FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

Project Phoenix 2018 【26】 サンタ・マリア・デ・トレド大聖堂

34トレド大聖堂周辺46r
トレド大聖堂

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
10/8(月)

これが今回の旅の最後の記事となります。


写真は、サンタ・マリア・デ・トレド大聖堂です。
(Catedral de Santa María de Toledo)
周辺を歩くことが出来ました。

現在、トレド大司教座が置かれているそうです。
(スペイン・カトリック教会の首位聖職者とされている)
故に、カトリックの総本山と言われます。

1226年、カスティーリャ王フェルナンド3世時代に建設が始まり、
カトリック両王時代の1493年に完成。
13世紀のフランスゴシック様式の影響を大きくうけていそうです。

聖具室にはエル・グレコの『聖衣剥奪』や
『十二使徒』などの絵画が飾られているそうですよ。

トレドは西ゴート王国の首都だったところ。

イスラム教・ユダヤ教・キリスト教文化の交錯点であり
ひとことではとても語れない魅力を秘めた場所でした。

34トレド大聖堂周辺47r

旅の最後に、このトレドの地を訪れることが出来て感激です。

この旅で得られたことを、
今後の自分自身の活動にも活かしていこうと思います。

ご一緒頂いた皆さま
プロジェクトフェニックス2018実行員会の皆さま、
関係者さま、ありがとうございました。


プロジェクトフェニックスさんの地球再生運動は
これまで私がやってきたことの枠を
はるかに飛び越えているものでありました。

参加することの意義を感じ、見るものすべてが新鮮だったり
実際に足を運ぶことでしか気づくことができないものが沢山ありました。

とににかく一緒に行動することで
得られるものがたくさんあり、楽しかったです。

「創生神楽」のご奉納は、これまでも、日本国内の各地で、
また海外では、イスラエルやフランスでも執り行われてきたそうです。

そんな活動をされていることを、私はいままで知らなくて、
今年の7月に初めて知り、このツアーに参加することを決めました。

今年は、カタルーニャ州・バルセロナで創生神楽のご奉納。
そこに初めて同行させていただきました。

私は、生まれが出雲なので、
(出雲國風土記でいうところの縦縫郡です)
子供のころから、戎さんも、大黒さんも、とても親しみ深かったですし
六甲から行くことになるのも、なにか意味があるのだろうと感じました。
帰ってきてからも、充実感に包まれています。

また、今後も
一緒に行ってみたい!参加したい。

と思われる方もいらっしゃると思います。
旅のご参考になるようにものにできれば・・・と思い、
ここにまとめてみました。

どうぞ今後とも、よろしくお願いいたします。

今後のご発展と感謝を込めて・・・

ありがとうございます!

弥栄 \( 'ω')/


モンセラット神楽奉納1
モンセラット修道院にて。(この写真.は山田さまのご提供です)

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/19(金) 21:23:41|
  2. Project Phoenix 2018

Project Phoenix 2018 【25】 トレド Toledo

33トレド3r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
10/8(月)

マドリードからトレドへ移動しました。
ここで最後の宿泊です。

33トレド12r

バスで移動中に、
いちばん見晴らしの良いところで留めていただき
ここで撮影タイムでした。

33トレド15r

川の見える風景って良いよね。

33トレド9r

大聖堂が見えます。 \( 'ω')/

トレド大聖堂はスペイン・カトリックの大本山。
宗教の中心はここから、ということで。
大きな役割を果たしていたようです。

33トレド7r

アルカサル(軍事博物館)

ローマ帝国時代より城壁として使われてきたそうです。
スペイン継承の内紛や、ナポレオンの放火で
3度の火災に見舞われたということです。

この景色だけをみていると平和そうなのに
ここも動乱の中心だったんですね。

33トレド11r

イスラム教・ユダヤ教・キリスト教
その文化が入り混じった建築物を眺めています。

ココから見える旧市街は、丸ごと世界遺産でした。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/19(金) 10:13:31|
  2. Project Phoenix 2018

Project Phoenix 2018 【24】 ソフィア王妃芸術センター Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía

32ReinaSofía1r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------

10/8(月)
マドリードにて。

32ReinaSofía3r

ソフィア王妃芸術センター
(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía)
にやってまいりました。

ゲルニカ

ピカソの「ゲルニカ」

これを観るためだけに

キタ━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!


思ったよりも、濃淡の幅が深かったです。

その夜に見た夢はモノトーンでした。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/18(木) 17:18:54|
  2. Project Phoenix 2018

Project Phoenix 2018 【23】 マドリード Madrid

31マドリード3r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
10/8(月)
アルハンブラ宮殿の見学後に近くのホテルで一夜を明かし
早朝6:50から移動してマドリードへ行きました。

31マドリード7r

Plaza de San Miguelという通りにある
「サンミゲル市場」でお昼ご飯を食べましょう
ということで、ここで皆で休憩しました。
http://mercadodesanmiguel.es/

とても楽しかったです!

