fc2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

2022【夏至】 伊豆・三島・箱根 瀬織津姫リトリート

2022夏至の三島1

6/21(火)夏至から3日間
伊豆・三島・箱根で瀬織津姫リトリートしてきました。

瀬織津姫とも御縁の深い、私の魂の姉妹でもある
リアル友人たちとのシークレット・リトリートでした。

3日間、雨で富士山は見えず・・・でしたが
今回の旅は、雲見浅間神社の御祭神・磐長姫さまとの邂逅のひととき。
初日は、霧に包まれた烏帽子岩が幻想的で、
頂上までの道すがらで出逢っていく苔生した岩がとても美しかったです。

イワクラ学会の武部正俊さんが御奉納してくださった
烏帽子岩と弥勒観音(磐長姫さま)の絵と、ようやく会えた。。。 
(武部さん、ほんとうにありがとうございます~!)

関連記事はこちら↓
雲見浅間神社の磐長姫と、きみがよものがたり

感無量でした。

歓びの舞を踊る鈿女となった私たち。

楽しかったです~。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

月ヶ瀬にある道の駅で食べた、
亥さんのモナカ付きソフトクリームが美味しかったです。
沼津のお寿司も頂きました。

2022夏至の三島2

6/22、6/23
2日連続で三島の瀧川神社へ。
御祭神は瀬織津姫神で、清々しい禊の瀧です。

こちらの神社にも、三島在住の友人が
瀬織津姫神の絵画奉納のきっかけを作ってくださったので、
久しぶりに再会が叶って嬉しかったです。

関連記事はこちら↓
瀧川神社
再び瀧川神社へ
昭和の日に

西宮から一緒に参拝した友人と、
いつかここに一緒に訪れたいと思って過ごしてきましたが
今回その願いも叶えることが出来ました。

ここでフトマニカードで一緒に遊んでいると、
魂が震えるメッセージが連続で出てきます。
魂のジャーニーが、終わりを迎えてまた始まっていく感じ。
今年の夏至は特別な切り替わりとなりました。

2022夏至の三島3

6/22
2日目の早朝、瀧川神社のあとで参拝した
富士宮の、山宮浅間神社(やまみやせんげんじんじゃ)です。

アマテル神に纏わる神社とも。。。

富士山の溶岩で磐境が設けられていて、
富士山を拝む方向に祭壇が位置しています。

晴れていたら、富士山が見えているそうですが・・・
う、うん。 また来よう。 そして次回はしっかり拝もう。

御祭神は、木花之佐久夜毘売命
浅間大社が周囲にはたくさんあるそうで、「浅間大神」とも。

植木の手入れをされていたお父さんに
神社の謂われをいろいろお聞きしました。

このあたりでもっとも多い苗字は「赤池」さんなんですって。
富士山は青い。赤とのコントラストは映えるんでしょうね。

溶岩と水 富士山と赤池 火と水 
フトマニカードもそれを象徴しているかのようでした。

2022夏至の三島4

6/23
3日目・最終日は、神奈川県足柄下郡の箱根神社へ。
芦ノ湖の九頭龍神さんにごあいさつ。
お水も頂きました。

しとしと雨に濡れている杉の御神木。
緑が映えて良い景色。
肌に感じるミストが心地よかったです。

今回の旅で、歌もたくさん歌いました。

瀬織津姫のご縁で、旅がスムーズに導かれていきます。

なにか私たちの中には固い結束ができたような。
それでいて、ゆるい気持ちでまた訪れることもできそうな。

そんな感じで今回の三島でも
たくさんのサプライズに出逢いました。
いまも続行中です。

御縁ある方たちと
今後も楽しんでいきたいと思います。








テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2022/06/25(土) 17:18:25|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)

可睡斎のおひなさま

可睡斎1

浜松に来ました。
久しぶりに作家の川鍋光慶さんと待ち合わせして
ドライブに出かけました。
お会いするのは九州の旅以来でしたが
遠州でホツマツタヱと邪馬台国のお話をするのも
なんだかよくわかんないけれど、楽しかったです。(^o^)

ここは、可睡斎(かすいさい)
袋井市久能にある曹洞宗の仏教寺院です。

山号は萬松山(ばんしょうざん)
本尊は聖観音(しょうかんのん)

