FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

Project Phoenix 2018 【17】 モンセラット Montserrat

23モンセラット山2r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------

10/5(金)
朝~13時までフリータイム。
3連泊したホテルをチェックアウトしてから、
15時の集合時間ギリギリまで「サグラダ・ファミリア」と
「カサ・ミラ」のガウディ建築を見学しました。

その後、集合して、バスに乗り込み約1時間。
モンサラットへ向かいました。 

23モンセラット山4r

16時30分頃に到着しました。
ここはバスの停留所附近です。

自販機や売店、トイレがあります。
(自販機はバルセロナでは珍しかった!)
ドライブで立ち寄るパーキングですね。

バス停から、すでに、こんな山が見えています。

山にきた~!\(^o^)/

と実感できたのは、
風が強いことと、夕日に照らされる山の稜線が綺麗だったこと。 
それと、ちょっぴり肌寒くなりました。

23モンセラット山5r

乗って来た観光バスとはお別れして
ホテルに直行のマイクロバスに荷物を乗せ換えてもらい、
徒歩で今晩お世話になるモンセラットのホテルまで
ゆるやかな坂を登っていきます。

23モンセラット山8r

歩いている途中で、土産物の露店があって
見ているだけで楽しかったです。

ざっくり切り分けられたチーズや、
ドライフィズのパンが美味しそうでした。

23モンセラット山13r

見えてきました。
奇岩がたくさんのモンセラットです。\(^o^)/

23モンセラット山14r

Wikiによると・・・

モンセラート(モンセラット、セラト山、カタルーニャ語:Montserrat)は、
スペインカタルーニャ州のバルセロナ近郊にある山。

カタルーニャ語の発音(IPA:[munsəˈrat])ではムンサラート
またはムンサラーのようになる(oとu、aとeの中間音)。

アーサー王の聖杯伝説に登場するベネディクト会の
サンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂(Monasterio de Montserrat)がある。

キリスト教の聖地とされている。

23モンセラット山19r

ガウディがサグラダファミリアの構想を得た
(インスピレーションを得た)山とされています。

そういわれたら、なんとなく納得できます。

23モンセラット山21r

ホテルにチェックインして、
18時まで広場では創生神楽と合唱のリハーサルが行われました。

リハーサルを終えた後
杣先生の息子さんの手にバッタが留まりした。

私はバッタも神の使いだと信じています。

明日の早朝8時と、午後12時に
いよいよモンセラットの修道院の広場で御神楽奉納です。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/15(月) 22:40:08|
  2. Project Phoenix

Project Phoenix 2018 【16】 余談ですが・・・六甲比女神社のお礼参りしました。

比女神社御礼参り1

ちょっと余談を挟みます。

バルセロナツアーの前に、
9/15 六甲・西宮参拝ツアーと壮行会がありました。
その節は、表先生・土居先生・杣先生をはじめ、
ツアーに参加の皆さんと共に

・六甲比女神社
・えびす宮総本社西宮神社
・廣田神社 *正式参拝
・生田神社

上記の4社参りをしました。

今日はちょうどまるひと月が経った10/15です。
明日の10/16には、年に一度の六甲比女神社護摩法要が執り行われます。
その準備とお掃除をお手伝いするために、
サラ・シャンティの正博氏とともに、今日は六甲比女神社へ行ってきました。
磐座の清掃に慣れていらっしゃる三女神さんたちと、
ここを瀬織津姫の磐座として世に知らしめた大江幸久先生が一緒です。

今日はお礼参りにちょうどよい日となりました。

比女神社御礼参り2

私はこの六甲山から流れ落ちる水を汲んでゆき、
モンサラットの頂上に運び、
世界平和祈願の祈りの場に捧げてきました。

そして本日は

モンサラットから持ち帰って来た小石をこの磐座にそっと置き、
バルセロナから持ち帰った水を拝殿にお供えしました。
アルハンブラ宮殿の中に落ちていたトチとドングリの実も。

無事に旅が終わったご報告です。
ありがとうございます。

弥栄。

比女神社御礼参り3

午前中のうちに護摩法要の準備が終わって
みんなで六甲展望台のカフェでランチ。

比女神社御礼参り5

ちょうどいま、六甲ミーツ・アートが開催されていて
山のあちこちにアート作品が展示されています。

このカフェにも、可愛いオブジェたちが
訪れている人と一緒に展望していました。

あれ?

