fc2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

大丹後王国へ

丹後の旅1

6/9(木)京都府丹後へ日帰り旅行してきました。

「古代丹後王国は、あった」
「前ヤマトを創った大丹波王国」
「卑弥呼の孫トヨはアマテラスだった」
「ヤマト政権誕生と大丹波王国」
「応神と仁徳に隠された海人族の真相」
「卑弥呼の真実に迫る」

国宝「海部氏系図」と、丹後の丁寧なフィールドワークと伝承を紐解き、
卑弥呼に関連するたくさんの著書を執筆されてきた伴とし子先生とお会いしました。
上記のタイトルはすべて伴先生の書かれた本です。

古代に大発展を遂げた大丹後王国の軌跡を辿りながら
饒速日命や卑弥呼に関わる興味深いお話を、たくさんお聞きすることが出来ました。

神戸の六甲比命神社や西宮の廣田神社の周辺で
瀬織津姫に関わることをしていると、様々な神縁を頂きます。

今回も知るタイミングがきたのだなと感じて、
丹後の自然の中で神々の息吹を体感させていただきました。

私は個人的にご縁の深い方と伴先生とナビをしてくださった方をお訪ねしましたが、
夫々の尊いご使命でその場の調律をされる大切な役割を皆様が全うされています。

まるで古代にタイムスリップしたかのように感じられた王家の谷。
山間の古墳と、田畑の間を心地よい風が吹き抜けていく・・・神を感じられる瞬間でした。
神谷太刀宮の磐座は、鬼滅の刃のワンシーンを髣髴とさせてくれて圧巻でした。
久美浜方面の甲山から籠神社・眞名井神社は、西宮に帰ってきたかのように錯覚します。

みんなどこか懐かしく、近いようで遠いようで・・・丹後王国は神秘の国でした。

出雲や神戸でも感じられる
古代海人族のシーパワーで発展した巨大ランドマークの軌跡。
柱が立てられた丹後の風土にも、母系社会の親しみと温かさを感じられました。

歩くことができて良かった。
触れることが出来て嬉しかったです。

828が楽しみになりました。
ありがとうございます。

神縁に感謝いたします。


今回訪れた場所。

・和久傳ノ森 森の中の家安野光雄館
・衆良神社
・川上摩須屋敷跡
・湯舟坂古墳
・芦高神社
・王屋敷跡
・神谷太刀宮神社 磐座
・甲山 ・雲晴神社
・籠神社 ・眞名井神社




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2022/06/10(金) 19:12:48|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

晴明神社

清明神社1

10/9 IROHAさんと早朝8:00に京都駅で待ち合わせ。

10/10~10/13の日程で
大阪野田のSpace EN 1Fギャラリーで
私たちふたりで主催するコラボ展

瑠璃×IROHAコラボ
三女神展 〜女神達が結ぶ縁〜


そのイベントの心願成就に訪れた
晴明神社(せいめいじんじゃ)です。

時系列が前後しますが、
備忘録として書き留めておきます。

清明神社2

何年ぶりだろう・・・私は久しぶりに訪れました。
京都駅から9番のバスに乗れば一直線に到着します。

見覚えのある清明桔梗紋に、ちょっとワクワク。(*^▽^*)

こちらは「晴明井」です。
本殿から見ると北側にあります。

南に「日」、北に「月」を配した日月柱のそばにあり、
まさに 陰陽を表しています。

晴明の陰陽道の霊力によって湧き出た水は
無病息災のご利益があるといわれています。

千利休や豊臣秀吉が茶の湯の席で
ここの水を沸かしていたとも云われています。

そんな晴明井の御神水ですが、
残念ながら現在は止められています。
復活が待ち遠しいですね。



北斗七星と五芒星。
水が湧きだすのは☆の真ん中・北極星
(こぐま座α星・ポラリス)になるね。

十二支のうちの、その年の方位の向きに
注ぎ口が変えられる仕組みで水は注がれてゆきます。

めっちゃパワーがありそうですね。

清明神社3

手水舎にも水は流れていなくて
造花の桔梗が咲いていました。

桔梗は爽やかなイメージで良いよね。
好きな花なので和みました。

清明神社4

空には見事な鱗雲が出現しています。
龍の腹の下で手を合わせていました。

陰陽道の暦をもとに
秋分の日を「晴明祭と」されていて
大切な時期だと意識させられます。
(前日:宵宮祭・当日:神幸祭)