可睡斎2

紅葉が映える境内。

徳川家康との故事により「可睡斎」と称され、
秋葉の火伏として信仰を集める
秋葉総本殿三尺坊大権現を祀る禅道場なのだそうです。

秋葉山を登山した時に、古いお寺があったっけ・・とふと思い出しました。
秋葉権現に、まさかこんなところで出会えるとは。。。

七曜紅葉が神紋の秋葉権現。

ここにもモミジがいっぱい♪
カグツチさんの火ように萌えている~。

可睡斎3

可睡斎では、毎年ひなまつりを開催しているそうです。

期間は元旦から3月末まで。

師走に入ってすぐに、並べられるおひなさま。

修行僧のみなさんと沢山出会いましたが
みなさま白いタオルを頭に巻いてお掃除に精を出されていました。

どこを見ても建物全体が
ピカピカに磨き上げられていて清々しかったです。

可睡斎4

日本最大級の32段1,200体のお雛様。

壮観ですね。

可睡斎5

おひなさまを見てると、
ほんと、無垢な気持ちになって
女の子になるよね。

ヾ(o´∀`o)ノ

可睡斎6

自分に似た顔立ちの官女さんを見つけられるかも。

可睡斎7

このお方が、筆頭のおひなさま。

やっぱり一番美しいですね。

可睡斎8

我が家にも娘のお雛様は大事に仕舞っていますが
桃の節句に、またちゃんと出してあげたいなと思いました。
すっかり大人の女性になっちゃったけれどね。

可睡斎9

おせち料理っぽいお飾りもありました。
ちょっと現代風ですね。

可睡斎10

可睡斎11

天領日田や中津でも、
こんな感じの場所を訪れていましたよね。

九州の旅が不思議といまにオーバーラップしてゆきます。

可睡斎12

こちらは、日本一の大東司(だいとうす)

男女兼用の水洗トイレです。

烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)の立像が中心にあります。

うすさまは「トイレの神さま」なのです。

ここもピカピカに磨き上げられていて光っています。

神々しくて、とても使えないよね。。。(;''∀'')

可睡斎13

可睡斎には、日本一がたくさんありました。

袋井は初めて訪れましたが、
戦国武将ゆかりの名勝や観光スポットが
いろいろあるみたいでちょっと心惹かれました。

川鍋さん。
素敵な場所に連れて行ってくださり
ありがとうございます。(^o^)



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/12/08(水) 23:40:52|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)

浜松リトリート フトマニとエメラルドタブレットの神さまと秋葉山であなあっぱれ!

秋葉神社上社0

8/29 浜松でリトリートしてきました。

今回の主宰は、8/13のお誕生日に、
自身の著書を出版された太陽の言霊ヒーラーあっきーさんと、
現地在住の私の友人、ヒーラーでアクセサリー作家でもあるIROHAさんと私の3人でした。
IROHAさんの御主人・ひろのぶくんと愛犬よっちゃん、
運転してくださった、ふみおさんにも多大なご協力を頂きました。

あっきーさんの一連の全国行脚出版記念会も、ここらでちょうど一区切り・・・ということで
前日の8/28に、キミも今日から!「風の時代」の言靈ヒーラー』出版記念
言靈ヒーリング体験ワークショップ に浜松に集ってくださっていた皆様とともに
リトリートがスタートしました。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

早朝、私はカードを引いてみました。
写真の通りです。

水の元素を表すヲシテの言霊が3つ。
セオリツヒメ・ミズハノメ・天照神・地球テラの色でもあります。
カタカムナの言霊も合わせると

潜象界のエネルギーとしての神が
現象界に生まれ出て時間をかけて広がる

秋葉山のヒノカグツチは火で、天竜川の水と結びついています。
今回は秋葉神社と小国神社に参拝しましたが
どちらも清らかな川沿いに鎮座する水の聖地でもあります。

地球の核の天照を意識して
ひとりひとりの中に光の柱が立つことを意識して
フトマニとエメラルドタブレット(トート神)と
秋葉の神さま(ヒノカグツチ)の想いを
お伝えできれば良いな・・・と思いました。

秋葉神社上社01

あっきーさんも、一日のはじまりにカードを引くことを日課とされています。

意図したことが思いのまま♪

そのメッセージは、自分自身が
光の柱を立てることにも繋がるのではないかと思いました。
ちょっと特別な日になる予感。(^o^)

あっきーさんは、みんなのために引いてるんだろうけれど、
最近はインフィニティカードが出まくっているそうで
ご本人にとってもなにか大きな変わり目なんだろうな・・・と感じさせられます。
今回の出版を期に、さらにパワーアップされていくことと思います。

秋葉神社上社02

こちらは、神戸から参加してくださった、
みやちゃんが引いたカードです。

ソーーーーーーー

そのままで 素で 自然体でオッケー ってことですね。(^o^)
みやちゃんの明るいキャラそのものを表しているカードです。
リトリートを通して、みやちゃんはみんなのムードメーカーでいてくださいました。
ほんとうにその日の自分にとってふさわしいカードが出てくるので楽しいね。


こんな感じで、旅の始まりにリーディングをすると
宝の地図を開いて見ているようで楽しいですよ。

秋葉神社上社1

遠鉄・西鹿島の駅に10時に集合して
車に乗り合わせて
いざ秋葉神社の上社へ。

秋葉山の頂上近くです。

秋葉神社上社2

私とIROHAさんのふたりで浜松を旅していると、
いつもほとんど土砂降りの雨でしたが・・・

今回は、こんなに晴れてる!

