瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

私の瀬織津姫

康国寺8

年始に御参りしたお寺へ、再び行くことになりました。

ひいおばぁちゃんの33回忌法要なのです。

今回出雲へ帰省したのも、このためでした。

康国寺9

もう一度紹介しておきましょう。

---------
大雲山 康國寺(こうこくじ)

臨済宗妙心寺派のお寺です。

【住所】島根県平田市国富町1301
【本尊】釈尊牟尼如来
【開山】孤峰覚明(三光国師)
【開基】三沢康国

【由緒】康国寺は、山号を大雲山と号し、臨済宗妙心寺派に属する寺である。
臨済宗大雲山康国禅寺は、元享2年(1322)南北朝時代、孤峰覚明禅師(三光国師)の開闢の霊場であり、
大檀越三沢康国公の寄捨の地である。同寺の庭園は江戸時代末期の天保年間(1830-44)に、
松江藩7代藩主不昧公が江戸から連れ帰った庭師沢玄丹に施工させ、築庭された庭で、旅伏山麓にあり、
禅院特有の枯山水庭園で、借景に旅伏山を取り入れている。自然山水との調和の美しさは見る人を誘い、
この地方独特の松を配した様式手法は美的効果を一層高め、整然と置かれた飛石、
池に面した老松のたたずまいなど、山陰随一の名庭園と言われている。

【寺宝】聖徒妙麟/古文書/白隠禅師書

---------

「仏教総合情報サイト ブッダワールド」さんより
http://www.buddha-world.jp/

康国寺10

このお寺は、小さい頃から、ひいおばぁちゃんと一緒に御参りもしていたし
私にとっては、とても馴染みの深い、温かいお寺でした。

康国寺11

私にとっては、瀬織津姫といったら、ひぃおばぁちゃん、かな。

共働きの忙しい両親に代わって、小さな私を、とても大事に育てて下さいました。
寝食をともにして、お風呂も一緒に入って、なにからなにまで、一緒にしていました。

電車やバスにのって、大社にもよく参拝していたっけ。
御祭にも一緒にでかけて、オハジキなんかを買ってもらったりして。
そんな、ひいおばぁちゃんが大好きでした。

私が中学生の頃に86歳で他界してしまいました。

後に、まったく血が繋がっていなかった、と知った時は、とても驚きショックでした。

子供の居ない曽祖父と曾祖母のもとに、祖父は養子に入っていたのです。

ひいおばぁちゃんは、子供・孫・ひ孫の私・・・
たくさんの子供たちを我が子と思い、たくさん育ててきていたのです。

私の中では、いつでもお手本にしてしまう女性です。

今回の33回忌法要でも
「お婆さんは、我が家の姫たちをたくさん育ててきたんだねぇ・・・立派だわ」
などと、叔母と私を見つめながら呟き、両親はひいおばぁちゃんの在りし日を讃えていました。

叔母と私は、どこかよく似ています。
母よりも、雰囲気は似てるかも。

そんなこんなで、私にとっての瀬織津姫は、ひいおばぁちゃんなのです。

康国寺12

また昔語りをしてしまいました。

でも、きっと、話を聞きたいと感じて下さっている
必要な人たちがいらっしゃるからですね。

血よりも濃い、魂の繋がりがどんどん広がっているから。

他愛のないこんな話でも、なにかを感じて頂けるといいな・・・と思います。

康国寺13

ポスターが張ってあったり

康国寺14

なんだか明るく、アートな空間になっている本堂です。

康国寺15

四国八十八箇所の御朱印もありました。

私は、西国霊場巡りの旅を思い出していました。

二十代の始めのころに、西国三十三箇所を満願して
三十代の半ばのころに、新西国三十三箇所を満願しました。

薬師さん巡りもしてみたいけれど・・・なにせ、時間がないようで。。。

楽しいことがいっぱいの霊場巡り。好きなんですよね。

康国寺16

仏陀さーーーん

アニメ映画の第二段ですね。

最初の映画上映を、吉野山の金峯山寺で知って、割引チケットを頂き、すぐに見に行きました。

このタイミング? 2/8ってもうすぐですね。
見に行ってみようかな。
たしか、幸福の科学関連だったと思ったけれど。。。

第一弾の仏陀さんは、冒険へ出て挫折感を味わうところで終わってしまっていたような・・・
なんだか見ていて、消化不良なままズルズル引きずってしまったような感じでした。