なんだかちょっとわかる気がします。
淡路で秋分の日の出を拝んだ時に、
本当に清々しい心になれたから。(^o^)

太陽と月のバランスで私たちは生かされている
そんな当たり前で普段は気に留めないことに
神の恩恵や有難さを実感できるよね。

お祭りすることで、
心身ともにエネルギーチャージして
魂の喜びを思い出させてくれて
次へのステップに繋がってゆく。

清明神社5

厄除けの桃です。

清明神社6

晴明さん。
早朝の太陽が頬を照らしています。

余談ですが、カタカムナの数靈で
安倍晴明と蘆屋道満の数靈を調べてみると
ふたりは同じ数靈を持っているとわかりました。

セイメイ 56 (セ36.イ5.メ10.イ5)
ドウマン 56 (ド-17.ウ19.マ6.ン48)

面白いですよね。
江戸時代までの文献では、ふたりは「正義の晴明」と「悪の道満」
安倍晴明が伝説化されるのと軌を一にして、
道満の伝説も拡散し、日本各地に
「蘆屋塚」「道満塚」「道満井」の類が数多く残っているようです。

私がよく紹介している、六甲山系の
カタカムナゆかりの金鳥山の狐塚もその類。
蘆屋塚のひとつとされています。

ふたりが同じ数靈なのも日月の関係なのかもしれません。
ふたりの呪術合戦にも、きっと大きなテーマが潜んでいるのでしょう。

風の時代のヒーロー像が、
ふたりの関係性からも見えてきそうですね。

今回の、私たち 瑠璃×IROHAコラボ展の隠れテーマは、
ソウルメイト・ツインフレーム・ツインソウル・ツインレイでした。
その設定、意図した通りの方々がSpace EN にご来場くださいました。


清明神社7

桔梗の花がちょうど見頃を迎えていました。

よく見ると、五芒星と六芒星の桔梗です♪
満開を見ることが出来て嬉しかったです。

清明神社8

御神木の、樹齢推定300年の楠。

大きく3つに枝分かれしていて見応えがあります。

一条戻り橋の近くの参道に植えられている樹木も見どころがいっぱいで、
たくさんの種類の植物を見ているだけでも飽きません。

清明神社9

晴明のお母さんは白狐だった説。

・・・ということで、その後は
大阪府和泉市葛の葉町に鎮座する、
信太森葛葉稲荷神社(しのだのもりくずのはいなりじんじゃ)へ参拝しました。

清明神社

晴明神社の空です。
彩雲が出ていました。

まるで白狐が宝珠を背負ってるみたいですよね。
しばらくの間、IROHAさんとふたりで見とれていました。
こんな私たちもきっと深い縁のソウルメイトです。

来てよかったです。
\( 'ω')/


風の時代のヒーローは、
呪術や技を磨くだけでは通用しないと思います。

自分がこれまで傷ついてきたぶん、
思いやりを持って人に優しくできる人だと思う。

暗闇をたくさん抱えていながらも
その心の純粋さが光って見えたとき
あぁこの人は真のヒーローなんだ・・・と感じます。

内側の日月が照らしている
魂の本来の輝きを放って
存在してくれていること。

自分のために。
私のために。
みんなのために。

今日もいてくれて、ありがとう。

-------------
BLUE ENCOUNT 『ポラリス』Music Video
【アニメ『僕のヒーローアカデミア』第4期オープニングテーマ】











テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/10/14(木) 18:35:47|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