こころの中で密かに、あなあっぱれ!でした。 °˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

秋葉神社上社3

今日は太陽の言霊ヒーラーが降臨してるしな。
参加の女性の皆様は、晴れ女さんが多いとみました。

みなさまほんとうにありがとう。

秋葉神社上社4

イイ感じに雲もかかっていますね。

秋葉神社上社5

雲消しし放題ですよ。\( 'ω')/

金の鳥居って映えますね。

秋葉神社上社6

秋葉神社上社の主祭神は
火之迦具土大神
(江戸時代以前は秋葉大権現)
天狗さんが護っています。

2019年の夏に、私は独りで秋葉山に登っています。
その時の記事はこちら↓です。ご興味のある方はご覧ください。

遠州・浜松の旅 part.3 秋葉山の天狗道

遠州・浜松の旅 part.4 秋葉寺 (秋葉三尺坊大権現)

遠州・浜松の旅 part.5 秋葉山本宮 秋葉神社 上社

秋葉山については前回書いているので
詳しいことはここでは割愛します。

秋葉神社上社8

水神さまを表すカードが出てきていたので
水神様の祠のそばで、
フトマニの神と、エメラルドタブレットの神と、
秋葉山の神が関連する神話や
古文書からの読み解きをここで語りました。

そう、もともとは、
2020年末に、IROHAさんとの
浜名湖周辺の聖地巡りをしていたときに
私たちの映した写真にエメラルドタブレットらしき
スクエア状のグリーンの光が射しこんでいたことがきっかけでした。

いろいろ検証していくうちに、
ホツマ文献に関わる神が周囲の神社に祭られていることを発見したり
七夕伝説がフトマニに関係していたり、
エジプト神話からのサインがやってきたり
エメラルドタブレットとフトマニの関連も見つけることができたり・・・

そんなこんなで、やっているうちに

もしかして、
秋葉山のヒノカグツチ=トート?

と気が付いたりしていってですね・・・

今回はそのまとめ的な意味も相まって、
あっきーさんの出版記念にいらしてくださった方々との壮大なリトリートに発展していって、
私たちの浜松の旅も、ひとつの結びを迎えることとなりました。

魂のお導き・・というのでしょうね。

みなさま、なにかしら心に響くものがあるのではないかと思っています。

この日に集ってくださった方には、資料もお渡ししました。
じっくり目を通していただけると嬉しいです。

また、どこかでこのようなリトリートがあれば説明していきたいと思っています。
フトマニの神様に導かれて、新時代の神話を創造しているのは私たちであると
そんな気付きの旅でもありますから・・・
ひとりひとりが光の柱を立てる主役であるのです。

浜松リトリート1

IROHAさんが、この日のリトリートのために
チャームを作ってくださいました。
私の絵葉書ともコラボしています。

浜松リトリート2

あわせてみると、ピッタリですよね。

限定販売でみなさまにご購入頂きました。
浜名湖を中心とした遠州は三女伸に関連する聖地でもあります。

よりちゃん&丹ちゃんの仲良し二人組が、
「こんど宗像大社に行くの~♪」と話してくださっていたので
シンクロニシティの素敵な流れに繋がりそうです。

ぜひ身に着けて宗像の旅を楽しんできてください。(^o^)

秋葉神社上社9

秋葉神社上社10

カードを引いて、言霊ワーク。

秋葉神社上社11

みんなに、いま必要な気付きのカードが出てきています。

最後に、いちばん裏のカードを引くのですが
その中心に置かれたのは「集い」の「ツ」でした。

火の元素で出来ていますので、カグツチ・トート神からの
あたたかい見守りメッセージのような気がしますね。

秋葉神社上社12

浜松のなかで、太陽にいちばん近い場所。

その金鳥居の、フトマニ図のような茅の輪の中で
記念写真をとりました。

秋葉神社上社14

あなあっぱれ!

最初に訪れた秋葉神社上社で大きな光に包まれました。


その後は秋葉神社の茶屋で昼食をとり
下山して天竜二俣へ車でgo。

第3村1

天竜川の上流は諏訪湖に繋がっています。

そしてその勢いのある水は秋葉山から
遠州灘や浜名湖へと下って流れてゆきます。

天竜区には川の流れが大きくふたまたに分かれているポイントがあり
そこには天竜浜名湖鉄道の「天竜二俣駅」があります。

そこがなんと・・・!

「第3村」に変わっていました。

Σ(・ω・ノ)ノ! えぇぇぇぇぇ

第3村2

私は「新エヴァンゲリオン」を見ていなかったので
全然知らなかったのですが、
なんと今では新エヴァの聖地になっているらしいです。

第3村3

天浜線の列車がホームに入ってきました。

ラッピングもエヴァかな?と思っていましたが
自然体な通常運転の天浜鉄道でした。

二両編成のその素朴さがイイよね。

大好きだよ~。
天竜浜名湖鉄道。

またローカル列車の旅がしたいなぁ。
\( 'ω')/

第3村4

至って地味にポスターで宣伝されているのですが

第3村5

【聖地巡礼】シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| 第3村 天竜二俣駅 転車台ツアー
天竜浜名湖鉄道 浜松市 Evangelion 3.0+1.0 Real Life Locations


わぁ~ 本当だったんだ~。

ちょっと新エヴァンゲリオンが見たくなりました。

第3村6

切符まであるよ。

第3村7

いろいろ展開してる。楽しい。(^o^)

【『ゆるキャン△』×天浜線】新ラッピング車両デビューしました! ゆるキャン△ 号 じっくりお見せします!!


