FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

金刀比羅宮

金刀比羅宮1

2/24(水) 
香川ツアーのラストです。

念願の金刀比羅宮(ことひらぐう)へやってきました。
\( 'ω')/

金刀比羅宮2

朝食を食べていなかったので
お昼ごはんに食べたカレーうどんが
とっても美味しく感じられました。

たまには空っぽにしないと、胃腸が荒れてしまいますね。

施術を行うのが専門のあっきーさんの前では、
私は少々緊張してしまいます。
なるべくお会いする前日には、
疲れてるように見えないように整えよう、、とか思うんですよね。
ヒーラーさんは、心身の不調和を出会ってすぐに見抜いてしまうから
無意識的に見抜かれたくないと感じる私は取り繕ろうとしてしまいます。
これをほんとうに無意識にやってしまっているように自覚する。
一方的に尽くされるような立場にはなりたくない。
対等な立ち位置で関わりたい。
変な意地が湧いてしまうのはなぜでしょうか。

ヒーラーさんに出会う頻度も、ここ最近増えてきました。
私はそのうちの誰に対して向き合っても
そのようにふるまってしまうところがあります。

ちょっと構えてきたところがありましたが、
思いもよらない開放を経験してからは、
あれこれ考えることは、意味がないのかもしれない。
素でいよう、できるだけ自然でいよう、と思うようになりました。
まぁ気を張ってると疲れるだけですね。

昨日よりも今日はまし。
そんなんで良いのかもしれない。

私には調えたいところがいっぱいあります。
自分では気が付いていないような調えるべき部分も、
きっと、他者から見れば多いのだと思う。
自分でも探りたいですし、あせらず、ぼちぼちやっていくことにします。

いちばん健康といえる状態は
心の底から好きで楽しいことを続けることだと思っています。
そこに忠実でいたいよね。

カレーうどん美味しかった~。(≧▽≦)

金刀比羅宮3

最近、山登りをする機会が続いていたからでしょうか。

石段を登っていくのはシンドイかもしれないな・・・と思っていたのですが
案外、楽に登りきることが出来ました。

\( 'ω')/

それか、会話しながらだと、あっという間ですね。

金刀比羅宮4

到着しました~! ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

神仏習合の金毘羅大権現。

御祭神は、大物主命・崇徳天皇です。

金刀比羅宮5

ワニ! ワニ!

金刀比羅宮6

出雲にいた10歳頃、
金刀比羅宮には、祖母と弟と私の3人で訪れたことがあります。
町内会で企画された参拝ツアーで、フェリーで移動する旅でした。

サンフラワーという名の船だったと思います。
こんぴらさんに上陸する手前で、
酷い船酔いにあってしまい、船の内装しかほとんど記憶にありません。

石段が断片的に記憶の端っこに引っかかっています。

そんなトホホな出来事を更新するために、
今回は最後に金刀比羅宮を訪れたいと思ったのでした。

あっきーさんのおかげで、念願が叶いました~。
ありがとうございます。(^o^)

金刀比羅宮7

白峰宮と、
奥宮の厳魂神社を目指して歩きました。

最初に出会ったクスノキです。

金刀比羅宮8

大きさが伝わるでしょうか。

お父さん・お母さんの慈愛を感じさせられる木でした。

金刀比羅宮9

八咫烏の三本足のような根っこ。

空気が澄んでいて心地の良い空間です。

金刀比羅宮10

おっと、この木はもしや・・・!

金刀比羅宮11

ねぇ武部さん!
これはカゴノキでしょうか。

こんな大きな木が、
奥宮の近くにはたくさん存在していましたよ。

金刀比羅宮12

【追伸】
2/28にこのblog記事を見てくださった武部正俊さんから
コメントを頂きました。

この木はカゴノキで間違いないそうです。
大聖地の証!!とのことです。

やった~!(≧▽≦)

奥宮の参道にはカゴノキの大木だらけです。
参拝される方は、ぜひ鹿の子(バンビ)の背中模様の木を見つけてみてくださいね。
いろいろな発見があります。

フトマニカードを映えるように置いてみました。

金刀比羅宮13

こんな遊びが楽しいのも
この時期ならではですね。

金刀比羅宮14

奥宮に到着しました。
厳魂神社(いづたまじんじゃ)です。

ここで、ヒフミ祝詞・カタカムナヒフミの歌・あわうたを歌いました。

金刀比羅宮15

金刀比羅宮16

大物主神にここでも御挨拶。
フトマニカードの完成をご報告。

魂のお父さん・・・見守っていてくださいと。

金刀比羅宮17

瀬戸内海が見えるかな。
景色が素晴らしかったです。

金刀比羅宮18

天狗の岩です。

金刀比羅宮19

大きな人面石の喉のところに
烏天狗と天狗さんが彫られているように見えますね。

発声を意識してしまうような岩でした。

金刀比羅宮20

空海が生まれた善通寺もすぐ近くに。

金刀比羅宮に参拝するだけで、
一日はあっという間に過ぎてしまいますね。

ここは見どころがいっぱいありすぎて、
いくら時間があっても足りません。

善通寺は、また機会があれば訪れてみたいと思います。


奥宮から本宮まで降りてきて、
祝詞の後で、ふたりでフトマニカードを引いてみました。

金刀比羅宮22

私のカードは、
最初に引いたのが「インフィニティ」
裏は「オ」でした。

あっきーさんの引いたカードは、
最初に引いたのは「ヱ」
裏は「インフィニティ」でした。

まさか最後に
インフィニティ(最初)と
インフィニティ(最後)で繋がるなんて・・・

どこまでも無限大の可能性が
広がっていくようで嬉しいですね。

ミラクル大きすぎです。

金刀比羅宮の大物主神に
応援(yell)していただいているように感じて胸が熱くなりました。

私たちの偉大なお父さん・フトマニの神様ですね。

金刀比羅宮23

こちらは現在の鰐船。

大きなミラクルに包まれながら、
実り多き香川の旅を終えました。

今後もきっと楽しいことに繋がっていきそうな予感がしています。

ご案内いただいたあっきーさん
重ね重ねありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/02/27(土) 17:49:35|
  2. 神社仏閣めぐり(香川)