この作品は、展示が始まった頃に
破壊されてしまったことでニュースになっていたはずでは・・・

復活してますね♪ 良かったです。 

カワイイですね♪ (≧▽≦)

すごくこの場に馴染んでいるし、見ていると和みます。
ずっとここに居てくれても良いのになぁ~なんてね。

比女神社御礼参り6

このカフェにはよく行きます。
六甲のハチミツを使った料理で美味しいんです。

秋限定のランチセットを頂きました♪
とっても美味しかったです。
ごちそうさまでした。

またぜひ、皆様も六甲においでくださいませ。
なんといっても、戎さんや瀬織津姫さんの聖地です。
きっと楽しいことがいっぱいありますヨ。
プロジェクトフェニックスさんのように
一緒に、地球平和の創造ができると思います。

余談でしたが
お礼参りのご報告でした。

さて、続きを書かなければ。 \( 'ω')/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/15(月) 17:57:40|
  2. Project Phoenix

Project Phoenix 2018 【15】 カサ・ミラ Casa Milà

22カサミラ11r
Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
22カサミラ10r

10/5(金)
午前中はフリータイム。
サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia) へ行ってきました。
【13】【14】にレポートしましたのでご興味のある方はご覧ください。

そしてこんどは、カサ・ミラにやってきました。 \(^o^)/

22カサミラ13r

早朝、表さんから
「サグラダ・ファミリアに行くならカサ・ミラにも行ったらえぇで。近いねん」
「あれもスゴイ!」

と聞いていたので、ワクワクしながら来てみました。
入場料が、5€ と、ちょっとお高め。。。

22カサミラ15r

でも、期待以上でしたぁ~~~~~! \( 'ω')/

22カサミラ27r

カサ・ミラ(Casa Milà)は、
バルセロナのグラシア通り (Passeig de Gràcia) にある建築物。
ガウディが54歳の時に設計したそうです。

1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラの邸宅として建設され
1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。

えっ。

これが個人の邸宅?  (@ ̄□ ̄@;)!!

22カサミラ28r

う、うわぁーーーーーー  Σ(=д=ノ)ノ

22カサミラ29r

Bona tarda! ( こんにちは)

・・・って言ってるみたいだわ。

どうみても、オッサンの顔。

22カサミラ32r

こちらは凝ってます。
渦巻きトーラスなフォルムのうえに、タイル張りになってます。

造るの難しそうに見えるけれど・・・
こういうのは、いったいどこから作り始めるんだろう??

22カサミラ37r

子供が一緒なら、大興奮で楽しめるんじゃないかな。

宇宙人とあそぼ!
みたいなNHK教育番組に出てきそうな趣です。

ほんとに宇宙の人たちなのかもしれないですよね。 

(⌒▽⌒)アハハ!

22カサミラ38r

いきなり屋上から見学していって、ド肝を抜かれるパターンです。 (◎_◎;)

こんな遊び心いっぱいの邸宅を建てる実業家のミラ氏。
そうとう財力のある方だったに違いありません。

そして螺旋階段を降りて行って、展示物を拝見しました。

22カサミラ40r

こちらがカサ・ミラの全体像です。

22カサミラ41r

カサ・ミラは直線部分をまったくもたない建造物と言われています。

外観の波打つ曲線は地中海をイメージして作られたそうです。
内部構造はしっかりしているように見えますね。

22カサミラ42r

いろんな遊び心と芸術性が散りばめられていて
建物というよりは、彫刻みたいです。

22カサミラ46r

模型の陰影が綺麗ですね♪

遊び心には神秘が宿ってるんだなぁ。。。

22カサミラ47r

そしてここでも、ガウディの
自然に対する観察眼が磨かれていってるのを感じました。

22カサミラ48r

曲線だけでできている。

22カサミラ49r

神聖幾何学で出来ている。

22カサミラ50r

22カサミラ51r

こんなのが、部屋の装飾になっていたり、
取っ手や調度品の縁、柱に施されてたりするのかも。

そんな感じのを観たりもしました。

22カサミラ52r

22カサミラ53r

座り心地の良さそうな椅子がありました。

これは日本で出土している
縄文のハート土偶にも似ていますよね。

22カサミラ54r

使用人のお部屋が公開されていました。

22カサミラ55r

ドールハウスの夢のお部屋っぽいです。
とても素敵♪

22カサミラ56r

22カサミラ57r

22カサミラ58r

居心地の良さそうなお部屋ばかりでした。

22カサミラ59r

22カサミラ60r

22カサミラ61r

22カサミラ65r

こういう外の光を内側に集めて
カラフルに内側を照らして温めていくような感じが
ガウディっぽいな~と思います。(^o^)