31マドリード8r

賑わいがあります。(^O^)

たぶん、私たちと同じ
旅行者さんも多かったんだと思います。
人の波を掻き分けながら・・・
お祭りや夜市のような楽しさがありした。

31マドリード11r

見ているだけでもワクワクします。

31マドリード13r

どこでなにを食べようかなと目移りしてしまい
ウロウロしている時間が長かったです。

31マドリード15r

このお店にはナッツがいっぱい。
ワインやビールに合うお酒のつまみが多かったです。

よく知っている食材を見かけても、
きっと味付けはぜんぜん違うんだろうなぁ~と思ったりして。

31マドリード21r

注文するのも、難易度高い・・・
ここでも娘と一緒に片言の英語とジェスチャーで
ライトビールとバケットを頼んで頂きました。

いろいろ歩いてみて回って
ようやくできたと、ホッと一息です。(^_^;)
ビールが美味しかった♪
とにかく、飲み物はなんでも美味しく飲めました。
気候が変わるると嗜好も変わるんだなと感じました。

31マドリード22r

ベーグルにサーモンとクリームチーズ。
大きかったーーー。

食べ物のことを書いていると
どうしてこんなに幸せな気持ちになるんだろう。
楽しい~。

31マドリード23r

イチゴのアイスです。
鼻のカタチの物体は、イチゴグミでした。
見た目がイスラーム系の男性っぽい・・・甘酸っぱい・・・
このセンス・・うーん・・・(~_~;)

日本人ならキャラクターの目は大きくデフォルメするのに
ちっともユルくないのね。(笑)

ということで、私たちは
甘酸っぱいオジサン顔を頬張るのでした。

(;´∀`)

見た目とは裏腹に、めっちゃ美味しかったですヨ。

31マドリード25r

市場の外で、アイスを食べながら景色を眺めているときです。

バルセロナの中心部でレンタサイクル?らしき
自転車が並んでいるところを見ました。

そしてここマドリードでも、レンタサイクル?なのかな。
また見かけましたよ。

公共の乗り物はなんでも綺麗でびっくりします。
エコ感覚。その意識が高い国で良いなと思いました。

31マドリード26r

市場の外も、ここは人が集まる中心地のようで
楽しそうに食事をひといる人たちがいっぱいいました。

31マドリード34r

マヨール広場に行ってみました。

31マドリード35r

31マドリード66r

広いです。\(^o^)/

マドリードは、スペインの首都だけあって、見どころがとても多かったです。

位置的にも、スペインのど真ん中。
ヘソに当たるところだったりして。
目にあたるような場所なんだなと感じました。

31マドリード45r

路地に入ると、下町のような親しみやすさ。
この辺は、バルセロナとそんなに変わらない気もします。

31マドリード47r

サッカー強国なだけあって
こんなミサンガ専門店もあったりするので面白かったです。

31マドリード48r

綺麗ですよね。
日本の組紐を見ているような気分でした。
国境を越えていく大事な想いを込められるアイテムだと分かります。

私は2Dグラフィッカー時代に
サッカーゲームの開発に携わっていたことがあります。
7か国対応の製品だったと思いますが、
様々な言語でキャラを組み立てているうちに、
ルールに沿ったそれぞれの国の単語を覚えることが出来ました。
その時にスペイン語もポルトガル語もイタリア語も、
そんなに性質が変わらない言葉なんだという印象を受けていました。

サッカーが強いことと、言葉が伝わる道と、共通点があるんだと。
いまは言霊のことを知り始めているので、
こうしたお店に立ち寄ってみていても、
日本の神道との関わりを見つけ出すことに繋がってしまう。
ようやく繋がってきた、と思っていいのかも。

ミサンガも組紐も同じ結びのアイテムなのかもしれない。
出雲の神の縁結びの赤い糸のように。

31マドリード60r

またまたプロ顔負けの
路上ライブをやってるグループに出くわしたりします。

31マドリード64r

別の通りで演奏している人たち。
言葉の代わりに音で伝える人たち。

31マドリード69r

どうしてもこの赤い乗り物が、人力車みたいに見えてしまう。
面白いです。 ほんと、乗ってみたいわ。

31マドリード61r

プエルタ・デル・ソル
ここがそのあたりたったかな・・・

ここから逸れたら、簡単に帰ってこれなそうなので
グループで歩き回っていましたが

マドリードの中心地での探索は
首都を歩いたぞ~~!っていう喜びに浸りつつ
おのぼりさん状態・全開で面白かったです。 \(^o^)/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/18(木) 12:58:46|
  2. Project Phoenix 2018