今度は、冒険で何かを見つけるお話なのでしょうかね。
ちょっと気になってしまうわ。

あっ 

割引チケットがあれば、頂いておくんだった。
うぅぅ・・・聞けばよかった。残念。。。

康国寺17

絵画がたくさん奉納されていて
話の流れから、私の仏画もお贈りすることになりました。

いいのかしら。。。弁才天さんなんだけど。。。

そんな約束もしてきました。

出雲での神社仏閣との関わりも、これからどんどん出来て行きそうな予感です。

住職さまとお会いしたのは、祖父の法事以来かな。
もうかれこれ15ぶり・・・。
これまで私のしてきたことに対して
今でも、とても好感を持ってくださっているんだな・・・と知って嬉しくなりました。

なんだか、住職様とも、並々ならぬ御縁を感じたりもしています。
優しくて頼もしい感じの、お父さんのような方です。

がんばるぞーーー。\(^O^)/

康国寺18

美しい庭園です。

康国寺19

この庭園を一目見たいと、遠方から訪れる方も多いそうです。

康国寺20

いつも鴨ちゃんたちが居ます。

ここは、あまり変わらないでいて欲しい場所のひとつです。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/25(土) 12:28:37|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

姫路城

姫路1

銀杏並木を歩きました。

金色のトンネルを潜り抜けているような気分になりました。

姫路2

昨日は姫路城へ行ってきました。

お堀の周辺です。

姫路3

姫路4

プランクトン? 藻?

魚の尾ヒレみたいな形を作っていました。

いつも見えない世界からのメッセージを探しています。

姫路5

広場では、遠足の中学生がお弁当を広げていたり

運動会の小学生がリレーしていたり

たくさんの子供たちと保護者たちで賑わっていました。

姫路6

まだ工事中ですね。

姫路の人たちは完成が待ち遠しいんだろうなぁ。。。

綺麗な白鷺の姿が復活するのかな。

出雲大社での遷宮前の姿も、ずーっと長い間こんな感じだったわ~

・・・と思いつつ、眺めていました。

姫路7

しろまるひめにも出会ってしまった。。。

こんなに美味しそうなお姫さまは、はじめて見たかも~。

大福餅みたいだよね。

かわいい。。。食べたい。。。

姫路8

2014年の大河の主役は黒田官兵衛さんなのね。

駅前でもPRされていました。

姫路に親戚がいるので、姫路城は、子供の頃に何度か訪れていました。

ちょっと懐かしい気持ちに浸ることが出来ました。


テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/12/06(金) 13:00:12|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

灘目の水車(なだめのすいしゃ)

六甲山系の麓、御影の街には、水車があります。

灘目の水車1

灘は酒造りが盛んな街。
昔は、酒造りのために、水のエネルギーを利用して精米していたそうです。

水車は、酒造りだけではなく、菜種油を絞るための絶好の道具でもあったようです。
江戸時代から盛んに利用されていたそうですよ。

灘目の水車3

近くにいるだけで
水飛沫を見ているだけで
ものすごい勢いで流れ落ちてくる音を聞いているだけで

なんだか身体中が癒されたような気持ちになり
実際に、ひんやりとして気持ちが良いです。(//≧▽≦//)

灘目の水車4

またまた、トカゲちゃんに出逢いました。
立ち止まった場所に、ここぞとばかりに現れてくれるようになりました。

もはや、お友達♪ 何匹目のお友達? 