今回は乗らなかったけれど、
ユルくてフリーダムな天浜線がますます好きになりました。

小國神社2

この日の最後に訪れたのは
遠州一之宮 小國神社です。

小國神社4

いっさいの良縁を結ぶ

小國神社は、本宮山の山麓より湧きいずる清流宮川のほとりに鎮座しています。

清らかな水で満たされた願い待ちの池「事待池」で、なにをお願いしましたか。

小國神社7

縁結び・厄除け・心願成就

御祭神、大己貴命(おおなむちのみこと)は別名大国様(だいこくさま)とも呼ばれ、
神話の中でも「因幡の白うさぎ」を助けられた「心の優しい神さま」として親しまれています。

創建から1400余年、悠久の時の中で
徳川家康をはじめとする数々の武将からの篤い信仰を受けるとともに
人々から「遠江国の守護神」として国土開発・諸業繁栄・商売繁昌・家内安全など
古くから篤い信仰を集めてきました。


ことのままのかみやしろ

「願い事が意のままに叶う神社」
事任神社(ことのままのかみやしろ)としても広く知られているそうです。

早朝にあっきーさんの引いていたカードが
「イ」と「インフィニティ」でしたね。

意のままに。すべては思いのまま。

秋葉神社上社01

あっきーさんのカードは、
大己貴命さまからのメッセージそのままでした♪

前回の1月の弁天島ワークの時も感じていましたが、
あっきーさんはずーっと、大国主命・大己貴命さまに
守られているのではないかと思います。

小國神社8

因幡の白兎伝説が描かれています。

けれど小國神社には、
対となる女神の名が書かれていません。

出雲神は縁結びの神。
国造りにはパートナーが必要ではないのかしら?
本来は夫婦神として二神が祭られるのが自然な気がします。
イザナギとイザナミがそうであるように。

因幡の白兎が関係していたら、妻神はヤカミヒメです。
出雲の正妻・スセリビメかもしれないし
遠州にはほかにも妻神がいたのかもしれません。

いずれにしても、一之宮なのに妻神は伏せられているため
ここに来るたびに気になってしまい、ちょっと悲しい気持ちになります。

事情を御存じの方は教えてください。

小國神社6

境内にそびえ立つ縁結びのご神木「ひょうの木」です。

穴の開いたひょうの葉を笛にして
大黒さまは女神を呼び寄せたということですが・・・

小國神社9

周辺には「ひょうの実」が落ちていました。
女神は呼び寄せないと来ないのね。

ここで、ヒフミ祝詞・アワウタ・山賊の歌などを歌って
言霊ワークをしました。

御神木の傍でのワークは清々しい気持ちになりますね。

小國神社10

清流宮川沿いを
森の中深く歩いていくと、そこには白山神社が鎮座されていました。
ククリヒメが縁結びをされているんですね。

ここで本日最後の言霊ワークです。

小國神社11

中心には「ス」でした。

「好き」が溢れてくる最後の言霊ワークでした。

「ウ」の言霊で大自然のエネルギーを
私の生み出すものに変換させていこう。

良いメッセージを頂きました。

小國神社12

清流宮川の水音と小鳥の声
森の空気がとっても心地よかったです。

愛犬よっちゃんも元気に歩き出していました。


今回の浜松のリトリートは、深い魂のルーツを巡る旅でもあったと思います。
いろいろな目に見えない世界との結びが叶っていたのではないでしょうか。

参加してくださった皆様
素晴らしいひとときを、ご一緒出来て嬉しかったです。
今回も出会いに感謝です♪
ありがとうございます。

またどこかで一緒に言霊を響かせましょう。(^o^)


最後に告知です。

浜松リトリート3

8/29の浜松リトリートにご参加いただいた皆様に
告知をさせていただきましたが、

私、瑠璃とIROHAのコンビでイベントをします。
10/10(トートの日)からの4日間
大阪野田のSpace EN(ギャラリー)で
アクセサリーと絵画のコラボ展を開催します。

言霊リーディングをしたり、ヒーリングをしたり
今回のリトリートのお話もしていきたいと思っています。

女神が集う場となりますので
御縁のある方は、ぜひいらしてくださいね。

詳細は、これから追ってUPしていく予定ですので、どうぞお楽しみに。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/08/31(火) 12:50:48|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)

浜松城公園

321浜松城1

3/22(月)

