瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

ホツマの道と夫婦岩

ホツマの道はweb

イソノハノ マサコハヨミテ ツクルトモ ホツマノミチハ イクヨツキセシ
『磯の地の 真砂は熟みて 尽くるとも ほつまの道は 幾代尽きせじ』

ほつまつたゑ(29~40文)を編纂したオオタタネコが、序文の最後に記しているウタです。
ここを読んでいると、なんとなく紀伊半島の海の景色が浮かんできます。
伊勢・二見ヶ浦の夫婦岩は、きっと朝日や夕日が美しいでしょう。
そんな想像をしながら、あえて澄んだ海と輝く磐座を描いてみました。

---------------

ほつまつたゑおのふ
【ほつま伝えを展ぶ】


あめつちの ひらけしときに
天地の 平けし時に

ふたかみの とほこにをさむ
二尊の 経矛に治む

たみまして あまてるかみの
民増して アマテル神の

みかかみお たしてみくさの
御鏡を 足して三種の

みたからお さつくみまこの
御宝を 授く御孫の

とみたみも みやすけれはや
臣民も みやすければや

とみかをや しいるいさめの
臣が祖  しいる諌めの

おそれみに かくれすみゆく
畏れみに 隠れ住みゆく

すゑつみお いまめさるれは
末つ身を 今 召さるれば

そのめくみ あめにかえりの
その恵み 天に返りの

もふてもの
詣で物

ほつまつたゑの
ホツマツタヱの

よそあやお あみたてまつり
四十文を 編み奉り

きみかよの すえのためしと
君が代の  末の例と

ならんかと おそれみなから
ならんかと  畏れみながら

つほめおく これみんひとは
つぼめ置く これ見ん人は

しわかみの こころほつまと
『地上の 心 ほつまと

なるときは はなさくみよの
成る時は  花咲く代の

はるやきぬらん
春や来ぬらん』

いそのはの まさこはよみて
『磯の地の 真砂は熟みて

つくるとも ほつまのみちは
尽くるとも ほつまの道は

いくよつきせし
幾代尽きせじ』

---------------
出典 『ほつまつたゑ解読ガイドgejirin.com』さんより
ホツマの道は2web

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/12/15(木) 13:40:03|
  2. フトマニ・曼荼羅

生命誕生を歌うフトマニ

フトマニ曼荼羅あわうたweb


もしかして、水のイラストにも
綺麗にハマるかな・・・と閃いて
アワウタの言霊48音とフトマニ図を入れてみたら
思いのほかピッタンコでした。

気に入って頂けましたら
どうぞ待ち受けとかにして使ってください。

めぐりてまわる生命のウタを一緒に歌いましょう♪

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/05/25(水) 01:00:53|
  2. フトマニ・曼荼羅

メジロと花咲く代のフトマニ

しわかみのweb


シワカミノ ココロホツマト ナルトキハ ハナサクミヨノ  ハルヤキヌラン
『地上の 心 ほつまと 成る時は  花咲く代の 春や来ぬらん』


ほつまつたゑ(29~40文)を編纂したオオタタネコが、序文の中で記しているウタです。
彼がいちばん伝えたかったであろうことが、この31音のウタの中に凝縮されているように想います。

