われました。

今年は参加人数最多です。

TV取材などもあって、
例年とはちょっと違った法要でした。

2016六甲比女護摩2

これまでは前方で炎の先を見ながら
般若心経を唱えていたのですが・・・

今年は、離れた位置に立っていたこともあり
俯瞰しつつ、立ち上っていく煙を見つめていました。

2016六甲比女護摩3

煙と日光が幻想的世界を作り出します。

2016六甲比女護摩4

とても綺麗です。

2016六甲比女護摩5

皆さまの思いが天にも地にも通じている。
明るい兆しが顕れているように感じました。

毎年、変化に富んでいる護摩法要です。
2016年も、ありがとうございます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/19(水) 22:30:31|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

七夕の弓弦羽神社と香雪美術館

ゆづるはじんじや

今日は関西ホツマの会の久下さんと一緒に
御影の弓弦羽神社へ参拝してきました。

ゆづるはじんじや1

「夏越の大祓」を過ぎて
茅の輪がまだ設置されていました。

今年もここに来ようかなと思っていたのですが
なんとなく足が向かなくて
6/30に、六甲八幡神社の参拝で済ませた気分でいました。

でも、やっぱり、今年もここへ来てしまいました。
久下さんと来るために避けていたのかもしれない、、、とも思ったりしました。

私にとっては近所だけれど
彼女はわざわざ遠い場所から参拝しに来ているので
きっと、私たちに共通した、ご縁の深い場所なのでしょうね。

ゆづるはじんじや2

前回、ふたりで参拝したのは、ひな祭りのシーズンでした。
節句や季節の節目を大切にしたい私と、
久下さんの想いは、どこか重なっているのでしょう。

今日は「七夕の日」ということで、きっと後々
面白い出来事に繋がっていくんだろうなと思います。

この神社は天の川銀河の星々とも関連が深そうな気がしています。
三本足のヤタガラスさんが、ここにはたくさんいますから。

この日は、占星術やタロット・易のエキスパートさんたちにも
偶然的に出会って、たくさんお話しをしました。

やっぱり七夕ってそんな日なんだねぇ。。。

ゆづるはじんじや3

7の星への願い事。
約束。

届いたらいいな~。

ゆづるはじんじや4

羽生くんが御祭人の神社でもあります。

いつも全力姿勢なので純粋に応援したくなりますね。

羽生君のふるさとである東北や仙台方面の
ホツマ関連の聖地にも行ってみたくなります。

東北地方出身の方と、ここ六甲で出会う機会も最近とても増えてきました。
西と東がどんどん近くなってきているみたいな感覚になります。

ゆづるはじんじや5

狛犬さんも、カッコいいんです。
渦巻きが綺麗にクルンクルンになってるでしょう。
いつも見とれてしまいます。

ゆづるはじんじや6

弓弦羽神社のとなりには、香雪美術館があります。
http://www.kosetsu-museum.or.jp/

朝日新聞社の創業者・村山龍平が蒐集した
日本、東洋の古美術コレクションなどを収藏する美術館として、
昭和48年(1973)に開館したそうです。

新しいように見えたけれど
ほぼ自分と同い年の建物だったんだ・・・
またひとつトリビアの扉が開いてしまった。。。

ゆづるはじんじや7

そんな場所で、

春日大社第六十次式年造替記念
香雪美術館「神々の姿 神と仏が織りなす美」展


などが催されています。

今回の目的はここ!

スゴイお宝をたくさん拝めました。
またまた情報過多で頭いっぱいです。
これから私たちはどこへ向かっていくのでしょうか。。。

ゆづるはじんじや8

香雪美術館は庭園も美しく
めずらしい樹木をたくさん見かけました。

こちらは椿ですが
実が成っています。

ゆづるはじんじや9

老爺柿(ろうやがき)という柿の実。
こんな真夏に柿の実が成っているなんてびっくりです。

さくらんぼみたいに可愛くて小さいです。
見た目が幼女っぽいのに「爺さん」の柿なのかなぁ。。。

これからどんな形状に変化を遂げていくのか、ちょっと気になるところです。

ゆづるはじんじや10

こちらは「源平しだれ桃」というのだそうです。

源平合戦の土地ならではですね。
しだれの桃も珍しいかも。

見た目が完全に梅っぽいですよね。

久下さんがホツマの時代の「桃」=「梅」だったんじゃないかな?
みんなバラ科だし。・・・という話をしていましたが

私も、縄文の時代の桜や梅は
品種や系統の枝分かれがまだ原始的だったんだろうなと感じています。
絵で描き分けるのは難しそうだよ。。。

ゆづるはじんじや11

摩耶紅梅。

六甲山系の摩耶山もここから近いです。
きっと鮮やかで美しい紅梅が咲くのでしょうね。

いろいろな新しい発見のあった
七夕の弓弦羽神社参拝と香雪美術館でした。

阪急御影駅周辺は、いろいろ楽しいです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/07/07(木) 19:35:09|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

夏越の大祓@六甲八幡神社

夏越の大祓1

出勤前に参拝してきました。

六甲八幡神社です。\(^o^)/

本日は6/30
夏越の大祓です。

夏越の大祓2

梅雨の半ばで、蒸し暑い日が続きますね。

爽やかな茅の輪の香りが漂っていて
すっきりきた気分になりました。

夏越の大祓3

綺麗な羽のハトさんに出会いました。

これから、どんな夏になるのかな~。

ますます忙しくなりそうな予感です。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/06/30(木) 12:44:43|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