22カサミラ66r

サグラ・ダファミリアと同様に
カサ・ミラにも来てみて良かったです。

22カサミラ68r

エントランスにも渦巻きトーラス。 \( 'ω')/


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/14(日) 23:04:44|
  2. Project Phoenix

Project Phoenix 2018 【14】 ガウディと神聖幾何学・魔方陣

20サグラダファミリア68r
↑カタカムナ思念が隠れていそう?

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
20サグラダファミリア102r

サグラダ・ファミリアの続きです。

どうしてガウディの建築には、心惹かれてしまうのか。
建築家というよりは神学家・芸術家・科学者・物理学者・・・なのかなと思いました。
表現の方法が、たまたま組み建てるものだったのかもしれない。
ほかに得意な分野があれば、そこでも力を発揮していたのかも。
そんな印象を受けました。

20サグラダファミリア103r

こんな感じの部屋で構想を練っていたのかな。

20サグラダファミリア67r

このシンボルはなんでしょう?
ご存知の方はご教授ください。

気になっています。
海神族のマークに見えてしょうがないのですが。。。

20サグラダファミリア113r

サグラダ・ファミリア(カタルーニャ語: Sagrada Família)の外観は
これまで日本のメディアでも紹介されてきたので見慣れていたけれど、

その内観に触れてみて、
建築家ガウディの心の内を
もっと知りたい、感じてみたいと思いました。

カトリック教会
聖家族・・

日本の古神道と通じるものがあるようです。
というか、内部に入ると、故郷に帰って来たのかな、とも感じました。

20サグラダファミリア69r

3Dプリンターなどで作業されている姿が見えます。

20サグラダファミリア70r

ガウディが生きていた時代から
建築の作業工程は、どんどん変わっていってるのかな。

20サグラダファミリア71r

ハイテクとアナログの融合。 \( 'ω')/

20サグラダファミリア72r

でも、変わらないのは宇宙の法則です。
それはピュアな自然法則であり不変のもの。

ガウディはそれを探求しつづけて、
このサグラダ・ファミリアに投影してきたのだと思います。

人間には計り知れない宇宙。

だからずっと未完のままで、
サグラダ・ファミリアはここに存在して来たんですね。

20サグラダファミリア97r

20サグラダファミリア95r

ハニカム構造は丈夫な連結。

亀甲、出雲の神文、六甲のシンボル。
ダビデ紋、カゴメ紋にも通じるかな。

20サグラダファミリア73r

時代を超えても美しい模様ですね。

20サグラダファミリア74r

フィボナッチ
らせん構造。

20サグラダファミリア75r

サグラダ・ファミリアを最初に見た時、
なんてヘンテコな建物なんだろう。(◎_◎;)

なんの意味が込められてるんだろう? と分からなかったのです。

ですが、私自身も成熟して様々な角度から見ることが出来るようになり
ちょっとだけ、ガウディの心にも触れられたような気がしました。

20サグラダファミリア76r

葉っぱを観察した結果は、どこに表わされているんだろう。
そんな見方もできたりします。

20サグラダファミリア77r

正四面体が合わさったツリー。

これは葉っぱの集合体だったんだ~。

20サグラダファミリア78r

どこか縄文土器や土偶を彷彿とさせるフォルムですよね。

カタルーニャでは、ガウディとピカソが芸術を爆発させていたんですね。

20サグラダファミリア79r

こんなのも、カタカムナ的。
フトマニ的。


サグラダ魔方陣3

そして「サグラダ・ファミリアの魔方陣」なるものがあるることを知りました。
受難のファサードと呼ばれる彫刻の横に、魔方陣が見えます。

魔方陣とは・・・
n×n 個の正方形の方陣に数字を配置し、縦・横・対角線の
いずれの列についても、その列の数字の合計が同じになるもの。

サグラダ魔方陣6

「サグラダ・ファミリアの魔方陣」
これは、4×4の魔方陣。

Wikiによると・・・
通常の4×4の魔方陣と違って、12と16が無く、10と14が二つずつあるそうです。
1 ~ 16を一つずつ用いる通常の4×4の魔方陣は、タテ・ヨコ・ナナメどの列を足しても34になっている。
しかし、この魔方陣は各列の数の和が33になっているのだそうです。