香川の弓弦羽にやってきたよ

香川の弓弦羽1

2/24(水) 
ここからは香川ツアーの番外編です。

最後に金刀比羅宮に参拝して帰りたいと思いました。

今回の一連のイベントの終了後に、
あっきーさんが車で連れて行ってくださいました。

ここは途中下車した場所です。

「弓弦羽」のバス停にて。

香川の弓弦羽2

イルカのことちゃんの終着点のようです。
ナンバーは10と36。

香川の弓弦羽3

なぜ、この場所が気になったかというと、
私の近所(神戸市東灘区)には、
弓弦羽神社があるからです。

今回、高松周辺の地図を事前リサーチしていて、
同じ地名がある!と知って、ビックリしました。

これまでこのblogでも
神戸の弓弦羽神社に関する記事を書いてきました。
ご興味があったらご覧ください。↓

弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)

弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)2010.桜

弓弦羽の杜(ゆづるはのもり)

雨の弓弦羽神社

七夕の弓弦羽神社と香雪美術館

2019 桃も桜もアーモンドも開花

ゆづ丸の巣籠り

弓弦羽の瀧

香川の弓弦羽4

多くの人にとって弓弦羽神社といえば、
フィギュアスケート金メダリストの羽生結弦くんを
思い浮かべるのかもしれません。
それも嬉しいですね♪

私もこんなにも熱く記事にするくらい
自分にとって身近な神社なだけあって、
押しが尊い・・・っていうか、愛が深いのです。

なんで?と言われても、
なんでかな・・・わからないんですが。
理屈抜きで好きなとこは好き、としか。。。

そんなものでしょう。(≧▽≦)

それで、香川の弓弦羽を見つけて大興奮だったのですが、
到着してみると、山と海とバス停があるだけの
静かな佇まいの場所でした。

香川の弓弦羽5

山肌が、なにげにスゴイけど。 (;''∀'')

このあたりにも滝があれば、神戸の弓弦羽の瀧と同様に、
きっとそこは白山大権現・身延山・日蓮
七面天女・吉祥天に関わる場所かもしれません。

同じ言霊を持つ場所だからシンクロしていくと思います。

弓弦は、弧、arc、湾になる場所
輸する・譲る・許す場所といったイメージもあります。

香川の弓弦羽6

しばらくまたドライブを続けると、瀬戸大橋が見えてきました。

あ。 あの空に飛んでいるのが
ゆづ丸かも! \( 'ω')/

海の見える場所に立って、発声しながら
こんぴらさんを目指して進んでゆきました。

連日のイベントを無事に終えて、
ふたりともちょっとお疲れモードでしたが
空と海を見ながらの発声にはエネルギーが回転しだしました。

日頃は忘れがちだけれど
こういう時間ってやっぱり大事ですね。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/02/27(土) 15:06:39|
  2. 神社仏閣めぐり(香川)

鰐河神社 【高松】フトマニカード発売記念☆ スペシャル神社ツアー3 

鰐河神社1

2月23日(火)
【高松】フトマニカード発売記念☆
スペシャル神社ツアーが開催されました。

イベントの詳細です。
https://www.reservestock.jp/events/526565

今回のツアーのテーマは
『神々とのキズナをキヅク』

フトマニカード制作者のアッキーと瑠璃さんをお供に、
讃岐國一宮の田村神社、
讃岐七冨士の一つ白山神社、
神武の父ウガヤフキアエズを祭る鰐河神社を巡り、
神々のメッセージを頂きながら、
参加者みなさまと神々とのキズナをキヅイテいきます。

-----------------

今回のツアーのラストです。

香川県木田郡三木町に鎮座する
鰐河神社(わにかわじんじゃ)に参拝いたしました。

すでに15時過ぎになっていたでしょうか。
日暮れが迫ってきています。

鰐河神社2

「わにかわじんじゃ」と呼ばれる神社は、
近くにもう一か所鎮座されているようです。
こちらの鰐河(わにかわ)に対して、もうひとつは和爾賀波(わにかわ)

宇佐神社もあり、ウサギとワニが絡む大国主命の国譲り神話が
ここにも存在していて面白いですね。(^o^)

鰐河神社17

さっき登っていた白山も鰐河の諭社ということで、位置関係はこんな感じ。

弓弦羽・諭鶴羽の地名も、
ワニとウサギが関連しているのかな?
ふとそう感じました。

鰐河神社3

御祭神は、豊玉姫命と応神天皇です。

創建時期は不明。

鰐河神社6

社伝によると、
豊玉姫命が亀に乗って讃岐国山田郡潟元(屋島付近)に上陸し、
鵜葺草葺不合尊をこの地で産む。その後鰐に乗って川を遡り、
この地に上陸したという。行基がこの地に創建したという。