2021年1月1日に、天守閣がリニューアルされた
「浜松城公園」へ行ってみました。

321浜松城2

天守閣の近くに立っていると、見晴らしのよさに驚きました。

めっちゃイイ場所。

ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

321浜松城4

あぁ~ 春の陽気♪

321浜松城5

なんかもう、言葉はいらんよね。。。

321浜松城6

こんなに至近距離で写させてくれる
シジュウカラ (四十雀)さん。

素敵すぎ。

映えの極み。 \( 'ω')/

321浜松城7

枝垂桜も水面に映えて綺麗。

321浜松城8

321浜松城9

こんなときに、
気の利いた歌でも詠めたらカッコいいのにね。

このときは、なにも言葉が浮かばなくて
ただただ、見とれていました。
こんな景色を描きたいな。

私のように、ぼっちで遊びに来ている人たちも意外と多かったです。
誰にも気兼ねなく、自然との対話ができるひととき。

誰かと語りあうことも、もちろん楽しいけれど、
ぼっちはぼっちで、また違った最高~!に出会えたりもするのです。

きっと共感していただけると思う。

321浜松城11

めじろさん♪

321浜松城12

写真には一羽だけだけれど、
周囲には、たくさんのめじろさんの仲間がいて
とっても賑やかでした。

街中に、こんなにもたくさんの鳥たちがいるなんて。
毎日遊びに来れたら良いのにな・・・と思うほどです。

321浜松城13

321浜松城14

キジバトさん。

ほかの鳩さんもいましたが、
彼らはうまく住み分けしているんですね。

321浜松城15

321浜松城16

公園内をぐるりと一周して、
最後に天守閣の前まで帰ってきたときに
出会ったのが漆黒のカラスくんでした。
たくさん話したよね。(^o^)

陽光いっぱい、降り注いでいました。

元気をたくさん頂きました。

ありがとうございます。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/03/26(金) 07:53:39|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)

浜松 五社神社・諏訪神社

321五所神社8

3/22(月)
浜松2日目です。
この日はひとりで市内を散策していました。

不思議なことに、浜松を訪れると
初日は土砂降りの雨でも
翌日にはかならず晴天になります。\( 'ω')/

浜松駅からてくてく歩いていると、
五社前通りへやってきました。

321五所神社1

突き当りに、神社。
ここは表参道だったのね。

321五所神社2

五社神社・諏訪神社
ふたつの神社がここにひとつに。

浜松市中区利町
JR浜松駅の西北西約1km

321五所神社3

五社神社
【主祭神】  太玉命、武雷命、斎主命、天児屋根命、姫大神
【創建】 戦国時代

諏訪神社
【主祭神】  建御名方命、八坂刀売命、事代主命
【創建】  延暦10年(791年)

県社・別表神社
例祭 5月4日

321五所神社4

五社神社は、戦国時代初期、
曳馬城(後の浜松城)主・久野越中守の創建と伝えられています。

後に徳川家康が浜松城主になり、
天正7年(1579年)に三男・長松(後の徳川秀忠)が誕生。

徳川秀忠の産土神様だったのですね。

321五所神社5

うぶすなさま~ うぶすなさま~

うぶすなさまを声に出して大切にしましょう・・・と
太陽の言霊師・あっきーも言ってましたね。

私は心の中では唱えていても、
これまでは声に出すことなんてなかったのです。

このごろ、ますます意識するようになりました。

321五所神社6

321五所神社7

守り神様やご本尊はやっぱり大事よね。
ここでもずっと、出雲の神様に導かれているもんね。

太陽のような温かさを心に持っている人の言葉は、
自然に受け留められて、心地よく内側に響いてゆきます。

飾らない心、飾らない言葉で
真心で伝えあえたら喜びがあふれてきます。

今日も太陽に守られているし。
春分の光ですね。

ちょっと幸せな気分になりました。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/03/25(木) 19:59:36|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)

天竜 光明山古墳と暁の女神

321光明山1

3/21(日) 
Yukiさんと一緒に赤岩神社に参拝して岩長姫の磐座にご挨拶。
その後、天竜川の中流にやってきました。

二俣の光明山古墳です。

前回、ひとりで訪れていた時も雨でした。(;''∀'')

遠州の古刹  光明山のお寺と古墳
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-2390.html

321光明山2

コバノミツバツツジが咲いています。

花言葉は「節制」「平和」「自制心」
見た目は可愛いのにストイックな印象です。

古墳の北に位置する光明寺は
境内の樹木が四季折々の花で彩られてとっても綺麗です。

321光明山3

前回来た時、私以外に参拝者は誰もいなかったけれど、
今回もYukiさんと私のふたりだけ。

ここにきて、仲間ができたことのありがたみをヒシヒシと感じました。

321光明山4

こちらはたぶん泰山木。

321光明山5

国内最大級(高さ4m)の
金ピカ大黒天さん。

また会えたーーーー! (≧▽≦)

でもちょっと暗がりで光ってて怖い。

321光明山6

迦陵頻伽(かりょうびんが)に出会いました。

サンスクリットでは、カラヴィンカ(kalaviṅka)