サグラダ魔方陣

この中で、足して33となる部分は310通り。
(そのうち「4つの数字を足してできる」ものは88通り)

サグラダ魔方陣2

2001年にLee Sallowsという人が現れて、
0 - 16(4を除く)を用いた、4×4の魔方陣で
同じくタテ・ヨコ・ナナメどの列を足しても33になるものを発表。

サグラダ魔方陣5

4×4の魔方陣は全部で880通り存在するそうです。


・1行と4行を交換し、さらに1列と4列を交換すると別の4×4の魔方陣ができる。
・2行と3行、2列と3列を交換するとまた別の4×4の魔方陣ができる。
・1行と2行、3行と4行、1列と2列、3列と4列を交換すると
 外枠の四角と内枠の四角が交換された別の4×4の魔方陣ができる。


サグラダ魔方陣4

これは興味深いですよね。

20サグラダファミリア81r

黄鉄鉱(おうてっこう、pyrite、パイライト)も観察して用いられていたのかな。

六面体・八面体・正十二面体の結晶形で、4×4の法則にも当てはまるのでしょうか。

パイライ」は、ギリシャ語の火=pyr=火花 なのだそうです。

20サグラダファミリア82r

意味深すぎる。。。 (; ・`д・´)

ただ、ガウディ建築が自然の法則に沿うように創られていながらも
拡大し続けていて(盛善)、現在でも未完のままなのは
やはりこの、4×4の魔方陣のせいではないでしょうか。

日本の古くからある神社仏閣などの建築物が、
簡潔(完結)・整然・質素に見えるのは
数の法則も単純・簡素だからと思うのです。

「神の数学」の佐藤敏夫先生、
「梅のはな開花塾」の梅村一彦先生のこの等差数列・9進法の
ひふみ99算の神方陣を見慣れてしまったせいか、

私が家を建てるなら、以下のような法則で建ててみたいなと思うのです。

8重合相7
ひらがな変換フトマニ128首5

数はトーラス状に拡大しつつも、法則は揺るぎない。

この揺るぎない・隙のない神の法則というものを前にして
人間の創造性・可能性を表現し変化を産もうとしたものが縄文ルネッサンスなのかな。
縄文土器も、シンメトリーなものは少ないですし抽象的ですから。
ガウディの建築物を見ていると、火炎土器が浮かぶのです。

20サグラダファミリア84r

ちゃんと読めたら、もっと楽しめたかもしれない。
スペイン語って難しいな。(;'∀')

永遠に拡大、というのは教会としては理にかなっているのかもしれません。
神に近付くための意識の拡大をはかる場、だからです。

家に求める安らぎ・平安とはちょっと役割が違うのかもね。

20サグラダファミリア85r

これは解りやすいです~。
こんな木の幹をして柱がたくさんありました。

20サグラダファミリア86r

球体はやたら多かったです。
ステンドグラスの窓枠もそうかな。

20サグラダファミリア63r

天井はお花がたくさん咲いていましたが。
それこそ、9の花=コノハナサクヤヒメかもしれないですね。

4 4 4 4.... .4 もいっぱい見つけることができます。 

20サグラダファミリア88r

4×4の法則で満ちているのかも。

20サグラダファミリア92r

サグラダ・ファミリアの、地下の一部を窓から覗いてみることができました。
キリストを抱いたマリア様の頭が見えました。

大切な存在は、ここカタルーニャの聖家族協会でも
立ち入りが出来ない場所に、ひっそりと秘されているのでした。

ここはまさしく、光の場所、光の家族の教会でした。

行くことが出来てとても良かったです。
嬉しいです。ヾ(*´∀`*)ノ



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/14(日) 22:19:37|
  2. Project Phoenix

Project Phoenix 2018 【13】 サグラダ・ファミリア Sagrada Familia

20サグラダファミリア4r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
10/5(金)
午前中はフリータイム。
サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia) へ行ってきました。\(^o^)/