醍醐寺 アロマ女王&開運王&フトマニ王とゆく☆トリプルリトリート

醍醐寺1

6/13(日)
水谷 哲朗さん・川越 康弘さん・齊藤 帆乃花さん主宰の
【京都醍醐寺】アロマ女王&開運王&フトマニ王とゆく☆トリプルリトリート第2弾
https://www.reservestock.jp/events/MWUxODE2NDAyN
に参加してきました。

アロマのスペシャリスト
齊藤 帆乃花さんとはお会いするのが初めてで
とても楽しみにしていました。

AROMA VISION 齊藤帆乃花さんのサイト
https://www.reservestock.jp/events/MWUxODE2NDAyN

醍醐寺2

雨上がりの醍醐寺の境内に集まって、
香りの癒しや音叉などのエネルギー調整のサポートを受けながら
必要な気付きの言霊を唱えたりしていると
涙がポロポロと溢れ出て止まらなくなりました。
心に被せていた蓋が開いたような感じです。

護摩焚きの般若心経を唱えている時も、私の中の人たちが泣いていました。
ご先祖様との繋がりも深く感じられて、
守っていただいていることに感謝の想いも満ちていきました。

不動明王さんの滝が清々しくて
裸足になると気持ちが良かったです。

醍醐寺3

変化が怖くて
喜びとは遠いところに閉じこもり気味。
それを皆に見抜かれているのがわかるから
ここに来るのが辛かったのですが
三人のセラピストさんのサポートを受けて
心が解放されてゆくのを感じました。

どんどん緩んでいきたいです。

醍醐寺4

フトマニカードも最初と最後にみんなで引きましたよ。

醍醐寺5

最後の最後に、
キリスト意識を表す丸十字 「ナ」の言霊が出てきました。

7 仲良く ナチュラル 真心成就

この言霊には、魂のお父さん(Christ)の愛が溢れている気がしました。
いつも見守ってくださり、ありがとうございます。

「ク」の言霊を引かれていた帆乃花さんの眼を見ていると
空海さんの眼差しが重なっているようにも感じていました。

たくさんの気づきがあり、全部をうまく語ることが出来ませんが
場のエネルギーの共有で変化を促されることは確実です。

水谷 哲朗さん・川越 康弘さん・齊藤 帆乃花さん
ご一緒に参加されていた皆さん
有意義なひとときをありがとうございました。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/06/14(月) 09:09:47|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

令和2年 能楽発表会@梨木神社

2020緑幸会新年会1

2020/0202
2がいっぱい並んでいるニャンコの日。

京都御所のとなりの梨木神社で
緑幸会主宰の新年会
(ワークショップ&能楽発表会)でした。

去年はもっと寒くて雪が積もっていましたが
今年は暖かい晴天に恵まれました。

2020緑幸会新年会

「西王母」を謡いきりました。

「西王母」は今回で
シテ・ワキ・地謡と、ひととおり
お役を勤めさせていただきました。

今日は充実感に包まれて
気持ちよく眠れそうです~。 ヾ(*´∀`*)ノ

2020緑幸会新年会2

次回は8月のゆかた会です。

新しく取組んでいる「菊慈童」と、
次回も「西王母」でと、先生からの課題が。

「西王母」とは縁が深そうです。
謡えば謡うほど好きになります。
魂が喜びで震えているような、不思議な感覚です。

芸能なんて、ぜんぜん縁がないと思っていたのに
2年続けているうちにハマってしまいました。
人生ってワカラナイ。。。

2020緑幸会新年会3

梨木神社の御神木は
「愛の木」でした。

2020緑幸会新年会4

衆人愛敬

秘すれば花

そんな言葉が浮かびました。

世阿弥の遺した名言ですが、
シンプルなのにとても深いですね。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/02/02(日) 23:54:33|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