瑠璃×ゴールド のツートンカラーなんだよね♪
なんて綺麗なボディなんだと思いますね。

灘目の水車5

山田太郎車・次郎車というらしいです。

写真では分かりづらいかと思いますが、ここには大小の2つの水車が回ってるんです。

灘目の水車6

マンホールで見ると、こんな感じです。

夏を快適に乗り切るぞ。
そんな想いを込めて。

気持ちの良い水辺を歩いてみよう。



動画: 灘目の水車

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/08(金) 09:18:09|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

阿保親王塚(あぼしんのうづか)

芦屋にある打出(うちで)という街を歩いています。

打出といえば、その名の通り「打出の小槌伝説」が伝えられている街です。

実際に「打出町」「打出小槌町」と呼ばれる町もあります。
由来がわかりやすくて面白いですよね。(*´ー`*)

振ると、何でも願い事が叶うという、宝物を生みだす、こづち。
お金持ちが多く住む、高級住宅街、芦屋っぽい伝説だな~という気もします。


そんな場所に、平安時代の皇族・阿保親王のお墓があります。

阿保親王塚1

阿保親王塚2

宮内庁の管理になっていて、立ち入りはできません。

ほとんど公園の一角なのかな、、、という佇まいです。

いつも通り過ぎるだけで、これまでスルーしていましたが
今回、はじめて手を合わせてきました。

阿保親王塚3

阿保親王は、延暦11年(792年)生まれ。

平城天皇の第一皇子。
桓武天皇の皇女・伊都内親王との子供に、平安歌人で有名な 在原業平さん(825-880)がいます。

芦屋には、業平さんにちなんだ地名や橋、碑、モニュメントも多く存在していますよ。
そこはかとなく、平安貴族文化の一片を感じられる街かなと思います。


芦屋には業平橋がありますが
東京墨田区にも業平橋があるそうですね。

付近には「東京スカイツリー」

おしなりくん
スカイツリーの「おしなりくん」というPRキャラクターは
押上業平橋からとったものらしいですよ。
平安貴族の格好に烏帽子が、東京スカイツリー風なんですって。

ちょっとスカイツリーに行ってみたくなりました~。

東京に行く機会がまたあるのだろうか・・・
それはちょっとわからないけど。。。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/28(火) 11:04:10|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

東求女塚古墳(ひがしもとめづかこふん)

灘区と東灘区には、伝説の古墳があります。

以前紹介しました、処女塚古墳(おとめづかこふん)を中心にして
西と東に、対になるように造られている古墳があります。

・処女塚
・西求女塚
・東求女塚

3つでひとつの伝説です。

さきほどは、西にある古墳をご紹介しましたので
今回は3つめの東求女塚古墳(ひがしもとめづかこふん)をご紹介します。

伝説の詳細はこちらをご覧下さい。↓

処女塚古墳(おとめづかこふん)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-284.html

------

東求女塚古墳は、
東灘区住吉宮町1丁目にあります。

こちらも、ごく普通の公園のなかにあります。
初めて訪れる方は、ちょっと場所が分かりづらいかな。

東求女塚1

東求女塚2

東求女塚3

東求女塚4

東求女塚6

銅鏡 車輪石 剣 玉 などが発掘されたとありますね。
東京国立博物館に保管されているとは、ちょっと驚き。(*"Д")

私たちって、ふだんから遺跡の上で普通に遊んでるんだよね。。。

東求女塚7

たくさんの人たちが
たくさんの歴史や伝説を刻んできた

そのうえで私たちは今を生きているんだね。

立つ鳥あとを濁さず。

そんな言葉が、ふっと頭に浮かんできました。

身軽に飛翔していきたいものです。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/14(火) 17:31:17|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

西求女塚古墳(にしもとめづかこふん)