雨の越木岩(甑岩)にて・・・

雨の越木岩神社1

昨日から吉野信子先生のカタカムナ第3クールが始まり
また新しい扉が開かれたような気がしました。

沖縄から参加されていた越智啓子先生とご主人、
カタカムナメンバーのみなさんとともに
今日は雨の中、二宮神社・六甲比女神社・六甲山神社(石宝殿) と参拝し、
最後に西宮の越木岩神社へやってきました。
ワカ姫(ヒルコ姫)の磐座が御神体の神社です。

九州と沖縄のあいだには、(鹿児島県薩摩川内市に属する) 
甑島列島(こしきしまれっとう)があります。

この島の存在は、皆さんご存知ないようだったので、
ぜひ神戸にいらっしやる機会に、
「甑」繋がりの越木岩(甑岩)へと
ご案内が出来たらいいな・・・と思っていました。
それが本日叶いました。 ありがとうございます。

まるで日本列島を凝縮したかのような形状の甑島列島。
私はまだ行ったことはないけれど、とても気になる場所です。
甑島列島には約8000万年前の白亜紀の地層が残っていて恐竜の化石が出てきています。
まだまだ、いにしえの縄文文化を掘り起こせるはずです。
甑列島と甑岩ですから、きっと、この場所とも繋がりは深いはずです。

雨の降る中で、いろいろと六甲近辺を巡っていきましたが
沖縄・琉球にご縁の深い方たちと、皆で参拝できてとても嬉しかったです。

雨の越木岩神社2

甑岩のそばに、白玉稲荷大神が祀られています。
ここに差し掛かると、雀ちゃんがやってきて、注連縄に留まりました。

雨の越木岩神社3

しばらくここに佇んでいて、
メッセージをくれました。

雨の越木岩神社4

クルリと向きを変えて、また留まります。
伊勢を遥拝しているのです。

私もそちらを向いて手を合わせました。
伊勢神宮は、内宮・外宮、ともに、過去に家族で参拝しています。
けれど、伊雑宮には、まだ一度も訪れたことがありません。

その機会ができるといいな。
大切な人と一緒に。

もうすぐ伊勢志摩サミットも始まりますね。。。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/05/09(月) 22:33:21|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

終戦70年 神戸護國神社へ

神戸護国神社1

早朝8時に、灘区の神戸護國神社へ参拝いたしました。

今日は終戦記念日です。

神戸護国神社2

兵庫県東部ゆかりの英霊さん53,257柱をお祀されています。

明治以降、兵庫会下山に祭庭を設けて英霊さんたちの招魂祭が行われていましたが、
昭和16年、灘区王子町に社殿が造営され、内務大臣指定護国神社となりました。

神戸護国神社3

山口組総本部の近くとあって、
なんとなく地元民の皆様にも倦厭されがちな神戸護國神社。。。

そのせいか、普段でも参拝者は少ない場所です。

人はいろいろな顔をもっていて
纏うペルソナも様々あると思います。

政治家の中の人
暴力団の中の人
宗教家の中の人

世間の表面的な評価しか、ふだんは見えてこないけれど
中の人も、いろいろだと想うから、単純に人ククリにはできないかも。。。

侵略者も、支配者も、迫害難民も、被災者も
加害者と被害者はくるくる立場は入れ替わり
みんなヤヌスの鏡のような多面体の自分で生きていて
それぞれに彩色豊かな人生経験を積み上げてきたのではないのか・・・?
・・・と私は考えたりします。

戦争だって、同じことが言える気がする。。。
過去の戦犯と呼ばれた人物は、どんな人に生まれ変わっているのかな。
亡くなった人たちは・・・

ただ、私はこちらの英霊さん53,257柱と靖国に帰る英霊さんたちと
ともに手をとり、新しい地上での往き方を、
ともに見つめて生きたいと想い今日はここに来ています。

( -人-)合掌。。。

神戸護国神社4

皇太子御一家の記念樹も、仲良く寄り添って植えられています。

皇太子様のアズサ
雅子様のハマナス
愛子様のゴヨウツツジ

仲良く三位一体。
すくすく大きくなっています。

神戸護国神社5

神戸護國神社の境内とその周辺は桜の名所となっていますが
境内の桜の枝に、オレンジ色のきのこがビッシリ生えていました。

さるのこしかけ?
たくさん生えてて、ちょっとびっくり。w(*・o・*)w

神戸護国神社6

神戸護国神社7

夏の花も、もうすぐ終わりに近づいています。

だんだん朝晩、
秋の気配を感じられるようになって来ました。

神戸護国神社8

マリーゴールドも、半分くらいは枯れていて
この夏の猛暑の厳しさを語っています。

あたらしい種が出来始めているのかな。

神戸護国神社9

神戸護国神社10

この花も、ちょっと桜に似ていますね。
なんていう名前なのか、知らないけれど
地味ながら神社の公園を彩っていました。

さて
明日からは、また新しいスタートです。





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/08/15(土) 12:22:47|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)
次のページ