FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

六甲 仰臥岩

六甲仰臥岩3web

六甲比命神社の近くにある
仰臥岩を描いてみました。

木々が鬱蒼と茂っている場所ですが
5月の新緑の時期は清々しくて気持ちが良いですよね。
この岩の上では、しばし時を忘れて、佇んでいたくなります。

六甲仰臥岩2web

カラス、オオルリ、キジ、イノシシ、ウサギ。
六甲で出会った仲間たちです。

オオカミとキツネには出会っていません。
夢と理想を詰め込んだ完全ファンタジー世界ですぅ。

12アソノ六甲仰臥岩web

futomani128  (12. アソノ)

あそのよの  なるかんをかも  すみめかも  わけやかえらん  たのしきわなり


ヲシテの言霊でフトマニ曼荼羅にしてみました。
フトマニ128首のなかの、第12首めの「アソノ」です。

この歌からは、祭りの庭=斎庭(ゆにわ)と、
澄みきって調和してゆくイメージが湧いてきました。

皆さまはどう読み解かれますか。

12アソノ六甲仰臥岩丸web

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/05/21(木) 09:49:34|
  2. イワクラ・イラスト

弥山

11アヨロ弥山web

厳島の弥山イワクラと葦船を描いてみました。
葦船に乗っているのは、神楽装束のサルタヒコとウズメ、ヒルメです。

ノルウェーの民族学者で探検家でもある
トール・ヘイエルダール(1914~2002)の主導で造られた
シュメール型「葦舟チグリス号」と「ラー2世号」をモチーフにして描いてみました。
ふたつの船には日の丸が描かれています。
ロマン溢れる大陸横断物語を感じてみてください。

日本神話に出てくるヒルコの葦船は、
このような大型船とは違うものかもしれないけれど、
私は、個人的にはシュメール型の葦船に乗ってみたいな。 ヾ(o´∀`o)ノ

チグリス号とラー2世号の軌跡は、オスロ郊外にある
コンチキ号博物館(The Kon-Tiki Museum)で観ることができるようです。
北欧も行ってみたい場所のひとつです。

瀬戸内の島々と地中海・バイキングの国は繋がっているように感じます。
惹きつけられるのは、自分の中にもある海洋民族の血なのかもしれません。
星空の下の海は、いつでも世界を繋いでいます。

11アヨロ弥山2web

futomani128  (11. アヨロ)

あのよろの  ほしおしつめて  ありのまま  すめばよろこひ  ときそありける

ヲシテの言霊でフトマニ曼荼羅にしてみました。
フトマニ128首のなかの、第11首めの「アヨロ」です。

星のめぐりのように流れにのって、
ありのままに受け止めていくとき、
自分の置かれた場所は喜び溢れるものになっている。


そんな意味だと受け止めています。
皆さまは、どんなふうに読み解かれますか。


11アヨロ弥山丸web

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/05/05(火) 15:56:12|
  2. イワクラ・イラスト

CLIP STUDIOで神生岩を描いてみた

神生岩web

保久良神社境内の神生岩を描いてみました。
雉鳩と縄文犬を入れたので
小さな磐になってしまいましたが
実物はもっと大きくて迫力があります。

神生岩(カミナリ岩)は、もともと雷岩と呼ばれていたそうです。
プラズマ受信or送信装置かなと想像します。

これを描いているときに思い出しました。

ドット絵を始めるときに、いちばん最初に描いたのが
イギリス南部の世界遺産「ストーンヘンジ」でした。

8-bit color / 256色 / にごろ で描いたドット絵です。
パレットカラーの制限内で工夫することが求められていた頃は
質感に細部まで拘り、想い入れも強くなりました。

いまは色数に限って言えば、
ほとんど無制限な自由が目の前にあるので
どこに創意工夫を凝らそうかと
常に別の視点で見つめていくことになります。
転換が進化なのかな。