Project Phoenix 2018 【22】 アルハンブラ宮殿 Alhambra القلعة الحمراء

29アルハンブラグラナダ市街66r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
29アルハンブラ19r

10/7(日)
午前にマラガ近辺のトルカル・デ・アンテケラの磐座群を眺めて、
午後にグラナダのアルハンブラ宮殿を訪れました。

29アルハンブラ20r

もうこれを書いている時点で
あれからずいぶん時間が経ったような気がしています。
今日は10/17だから・・・ちょうど10日前のことなんですね。

帰って来た当初は、まだ体が半分、あちらに行ってるような変な感覚がして
フワフワしながらの日常を過ごしていました。

頭の中もフワフワなので、整理が追いつかないままです。
でも、書くことの意味は、自分にとっては大きくて
完結した直後に、必ず新しい流れがやってきたりします。
すでにそうなっていたりして。(^o^)

きっと皆さんもそうだと思います。
私の整理方法は、詳細に体験したことを書いていくこと。
それをしないと、どうにもこうにも落ち着かず
次の一歩が進められないのです。

皆それぞれの方法で、旅の始まりと終わりを結びながら
新しい流れの中に入っていかれるのでしょう。

もしも記述に間違いがあれば遠慮なくご指摘ください。
一緒に旅した皆さまと、より良いレポートにしていけたら、と願っています。

29アルハンブラ24r

アルハンブラ宮殿は、想像以上にダダっ広かったです。\( 'ω')/

ここではガイドさんが英語でいろいろ説明してくださいました。
私は英語は片言しかわからない状態でしたが
心で読み取ろうとがんばってみました。 (;'∀')

なんとなく解った気になってます。

29アルハンブラ29r

アルハンブラ宮殿は、スペインのアンダルシア州グラナダ県
グラナダ市南東の丘の上に位置する城塞・宮殿。

どこから見ても、イスラーム建築でした。

スペインはキリスト教色もあるけれど、イスラーム色も強いんですね。

城塞の性質も備えており、その中に
住宅、官庁、軍隊、厩舎、モスク、学校、
浴場、墓地、庭園といった様々な施設を備えていたそうです。

29アルハンブラ44r

アルハンブラ=赤い城塞

アラビア語で、カルア・アル=ハムラー (القلعة الحمراء, al-qal‘ah al-ḥamrā')

赤い城壁の由来は・・・

・土壌が赤いから
・増築時に夜を通しかがり火を燃やして工事したため

いろいろ説があるそうです。

じっくり見て回ると、たぶん一日かかってしまいます。

729アルハンブラ72r

たぶんトチの実?
どんぐりにとてもよく似ています。
宮殿に行入ってすぐの、大きな木に実っていました。

29アルハンブラ37r

ライオンさんが見えます。
なんだか狛犬さんにそっくりだよね。 (≧▽≦)

29アルハンブラ30r

アルハンブラ宮殿は、
異なる時代に建てられた様々な建築物の複合体で
時代により、建築様式や形状などが異なっているそうです。

この場所が最適だったのでしょうね。
古代の山城跡をリサイクル、というのは
九州・行橋市の御所ヶ谷神籠石史蹟に似ているのかな。
建てられる理由は同じような気がしますが、真相はいかに?

29アルハンブラ77r

この建物は、ヨコから見ているだけでは形がよくわかりません。
真上から見てみたいです。 「夢殿」みたいな感じなのかな。
★型なのかな。 中はどうなってるんだろう?

29アルハンブラ80r

水辺がありました。
ここは癒しの空間。

29アルハンブラ83r

スイレンが咲いていて綺麗でした。

29アルハンブラ84r

結構大きなカエルちゃんが、スイレンの葉の上に御鎮座。

29アルハンブラ81r

柿にそっくりな完熟の木の実です。

どうみても柿・・・
でも、ちょっと日本のとは違います。
実以外の幹や茎の形状が違うので、別のフルーツかもしれません?