謡曲「西王母」にも登場します。

実は、この前描いたイラスト「レムリアの音」も、
この迦陵頻伽のイメージが出てきていましたので、
羽を広げて音を奏でる女神像となったのでした。

ライアーweb

http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-2492.html

ライアー奏者の女性からのリクエストで生まれたイラストですが
浮かんでくるものを、いろいろ盛り込んで描いています。

誰かのために描いていても、結局は自分自身でもあり
私の本来の取り戻すべき女性性なのかもしれない。

浜松に来ると、完全調和からの喪失感を意識させられます。
心が疼くこの感じ・・・いつかスッキリする日が来るといいな。

321光明山7

金ピカ大黒天さんの背後には、摩利支天の奥院がありました。
雨の中、ふたりで登っていきましたよ。

wikiによると・・・

摩利支天(まりしてん, 梵: Marīcī, 訳:陽炎、威光)は、
仏教の守護神である天部の一柱。日天の眷属である。

原語のMarīcīは、太陽や月の光線を意味する。
摩利支天は陽炎を神格化したものである。
由来は古代インドの『リグ・ヴェーダ』に登場する
ウシャスという暁の女神であると思われている。

陽炎は実体がないので捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付かない。
隠形の身で、常に日天の前に疾行し、自在の通力を有すとされる。
これらの特性から、日本では武士の間に摩利支天信仰があった。


321光明山8

摩利支天は、猪に乗ってる姿でも現わされるそうです。
だからここは狛犬さんのかわりに、猪さんなのかな。

321光明山9

ここに来る前に訪れた、
浜名湖畔の赤岩神社(岩長姫の磐座)を調べていたら、
鳥取県伯耆町の赤岩神社に繋がりました。

そして、赤猪岩神社もその近く。

伯耆には、因幡の白兎伝説に関わる史跡がたくさんあります。

摩利支天は、大黒天(大国主命)と、
八上姫をはじめとする、三女神や縁の姫神たちの
習合なのではないかなと思います。

因幡の白兎伝説が、
山陰地方とは遠く離れた遠州一之宮周辺でも伝わっていて、
八上姫の気配も感じられる・・・とても不思議なところですね。

徳川家康もそこに深いご縁を持っていたとしか思えません。


『ファイアーエムブレム 暁の女神』も、
もしかしたらその歴史のインスピレーションによって
生まれたソフトなのかな・・・とふと思いました。
任天堂Wiiで子供たちがよく遊んでいたRPGです。
私は内容はよくわかりませんが
(忙しすぎてゲームする暇なんて無いです)
娘は漫画をそろえるほど「暁の女神」にハマっていました。
私の娘も、巫女的直感は鋭いため、
なにに興味をもって見つめているかは気になるところです。

これを書いていて
ふと気が付きました。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』
ヒロインは「ミカヤ」・暁の女神。

八上姫の「ヤカミ」と暁の女神「ミカヤ」はアナグラム。

きっと、そう!

すべてに意味があって、繋がっていくのです。

321光明山10

というわけで、摩利支天さんの前では
謡曲「西王母」を謡いました。

その時、風がびゅぅぅぅーーーーーっと吹いて、
雨が頬を打ち付けました。

これがアンサーなのね・・・・うぅぅ・・・厳しいぃぃぃ。


摩利支天さんは、ご覧の通り
足場がリニューアル工事中でした。

夏には完成しているようですので
もう少し時期を待って出かけられるとよいかと思います。

321天竜川1

光明寺と古墳に別れを告げて、
その後は、秋葉神社下社へ向かいました。

321天竜川2

下社の前を流れている天竜川です。

暴れ天竜になっています。

今日も荒ぶってる荒ぶってる。。。

321天竜川3

ここに来ると、いつもこんな感じです。

私たち、筋金入りの雨女です。

たまにはカラッと晴れた日に訪れたいわ。
次回は晴れにしてください。

秋葉の神様、どうかおねがいします~!


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/03/25(木) 10:21:41|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)

浜名湖 赤岩神社 岩長姫の磐座

321浜松13

3/21(日) 土砂降りの雨。

この日はどんりとした重たい雲が
下界の私たちに絶え間ない雨を降り注いでいました。

Yukiさんと一緒に、浜名湖ウォッチングロードを車でドライブ。
しばらく走ると、ルートを外れていく小道が現れます。
道が途切れる突き当りに赤鳥居が現れて、
そこを潜ってさらに徒歩で登ると・・・祠が見えてきました。

Yukiさんも、こんなところに神社が・・と最初は驚いたそうです。

「赤岩神社」と呼ばれている神社でした。

321浜松32

大きな祠だと思うのですが、
迫出した岩山の下に佇む姿は、
こうしてみていると、
なんだかとても儚いような印象です。

地面も岩盤となっていて、たくましい岩に
ちょこんと祠が乗っかっているかのようです。

雨が激しく降っているのですが、
木の茂みが少し雨粒をカバーしてくれています。

321浜松6

321浜松7

青い光が入りました。

321浜松9

精麻も光っています。

321浜松8

拝殿の中をそっと覗いたら
桜紋が見えました。

赤岩神社の御祭神は、大山祇命、岩長姫命。

祭礼日は、10月第三土・日曜日なのだそうです。

創立年月日は不詳ということで
岩長姫のお名前の通りに、ご神体は磐座のようです。

321浜松12

拝殿の横を通って、裏側へ進むと、、、
岩肌がすぐそばに。

奥にある本殿らしき祠は、
しっかりと岩山のほうを向いています。

ちょうどこの写真の岩と向き合うように。

この岩、まるでなにかの顔に見えませんか?