なぜなら私も彼と同じように、この日本に、この世界に、自分の心にもいっぱいに、
花を咲かせていきたいと想いながら、毎日を生きているからです。

ひとりひとりの心の在り方が、宇宙全体のフローラを育むんだと思います。

---------------

ほつまつたゑおのふ
【ほつま伝えを展ぶ】


あめつちの ひらけしときに
天地の 平けし時に

ふたかみの とほこにをさむ
二尊の 経矛に治む

たみまして あまてるかみの
民増して アマテル神の

みかかみお たしてみくさの
御鏡を 足して三種の

みたからお さつくみまこの
御宝を 授く御孫の

とみたみも みやすけれはや
臣民も みやすければや

とみかをや しいるいさめの
臣が祖  しいる諌めの

おそれみに かくれすみゆく
畏れみに 隠れ住みゆく

すゑつみお いまめさるれは
末つ身を 今 召さるれば

そのめくみ あめにかえりの
その恵み 天に返りの

もふてもの
詣で物

ほつまつたゑの
ホツマツタヱの

よそあやお あみたてまつり
四十文を 編み奉り

きみかよの すえのためしと
君が代の  末の例と

ならんかと おそれみなから
ならんかと  畏れみながら

つほめおく これみんひとは
つぼめ置く これ見ん人は

しわかみの こころほつまと
『地上の 心 ほつまと

なるときは はなさくみよの
成る時は  花咲く代の

はるやきぬらん
春や来ぬらん』

いそのはの まさこはよみて
『磯の地の 真砂は熟みて

つくるとも ほつまのみちは
尽くるとも ほつまの道は

いくよつきせし
幾代尽きせじ』

---------------
出典 『ほつまつたゑ解読ガイドgejirin.com』さんより

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/05/18(水) 22:43:19|
  2. フトマニ・曼荼羅

日月の光と鳳凰のフトマニ

天が下web


アメカシタ  ヤワシテメクル  ヒツキコソ  ハレテアカルキ  タミノタラチネ        

アマテル神が荒ぶるソサノオに対して
岩戸に籠もる前に詠んだ教えのウタです。

国を治める君は、民の父母として明るく照らし、育み恵んでいくこと。

ウタの意味は、こんな感じに捉えています。

太陽=ゴールド
月と地球=ブルー 

私はこの色の組み合わせが大好きです。
これからも取り入れていきたいです。

2016年5月 伊勢志摩サミットによせて♪

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/05/17(火) 23:04:45|
  2. フトマニ・曼荼羅

カラスと八雲立つフトマニ

八雲立つ

ヤクモタツ イツモヤヱカキ ツマコメニ ヤヱカキツクル ソノヤヱカキワ

出雲でヤマタノオロチを退治(対峙)したソサノヲが、イナタ姫と結婚し、新居を構えた時に詠んだウタです。

カラスは一夫一妻制で協力して子育てを行うそうです。
縄張り意識がとても強くて、全力で巣を守るその姿は
八重垣を作ってイナタ姫を護るソサノヲの姿と重なって見えます。

このイラストもヲシテで書いたウタを八重にして張り巡らせています。
ウタを八方に配すると、32文字だとバッチリ納まりが良いのですが
31文字だと、ひとつぶんの隙が出来ます。
リズムは32より31のほうがバッチリ決まる感じがします。

どんなウタにも「未完の美」ってあるのかもしれません。

31のあえて埋めないその隙は、
善も悪もすべてを受け入れ、自分の中心で飲み込んでいくためのもの・・・

一抹の切ない感情が心の中を出入りして、掻き回していくからこそ
人は日々、生まれ変わるように、美しく輝いていけるのではないでしょうか。

そんなことを、ふと想ってみたりしました。
それを一番知っているのは、ソサノヲかもしれない、とも感じました。

ま 私には ウタを詠む才能なんて全然無いんですけどね。 (Θ_Θ;)
どうやったら、そこまで才能開花できるんでしょうか。
教えて偉い人ーーー。

黒塚古墳5

だんだんと、黒塚古墳から出土の鏡っぽくなってきました。

もともと日本から大陸へと伝わっていったと思われる鏡です。
オリジナルの鏡は、私たちは作ろうと思えばいくらでも生み出せるはず。
綺麗な文様をじ~っと眺めていると、自分の中の創造性が掻き立てられますね。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/04/28(木) 23:28:41|
  2. フトマニ・曼荼羅

白鷺とユズリハのフトマニ

ワカ姫恋マワリウタweb

キシイコソ ツマヲミキワニ コトノネノ トコニワキミヲ マツソコイシキ

キシイこそ 妻を身際に 琴の音の 床に吾君を 待つそ恋しき

ワカ姫(ヒルコ姫)がアチヒコ(オモイカネ尊)に贈った恋のマワリウタです。

モチーフにしたのは、
住吉川の白鷺
越木岩神社のヒメユズリハ
廣田神社のコバノミツバツツジです。

和歌山の玉津島神社にも行ってみたいな~
そしたら、もっと描きたいことの幅が広がっていくような気がしています。
きっとそのうち、行けるよね。

マワリウタを見ていると、
たくさんの連鎖調和を引き起こせそうな気がします。

トコ(床)とコト(琴)は9~10次元への出入り口。

このウタは、ワカ姫さんから私たちへ。
新文明創造の端境期に立っている私たちへの
熱烈応援歌でありラブレターなのかな・・・と感じています。

古代の叡智を受け継ぎ、これからも生きていく私たち。
大和の心を甦らせなければ・・・!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/04/27(水) 14:39:11|
  2. フトマニ・曼荼羅