29アルハンブラ90r

グラナダの街が見渡せます。 \( 'ω')/

29アルハンブラ91r

こういう天井を「ムカルナス」というそうです。

29アルハンブラ92r

「ムカルナス」は煉瓦、石、漆喰、木などで作られていて
ドームやアーチ下面などに使われることが多いそうです。

29アルハンブラ113r

鍾乳石の丸天井を意味し、幾何学的な装飾が特徴。
こういうパターン文様にとても惹かれてます。(^O^)

ホツマのフトマニや、カタカムナのヤタノカカミ
それらと同じインスピレーションに思えてならないです。

柱や壁の装飾なども、八角形のタイルアートが見事です。

29アルハンブラ93r

きっとこの装飾の一つ一つに物語があるんだと思います。
でも、説明できる人たちももう居ないんだと思います。

なにかを感じる。
それだけでいいのかもしれない。

それが心に引っかかっていて、
体の半分を置いてきたような感覚になるのかな。

29アルハンブラ95r

アラベスク(arabesque)の文様は大好きで
ひとたび目にしたら、時間を忘れるほど見入ってしまいます。


アラベスク美術は
2つのモードで出来ているとも言われています。

★世界の秩序を支配する原理
三角形をつなぎ合わせたトラス構造。
トラス

土・・空気・火・水の四大元素は
たった一つが欠けても物質世界は崩壊・滅亡する。

★生命を産む母性(女性性)
植物を動的にとらえた表現。

29アルハンブラ130r

トラス構造は三角法の基礎。
結局のところ、佐藤敏夫先生のこれとか
ソルフェジオ

佐藤博紀博士から教わったこれとか
マカバ

オイラー


坂和伸一先生のこれだって・・・
ai.jpg


みんな、みんな、宇宙法則も、
植物の成長の仕組みも、産み出す作用も、
アラベスクの中に表現されているんです。

だからシンプルなこのカタチにもパワーがある。

イスラムもキリストも西宮も神戸も出雲も・・・・

メタトロンキューブ

このカタチ。

この物質世界の生活や自然に根差している物質世界のイデアが顕されている。

同じものを観ていて、違う言葉や違う角度で語っているだけ。
魅かれる理由は言葉に出来ないくらいに深い、、、なので図にしてみました。
(この図には私独自の解釈も入れていますが)

イスラム教ももキリスト教も、もとは一つ。
それを私はビジュアルイメージで捉えています。

これから科学と宗教は融合して新しい叡智となり
私たちの願った世界平和へと前進していくのだと思います。

29アルハンブラ98r

29アルハンブラ101r

小さな拝礼するところ。
お堂みみたいな建物があり

(なんていうところか忘れてしまいましたが(;'∀'))

奥にアーチがかかっていました。
そこには、像があったと思う・・・と、表先生は仰います。
観音様のような?
いや、違うな。蔵王権現みたいなのだな。

そんなお話をしていました。

蔵王権現と聞いて、パッとそのイメージが湧いてきました。

ちょうどそのころ、

10月6~7日の日程で、吉野信子先生のカタカムナ研究会では
メンバー揃って吉野山に研修旅行に行かれていたそうです。
吉野山といえば、役小角・大峰修験・蔵王権現。
まさかの同じタイミングで出てきたことにビックリしました。

武部正俊さんブログ 火(ホ)と「ニワ」と鍋釜より
http://blog.livedoor.jp/omtakebe/archives/77803232.html

ちょっと驚くような繋がりも出てきていますので
武部さんの一連の記事をご覧ください。

29アルハンブラ121r

この噴水のように、
書きたいことがどんどん湧いて出てきます。

取りとめが無いですよね。
いつもこんな感じでやってます。 (~_~;)

29アルハンブラ129r

どんどん長くなる文章を、
ここまでお付き合いいただき、感謝します。

さぁ・・・
はたしてうまく纏まるでしょうか。

29アルハンブラ132r

美しいアラベスク文様と
アルハンブラ宮殿を彩っていた植物たちを貼ります。

29アルハンブラ135r


29アルハンブラ138r


今日もお読みくださり、ありがとうございます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/18(木) 00:06:22|
  2. Project Phoenix 2018

Project Phoenix 2018 【21】 トルカル・デ・アンテケラ Torcal de Antequera

27トルカル・デ・アンテケラ24r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
10/7(日)
早朝5:20にバルセロナのホテルをチェックアウトして
7:20バルセロナ発⇢9:00マラガ着の飛行機に乗りました。

バスに乗って、
トルカル・デ・アンテケーラを目指しました。

行ってみてビックリ!
ここは巨大磐座の宝庫でした\(◎o◎)/!

27トルカル・デ・アンテケラ9r

磐座に囲まれながら、カフェで語らうひとたち。
なんだかスゴイ光景だわぁ。。。

27トルカル・デ・アンテケラ10r

ちょっと遠くまで登って行くハイキングコースがあったり、
(遠くのジブラルタル海峡が見えるポイントなどがあるそうです)

見晴らしの良い展望台にゆったりお散歩できるコースがあったり。

27トルカル・デ・アンテケラ21r

私たちは楽なほう、
近くの展望台へ行ってみました。

27トルカル・デ・アンテケラ22r

前日のモンセラットの登拝でも
巨岩に囲まれながらの景観には圧倒されましたが・・・

ここ、アンテケラ もまた・・・

言葉が出ないほどの驚きですね。 (@_@;)

27トルカル・デ・アンテケラ25r

どうしてこうなった!?