灘区と東灘区には、伝説の古墳があります。

以前紹介しました、処女塚古墳(おとめづかこふん)を中心にして
西と東に、対になるように造られている古墳があります。

・処女塚
・西求女塚
・東求女塚

3つでひとつの伝説です。

今回は、その、西と東にある古墳をご紹介します。

伝説の詳細はこちらをご覧下さい。↓

処女塚古墳(おとめづかこふん)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-284.html

------

こちらが、西求女塚古墳(にしもとめづかこふん)です。

灘区都通3丁目
灘区のR43沿い・摩耶インターの付近にあります。

西求女塚1

見た目は、ごく普通の公園っぽいです。

西求女塚3

こういう説明書きがなければ、ここに古墳があるなんてわかりません。^^;

西求女塚4

卑弥呼さんの時代の、三角縁神獣鏡やら鉄器やら、いろいろと出てきたようですよ。。。

西求女塚6

西求女塚7

西求女塚8

少し盛り上がっている円の部分は、花壇っぽいです。^^
お花がいっぱい咲いていました。

西求女塚9 西求女塚10

鳥の声もあちこちで聞こえます。
スズメやムックル。
ここは住宅地のオアシスでした。

西求女塚11

ムックル

あっ ムックルはポケモンのムックルですが
ムクドリにそっくりなので、ついつい見かけたらそう呼んでしまいます。(´∀`)ゝ”

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/14(火) 17:13:16|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

処女塚古墳(おとめづかこふん)

自転車に乗って石屋川まで
サイクリング・サイクリング・やっほー♪やっほー♪

石屋川

東灘のはじっこを流れている石屋川です。

アニメ映画「火垂るの墓」の舞台になった場所です。
川沿いの風景が同じ感じでしょ?

処女塚1

石屋川のそばに、古墳があります。

処女塚2

その名も、処女塚(おとめづか)古墳です。

処女と書いておとめ。

なんだかネーミングした人たちのドリーム入ってるんでしょうか。
特に男性の。

処女塚3

傷だらけになっていて読みにくい説明ですが、
以下が内容です。
-----
この処女塚古墳は、東灘区住吉宮町1丁目の東求女塚(ひがしもとめづか)古墳
および、灘区都通3丁目の西求女塚古墳とともに、古く万葉の昔から人々に知られた有名な古墳であります。
大正11年に国の史跡指定を受けましたが、すでに墳丘の一部は道路で削られていました。
処女塚古墳の整備事業は、国の保護を受けて、昭和54年度から墳丘の整備をはじめ、昭和59年度に完成しました。
整備に伴う調査の結果、南向きの前方後方墳で、もとの大きさは全長70m、後方部の幅39m、高さ17m、
前方部の幅32m、高さ14mがあり、後方部を三段築成、前方部を二段築成にしていたことがわかりました。
また墳丘の斜面には石を葺いていましたが、円筒埴輪は立ててなく数個体分の壷型土器が見つかりました。
古墳を造った年代は、出土した壷型土器などによって4世紀と考えることができます。

昭和59年11月 神戸市教育委員会
-----

所在地 兵庫県神戸市東灘区御影塚町2-10

処女塚12 処女塚13

蜂がいっぱいいました。

山陰系の出土品が出てきたということで、ちょっと興味を掻き立てられます。

処女塚4

古墳のてっぺんに立ってみる。
そんなに高くはないけれど、良い眺めです。(*"Д")

処女塚5

南側の小さい方墳を見下ろしているところです。

処女塚7

桜の木もあります。

処女塚9

斜面です。
このあたりは石が葺かれていたと思われます。

処女塚11

石碑がならんでいます。

-------

小山田高家(おやまだたかいえ)の碑

延元元年(1336)湊川の戦いに敗れた新田義貞は生田の森から東に敗走して東明(処女塚近辺)まで来た。
しかし、近づいた追手の矢で馬は倒れ、義貞は馬を降りて、処女塚に登って敵を防いだ。
その窮状をはるかに眺めた小山田太郎高家は、これまでの義貞の恩義を思い出して、塚に駆け寄って
自分の馬に義貞を乗せて東に逃れさせた。高家は塚上に留って敵を防いだが、
味方の敗色は濃く、ついにこの処女塚の上で討たれてしまった。
「太平記」の描くこの武勇を記念して、弘化3年(1846)の代官・竹垣三左衛門藤原直道が建てさせたものである。