京都 古知谷 阿弥陀寺

古知谷阿弥陀寺

6/1(土)
京都にお住いのアレクサンダー・テクニーク教師・
坂口佳志江先生とご一緒に、京都大原を散策してきました。

左京区近辺や比叡山周辺の地理にお詳しい
坂口先生との女子旅は
新しい発見がたくさんあり
とても有意義なものとなりました。

大原の寂光院に訪れて、
その後に、古知谷 阿弥陀寺へ。

知る人ぞ知る、山の中の古刹です。

古知谷阿弥陀寺1

京都市左京区大原の北側に位置する古知谷(こちだに)。

阿弥陀寺は、浄土宗の寺院で、山号は光明山。
院号は法国院。

古知谷阿弥陀寺と呼ばれます。

雪が積もれば滑るだろうなぁ・・・なんて思いながら
坂道を上り詰めて行きます。

古知谷阿弥陀寺2

大きなカエデの木に出会いました。

樹齢約800年ということで、
京都市指定天然記念物に指定されているそうです。

古知谷阿弥陀寺3

カエデは、実相の滝に
屋根を作るかのように枝を広げています。

古知谷阿弥陀寺4

古知谷阿弥陀寺5

1609年(慶長14年)3月、弾誓(たんぜい)上人が開山。
弾誓は尾張国の出身で、9歳で出家後、諸国を行脚して修行の後、この地に来たとされます。

開山から4年後の1613年(慶長18年)5月23日、62歳で示寂。
弾誓は体質を樹脂化したうえで自ら石棺に入り即身仏となったと伝えられています。

この寺には巌窟があり、
石棺に弾誓の即身仏が安置されていますが
公開はされていません。

阿弥陀如来と、弾誓像が本尊。

本殿には金糸をふんだんに使った
鳳凰の幕で飾られていました。

庭には岩船が設置されています。
大原の来迎院と似てますね。

古知谷阿弥陀寺6

阿弥陀さん。太陽のようですね。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/06/02(日) 10:33:06|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

京都大原 新緑の寂光院

2019寂光院1

今日は京都大原へ。

京都にお住いのアレクサンダー・テクニーク教師・
坂口佳志江先生がお誘いくださいました。

ここ寂光院には
以前にひとりで訪れたことがあります。

2010/04/21(水) のことですから
9年も前のことだっんですね。
月日が経つのは早いものですね。

2019寂光院2

こちらがそのときの記事です。

京都大原*寂光院 ~part.5~

聖徳太子の父・用明天皇の菩提寺。

そして平清盛の娘で安徳天皇の母である
建礼門院ゆかりの尼寺です。

平家が滅亡していく中で生き残った建礼門院徳子が
出家して余生を過ごされた寺として知られています。

坂口先生は大原の自然が好きで、
この地をよく訪れていらっしゃるようです。
観世流梅若派・緑幸会、井上和幸先生のお弟子さんでもあるので、
私にとっては姉弟子さんにあたります。

源平の戦いからは数々の謡曲が生れています。
私たちが一緒に訪れることになったのも、
そこにご縁が繋がっているからかもしれません。

私の知らなかった寂光院の姿を
坂口先生はいろいろと語ってくださいました。
火災で全焼したことが大きな話題になりましたが
その出来事の前後をご存じです。

2019寂光院3

樹木などの自然と本堂が調和して
とても心地の良い空間となっていました。

火災で多くが焼失したものの、
月日が経ち、少しずつ育って新しい循環を産み出している場所です。

2019寂光院4

白い泡が紅葉の木にくっ付いています。
いくつも見ました。

なんだろう?と思っていたら
「5~6月 モリアオガエルの卵が見られます」
と立て看板に紹介されていました。

カエルさんのタマゴとは…驚きでした~。 \( 'ω')/

2019寂光院5

水音が響く素敵な場所です。

大原三千院も素敵ですが
近くの寂光院にも、ぜひ訪れてみてください。






テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/06/02(日) 00:19:18|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