目があって、くちばしのような口元をもつ、動物の横顔。
あるいは天狗のような存在。

カラスにも見えるし、タカやハヤブサのようにも見えるし、
龍や鳳凰の横顔にも見える・・・一体、何なのでしょうか。

その場にいたときには、至近距離で気が付かなかったけれど
改めてデジカメで撮影した写真を見ると、
その存在の大きさにビックリしました。

321浜松10

この祠に正面の顔がカバーされている感じです。

すごい存在を拝んでるんだね。。。

321浜松16

祠を参拝したあとで、雨の中、
磐座を目指して山を登りました。

雨なので、足場はそうとう悪いです・・・。

321浜松17

滑りそうになりながら見つけた、磐座群。

321浜松22

どうやら、山のてっぺんにあったこちらの磐座が
赤岩大権現の磐座のようです。

岩長姫さまの磐座です。

321浜松24

Yukiさんとともに、
心を込めて、歌でお祈りいたしました。

321浜松25


321浜松26


321浜松27


321浜松28


321浜松29


321浜松30


321浜松31

浜名湖周辺には、太古の磐座信仰
縄文精神文明の軌跡が、あちこちに見つかります。

丁寧に巡ってゆくことで、他の関連の地も伴って、
新しい時代に再び目覚めて動き出します。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/03/24(水) 12:57:55|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)

2021春分 浜名湖ウォッチングロードから

321浜松1

だいぶ時間がたってしまいましたが
3/21の出来事を記しておきたいと思います。

3/21(日)に浜松へ。
Yukiさんと弁天島で待ち合わせて
浜名湖が一望できるカフェ・オリーバさんへ訪れました。

https://agri-hamanako.shop-pro.jp/

浜名湖産のオリーブオイルはやっぱり美味しいです。

この日も予想通り・・・朝から晩まで土砂降りでしたが(笑)
そんな中、これから歩いていくんだ、と気合をいれるには
あったかい植物の癒しを心身に取り入れさせてもらいたい、と思うのです。

春分を迎えたばかりのタイミング。
寒さと暖かさを肌で同時に感じていたこの日。

また新しい一歩を踏み出すために。

ありがとう、オリーブさんの命。

321浜松2

ウォッチングロードの入り口は
三ケ日みかんの宝庫でもあります。
共演するかのように、ピンク色の桜が咲き始めていました。

321浜松3

しばらく登っていくと、
ひっそりと佇む赤鳥居が迎えてくれました。

ここからスタートです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/03/24(水) 12:03:55|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)

雨の遠江國一宮 小國神社へ

2021小國神社2

1/23(土)はYukiさんとふたりで女子旅へ。

遠州は晴れの日が多いイメージですが
私が滞在する日は、どうしてこうも雨や曇りが続くのか・・・
私は雨女を自覚していますが、Yukiさんも同じ属性みたいです。

弁天島温泉を10時にチェックアウトしてから
三ケ日方面へ向かう途中、
カフェ・オリーバさんで遅い朝食を頂きました。

http://agri-hamanako.jp/caffeoliva/

浜名湖の周辺は、三ケ日みかんの名産地でオレンジロードもあるけれど、
オリーブも育てられる環境だったなんて知りませんでした。

じゃあ、瀬戸内の小豆島の環境にも似ているのかな。
神戸の湊川や灘でも、オリーブ栽培が広がっています。
その共通した空気に気が付いて、心地よさに身体が緩んできます。

フィレンツェ郊外のエトルリア遺跡には円形古墳がたくさん遺っていて
神々の息遣いが聴こえてきそうでした。
浜松のオレンジロードにも、古代祭祀場や石室が残っていたりして
遠く離れた街並みなのにイメージがリンクしてきます。

シチリアパニーニと、フレッシュオリーブオイル
オリーブの風味を感じさせられるコーヒー
どれもがみんな美味しかったです。

2021小國神社3

小国神社に到着しました。

コロナ過であり、雨でもあり。
参拝者はそう多くはないはず・・・と思いきや、
たくさんの人たちが傘を差しながら訪れていました。

ここも出雲。私の故郷。

2021小國神社10

梅の花が見頃となっています。

2021小國神社4

友達ができたことへの感謝を
縁結びの神様・大国主命と八上姫様にお伝えしました。

最初に参拝した時は、
心を調えるために一人きりで
一心に神様に手を合わせていたので
そんな未来が訪れるとは
まったく予想もできなかったことです。

どうして変化することができたのか。
振り返っても、わからないことが多いけれど。

今後も、成り行きにまかせて
乗って行ってみようかなと思います。

とっても嬉しいです。
ありがとうございます。

2021小國神社5


社務所の裏側に御神木があります。
「ひょうの木」というそうです。

私はこの木がとても好きです。
前回来た時も、この木のことを記していました。

遠州・浜松の旅 part.14 遠江國一宮 小國神社
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-2230.html