その巨岩・奇岩が生まれた頃のことを知りたくなります。

27トルカル・デ・アンテケラ26r

山口県の秋吉台のあの感じにちょっと似てるかも・・・?

子供のころに家族でいったきりの秋吉台のことを
ふと思い出したりして。

ぜんぜん違ってるかもしれないけれど。
ちょっと記憶がオーバーラップしました。

27トルカル・デ・アンテケラ33r

トルカル・デ・アンテケーラ (スペイン語: Torcal de Antequera)は、
スペイン・アンダルシア州マラガ県アンテケーラ近郊の
トルカル山地にある自然保護区。
ヨーロッパ有数のカルスト地形で知られる。

・・・ということで、カルスト台地だから、
やっぱり2つの地域はどこか似ているのかもしれません。 (^O^)

27トルカル・デ・アンテケラ35r

マラガはオリーブの山がいっぱい、自然がいっぱい。

緑のオリーブの山の中に
白壁と茶色の屋根で統一された街が見えます。
絵画にしたいくらいに素敵でした。

27トルカル・デ・アンテケラ6r

カフェの建物には、小さな展示室もあり
いろいろな説明書きがありました。

27トルカル・デ・アンテケラ38r

詳しくこの地形の由来が書いてありますが
絵でみて、なんとなくわかりました。

すべてが海の中だったころに、
海底隆起していく時期があり
グルグルかきまぜられた土砂が堆積して
この地形になっていったようです。

約1億5000年前くらいの状況が
この地形からわかるらしいです。

27トルカル・デ・アンテケラ39r

人間のチカラでどうこうして、こうなった、
というスケールではないのがよくわかります。

それでも秋吉台と似てるなぁと思うんだなぁ。

27トルカル・デ・アンテケラ40r

ワンちゃんがお散歩中でした。
アンテケラの大地とよく似合うね。

27トルカル・デ・アンテケラ46r

乾燥しているけど、ベリーがたくさん実っていました。

27トルカル・デ・アンテケラ49r

これは何の花かな?

27トルカル・デ・アンテケラ47r

自然の岩なのに、所々
こんな感じのトンネルができてたりするのがまた面白いです。

27トルカル・デ・アンテケラ48r

今回の旅で帰国して、
すぐに写真を整理しようと取り込んでいると・・・

27トルカル・デ・アンテケラ43r

↑この写真が、
私のノートPCの、スタートアップの壁紙に勝手に変わってしまいました。
なんの設定もしていないのに。ひとりでに。

時々、こういう現象が起こります。

1度目は富士山御来光に。
2度目は羊蹄山に。

1度目と2度目は私自身が撮影した写真ではなく
じっと熱心に見ていたことで、壁紙に移ってしまいました。

3度目が今回のアンテケラ。
これは私が撮影した写真です。

そこがちょっと違うところですが
共通しているのは山であることです。

なにか繋がっていそうで
それはまだ、なにも分からないです。

これからまた、いろいろなことが動いていくんじゃないかな。
そんな予感だけが、いまはあります。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/17(水) 12:35:41|
  2. Project Phoenix 2018

Project Phoenix 2018 【20】 愉しき直会♪

コロンブスr
新大陸を指さしているコロンブス像 @パルセロナ (Mirador de Clon)

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
御神楽奉納の聖地巡礼は、
真剣な取り組みと、各地で光を観る旅でありました。

その土地で触れ合う人々との交流や
地元で親しまれている食文化を知って
しっかり味わいながら語らうことも、大きな楽しみとなりました。

バルセロナは、ワインや食べ物が美味しいと
詳しい人たちから事前に聞いていたので大いに期待が膨らんでいました。

19和食で直会1r

10/4(木)の、バルセロナでの学術会議の終了後に
現地でガイドをしてくださった高田さんのご主人が経営されている
和風レストランで直会が開かれました。

19和食で直会100r

スペインで和食に出会えるなんで感激でした。
パン・チーズ・ハムのコンボの連続となっていたため
少し白いご飯が恋しくなっていた頃の晩餐です。
お醤油味にもホッとしました。好みのお品書きが並んでいて満足でした。
きっと、バルセロナの人たちも気に入って通っていらっしゃるのでしょう。
とっても美味しかったです。
高田さんとご主人さまの今後のご多幸をお祈りします。(^o^)

25バルセロナ直会4r

10/6(土) 
モンセットでの御神楽奉納と登拝まで、一連の御神事が滞りなく行われ、
バルセロナ市街に戻り、エルチェというレストランで盛大な直会が開かれました。

表先生が手にしていらっしゃるのは、清酒「紅天女」です。
合わせて、今回ご縁で繋がり、お酒を奉納された「大黒正宗」さんのご紹介。
戎さんと大黒さんの、海洋民族としての繋がりなどを
ここでもたくさんお話してくださいました。

そしてなんと、この日は杣先生のサプライズお誕生日会となりました。
おめでとうございます~! ヾ(*´∀`*)ノ

25バルセロナ直会44r

ほんとにお腹いっぱいなりました。

25バルセロナ直会10r

これですっっ。 これを食べるために来たんですっっ。 (≧▽≦) ウレシイ!!