だけど、昔も今も磐を描いています。
こんな調子だと、何周かまわっても
やっぱり磐を描いてる気がします。

ツールは時代とともに変わっていくけれど、
表現方法も変化していくけれど、
中にあるものは簡単には変わらないものです。

イワナガヒメの本質にも、
そういうところからも
触れていけるような気がしました。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/02/24(月) 17:31:13|
  2. イワクラ・イラスト

CLIP STUDIOで夫婦岩を描いてみた

夫婦岩web

CLIP STUDIO PAINTでのお絵描き2作目です。
磐座を描くのは楽しいです。\( 'ω')/

西宮市鷲林寺南町の「夫婦岩」です。

長年、祟り岩として恐れられてきたけれど
そのイメージも縄文意識の目覚めとともに
払拭されても良いのではないでしょうか。

元々は、ひとつの岩。
割れて離れたふたつは、くっつけたくなるのが人の心情。
分かつことで、引き寄せのチカラは強く働くのではないでしょうか。
ここからは日の出のイメージも浮かんできました。
日の丸の祈り。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/02/19(水) 23:47:18|
  2. イワクラ・イラスト

CLIP STUDIOで狐塚を描いてみた

狐塚web

梅は岡本 桜は吉野 みかん紀の国 栗丹波

保久良梅林は3月中旬が見頃となりますが
近所の公園の梅は今が見頃となりました。

CLIP STUDIO PAINTでの初作品です。
使い心地めっちゃいいな♪
フォトショと機能が似てるのが嬉しい。
1~2日あればここまでの仕上がり。
慣れたらiPad Pro 12.9インチを検討しよう。
まだ先は長い感じですが目標があれば燃えます。

なにを描こうかなと、ふと思いついたのが
金鳥山の「狐塚」でした。

六甲山系では、野兎は見かけるけれど、狐は出会ったことがありません。
藪椿は見かけるけれど、磐座の周りには梅や桜の木はありません。
なので、この絵は完全ファンタジー・フィクションです。

梅は岡本 桜は吉野 みかん紀の国 栗丹波

この歌がとても気になっています。

果実はミ・三・3・光
岡本・吉野・紀の国・丹波は光が下りる場所。
金鳥山(きんちょうざん・147)は(かねとりやま・117)で(9=0)
金鳥山に登る途中で、なぜいつも自分の中で
117阪神大震災の出来事が蘇るのか・・・
数霊の持つエネルギーのためだったのかと納得しました。
金鳥山は六甲(6)山系のなかの(9)ゼロ点。
琉球(9)と繋がるのは同じ数だから。
ニライカナイの鳳凰と龍が出てくる所以。

147 258 369 & 12 15 18 & 3 6 9



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/02/12(水) 00:21:09|
  2. イワクラ・イラスト

東雲

燕岳の東雲web1

東雲(しののめ・とううん)というタイトルが先に浮かんできていて、
永らくカタチに出来ないままでいたイラストです。

燕岳の東雲web2

ヲシテで書いているのは
フトマニ・3首めのアキニです。

アキニトハ  コチニヒモトケ  ツミノカル  ツクミココロノ   ハルソキニケル

燕岳の東雲web3

飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,763 mの燕岳(つばくろだけ)。

山体すべてが長野県に属していて
日本二百名山・及び新日本百名山に選定されています。

飛騨地方の磐座群・遺跡群は
なにかを私たちに伝えたがっている・・・

眩い登頂の光をイメージしてみると
そんな想いに包まれていきます。

さて、何が出てくるのでしょうね。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/11/12(日) 20:52:18|
  2. イワクラ・イラスト

目神山(女神山)

女神山web1

久しぶりのイラストです。
西宮市にある目神山のイワクラ・イラストです。

目神山は女神山。
甲山大師・神呪寺の境内地であり、
甲山八十八ケ所磐座巡りとして知られている場所です。

目神山イワクラ

こちらが、本来のイラククラ(タマゴ岩)です。
モデルにした巨大な岩です。

御覧のとおり、本来この場所は、コスモスなどは咲いたりしません。

近くに廣田明神影向岩という岩があり、
そちらの付近では、春になると
コバノミツバツツジがピンクの彩りを添えてくれますが
ここにはむき出しの岩がゴロゴロと点在していて、お日様に照らされているのみ。