田辺福麻呂(たなべのさきまろ)の歌碑

いにしえの 小竹田壮士(しのだおとこ)の妻問ひし
  菟原処女(うなひおとめ)の奥つ城ぞこれ


この歌は万葉の歌人、福麻呂が旅の途中で処女塚に立ち寄った時の現況と、それから受けた感動を歌ったものである。
古くから処女塚古墳には、東灘区住吉宮町1丁目の東求女塚(ひがしもとめづか)古墳と、
灘区都通3丁目の西求女塚古墳にまつわる悲恋の伝説が言い伝えられている。
この伝説は二人の男性が一人の女性を慕ったため、女性は身を処しかね、嘆きつつ死んでしまった。
それを知った二人の男性も悲しみ後を追った。
女性の墓を中にして、男性の墓を東西に造ったという物語である。

-------

もう悲恋は、おなかいっぱい、、、という感じですが、
私が出かけると、行く先々で、こういう伝説にぶち当たるんですよね・・・。(´・_・`)。o

ちょっと胸がぎゅーっと締め付けられるような感覚になります。

その時代に生きてみないとわからないことです。
きっと、いろいろ尾ひれが付いていたり、事実と史実は違うんだろうナァとも感じていますが
どこかで感応してしまう部分があるのでしょうね。

真実はいかに・・・?


おとめ塚温泉1

こちらは、おとめ塚温泉です。
処女塚古墳のすぐ側にある天然温泉です。

今日は温泉に入りにやってきたのでした♪
久々に全身リフレッシュしました。ヽ(*^。^*)ノ

ここ最近、PCの前にいる時間が長かったので、
ちょっと離れて、肉体の癒しを求めてここまで来たのでした。

天然かけ流し温泉で、とっても気持ちが良いお湯でした。

温泉は、火と水の癒し。
スベスベになって満足です♪

おとめ塚温泉2

おとめ塚温泉にも御由緒がありましたよ。

------

処女塚伝説の詳しい内容はこちらです。↓

『ひょうご歴史ステーション』ひょうご伝説紀行より
http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/historystation/legend/html/021/021-tx.html


遠い昔、六甲山(ろっこうさん)のふもと、ちょうど現在の神戸市灘区(こうべしなだく)のあたりに、
菟原(うばら)という村がありました。この村に、それは美しい娘が住んでいたということです。

顔や姿が美しいばかりでなく、娘は心もやさしく、機織(はたお)りがたいへんじょうずでした。
人々はうわさを聞いて、ひと目でよいから娘を見たいものだと、訪ねてくるのでした。
そうした人々の中に、二人の若者がおりました。
一人は娘と同じ菟原の村に住む若者。
もう一人は、海をわたった向こうの和泉国(いずみのくに)に住む若者でした。

「どうか私のおよめさんになってください。」

二人は熱心にたのみこむのでした。
娘の両親も、どちらかがお婿(むこ)さんになってくれたらと思いましたが、娘の心はなかなか決まりません。
二人があまりにすばらしい若者なので、どちらを選んだらいいのかわからなかったのです。
迷い続けるうちに、娘はだんだんとやつれてゆきました。

一方で若者たちは、何とか娘をおよめさんにしたいと、ますますはげしく競争するようになっていました。
そのようすを見ていると、このままでは刀を持ってきり合いを始めてしまいそうです。
若者たちが競争すればするほど、娘の心はしずんでゆく一方でした。
そしてとうとう、娘は、近くを流れる生田川に身を投げようとするまでになってしまいました。