20サグラダファミリア11r

バルセロナ一の観光地名だけあって、とても込んでいました。
ネットでチケットを予約しておいて良かった~と思いました。

20サグラダファミリア8r

20サグラダファミリア10r

考えないで、感じるのだ・・・

20サグラダファミリア12r

20サグラダファミリア13r

まだまだ工事中です。
クレーンでのお仕事が進められていました。
働くパパ、がんばれ、、と声をかけたくなりました。

完成までは程遠いような感じですね。
丁寧に作られていくものに命が宿るのかなと思います。

20サグラダファミリア14r

20サグラダファミリア16r

後ろの正面的な高いところに
張り付けのキリスト像が、ここにも。

なぜ顔を隠されているのでしょうか?

20サグラダファミリア22r

フィボナッチとトーラスを見つけました。(●^o^●)

20サグラダファミリア26r

ガウディの建築物は、どれを見ても有機的です。

20サグラダファミリア28r

変化し続けていくカラフルな光の中に包まれていると、
自分が巨大な万華鏡の中のパーツの一部のような気がしてきます。

とても不思議な感覚です。

20サグラダファミリア29r

柱や天井も独特の形をしていて
どうしてこんなふうに作り上げたんだろう・・・?と思いました。

20サグラダファミリア33r

ガウディの自然を見つめる視点と
同じモノの見方をすることでしか理解できないのかもしれないな・・・と思いました。

20サグラダファミリア34r

光と闇のコントラストに魅入られました。(^O^)

20サグラダファミリア36r

20サグラダファミリア39r

20サグラダファミリア40r

20サグラダファミリア41r

20サグラダファミリア44r

20サグラダファミリア51r

20サグラダファミリア53r

傘が7角形です。
どうして7なのかな・・・と思って見ていたら
沖縄の平和記念堂でみた観音像の天井と似ているなと気が付きました。
「7」という数字は特別に思えます。

暦の1週間も7日なんだよね。
それを教えて頂いてから、ハッそうだった、と気づきました。
「7」は中心にある数なんだと思います。

20サグラダファミリア59r

天井のクロスの光が綺麗です。
これはカタカムナの○十字にもなっています。

数や形の中に、いろいろな発見があり、
ちょっと興奮してしまいました。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/13(土) 13:49:57|
  2. Project Phoenix

Project Phoenix 2018 【12】 セントレ・デル・プッブレノウ公園

19セントレ・デル・プッブレノウ公園5r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------

10/5(金)

早朝、バルセロナでの宿泊先
メリア バルセロナ スカイ(Meliá Barcelona Sky)

の前にある公園、

セントレ デル プッブレノウ公園
Parque del Centre del Poblenou

に行ってみました。

19セントレ・デル・プッブレノウ公園8r

公園の名前が
何度みてもなかなか覚えられないわ。。。(~_~;)

セントレ デル プッブレノウこうえん

19セントレ・デル・プッブレノウ公園9r

朝のお散歩をしている人たちの姿がちらほら。。。

19セントレ・デル・プッブレノウ公園11r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園12r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園13r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園14r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園16r

ワンちゃんと一緒にお散歩している人たちが多いです。

不思議と、猫を見かけません。

犬はたくさんの珍しい種類を見かけました。

19セントレ・デル・プッブレノウ公園17r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園19r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園23r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園24r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園25r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園26r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園27r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園28r

街にも公園にも、ごみがほとんど落ちていなくて清潔感があります。

落書きは多いですが、
それもアートだと思ってるフシがあるような。。。

19セントレ・デル・プッブレノウ公園29r

アクリル板に鳥が描かれています。
早朝は鳥の鳴き声も聞こえてきました。

バルセロナの街にはハトが多かったですね。

19セントレ・デル・プッブレノウ公園30r

19セントレ・デル・プッブレノウ公園31r

スライド式携帯のような高層ホテルでした。

地震とかめったに起きない土地なんだろうなぁ・・・
そんなことを思いつつ眺めていました。

19セントレ・デル・プッブレノウ公園35r

路面電車も綺麗でカッコイイです。
線路には芝生が生えていて驚きました。

19セントレ・デル・プッブレノウ公園37r

タクシーにはたくさんお世話になりましたが
路面電車のように、乗ってみたい乗り物がいっぱいありました。

また行く機会があればチャレンジしてみたいです。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/13(土) 13:10:28|
  2. Project Phoenix