2019/6/23(日)に訪れていたんですね。

今回は約1年半ぶり、2度目の参拝。

気持ちはあまり変わらないけれど、

大国主命はやっぱり縁結びの神様だと思う。

時々ふと湧き上がる心の寂しさを
吹き飛ばしてくれる友達との縁を
これからも大事にしていきたいと思います。

2021小國神社6

やっぱり良いよね~
ひょうの木のフォルム。

2021小國神社7

心の中で言葉にできない思いを
ひょうの木に伝えてみました。

2021小國神社8

2021小國神社9

2021小國神社11

杉の木と南天の木がたくさん自生していて
どこを見ても美しくて水面にも映えていました。

2021小國神社12

あらたまの 寸戸が竹垣 編目ゆも
妹し見えなば われ恋ひめやも



あらたま=天竜川

(万葉集から)

あらたまは、「麁玉」・「新瑞」・「荒玉」でもあるそうです。

「麁」(ソ)
あらい。うとい。きめが荒い。粗末である。質がよくない。
あらい。荒々しい。はげしい。大雑把である。
おおきい。
くろごめ。玄米。精白されていない米。
ほぼ。あらまし。大体。おおよそ。
離れる。ばらばらになる。遠ざかる。


今回、気が付いたこと・・・

西宮の六甲山系・北山方面に鎮座する
甲山神呪寺の近くにある鷲林寺の麁乱荒神は、
こちらの天竜川の神でもあるようです。

なぜなら、天竜川に繋がる浜名湖の湖西には、
「鷲津駅」をはじめ、「鷲」の地名や建物をよく見かけたから。

麁乱荒神と鷲

鷲林寺(じゅうりんじ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-928.html

強く心惹かれる理由の一つなのかもしれません。

真相がわからないままでいることの苦しさを
いつまでたっても味わい続けている
近づいているのかな
遠ざかっているのかな
それすらよくわからない。

万葉集のあらたまの歌は、
私の気持ちそのもので
愛しさと苦しさがいつもついてまわります。

この日は最後までお日様を見ることはできなかったけれど
また再訪したいと思います。

2021小國神社13

浜松駅前E PRONTOさんのパンケーキです。

どれだけおしゃべりしても
まとまりそうでまとまらない話題を次へと持ち越しつつ
私たちは浜松駅でバイバイしました。

また会おうね!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2021/01/24(日) 21:58:26|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)

天白磐座、ふたたび

天白磐座周辺5

11/29
あとで知らされたのですが、この日は
明るい火球が落ちて来ていたと話題に。

浜名湖周辺ドライブの最後は
天白磐座にやってきました。

天白磐座周辺6

黄昏時とは、このタイミングなのかな?
翌日の11/30は、双子座の満月と聞きました。

天白磐座は、天白神=金星

すなわち天津甕星(あまつみかぼし)

またの名を、
天香香背男(あめのかがせお)
星神香香背男(ほしのかがせお)と言います。

濱名惣社神明宮には、
天津甕星を服従させた天羽槌雄神(建葉槌命)が祭られていて、
初生衣神社(うぶぎぬじんじゃ)は天棚機媛命でした。

天竜川はミルキーウェイそのものですね。
七夕伝説の世界がここにあります。

過去の関連記事に結構語りつくしているので
ご興味がある方はご覧ください。


2020七夕  井伊谷の天白磐座遺跡
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-2389.html


サルタヒコの道標 part.10 大倭神宮
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-2255.html


大甕神社(おおみかじんじゃ) ☆彡
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-2160.html


天甕津日女 (あめのみかつひめ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-2059.html

太白・金星・愛と美のビーナス。
サーナートクマラ。
明けの明星・宵の明星。

天白信仰は、東北に行くとおしら様として伝わります。

浜松にも近い愛知に、
天津甕星、甕襲に纏わるスポットが割と集中していて
(当然ですよね、天白区があるんだもん)
天甕津日女を祭る神社は岐阜にもあります。
この辺りも、私の中の出雲の血が騒ぎます。

私のファンタジックな話を存分に聞いてくれる
愛知や岐阜にも縁の友達が欲しいなと思う今日この頃です。

天白磐座周辺7

Yukiさんが、スゴイ磐座見つけた!と言っていた
出世地蔵の磐座です。

天白磐座と近いところにあるよ。

天白磐座周辺8

異世界感、ハンパない。。。

よおーーーし
出世するぞ!

°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

天白磐座周辺9

11/29 満月前日のお月さまでした。

火球

===========================

このタイミングで話題になっていた、浜名湖の火球飛来のニュースは
「君の名は。 Another Side:Earthbound」の世界そのもので驚きました☆彡

事実は小説よりも奇なり、ですね。。。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/12/04(金) 00:59:27|
  2. 神社仏閣めぐり(静岡)
次のページ