28カフェ1r

10/7(日)
マラガのトルカル・デ・アンテケラ自然地区から、グラナダへバスで移動中
道の駅っぽいセルフサービスのカフェに立ち寄りました。

28カフェ2r

品数豊富なお料理に迷いながら

28カフェ3r

シェアしながら頂きました。

30アルハンブラカフェ7r

10/7(日)の夕食は
アルハンブラ宮殿近くのカフェでした。

29アルハンブラカフェ1r

杣先生たちと楽しく会食しました。
フライをつまみながらのワインが美味しかったです。

35トレドレストラン1r

10/8(月)
トレドで最後の晩餐でした。

35トレドレストラン14r

この日、土居先生と合流できました。
そして土居先生のお誕生日会でもありました。
最後のお食事は旅の締めくくりとなり、楽しい時間を過ごしました。

すべてはうまくいっている!

楽しく光を観ることがこんなにも喜びが大きいとは。(^o^)

それにしても、このバルセロナの旅で
ふたりの先生のお誕生会が開かれるとは・・・
偶然そうなっているとは思えません。
ご縁の深さが窺えます。

平国創生神楽実行委員会の役員であり、
プロジェクトフェニックス特使の
田中あやこさんの手腕には素晴らしい♪のひとことでした。 (^o^)

ご家族を伴っての旅への参加も
大きな実りに繋がっていきそうな予感がしました。
表先生の奥様の内助の功も光っていました。

あらかじめ旅の下見をしたり、神楽奉納の準備をしたリ
各方面へ渡りをつけて会を綿密に計画したり
そのうえ参加者皆への心配りとお世話をしていく・・・
これは大変なお役目だと思いました。

楽しみながら創造する

それを続けていくことが
一緒に貢献することに繋がると信じます。

プロジェクトフェニックスで大切なお役目を務められた皆様に、
心よりお礼申し上げます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/16(火) 23:24:49|
  2. Project Phoenix 2018