延喜7年(907年)に八幡神を配祀し、高岡八幡とも称していた。
また神仏習合により別当寺として応神寺が創建されている。

明治元年(1868年)の神仏分離で応神寺は廃止される。
明治5年(1872年)鰐河神社に改称され郷社となる。

鰐河神社5

ワニに乗ってる豊玉姫。(^o^)

鰐・亀・葦・筏・・・・
いろんな種類の船があります。

豊玉姫は南方からこの地に、
一族を率いて大船団で上陸したのかなと思います。

ホツマツタヱにも船で移動した話が多く語られています。
豊玉姫は比喩的なストーリー満載で謎に包まれていますが。

鵜葺草葺不合尊の生誕地とされる場所。

そういえば、私たちが参拝しているときに
「赤い鳥」がここにやってくるからと
近隣の人たちが車数台でバードウォッチングに訪れていました。

その場で聞いた赤い鳥は、
正確な名前を忘れてしまいましたが、たしか赤いと言ってました。

黄昏時が過ぎると、
いっせいに引き上げていかれましたが・・・

そうか・・・!
いまから考えると、その「赤い鳥」は、
産まれたての赤ちゃんウガヤのサインだったのかもしれませんね。

どんな鳥なのか、確認できませんでしたが
定期的にそうして観察しに来ているひとたちがいることは
この場所が大事に護られてきた証なのかもね。

鰐河神社7

琉球の置物のような狛犬さん。
獅子舞の獅子みたいでもあります。

鰐河神社8

素婆倶羅さま。

大国主命と少彦名です。

鰐河神社9

塞神かな。
田村神社でも、ひっそり祀られていたような。

鰐河神社10

本殿の横には、ピンクの椿の大木があり印象的でした。

もう終わりかけですが、綺麗ですよね。

ピンクのツバキの花言葉は
「控えめな美」「控えめな愛」「慎み深い」

西洋・英語の花言葉
「longing(恋しく思う)」

True love begins when nothing is looked for in return.

鰐河神社11

本殿の裏手に回ると・・・
ここに来る前に登っていた白山が見えました。

鰐河神社12

ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

日の丸の旗がくっきり!

お子様ランチ!お子様ランチ!

祝日には、鰐河神社に参拝してここから撮影してみてください。
めっちゃ映えます☆

鰐河神社13

こちらは玉依姫の祠です。
玉依姫は豊玉姫の妹で、神武天皇のお母さん。

最後は玉依姫の祠の前で
カードリーディングとヒーリングをしました。

最後まで参加していた
れいちゃんは九州に縁が深い方だし、
よっちゃんは姉妹の日常を私たちに語ってくれていました。
もしかしたら豊玉姫と玉依姫が語らせてくれていたのかもしれません。

鰐河神社14

すると「サコクシロ」がメッセージに顕れました。

中御座 (北極星) を中心にした
八方=ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メの
天元神が位置する座のことです。

渦が3つも。

コ=9・九神・弧・arc
サ=南・差・左・桜

皆の中心には、豊玉姫と玉依姫がいて
私たちを導いてくださっているということです。

鰐河神社15

いま必要な言霊に導かれて、
必要な場所にあてて
ヒーリングしていくと癒しが起こってゆきます。

あとで写真を見てみると、
頭と肩のあたりに青い光が映っていました。

その部分・左肩を実際にちょっと痛めていたんですよね。

鰐河神社16

最初に選んだカードに、
裏側のカードを開いて、読み取りに加えていきます。

すると、「かなう」という言霊が出現しました。

シンプルに思ったことが「叶う」というサインですね。

泣いたり笑ったりの開放ワークとなった今回の旅ですが
最後の最後は、すべてよし☆彡でしたぁ~。

-----------------------

太陽の言霊ヒーラー・あっきーさんが
メインでご案内くださるツアーなだけあって、
祝詞奏上、歌、言霊ワークに加えて
フトマニカードを使ったリーディング・メッセージの読み取り
必要なヒーリングをしていく盛りだくさんな内容となっていました。

早朝から集まって、ゆるゆると3か所を巡るだけでも
かなり満足感が得られるツアーとなっています。

私はこれまで、六甲山周辺をガイドすることが多かったのですが
神社ツアーは、一期一会の思い出となり、皆の心に光を灯してゆきます。
神縁御縁で結ばれて、新しい扉が開かれてゆく・・・すべてが楽しい経験となります。

私はリーディングの精度を、今後も高めてゆきたいと思いました。
皆がなにを思って集うことになったのか・・・
そのストーリーのひとつひとつに寄り添うことで
見えてくるものがあります。

その場では気づかないことも多いのですが
こうして書いて振り返ると、深い気付きと次へのステップに繋がります。

風の時代を迎えた今、皆が得意を持ち寄って、
その場で神々との対話や読み解きをシェアしていくスタイルは
これまでのツアーをレベルアップさせて、
よりマジカルチックでワクワクするものへと変容してゆくでしょう。

『神々とのキズナをキヅク』のテーマ通りに、
私たちを取り巻く森羅万象の神様との対話を大切にしつつ
私たちの心身もまた神殿であると気付かされる(築かさせる)
とても有意義な旅となりました。

フトマニカードの使い方も、
なんとなく掴んで頂けたのではないかと思います。

今回の高松のツアーで出会ってくださった皆様。
お世話をくださった運営側の皆様。

皆さまにありがとうございます。

フトマニを通して
これからも一緒に光を広げてゆきましょう。ヾ(*´∀`*)ノ


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/02/27(土) 12:23:16|
  2. 神社仏閣めぐり(香川)