おどろいたのは両親です。

「かわいそうに。そんなに思いつめなくてもいいよ。私たちによい考えがあるからね」

そういって娘をなぐさめた両親は、ふたりの若者を招いて言いました。

「お二人が、娘のことを思ってくださる気持ちはよくわかりました。
けれどもお二人ともご立派すぎて、どちらかを選ぶことができません。
そこで考えたのですが、そこに流れている生田川の水鳥を早く射止めた方に、
おむこさんになってもらおうと思います。」

どちらの若者も、弓のうでまえには自信がありましたから、この話は願ってもないことでした。
弓比べの日をとりきめて、二人は帰ってゆきました。

いよいよ弓比べの日です。
うわさがうわさを呼んで、生田川の河原にはたくさんの人が集まりました。
りりしく着かざった二人の若者は、河原へ進み出ると、合図と同時に矢をつがえて、弓をひきしぼりました。
人々はかたずを飲んで見つめます。娘は手をにぎりしめ、目を閉じました。

ひゅうっと空気を切りさく矢鳴りが、聞こえました。

「わあぁっ。」
「あたった!」
「見事だ!」

口々にさけぶ人々の声に、目を開いた娘は、立ち上がって川面を見つめました。
そしてどうしたのか、川に向かって歩き始めたかと思うととつぜん走り出し、流れに身をおどらせたのです。

激しい流れにのまれて、娘の姿は二度とうかび上がってきませんでした。
それを見た二人の若者も、娘のあとを追うように川に身を投げてしまいました。

残された水鳥をみると、二本の矢がつきささっていました。
若者たちは、弓の腕前までまったくのごかくだったのです。

弓比べでもおむこさんが決まらないと知って、娘は死ぬことを選んでしまったのでした。

娘がほうむられた墓を、人々は処女塚(おとめづか)と呼びました。
そして、処女塚を見守るように造られた二人の若者の墓は、
東求女塚(ひがしもとめづか)、西求女塚(にしもとめづか)と呼ばれています。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/11/08(月) 22:56:46|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

五色塚古墳(ごしきづかこふん)

昨日の続きです。

大歳山遺跡公園(おおとしやまいせきこうえん)からの流れで、五色塚古墳へ。

大歳山遺跡と五色塚古墳は、とても近いのですが
歩いていくとちょっと距離がありますので、ここは公共交通機関を利用した方が良いかと思います。

五色塚古墳へは・・・
山陽電鉄・霞ヶ丘駅から徒歩10分。 (五色塚古墳までは最も近い最寄り駅です)
JR神戸線垂水駅からは徒歩15分。

午前9時から午後5時までは、見学無料。
定休日:月曜、年末年始。
駐車場あり。

五色塚古墳1

穴場的な雰囲気の大歳山遺跡とは違い、駅前に存在する五色山古墳は
さすが県下最大パワースポットと呼ばれるだけあって、威風堂々とした佇まいです。

兵庫県下最大の前方後円墳です。
別名「千壺(せんつぼ)古墳」。
築造年代は4世紀末から5世紀初頭と推定されています。国の史跡に指定。

五色塚古墳2

晴れた日に見ると、圧巻ですね。。。
全長194m、高さ18m。

五色塚古墳3

勾玉のような雲が出ていたのも、印象的でした。

五色塚古墳4

後円部の墳丘。
飾りに使われている石(葺石、ふきいし)は、約223万個。
明石海峡内のものとされています。
すごい数ですね。(@@)

異世界に来たような気分です。
頭がピリピリしてきました。

五色塚古墳5

「五色塚古墳」の呼称は、

明石海峡を挟んで対岸の淡路島西南部の五色浜付近から石を運んで葺かれたことに由来するという説と、
時間帯で変わる太陽の光によって葺かれた石が異なる色で反射することに由来するという説があるそうです。