Project Phoenix 2018 【19】 モンセラット登拝 世界平和の祈り

23モンセラット山10r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
23モンセラット山86r

10/6(土)
早朝と正午に、モンセラット修道院の広場において
創生神楽の御奉納が執り行われました。

弥栄~! \(^o^)/

午後からは、山頂のフニクラへ登頂します。

24モンセラット登拝58r

登山道まではケーブルカーで登ります。

24モンセラット登拝60r

ケーブルの駅には三毛猫が待っていました。

24モンセラット登拝4r

清々しい山の空気に包まれます。

冷えるかなと思っていましたが
Tシャツでもちょうど良いです。

なだらかな道が続きますが
歩き出すと、結構長い道のりのように感じます。

24モンセラット登拝8r

モンセラットとは、ギザギザの山(のこぎり山)という意味なんですって。

24モンセラット登拝10r

遠くからも見ることができる山肌の形状に由来しているそうです。

礫岩などの堆積岩で構成されているそうです。
ちょっと日本の山では見かけることのできない形状の山ですね。

24モンセラット登拝12

こんな不思議な形の山。
神様の遊び心で造られたのかな。
ガウディの摩訶不思議な建築にも

「あぁ~なるほどねぇ~」と、
いまとなっては深く納得できてしまったりするから
旅っていうのは本当に不思議なものですね。

24モンセラット登拝2r

このモンセラットのどこかに、
保江先生のお話にたびたび登場する
エスタニスラウ神父ゆかりの場所があるのかもしれない。

24モンセラット登拝12r

私たちはここに来る前、そんなことを話していました。

ここから見る景色は、ほんとうにギザギザののこぎりでした。

24モンセラット登拝15r

しかし、想像以上の奇岩の数とスケールに圧倒されました。

いまその山に、まさに登り詰めようとしているなんて・・・
こんなに楽しいことはないです。

24モンセラット登拝16r

そんなことを考えているうちに、
だんだん雲の中に包まれていきます。

24モンセラット登拝18r

なにかの目印。

いろんな小石が、さざれ石のように寄り集まって
それらが大きく固まって奇岩が形成されているのがわかります。

24モンセラット登拝19r

24モンセラット登拝20r

24モンセラット登拝22r

ここは隠遁者の集い場なのかな。
休憩ポイントではあるようで、
一休みしている人たちに出会いました。

24モンセラット登拝25r

さすがに山伏さんのツアーなだけあって、
休みなしでも平気でみんな、ガシガシ登っていかれます。

私もわりと健脚なほうです。
日頃から鍛えているつもりなのですが
それとはまたレベルが違うみたいです。

登山するほど体力には自信がないわ・・・
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

山伏修行のごとく逞しく登っていくグループと、
途中までの景色を楽しんで下山してお茶するグループ
大きく二手に分かれて、それぞれの時間を楽しみました。

弾丸ツアーでありますが、ロスが少ないためか
新しいものに触れていく機会は多かったです。

24モンセラット登拝26r

頂上が見えてきました。(^O^)

24モンセラット登拝28r

雲で見えない~。
風も強いです。

24モンセラット登拝30r

山頂付近では、こんな可愛いピンクの花に出会いました。

24モンセラット登拝31r

頂上に登拝しました。
表博耀先生と皆様の世界平和の祈りです。

24モンセラット登拝32r

少し遅れて、私も加わることが出来ました。

縁ある場所の御神水を持ってこられていた方が多かったですが
私もここに六甲のお水を運んできました。

24モンセラット登拝35r

うっかり足を滑らせると、大変なことに・・・

24モンセラット登拝36r

一等三角点にあたるところかな。

24モンセラット登拝37r

最高峰サン・ジェロニ (セント・ジェローム、海抜1236m)

ここが、そう?

24モンセラット登拝38r

山頂付近は、鬱蒼とした雲に包まれていましたが

24モンセラット登拝40r

下山するにしたがって、
青い雲と空に変化していきました。

24モンセラット登拝49r

あの上に人がいるーーーーーーー!

\(◎o◎)/

24モンセラット登拝50r

いろいろな驚きに出会った、モンセラット登山でした。

24モンセラット登拝57r

現地のどんぐりです。

24モンセラット登拝53r

24モンセラット登拝54r

今回の登拝の出発点から見たモンセラット修道院です。

とても印象的な祈りの場となりました。

ありがとうございます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/16(火) 17:15:59|
  2. Project Phoenix 2018

Project Phoenix 2018 【18】 モンセラット修道院 創生神楽奉納

23モンセラット山31r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
23モンセラット山57r

10/6(土)
モンセラットで朝を迎えました。

カタルーニャでの夜明けは午前7時を過ぎたころでした。

夜明けが遅ければ、日中の活動もそれにあわせて夜も遅く、
こちらの人々は夕食を摂るのが20時以降だったりします。

この日も、ゆるゆると朝を迎えて
モンセラットからの御来光を心ゆくまで拝むことが出来ました。

太陽が昇ると、なんと綺麗な宝珠のかたち♪
マリア様の手に乗っている宝珠なのかもしれないですね。

23モンセラット山56r

光がアーチにかかると、陰影がいっそう際立って見えて神々しかったです。

23モンセラット山55r

モンセラット修道院も傍に有る私たちが宿泊したホテルも、
朝日に照らされるように建てられていて美しかったです。

山蔭には修道士たちが籠れる場があったのでしょうね。

23モンセラット山36r

合唱部隊の隊長・山田さん。
御背中を撮影させていただきました。

おそろいの法被です。
神楽の文字が入っています。
一目見たときに、カッコイイなと思いました。(^O^)
山田さんは夫妻で参加されていて
リーダーにふさわしい素敵な方ですよ。

23モンセラット山42r

この修道院の円形広場で、
朝8時の御神楽奉納が執り行われました。

モンセラット修道院 創生神楽奉納(朝の部)
〜プロジェクトフェニックス2018〜


その後、修道院の中に入らせてもらいました。

23モンセラット山43r

そして、念願の黒いマリアさまとご対面することが出来ました。

23モンセラット山44r

様々な角度から拝見することが出来ました。

黒いマリア1

これまでのキリスト教に抱いていた違和感と
自分が真実と感じられるものが
内側でひとつに溶けあうような感覚でした。

黒いマリア2

胸が熱くなります。。。

マリアさま ありがとうございます。

23モンセラット山49r

こういう場面に遭遇しても、
どこか日本の観音霊場の雰囲気を醸しているように見えてしまって。(・_・;)

・・・ほんと。心で見て感じることは
過去の歩いて見てきたこととオーバーラップして一つになって溢れてきて、
それをどううまく、その場で語っていいのかわからない。
どうしようもないもどかしさみたいなものがあるんです。