讃岐國一之宮田村神社  【高松】フトマニカード発売記念☆ スペシャル神社ツアー1 

田村神社1

2月23日(火)
【高松】フトマニカード発売記念☆
スペシャル神社ツアーが開催されました。

イベントの詳細です。
https://www.reservestock.jp/events/526565

今回のツアーのテーマは
『神々とのキズナをキヅク』

フトマニカード制作者のアッキーと瑠璃さんをお供に、
讃岐國一宮の田村神社、
讃岐七冨士の一つ白山神社、
神武の父ウガヤフキアエズを祭る鰐河神社を巡り、
神々のメッセージを頂きながら、
参加者みなさまと神々とのキズナをキヅイテいきます。


-----------------
ということで、最初の神社にやってまいりました。
香川の神社はほとんど知らなかったので、
私自身も楽しみなツアーでした。
(≧▽≦)

田村神社はさすがの讃岐國一之宮です。

ちょうど到着した頃、車のお祓い中でした。
めったに見かけることのなかった光景です。

日々私たちの足となって働いてくれている車に感謝。
我が家のご先祖様にも、車の企業に関係する方々がいらっしゃる。
手を合わせて、いつも御加護を頂きありがとうございます!と感謝合掌。

雲の形が八咫烏のかたちに変わる瞬間があり、
その空と雲の間からは、トンビやアオサギがくるくると
鳥居のそばまで飛んできてくれたり・・・
自然からのサプライズを、ここでもたくさん頂きました。

田村神社2

扁額の金文字が美しい。
田村神社って、本来はこんなかたちの字なのですね。

本殿の様式は、春日造。

旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
別称として「田村大社」「一宮神社」「定水(さだみず)大明神」
「一宮大明神」「田村大明神」とも、呼び名は様々です。

御祭神の田村大神は、
・倭迹迹日百襲姫命・五十狹芹彦命・猿田彦大神
・天隠山命・天五田根命、の5柱の総称のようです。

水神様を大事にされているのですね。

田村神社3

社務所の裏に、大きな御神木のクスノキがあり
立ち入りることは出来ませんでしたが
存在感いっぱいでした。

クスノキにかかる雲も、白い鳥に見えますね。

田村神社21

表参道から参拝する前に、
その御神木のクスノキが見える場所(神社の裏手)の一角で
みんなでフトマニカードを引いたのですが、

えっここ?と思うような、裏手の目立たない場所。。。

あっきーさんによれば、ここが一番、自分が気の良いところと感じる場所、と。

全体を見てきた後で、再度この場所にもどってくると、
なるほど此処が一番良いね♪と納得しました。

クスノキの全体像が見えるのはここだけ。
密やかな一角で清々しさがあります。

私が引いたカードは「テ」
裏のカードは「ル」でした。

田村神社11

天照と繋がる日なのかもしれないです。

ヲシテの「テ」は水、「ル」は火でもあるんですね。
和合した光が、此処に降り注がれているのでしょう。

皆がそれぞれに、意味深いカードを引いていましたよ。
最初のカードは、このツアーの最後までを通しての
メッセージだったような気がします。

田村神社4

田村神社5

フトマニっぽい形のものを撮ってみました。(^o^)

田村神社6

ほら。
例の六甲のカタカムナ金鳥山に持っていって
光がスパークしていた、あの金龍水を見つけてしまいましたよ。

2本購入して、ひとつは後で向かう三木町の
讃岐七富士のひとつである白山の頂上へお供えします。

もう1本は、六甲へ持ち帰ります。

田村神社はとなりの摂社は賑やかな雰囲気ですが
奥殿は二重構造になっているようで、
拝殿からはその奥の神座を伺い知ることは難しいです。

その床下に「定水井」と呼ばれる深淵があるそうです。

クスノキの御神木の傍でしょうか。
賑やかさで、ほんとうに大切な場所はカムフラージュされているようです。

金龍水も、水不足が起こった時期に
北海道の七飯町から運ばれてきたものと言われています。

水のいのちを絶やさないこと、護ることを前提にして、
摂社末社は配置されているのでしょうか。

田村神社7

こちらは田村神社のお隣の、宇都伎社の鳥居です。

龍くんにまた会えました。
この龍くん、先日私の夢に出てきてくれて
香川観光に連れて行ってくれたんですよね。
ありがとうね。(^o^)

向こうにトンビが飛んでいます。
まるで八咫烏さんみたいですね。

田村神社12

シンボル的存在です。カッコイイ。

宇都伎社の御祭神は、大地主神、倉稲魂神。

田村神社8

倭迹迹日百襲姫命と吉備津彦命

桃太郎の伝説 
犬島、猿王、雉ヶ谷の供を連れた弟吉備津彦命へ
瀬戸内海の鬼退治を命ずる倭迹迹日百襲姫命。

瀬戸内海のほうを向いてるようです。

田村神社は、そもそも紫雲山・栗林公園の方向、
石清尾山塊(いわせおさんかい)を向いているんじゃないかな?