女神山web2

今回は、遠近感も無視して、花盛りにして
ほとんどフィクション・ファンタジーの
女神降臨(廣田明神)
はたまた、弁財天、融通観音、降臨図となりました。

女神降臨といえば、なんとなく
満開の花が咲いたようにイメージしてしまいます。

たまには、こんなのも良いでしょう。

なにが現象化されるかわかりません。
ありえないことが起こるかもしれません。

いろいろ想像しているうちに
ドリームいっぱいの絵にしたいと思いました。

女神山web3

ヲシテで書いているのは、
フトマニ・81首目のヲヤマです。

女神山web4



をやま81

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/18(水) 22:11:56|
  2. イワクラ・イラスト

笠置山 白雲岩

白雲岩web1

岐阜県の笠置山イワクラシリーズ・part.3です。

この前は頂上付近の絶壁イワクラを描きましたが
逆にこんどは、麓のほうのイラクラ群を描いてみようと思いました。

(旧)白雲寺付近の巨大イワクラです。
白雲寺の近くでみつけたイワクラなので、
私が勝手に白雲岩と名付けています。

正式な呼び名をご存知の方は教えてください。
一番目立っていた岩なので、なにか象徴的ですよね。

白雲岩web2

ヲシテで書いているのは、フトマニ90首めのヲオレです。

ヲノオレハ  クモルカカミモ  アカラサマ  オレスハネスミ  ナコヤカムラン 


白雲岩web3

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/06/07(水) 20:50:42|
  2. イワクラ・イラスト

笠置山(恵那)

笠置山山頂web2

笠置山山頂の岩壁です。

巨大なイワクラがたくさん重なっています。
2016年のGWに初めて登りました。良い眺めでした。

笠置山山頂web1

『眺めつつ 笠置の山と名付けしは これも笠置くしるしなりけり』

花山法皇の歌です。
花山法皇を変換したら、火山鳳凰となりました。

この山にはたくさんの巨大イワクラがあり、
ピラミッド状のものや、ペトログラフが施されたものもあります。
鳳凰が青空に舞う姿も素敵かもしれませんね。
いろいろなイメージが湧きたってくる不思議な山です。

笠置山山頂web3

ヲシテで書いているのは
フトマニ・6首め・アムクです。

アオムケト   タカキノソミノ   トトカヌモ  ナルカミハレテ  アムクナルナリ

笠置山山頂web4

笠置山山頂web5


とても思い入れの深い場所となった恵那山・笠置山周辺です。
飛騨高山のほうにも、そのうち足を延ばしていけるといいなぁ。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/06/01(木) 00:36:04|
  2. イワクラ・イラスト

ピラミッド

web笠置山ピラミッド(青)

web笠置山ピラミッド(緑)

恵那峡の近くにある笠置山に実在するピラミッドです。
周囲にはペトログラフが彫られたイワクラもあります。

2016年のゴールデンウィークに、ワクワクしながら探検していました。
一度しか行ったこと無いけれど、忘れられない山となりそうです。
また機会があれば訪れてみたいなぁ。

ファンタジックなイラストにしてみました。
なにか日本にいながら世界を見通している感じに包まれます。

web1アヤマ笠置山ピラミッド(青)

web1アヤマ笠置山ピラミッド(緑)

ヲシテで書いているのは
フトマニの一首・アヤマです。

アノヤマノ  ナカウツロヰカ  アワノスナ  コホシノヱナノ  ムネソアミケル

web1アヤマ笠置山ピラミッド(青) 丸

web1アヤマ笠置山ピラミッド(緑) 丸

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/05/20(土) 23:25:11|
  2. イワクラ・イラスト
次のページ