保津峡と清和天皇社

保津川1

4/18(木)
亀岡の出雲大神宮でのお祭り
「鎮花祭」に行った帰りに、
「保津峡」で途中下車しました。

山桜が綺麗です。

保津川2

山陰本線・嵯峨野線「保津峡」駅から約4kmを歩いて
嵯峨水尾宮ノ脇町にある清和天皇社を目指しました。

「水尾」という地名で思い浮かぶ場所がいくつもあります。
陰陽道の色濃い場所ともいえます。

4kmの距離をゆるゆるとした上り坂を歩いていくのは
思いつきにしては、ちょっと大変だったかも。

けれど、久しぶりに水音を聴きながらの山歩きは
清々しくて、とっても心地よかったです。

嵯峨野の水尾は「ゆずの里」でも有名です。\( 'ω')/

もうシーズンは終わってしまったけれど
さむい時期にこそ行くべきですね。

保津川3

やっと到着しました~。

保津川4

京都観光Naviさんのサイトによると・・・

清和天皇(八五〇~八八〇・平安時代前期)は
文徳天皇の第四皇子で、わずか九歳で即位した。

二十七歳のときに、子の陽成天皇(九歳)に譲位し、
三十歳で出家した後、仏道修行のため近畿各地をまわり、
最後に水尾山寺に入った。

保津川5

水尾は都からも近く、静かで清らかな地であったため、
清和天皇はこの地を終焉の地にと考え、
里人も感激して天皇のために新しい仏像を建てることとなったが、
病気になり、粟田山荘にあった円覚寺で三十一歳で亡くなった。
遺骨は遺言により水尾山上に葬られ、
現在の清和天皇水尾山陵(当地から約一キロメートル)となっている。
境内には水尾の最初の氏神と伝えられる四ヶ所の神を
祀る四所神社が摂社として祀られている。

当社に伝わる神輿は、ある皇女が丹波国北桑田郡弓削村(現在の右京区京北)に
害獣の猪や鹿を退治に行く途中、水尾村まで神輿で来て、
村の御籠に乗り換えた際に、残された輿を神輿にしたものという。

保津川6

御祭神 清和天皇

摂社 四所神社

建御賀豆智命・伊波比主命
天之子八根命・ 比賣大神

保津川7

社伝では、
若くしてお亡くなりになった清和天皇・・・ということですが
ほんとうに、そうだったのかな?

のちの源氏武士団の活躍は歴史で知られる通り。
ほんとうに仙道に入って
人知れず仙人になってたりして。。。

保津川8

保津川9

山蔭になる場所で
どんどん日が暮れていくので
ここに佇んでいると、ちょっと寂しさを感じられました。

保津川10

でも、私は個人的に、
人があまり近付かないような場所が好きです。
森の中とか。原生林とか。滝場の修行場とか。

保津川11

「花笠踊り」(4月3日)

神輿の神幸。
神輿前で6人の男子稚児の踊り子が、
色紙の付いた花笠を付けて古老の周りで踊る習わしがあったそうです。

ここの石像も「6」でした。

保津川12

末社

上神社・蛭子社・山神社・八幡社
大神宮・春日社・大國社・十羅社・神明社
稲荷社

保津川13

嵯峨の水尾は
いちどは訪れてみたい場所でした。

こんどは柚子の実が成る頃に訪れてみたいです。

愛宕山にも登ってみたいな。

保津川14

保津峡駅の鉄橋から眺めた渓流です。\( 'ω')/

保津川15

保津川下りの船が下ってゆきます。

保津川16

嵐山まで繋がっています。

保津川17

京都の都のはずれには
自然いっぱいの素敵な場所がたくさんありますね。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/04/19(金) 22:25:45|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

出雲大神宮  鎮花祭 -ちんかさい-

鎮花祭1

京都 丹波国一之宮 出雲大神宮

平成31年4月18日 鎮花祭 -ちんかさい-

行ってきました~。 \( 'ω')/

鎮花祭2

古来、花の飛散に伴って疫病が蔓延すると考えられ、
鎮めるために行われてきたのが「鎮花祭」ということです。

鎮花祭で奉納される「出雲風流花踊り」は、
雨乞い神事・或いはその願済ましが
起源であったと伝えられているそうです。

鎮花祭3

鎮花祭4

奉納行事を眺めながら
亀岡の地が、これからどんなふうに
変わっていくのかな・・・と想いを馳せました。

2020「麒麟がくる」
パープルサンガのスタジアム

いろいろ変わろうとしています。

鎮花祭5

本殿の上社・磐座へも参拝しました。

鎮花祭6

御蔭山の水。

鎮花祭7

桜・椿・菫など・・・たくさんの花に出会えた「鎮花祭」でした。

新しくはじまる「令和」の時代も
万葉の歌のように、健やかな祈りの中で
平安でありますように。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/04/18(木) 22:55:51|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