五色塚古墳6

神戸の西部から隣の明石にかけて相当大きな力を持っていた豪族の墓と考えられているようです。

五色塚古墳7

明石海峡と淡路島が見えます。

すばらしい展望です・・・って、お墓の上に立ってるんだよね。
ちと微妙な気持ちになりますが・・・。^^;

遮るものがなにもないので
陽の光も風も、とても気持ちがよかったです。

五色塚古墳8 五色塚古墳9

円筒埴輪のレプリカがぐるっと円に沿って飾られています。

五色塚古墳10 五色塚古墳11

五色塚古墳12

こちらは「小壺(こつぼ)古墳」です。

巨大な前方後円墳のすぐ隣にあります。
直径60m。
五色塚古墳より少し古い時代に造られたと考えられているようです。(こちらは葺石はされていません)

こんもり丸くて、かわいいです。

五色塚古墳13

全体的に、このあたり一帯も
ピリピリしたエネルギーを感じましたよ。

山陽電車に乗るたびにスルーしていたスポットでしたが、
はじめて行ってみて、圧倒されました。

身近に素敵なスポットは意外とたくさんありますね。
海岸線の眺めも最高です。
お天気のいい日にまた行ってみたいです。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/05/31(月) 07:41:14|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

大歳山遺跡公園(おおとしやまいせきこうえん)

5月最後の週末です。皆様、楽しんでいらっしゃいますか?
遠出しようかなと考えていましたが、ちと疲れが溜まってきているので、近場でお散歩することにしました。

神戸の海岸沿いには、まだまだいいところがいっぱいあるんですよ~。
史跡・旧跡もいっぱいです。
大歳山遺跡もそのひとつです。

大歳山遺跡1

大歳山遺跡公園は、兵庫県神戸市垂水区にある遺跡公園です。
JR舞子駅から徒歩約25分。(神戸市営バス・山陽電鉄バス「舞子坂一丁目」下車 徒歩3分)
山陽電鉄・西舞子駅から徒歩約15分。

大きな遺跡かと思いきや・・・住宅街の中にあって意外と目立たないです。
生粋の神戸っ子である夫も「へぇ~舞子に縄文遺跡?初めて知った~」と言っていました。
まぁ垂水は、同じ神戸でも灘とは真反対で遠いですからね。

私も最寄り駅に置いてあった無料配布のタウン誌でその存在を初めて知りました。

桜の木の下に、丘陵が・・・

大歳山遺跡2

前方後円墳です。全長約37mです。
古墳の向こうには、明石海峡大橋が架かっている淡路島が見えます。

大歳山遺跡3

古墳の上から見た眺めです。
とってもいい眺めです~。

大歳山遺跡4

復元された竪穴式住居です。1972年に復元されたそうです。

大歳山遺跡5

大歳山は、もともと大歳神を祀る大歳神社があったためそう呼ばれていたようです。

直良信夫さんの発掘により、2万年前の縄文時代の土器が出土しました。
(↑明石原人(あかしげんじん)の化石を発見したことでも有名な人です)

その後も旧石器時代、縄文時代、弥生時代と様々な時代のものが出土して
石器時代の人々が同じ地に長い間暮らしていたものとなされている複合遺跡です。

周囲にも古墳が多数あったようですが、内容はよくわからないようです。


こういうところに来ると、身体も心もホットになります。
血湧き肉躍るとは、こういうことなのかも・・・
他では感じることのできない
なんとも言えない、不思議な体感が確かにあります。
太古のDNAの記憶が、ふつふつと蘇る感覚があります。

こんなに地味な公園なのに。。。

私たちの聖地は、時空を越えて交差しあって
いつのまにか、求めていてもいなくても、目の前に導かれていたりするものなのかもしれません。

それぞれの魂の故郷として、そこに私たちが訪れるのを待ってくれているのかもしれません。

近所をぶらっと歩いてみると、面白い発見がたくさん転がっているのかもしれませんね。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/05/30(日) 08:30:29|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)