通称・峰山(みねやま)、古墳の山。古代王族や豪族の御陵。
たぶん、その方向を指さしているのでは。。。
ここにくれば、讃岐国の誰もがご先祖供養できることになるのかも。

黍団子は、その先の鬼が島の鬼さんたちと
仲良く頬張るのかもしれません。

間違ってたらごめんなさい。
そうじゃないかな~と感じてます。

田村神社9

映画「HELLO WORLD」の一場面のような風景。

この映画は、伏見稲荷が舞台でしたが、
田村神社にも同じ風景が広がっていることに驚きました。

田村神社17

『HELLO WORLD』は「君の名は。」のような「セカイ系」アニメです。
ストリーリーのラストは私は同時期に公開されていた
「天気の子」よりも「HELLO WORLD」のほうが好きです。
たとえばいまはフトマニカードイベントだから
現実、フトマニで世界を真っ新にして新章を始められたら面白い。
陰陽合わせて大どんでん返し!
そんな可能性・夢・希望を与えてくれる映画でした。

いま見直してみると、以前には気が付くことができなかった
神様からのメッセージを読み解くことができるのかもしれません。

「映画『HELLO WORLD(ハロー・ワールド)』予告」


なにかわかったら、書いてみたいと思います。
未来から来た八咫烏の正体は・・・
八咫烏(瑠璃)=産土様(天甕津日女・天御梶日女)
八咫烏=阿遅須枳高日子・赤衾伊農意保須美比古佐和気能命

伊藤智彦監督は愛知の春日井出身で
尾張地方にも産土様の軌跡があちこちにあるので・・・
なんだか気になるストーリーで、頭から離れません。

大好きなひげだんが主題歌を歌っているしね。。。
気になる方はぜひ見てください。
streamくんどうしてるんだろう~。
なにか共有できることなど、あれば皆さま教えてください。

田村神社20

そんなことを思ってると、、、

あっきーさんが、なにやら夢で
新しい言霊ワークが降りてきたそうで。

鐘の中で発声してみると・・・あらイイ感じ♪

まるで見た目は虚無僧です。(笑)
あやしさ満点ですが、私もやってみました。
声が響いて思わぬ倍音効果に震えました。

日々創造性が磨かれていますね。
さすがです。

田村神社13

田村神社の摂社末社は
テーマパークのように
カオスすぎて、うまく語れません。

田村神社14

少名毘古那神、大年神、

塞神、幸姫など
縄文っぽいなと感じるところなどがあれば
七福神さんもいたりする。

摂社はほんとに楽しい雰囲気です。

田村神社15

田村神社16

田村神社18

田村神社19

いろいろ見どころが多い田村神社の周辺でした。

梅が満開で綺麗でした。

次に、三木町の讃岐七富士のひとつ
白山へと向かいました。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/02/26(金) 20:14:40|
  2. 神社仏閣めぐり(香川)

栗林公園

栗林公園1

2/21(日) 正午過ぎに高松に到着。

高松駅の周辺を散策しているうちに、
あっというまに15時になりました。

そうだ、日が暮れる前に、栗林公園へ行ってみよう。

ちょっと急ぎ足で門を潜りました。

御門の奥に見えるのが紫雲山
石清尾山塊(いわせおさんかい)と呼ばれる山塊の一部です。

いろんな石質の塊の山ということで、高松市随一のパワスポのようです。

栗林公園3

巨大なヒマラヤ杉に出会えました。

栗林公園は、江戸時代の1600年代初め、
生駒氏の家臣であった佐藤道益の居宅の作庭が本園の始まりとされています。

その後、1642年初代藩主・松平頼重(水戸光圀の兄)に引き継がれて
明治維新までの228年間、松平家11代の下屋敷として使用された歴史をもつ
特別名勝の県立公園です。

栗林公園2

栗林公園の中心に、商工奨励館があり
江戸時代(1600始め~)に治水工事に従事した西嶋八兵衛の顕彰碑と、
「大禹謨(だいうぼ)」の石碑が設置されています。

西嶋の出身地は遠江国の浜松。
そしてここにも大禹の顕彰碑があることに驚きました。

大禹についての関連記事はこちら↓

伝説の王・禹 最古の王朝の謎

国王頌徳碑 (かたのはなの碑)

やはり曹操と卑弥呼を繋ぐ鏡? 『金銀錯嵌珠龍文鉄鏡』


夏朝の創始者・禹(う・紀元前1900年頃)は
中国古代の伝説的な帝。

ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ の「カ」にあたる神様です。

もしかしたら、南から来た「ト」の一族との
統合の場が此処なのかもしれません。

あっきーさんは、フトマニカードは「お父さん」からのギフトであり、
フトマニカードで遊ぶとお父さんと繋がることになると言ってました。

今回、様々な場所に赴いてカードを使ったワークをしましたが
確かに、大きなお父さんの愛と思いを
カードからのリーディングで感じ取ることができました。

今回の香川の旅では、多層次元のお父さんに出会う旅でした。
大禹もまた、西方の偉大なお父さんなんだと思いますヨ。

栗林公園4

庭園は澄んだ湧水と、
少し停滞している水の流れと
場所によってさまざまでした。

栗林公園5

ここは清々しいと感じたところ。

栗林公園6

百花園の梅が見事です。

栗林公園7

栗林公園9

栗林公園8

水面にも、梅の開花を思わせる光が。

栗林公園10

栗林公園11

たくさんの鯉が口を開けて寄ってきています。

栗林公園12

栗林公園13

売店の近くの池の鯉です。
勢いがありますね。

栗林公園14

鴨場もあり、たくさんの鴨さんが羽を広げていました。
湖や池沼は繋がっていますが、住み分けしているんだね。

栗林公園15

こちらはポツンと立っているアオサギさんです。

群れないで、ぼっちが好きな鳥さんもいますよね。
なんとなく、シンパシーを感じます。(笑)

栗林公園16

どこから見ても、松の木が素敵なんですよ。

栗林公園17

イスノキ(ひょうの木)を見つけました!