音と宙船のフトマニ

波平り宙船web

ナカキヨノ トオノネフリノ  ミナメサメ ナミノリフネノ  オトノヨキカナ

カナサキさんのマワリウタです。

「長き夜の・・・波乗り船の・・・」・・・と、現実的な例えのウタだと思うのですが、
このウタを見ていると、私のイメージはだんだんと
宇宙の音の中に漂う宙船という、ちょっとぶっ飛んだものに変化していきます。

本住吉という、カナサキさんの本拠地に居ながらも
まだまだ掴めていないのかもしれません。

でも、あながち外れていないのでは・・・? とも思ったり。

日本には世界とその歴史のひな形が
地球創生の頃から在るんだと、私自身が信じているからでしょうね~。

夢を見るなら、おもいっきり壮大な夢がイイです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/04/21(木) 23:32:06|
  2. フトマニ・曼荼羅

雀と豊穣のフトマニ

雀と豊穣のフトマニweb

タネハタネ ウムスキサカメ マメスメラノゾロハモハメソ ムシモミナシム

真ん中の雀ちゃんたちは、
シタテル姫 (=ヒルコ姫=ワカ姫)とムカツ姫(=セオリツ姫)の化身です。

檜扇は花弁が6枚の綺麗な花です。
好きな山野草のひとつです。
どこかで描きたいなと思っていました。

今年も田植えの季節が近づいてきましたね。

豊穣の秋・美し国
日本の国土がますます光に満ちていきますように。

めいっぱいの愛を込めて。。。

フェイスブックなどで紹介していただき、ありがとうございます。
たくさんの方にシェアして頂き、とても嬉しいです。
いつもありがとうございます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/04/20(水) 23:51:32|
  2. フトマニ・曼荼羅

橘と桜と鶺鴒のフトマニ

アワうたフトマニ橘web

アワうたフトマニ桜(修正)web



ヲシテとカタカムナ思念に
もっと馴染んでいきたいと思って作ったフトマニ曼荼羅です。

私の場合、やっぱり遊び感覚でないと入りません。

ヲシテの言霊48文字×カタカムナの言霊48思念で
「あわうた」を書いています。

中心は黄鶺鴒と富士山。
橘と桜。

ぜんぜん桜に見えないですね。 (ノ∀`)アチャー

でもでも、だいぶ馴染めた気がします。

((∩^Д^∩)) 瑠璃たんはやればできる子!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/04/16(土) 00:43:17|
  2. フトマニ・曼荼羅

鳥と花とフトマニ

ヲシテ曼荼羅花1web

フトマニ図を見ていると、
いろいろと遊びたくなってきます。

ヲシテ文字は、覚えられそうでいて
なかなかどうして覚えられません。

子供や外国の人たち
日本語を知らない人たちでも
楽しみながら、遊びながら
自由に書くことができたら
良いと思いませんか?

・・・なんてことを考えつつ、
曼荼羅っぽいフトマニ図を作ってみました。

これなら、古代文字を使った手紙を書くのも、とっても簡単でしょ?

自分で、こんなのあったらイイのに~と思っていたものを作ってみました。


ヲシテ曼荼羅花2web

拡大すると、中心はこんな感じです。

大好きな鳥・つがいのオオルリを描いてみました。
六甲山ではよく見かけるカワイイ鳥です。

次回は基本に忠実に、鶺鴒バージョンも作ってみようかなと思っています。

ヲシテ曼荼羅花3web

こちらは、シンプルにヲシテ文字だけを配しています。

春夏秋冬の日本古来の山野草を各方角に向けて描いたつもりですが
仕上がってみると鮮やかな西洋ハーブを集めた花冠っぽくなってしまいました。

もっといろいろ描きたいな。

こういうのをデザインしていくのは楽しいですね。ヽ(^o^)丿

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/04/01(金) 00:27:49|
  2. フトマニ・曼荼羅