Project Phoenix 2018 【11】 ボルン・カルチャーセンター El Born Centre Cultural

16クメス通りCarrer del Comerç,1r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------

10/4(木)
学術会議が無事に終了して
午後からはフリータイムです。

16クメス通りCarrer del Comerç,2r

地図とにらめっこして歩いています。
スマホのグーグルマップも役に立ちます。

この小路は、クメス通り(Carrer del Comerç)というそうです。

16クメス通りCarrer del Comerç,3r

似たような写真ばかりに見えますが・・・

違いが分かるようになれば、
バルセロナをナビできるようになるでしょう。

16クメス通りCarrer del Comerç,4r

どの通りを歩いていても楽しいです。

17El Born CCM1r

正博氏が「遺跡があるから見に行こう」と仰るので
皆でその場所まで行ってみることにしました。

しばらくすると、博物館のような建物が見えてきました。
ここに遺跡が?
結構大きいみたいです。

17El Born CCM2r

ボルンカルチャーセンター
(El Born Centre Cultural・Mercat del Born)

・・・というそうです。

17El Born CCM3r

おぉ! \(^o^)/

一歩足を踏み入れた瞬間、
今年の春に訪れた九州の西都原遺跡や吉野ヶ里遺跡を思い出しました。
あのあたりも、こんなふうに建物の内部に重要な発掘遺跡が保存されていたのでした。

17El Born CCM5r

案内板やパンフレットは、もちろんスペイン語。

読めないですし、なにがなんだか、よくわかんないですが、
カタルーニャの人々にとっては、とても大切な発掘遺跡にちがいない、
ということだけはよく伝わってきます。

17El Born CCM6r

湿度の高い日本とちがって、
バルセロナの街は乾燥しているので
厳重に守られている遺跡群も、独特の籠った臭いがしません。

ここにお墓があったとしても、居心地は悪くないかも。
上から眺めていて、むしろ気持ちが良いと思えたくらいです。

17El Born CCM7r

この史蹟について、気になったので
家に帰ってから調べてみると
こちらのサイトで紹介されていました。

バルセロナ ウォーカー 
http://kamimura.com/?p=1432

17El Born CCM8r

昔ながらの古い佇まいを残す路地には、
雰囲気のあるレストランやバル、ショップが並んでいます。
そして、ボルン地区の市場だった建物が、
2013年に「ボルン・カルチャーセンター」としてオープンし、
新たなバルセロナの見どころとなりました。

ボルン市場は、約100年の間市民の胃袋を満たしてきましたが、
1971年に閉鎖されてしまいます。

長い間閉鎖されていた建物は、紆余曲折を経て、
最終的には市民の図書館として再生させることが決まりました。

ところが、工事中に掘り起こした地面の下から
1700年頃のバルセロナの街が見つかったのです。

またまた紆余曲折を経て、
10年以上の歳月をかけてこの遺跡をきれいに発掘・修復して、
バルセロナの歴史と文化を展示する
ミュージアムのような施設を立ち上げることになりました。

それがボルン・カルチャーセンターなのです。

17El Born CCM9r

発掘された1700年のバルセロナの街並み

1714年にバルセロナ包囲戦でスペイン・フランス連合軍に征服される前の、
繁栄していたバルセロナの街の様子がきれいに残っていて、
馬車が走っていたであろう大通りや、井戸の穴がある住居跡などを見ることができます。

17El Born CCM10r

カタルーニャが自治権を失った
1714年の戦争についての展示もあったみたいです。

17El Born CCM11r

やっぱり、埋もれてしまった歴史や
隠されてきたものがどんどん現れてくる流れが
世界の各地でも起こっているんですね。

バルセロナでの素敵な出会いの一つとなりました。

17El Born CCM13r

午後3時ころになっていたと思います。
ボルン・カルチャーセンターの中にカフェがあり、
そこでランチを頂くことになりました。

17El Born CCM23r

KLMオランダ航空でも見かけていたのですが、
このように、アンビグラムとなった文字(逆さ文字)のロゴデザインを
結構、ここバルセロナでも見かけます。

アンビグラムはカトリックなどのキリスト教圏では主流なのかな。
なかなか漢字や平仮名で作ろうと思っても、うまくできないのよね。。。
作ってる人もいるけれども。

17El Born CCM25r

ふだんはアルコール類をほとんど飲まないのですが
ここに来て、昼間からワインが当たり前の状況に馴染みつつあります。

久しぶりに海鮮料理を頂いて満足感に包まれました。

17El Born CCM24r

人力車に似た自転車を見かけました。
乗ってみたいわ。(^O^)