ひょうの木と言えば、遠江國一之宮・小国神社の御神木でした。
浜松出身の西嶋八兵衛さんの植樹なのかな?

まさかここで本物の穴の開いた木の実に
出会えるとは思いもよりませんでした。

大黒様(大国主命)が天女に出会うきっかけとなった木の実なのです。
南湖のそばにこの木はあり、天女嶋が見えます。

こちらにも、ひょうの木のことを書いています。↓

遠州・浜松の旅 part.14 遠江國一宮 小國神社

繋がってるなぁ。
また浜松かぁ。

栗林公園18

天女嶋のそばにある小さな島には、恋つつじ。

つつじの木は、綺麗に刈り込まれていますが
もともと自然にハート形になっていたそうです。

ハートを見るとなんだかトキメキますよね。
ホッコリしました。

私の心も乙女だったわ~~。(*´∀`*)

栗林公園19

日が沈みつつある公園内を歩いていると
だんだん体が冷えてきました。
お茶屋さんで甘酒でも買って飲もうかな、と思っていたのに
カラフルな「おいりソフト」という看板に目が釘付けとなり、
迷った挙句、おいりソフトを頂きました。

冷える・・・でも美味しい♪

寒い・・・しかし映えの極み!!!

丸いふわふわした御菓子。面白いね。

栗林公園20

鴨場には、毘沙門天の祠があります。
紫雲山の麓は、まるで
六甲比命大善神の近辺にいるみたいな感じです。

ここにいると印象が被るんですよね。

空海さんの国、讃岐は不思議ワールドみたいですね。
明日からがまた楽しみです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/02/25(木) 14:36:39|
  2. 神社仏閣めぐり(香川)

うどん県(香川)へ旅してきました♪

フトマニ香川ワーク1

2/21(日)~2/24(水)
香川県高松市に行ってきました。

可愛い笑顔のJR高松駅の駅舎です。
これが見たかった!(≧▽≦)

広場には、フトマニ図のような、
カタカムナの八咫鏡のような
石畳のモニュメントがあってさらに楽しい♪

2/21(日)午後12時に降り立った高松市は
ご覧の通り。小春日和の快晴でした。
幸先イイなと思いました。

フトマニ香川ワーク2

2/22(月)に、フトマニカードの発売日を迎えます。

その発売の記念イベントと、
フトマニ図制作のワークショップが
サンポート高松ホールで開催されます。

ここ、うどん県は、フトマニカードの共同制作者である
水谷哲朗(あっきー)さんのホームグラウンドです。

あなあっぱれ!
°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°


私も訪れてみたいな~と思っていた場所です。

なぜなら同じ場所で、最近まで(2021.1)
カタカムナ言霊伝道師・吉野信子先生
カタカムナ講座@香川が開催されていたからです。
(香川県民ホール・レクザムホール)

カタカムナの言霊とヲシテの言霊が
まるで螺旋の渦を描きながら
この地で花開いているかのような、そんな印象を持ちました。
いつもこんな感じで、ふたつの言霊世界がクロスしてゆきます。

なんだかすごいな、熱いな。うどん県。

きっと、明日は素敵な記念イベントになるに違いない!と確信しつつ
高松に着いて最初に訪れたのが
明日のイベント会場となる、
こちらの写真の「サンポート高松」でした。

あっきーさん主導のフトマニカードを使った言霊ヒーリング、
地元・高松でご活躍のクリスタルボウル奏者・末包宏樹さんの共演
私もワーククショップ(初の試み)をする予定です。

フトマニの言霊・音霊・形霊世界を広げてゆく・・・
新たな始まりを、222の日にお祝いしようという試みです。

一緒に集ってくださる皆様やzoomで繋がってくださる皆様に
楽しんでいただけたらいいな~と思いながら
ポートタワーを見上げていました。

フトマニ香川ワーク3

サンポート高松ホールの屋上からの眺めです。

21日の午後は、風がとても強かったです。

以前に一度だけ訪れたことがある屋島が見えます。

フトマニ香川ワーク4

空と海が輝いて見えますね。

空海さんに「応援よろしくお願いします。がんばります!」と
ここで手を合わせました。

小豆島がこんなに近いんだね。
最近、小豆島のオリーブオイルやオリーブジャムを食べています。
どれも美味しいですよね。
太陽の恵みの島ですね。

フトマニ香川ワーク5

ポートの中のうどん屋さんで、最初のうどんを頂きました。

遅い昼食です。
お腹もすいていたので、とても美味しかったです。

フトマニ香川ワーク6

その後、高松の街歩きをしました。

高松城の玉藻公園です。
石垣の向こうを見なかったけれど
次回にまた時間があれば見に行ってみたいな。

フトマニ香川ワーク7

高松駅から続いている
クスノキのメインストリート。
ここから宿泊先まで歩きました。

フトマニ香川ワーク8

ころは二月十八日の酉の刻ばかりのことなるに~・・・

マンホールには「平家物語・扇の的」の那須与一が描かれていました。

フトマニ香川ワーク9

琴電。
車体のラッピングが可愛かったです。
描かれているのは、こくみん共済のピットくんとファミリーだったです。

ことでんのメインキャラはイルカのことちゃん
ことちゃんもたくさん見かけました。
高松は公共の乗り物がみんな可愛い仕様になってます。
JRのアンパンマンも乗ってみたい。

フトマニ香川ワーク10

しばらくテクテク歩いていくと、
兵庫町という名の商店街を見つけ、「おぉ~っ!」となる。

そして、ここにだけ
石の橋があることが気になりました。

フトマニ香川ワーク11

橋をじっくり見てみようと
横断歩道を渡りました。

なんと「八雲橋」と書かれていてビックリ。

Σ(・ω・ノ)ノ!