胸がいっぱい、というのはこのことです。

23モンセラット山54r

磐座が太陽カラーに染まるころ、
ミサに参列する人々が修道院に集まってきました。

23モンセラット山77r

みんなどこから訪れているのでしょう。
様々な人種の老若男女が所狭しと集うのでした。

23モンセラット山503r

プロジェクトフェニックスの大使の方々が
日本からこの日のために持参された奉納の品々が中央に並べられました。
しっかりお役目を果たされています。

23モンセラット山78r

朝の御神楽奉納の後で参加した、カトリックの聖地・キリスト教総本山でのミサ。
言葉が通じない人々と共に祈り歌うことで、繋がる気持ち。
それが確かに感じられました。

この体験はとても大きいものでした。

地球創生平和活動の意義深さを、皆さんにお伝えしたい、と思い
とりとめのないままに、いまこの記事を書いています。

伝わっていますでしょうか。

名前を知らない同志でも、言葉が伝わらない同志でも
どこかの誰かに、少しでも伝わったら嬉しいなと思います。

23モンセラット山79r

ミサの後で、12時からは
修道院の前の広場で御神楽奉納です。

23モンセラット山501r

ミサの後だったので、
この時はギャラリーの皆さんが多く観覧してくださっていました。

23モンセラット山502r

素晴らしいエキシビジョンとなりました。

モンセラット修道院 創生神楽奉納(昼の部)
〜プロジェクトフェニックス2018〜



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/16(火) 12:33:03|
  2. Project Phoenix 2018

Project Phoenix 2018 【17】 モンセラット Montserrat

23モンセラット山2r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------

10/5(金)
朝~13時までフリータイム。
3連泊したホテルをチェックアウトしてから、
15時の集合時間ギリギリまで「サグラダ・ファミリア」と
「カサ・ミラ」のガウディ建築を見学しました。

その後、集合して、バスに乗り込み約1時間。
モンサラットへ向かいました。 

23モンセラット山4r

16時30分頃に到着しました。
ここはバスの停留所附近です。

自販機や売店、トイレがあります。
(自販機はバルセロナでは珍しかった!)
ドライブで立ち寄るパーキングですね。

バス停から、すでに、こんな山が見えています。

山にきた~!\(^o^)/

と実感できたのは、
風が強いことと、夕日に照らされる山の稜線が綺麗だったこと。 
それと、ちょっぴり肌寒くなりました。

23モンセラット山5r

乗って来た観光バスとはお別れして
ホテルに直行のマイクロバスに荷物を乗せ換えてもらい、
徒歩で今晩お世話になるモンセラットのホテルまで
ゆるやかな坂を登っていきます。

23モンセラット山8r

歩いている途中で、土産物の露店があって
見ているだけで楽しかったです。

ざっくり切り分けられたチーズや、
ドライフィズのパンが美味しそうでした。

23モンセラット山13r

見えてきました。
奇岩がたくさんのモンセラットです。\(^o^)/

23モンセラット山14r

Wikiによると・・・

モンセラート(モンセラット、セラト山、カタルーニャ語:Montserrat)は、
スペインカタルーニャ州のバルセロナ近郊にある山。

カタルーニャ語の発音(IPA:[munsəˈrat])ではムンサラート
またはムンサラーのようになる(oとu、aとeの中間音)。

アーサー王の聖杯伝説に登場するベネディクト会の
サンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂(Monasterio de Montserrat)がある。

キリスト教の聖地とされている。

23モンセラット山19r

ガウディがサグラダファミリアの構想を得た
(インスピレーションを得た)山とされています。

そういわれたら、なんとなく納得できます。

23モンセラット山21r

ホテルにチェックインして、
18時まで広場では創生神楽と合唱のリハーサルが行われました。

リハーサルを終えた後
杣先生の息子さんの手にバッタが留まりした。

私はバッタも神の使いだと信じています。

23モンセラット山29r

ここに来て、ようやくニャンコに出会いました。
公園や町では犬しか見なかったから、猫は室内で飼われているのかな。
ちょっと感動。(^O^)

23モンセラット山22r

モンサラットは山全体がこんな感じ。

ホテルの背後にある磐座は、
間近で見ると人の顔に見えてしょうがなかったです。
どの角度からも、360度見られている・・・と言う感じでした。

23モンセラット山23r

こんなモンサラート修道院の修道士さん、
ミサに訪れる人々、磐座に宿る精霊さんたち・・・
そのすべての方々に見守られつつ、
明日は御神楽奉納が執り行われるのです。

23モンセラット山25r

23モンセラット山26r

明日の早朝8時と、午後12時に
いよいよこの広場で始まります。

モンサラットの巨大磐座に囲まれて
この日はぐっすりとよく眠ることができました。

とても心地のよい眠りでした。
マリアさまのように、母なる山に抱かれて・・・そんな感じです。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/15(月) 22:40:08|
  2. Project Phoenix 2018
次のページ