平安神宮

平安神宮1

9/30(土) 京都観世会館で梅若能を観覧しました。

開場まで、少し時間があったので
平安神宮へ訪れました。

平安神宮2

この空を見ていたら、
とても素通りなどできません。

あの鳥居の奥へと誘われてゆきたい~

そんな気持ちにさせられてしまいました。

平安神宮3

みやこめっせで催しがあった時に
以前訪れていたことがあります。

何年ぶりかなぁ? 忘れてしまいました。

平安神宮4

應天門の前では
フリーマーケットが開催されていて
賑わいがありました。

平安神宮5

ずーっと空ばかり見ていました。

秋の空だなぁ・・・

平安神宮6

青龍くんと一緒に。

白い雲が描くアートを見ていたら
泣きそうになりました。

身体中に清々しい風が
通り抜けていくような感じがしました。

平安神宮7

桓武天皇と、平安京最後の孝明天皇天皇の御二柱が御まつりされています。

京都の祖神様として崇敬されている平安神宮でした。




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/02(月) 08:43:46|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

招喜猫宗総本山 猫猫寺 o(^=・ω・=^o)

猫猫寺1

本日は、京都市左京区八瀬にやってきました。

比叡山が見えます。
そして九頭竜大社のすぐ近く。

猫猫寺3

なんと、こちらには、世にも珍しい
『猫』をご本尊とした世界初の本格的寺院型テーマパークが存在しています。

その名は・・・

招喜猫宗総本山 猫猫寺(にゃんにゃんじ)

⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(=ノ^・ω・^=)ノニャ~

猫猫寺2

お寺でもあり
little footmark REN という
イヌネコ・モチーフの作品が盛りだくさんの
ギャラリー&カフェでもあります。

招喜猫宗総本山 猫猫寺
http://www.nyannyanji.com/index.html

猫猫寺4

私は初めて訪れたのですが・・・

いったい猫
どれだけおるねん。

(=`ω´=)

っていうくらい
猫・猫・猫。

猫猫寺5

猫まみれ。

そんな、お寺であり
ギャラリー&カフェでもありました。

猫猫寺6

猫好きな方には、たまらない場所なのではないでしょうか。

猫猫寺7

とても落ち着いた趣で、居心地満点でした。
猫好きさんに、ぜひ、教えてあげてください。

猫猫寺8

猫猫寺9

猫猫寺10

今日は、保江先生に繋がる皆様と
こちらのカフェで

陽・紫空雲舎/らしくうしゃ
意識機能 節理解析 応用 アドバイザーの
坂和伸一さんとお会いしました。

坂和さんのブログはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/aouei/
ツイッターはこちら↓
https://twitter.com/rashikuushya1

坂和さんのフェイスブックには、形(形霊)の研究が紹介されています。
そこには、多面体幾何学空間の手作りドームの写真があり、
これを見た時に、フトマニの宇宙だ\(◎o◎)/! と思って、
お話を聞きたくなり縁ある皆様と伺いました。

それは、ホツマのフトマニと、
カタカムナのヤタノカカミ・トーラスの立体化です。
古事記の言霊百神・100の原理=(心の構成50の言霊+50の操作運用法)でもありました。

言霊・数霊・形霊に関心のある方は、ぜひ坂和さんの研究を御覧ください。

222は、猫の日だったっけ。

数日フライングの、猫日和でした♪

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/02/17(金) 00:14:56|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)
次のページ