「八雲橋」は、明治12年1月に
玉藻城の外堀に架けられたもので、
古地図などによると、橋長は約12m、
この交差点の北西約40m付近にあったそうです。

当時、橋の向こう側には出雲大社分院があり、
大きくまわり道をするのは不便だということで
橋が架けられることになったそうです。

名前の由来は出雲にかかる枕詞「八雲たつ」から。

その後、町の開発が進み、明治33年頃に
「八雲橋」は外堀とともに姿を消してしまったそうです。

100年近くの歳月を経て土中から親柱1本が発見され
この橋のモニュメントは平成5年8月に設置されたそうです。


長い歳月を経て埋もれていたものが再び構築された・・・という過程は、
今回のフトマニの復活ともリンクしているようで、なんだか面白いですよね。

こんなところで「兵庫」と、「出雲」とも出会えるなんて・・・

私にとっても、きっとここは無関係な土地ではないのかも。
橋を見ながら、ちょっと胸が熱くなりました。

フトマニ香川ワーク12

大正8年に道路の管理や建設などに関して
道路法が制定され、香川における国道は高松市を中心として
徳島へ向かう22号と高知へ向かう23号、
松山へ向かう24号があったそうです。

当時は各市町村ごとに
道路の里程(距離)をはかる基準点として
道路元標が定められており、
高松市の道路元標はこの場所にあったそうです。

現代の国道22.23.24号も重要ポイントが多いですよね。

ちなみに出雲の県道23号は出雲大社に通じています。

22に発売イベント、23日に神社ツアーを定めた、
最近のあっきーさんのインスピレーションは
冴えまくってるように感じます。

数霊は裏切らない。

フトマニ香川ワーク13

中央公園に差し掛かりました。

なんかまた面白いキャラがいたよ。 (≧▽≦)

「ハゲさん」と呼ばれる狸さんです。

その昔、この辺りは、浄願寺の広大な境内で大木の茂った森があった。
この寺は殺生が禁じられていたので狸の住むにはあつらいむきの場所であった。
昔この森の中に1匹の狸が住み着いていた。
ある年の暮れ近く貧しい老夫婦の生活を救うため、茶釜に化けたまま売られていった。
茶釜は毎日磨かれるので狸の頭はつるつるに禿げてしまい痛い痛いと泣いていた。
住職は、かわいそうに思って鏡餅を三つ与えたところ泣きやんだ。
それから「今泣いたのはだあれ・・・お鏡三つでだまあった」と子供をなだめる歌となった。

平成5年8月28日
高松市4番丁校区 地域おこし事業推進委員会


フトマニ香川ワーク15

中央公園。

子供たちがワイワイ遊んでいて賑やかでした。

フトマニ香川ワーク14

樹木の種類がたくさんあります。
ユヅリハの木がとても印象的でした。

フトマニ香川ワーク16

高松市牟礼・庵治両町で採掘される
庵治石で作られた、石あかりロード。

フトマニ香川ワーク25

庵治石は主に墓石材として使用されるそうですが
その品質・希少性・石目の美しさから
「世界一の石」と称賛されているそうです。

フトマニ香川ワーク17

庵治の由来はどこからだろう?

もしかしたら阿遅須枳高日子じゃないかな。

フトマニ香川ワーク18

フトマニ香川ワーク19

そんなことを考えてたら、
三女神みたいな像に出会いました。

フトマニ香川ワーク20

フトマニ香川ワーク21

フトマニ香川ワーク22

フトマニ香川ワーク23

フトマニ香川ワーク24

もう春ですね♪

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/02/25(木) 11:37:52|
  2. 神社仏閣めぐり(香川)

屋島寺(やしまじ)

5/9(日)香川県の屋島寺(やしまじ)へお参りしてきました。
屋島寺は、香川県高松市・屋島にある真言宗御室派の寺院で、四国八十八箇所霊場第八十四番札所です。

屋島寺1

こちらは東大門です。

ご詠歌
梓弓 屋島の寺に 詣でつつ 祈りをかけて 勇むもののふ
(あづさゆみ やしまのてらに けふでつつ いのりをかけて いさむもののふ)

屋島寺5

十一面観音さまがお迎え下さいました。

屋島寺16

本堂です。
--------
山号: 南面山
宗派: 真言宗御室派
寺格: 準大本山
本尊: 十一面千手観世音菩薩
創建年: 伝・天平勝宝6年(754年)
開基: 伝・鑑真
正式名: 南面山 千光院 屋島寺
札所等: 四国八十八箇所84番
文化財; 本堂、十一面千手観世音菩薩、梵鐘(国重要文化財)
--------
天平勝宝六年(七五四)に来日した唐僧・鑑真さんは大宰府を出発して難波へ向かいます。
その途中屋島へ立寄り、北嶺に普賢堂を建て、その弟子・恵雲律師が堂宇を整備して住職となりました。