18フランサ駅1r

ボルンカルチャーセンターを出て、さらにてくてくと歩いていくと、
大きな建物がありました。

18フランサ駅2r

ここは駅でした。

18フランサ駅12r

フランサ駅、と書いてあります。

18フランサ駅13r

(カタルーニャ語:Estació de França、スペイン語:Estación de Francia)

18フランサ駅4r

広いです。
バルセロナでは主要な駅みたいです。

18フランサ駅5r

平日の昼過ぎだからなのか、人があまりいません。
どれくらいの間隔で列車は走っているのかな。

乗らないで、通りすがりに見ただけでした。

18フランサ駅6r

こういうとこを見ていても、
宗教建築っぽいなと思います。

18フランサ駅7r

床が八咫鏡とかにしか見えない。(^O^)

18フランサ駅8r

18フランサ駅9r

18フランサ駅10r

機関車トーマスの世界だ~~~~! \(^o^)/

18フランサ駅3r

ちょっとワクワクしてしまいました♪

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/13(土) 11:46:30|
  2. Project Phoenix

Project Phoenix 2018 【10】 学術会議

15学術会議36r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
10/4(木)11時より学術会議が始まりました。

15学術会議1r

バルセロナ日本協会さんのサイトに
詳細が紹介されていましたので転載します。
https://spain-press.com/2018/09/25/souseikagura/

創生神楽のご案内

by spainpress1 · 2018年9月25日

日本スペイン外交関係樹立150周年記念行事として、
バルセロナ日本協会は創生神楽のバルセロナ奉納に協力をいたします。

今回の「プロジェクト フェニックス」は世界の聖地で神楽を奉納して周り、
民族や宗教を超えた世界平和の祈りを捧げることを目的として結成されたプロジェクトで、
去年の秋に、イスラエルとフランスで公演を行った実績があります。

今年はバルセロナが選ばれ、来月10月の第1週に学術会議、
そしてモンセラット修道院で創生神楽の奉納を行います。

世の中の異なる文化、宗教背景を持つ人々も、心の奥底には自然を敬い
祖先への敬意を持ち基本的には数多くの共通点があります。
これらの共通点を見出していくことにより、異文化の人間同士が相互理解を深め、
世界平和に寄与していくことを念頭に置き、現代の大きな事業としての観光
(光を観る)に結びつけていくことを目的として、プロジェクトフェニックス学術会議は開催されます。

当日は数多くのスピーカーのほか、書道と神楽のパフォーマンスも用意されています。
(スピーカー詳細は末頁記載)

また日本の官公庁よりエンターテイメント観光大使に任命された
創生神楽宗家、表 博耀氏による神楽公開奉納は、
モンセラット修道院の昼のミサの後、修道院前の広場で公開奉納されます。
そもそも神楽は神に使えるものが神のために献上するもので、
当日は何度かの奉納をモンセラットの山の中で行われますが、
一般公開されるのは、このお昼の奉納だけです。

神に捧げる荘厳な舞に加え太鼓と笛の響きが奇石の間を共鳴する様は、
日本古代より受け継がれてきた私たちの文化に高い誇りを持つことになるでしょう。

●プロジェクトフェニックス学術会議

日時: 10月4日 11:00~13:15

場所: Centro Cívic Convent de Sant Agustí

入場無料

●創生神楽公開奉納

日時: 10月6日 12:00~

場所: モンセラット修道院前広場

学術会議

スピーカー&パフォーマー紹介

(1)⽯川 薫

プロジェクトフェニックス2018実行委員会、国際交流団長。
外務省国際社会協力部長、東京大学客員教授、経済局長、在エジプト大使、
在カナダ大使など歴任。現在は川村学園理事、同女子大学特任教授、
国際教養大学客員教授、日本外交協会理事など。

(2)鈴木重子 

前バルセロナ自治大学で約25年にわたり日本語・日本文化の教官として教鞭を執り
日本語・日本文化の普及・促進に努める。平行して翻訳・通訳にも積極的に携わり現在に至る。
在バルセロナ日本国総領事(2009)及び日本国外務大臣(2016)より
スペイン・日本間の相互理解および友好親善に寄与のため表彰状授与。
バルセロナ日本協会副会長。