弘仁六年(八一五)には弘法大師・空海さんが登山します。
勅命によって一夜のうちに本堂を建立し、自刻の十一面千手千眼観世音を本尊としました。

その後は山岳仏教の霊場として盛んになります。
戦乱で一時は衰退しましたが、藩主の援助などで再興されています。

早朝から、お遍路さんで大にぎわいでした。

屋島寺9

大師堂です。

ここにも多くのお遍路さんが。

屋島寺10 屋島寺11

大師堂の横には、七福神さんの像が建っていました。

屋島寺20

熊野権現社です。

屋島寺15

蓑山大明神(みのやまだいみょうじん)です。

日本三大狸の一つです。四国の狸の総大将である『太三郎狸』がお祀りされています。
家庭円満、縁結び、水商売の神様として鎮座されています。

ある狸が矢傷で死にかけたところを平重盛さんに助けられ、その恩義から平家の守護を誓ったそうです。
その子孫が屋島の禿狸といわれているそうです。

また、屋島に霧が立ちこめている時に弘法大師・空海さんは道に迷われたそうですが
たぬきさんが老人に変化して現れ、山上まで案内したというお話しもあるそうです。

屋島の太三郎狸は、佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸と共に日本三名狸といわれ、
映画「平成狸ポンポコ合戦」に登場しているそうです。

なんと!
南山の狸さんのモデルだったとは・・・ここで繋がっちゃいますか・・・!(@@)

東京は稲城の南山には、去年のちょうど今頃に、とあるイベントで訪れていたのです。
この、丸一年を経ての出逢いには、ちょっぴり感動してしまいました。(*"Д")

そういえばこの狸さんの石像・・・ぽんぽこの狸さんにそっくり。
たしかに南山にも出てきそう・・。

屋島寺12 屋島寺13

狸さんたちが、まるで宝船に乗っているかのようでした。
かわいいです♪o(^^o)(o^^)o

屋島寺14

お稲荷さんもあります。

屋島寺18

本堂からまっすぐ降りると、仁王門が見えてきます。

ほんとはこちらが入口でしょうね。
駐車場からは、東大門から入る方が近かったのです。
緑いっぱいで、気持ちの良い広場です。

屋島寺23

源平合戦800年祭供養碑です。

寿永4年(1185年)早春の屋島に繰り広げられた源氏・平家の合戦は、
滅びるものの哀れと、追うものの雄々しさを描く一巻の絵巻物として現代も語り伝えられ数多くの史跡が点在します。

------------

瑠璃宝池1 瑠璃宝池2

瑠璃宝の池に来ました。
またの名を血の池と言われます。

瑠璃宝池3 瑠璃宝池4

瑠璃宝池5

屋島寺伽藍草創の折、弘法大師・空海さんが「遍照金剛、三密行所、当都卒天、内院管門」と書き、
宝珠とともにおさめ、池にしたそうです。
ところが、竜神が宝珠を奪いに来ると伝えられ、瑠璃宝の池の名があるそうです。

また源平合戦の時、壇ノ浦で戦った戦士たちが血刀を洗ったため、
池の水が赤くなり、血の池と呼ばれるようになったそうです。

実際の「血の池」は、とても美しい「光の池」でした。
宝珠って・・・もしかして。
甲山如意宝珠とも関係があるのかな。
名前が瑠璃の宝とかって・・・うーん・・・。なんとも意味深ですね。。。

瑠璃宝池7

瑠璃宝池8

------------
ぐるりと屋島周辺の断崖も歩いてみます。

屋島寺24 屋島寺25

「屋島れいがん茶屋」です。
とても眺めの良い場所にある御茶屋さんです。

屋島寺26 屋島寺31

瓦投げで、大はしゃぎの私とお遍路さんでした。
屋島という名は、屋根のようなかたちをした島、という由来があり、巨大な溶岩台地です。
右)の写真は、まさにこの島が屋根っぽいな~と確認できるポイントでした。

屋島寺28

獅子霊巌(ししのれいがん)からの、高松市の眺望です。

屋島寺の西150米の所、高松港に面した断崖に大きい岩が突き出ています。
その形が獅子の頭に似ているので、こう呼ばれているそうです。

弘法大師・空海さんが屋島寺を建てたとき、未だ完成しない内に日が没りかかったので
大師はここに立って日を招いた所、日が高く舞い上がったので一日の内に完成することができたという伝説があるそうです。
不思議伝説ですね。

屋島寺29

瀬戸大橋方面です。
瀬戸内海がぐるりと見渡せます。

屋島寺30

大きい島が、鬼ヶ島大洞窟がある女木島。
小さい島が、男木島。

ふつう大きい方が「男」なのかなと思うのですが、、、陰陽逆転してるのかな。

屋島寺33

島の反対側(東)へ行ってみます。

屋島4

こちらは談古嶺です。
屋島三大展望台のひとつです。
壇ノ浦が見えます。

屋島5

談古嶺からは、
那須与一の扇の的、義経の弓流し、平家軍船の泊地(船隠し)・・・などなど
平家物語の屋合戦の舞台が眼下に一望出来ます。

ガイドマップを見ながら見ないと、なにがなにやら、、、ですが。。。^^;

屋島3

源平合戦の地と空海さん繋がりの島、屋島。
一度は訪れてみたい島・屋島でした。

瑠璃宝の池の宝珠とはどんな宝珠か?
甲山との関連は?

何処へ行っても、空海さんのお遍路ルートには不思議伝説が数々ありますね。
とっても興味深いです。

楽しくて綺麗な景色が満載で、来て良かった~!と思いました。
きっと夕日の獅子霊巌は、もっともっと綺麗だったのでしょうね。

さてさて、、、香川の屋島を後にして
今度は、徳島の剣山(つるぎざん)へと続きます。。。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/05/09(日) 18:09:21|
  2. 神社仏閣めぐり(香川)