(3)杣 浩⼆

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑
著書『⽇本⽂化もとをたどれば聖書から』、『古代ユダヤ⼈は⽇本に来ていた』―実証的証明―他

(4)中谷龍哉

リファインホールディングス株式会社 
経営企画本部グローバル推進担当 マーケティングマネージャー

(5)⽊積凜穂(こづみ りんすい)

書家。7歳から書道を習い、2006年大阪御霊神社で初個展。
2008年ルーブル美術館ナポレオンホールで個展とパフォーマンス。
2010年上海万博日本館に作品展示、上海万博文楽公演パンフレットのポスター題字を揮宅。
2014年東久邇宮文化褒賞受賞、2015年東久邇宮記念賞受賞。

(6)表 博耀

創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/出雲観光大使/
財団法人伝統的工芸品産業振興協会 産地プロデューサー。

地方に伝わる伝承を元に制作される創生神楽事業は、
地方創生政策のさきがけとなり、観光財産としても重宝されている。

15学術会議2r

15学術会議4r

15学術会議19r

15学術会議25r

15学術会議30r

15学術会議33r


プロジェクトフェニックス2018 世界観光連携フォーラム
.日本文化伝統産業近代化促進協議会J-ART


先生方の講演をお聞きして
パフォーマンスを見ていると
私も微力ながらなにかお役にたてるようなことをしていきたい
そんな気持ちになります。

アートの分野で頑張ってみたいです。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/13(土) 11:28:36|
  2. Project Phoenix

Project Phoenix 2018 【9】 バルセロナ凱旋門(Arc de Triomf)

11学術会議周辺2r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------

10/4(木)となりました。
昨日のバルセロナ市役所表敬訪問に続き
この日は、学術会議が行われます。

早朝、ホテルから皆揃ってバスで移動しました。
会議は午後から。
午前中は会場周辺を散策しました。

12凱旋門2r

ここは、学術会議の会場にほど近い、シウタデリャ公園というところ。

現地ガイドの高田さんによると、

なんと。
ここバルセロナにも
「ここはフランスか?」と思ってしまうような
立派な凱旋門が作られたとか。

12凱旋門6r

シウタデリャ公園は、とてもだだっ広かったです。

12凱旋門7r

たくさんのワンちゃんたちがお散歩していて
こんなふうにあちこちでじゃれ合っていました。

12凱旋門8r

近くで見ると、一段と巨大な凱旋門でした。

バルセロナの景観と、とっても馴染んでいるように見えます。

188年にバルセロナ万博が開催された際に入場門として作られたそうです。
地元・カタルーニャの建築家Josep Vilasecaの設計。

12凱旋門16r

すごい存在感でした。\(^o^)/
ここで皆で記念写真を撮りました。

12凱旋門12r

麻の光が降り注いで眩しいです。

12凱旋門13r

今日も暑くなりそう・・・たくさん歩くかもしれない。
そう思って、近くのスーパーでミネラルウォーターを購入しました。

13検察庁1r

凱旋門の道路を挟んで向かい側に
立派な石造りの建物がありました。

13検察庁2r

なんだろう?と思ったら、
ここは検察庁とのことでした。

ガードマンのような、お巡りさんのような方が
警備されていました。

13検察庁4r

市庁舎周辺とはまた別の
司法機関が集まる通りなのかもしれないですね。

よくわかんないけど。

13検察庁7r

これはプラタナスの葉かな?

葉っぱに懸かった光がフワッと曲線を描いて。
まるで羽衣のようですね。

13検察庁9r

自然の息遣いを感じられるお散歩でした。

14凱旋門周辺1r

こんな連結バスがたくさん通っていますが
うまくカーブを廻っていくんですよ。
見ていて面白いです。

14凱旋門周辺2r

検察庁のよこにある学校です。
子供たちが遊んでいるのを見ていると自由な感じがしました。

14凱旋門周辺3r

ここも、カタルーニャのなにかの施設っぽいです。

14凱旋門周辺4r

広い公園を歩いているだけで、一日遊べそうです。

そろそろ学術会議が始まる時間となりました。

近くの会場へと向かいました。

14凱旋門周辺5r


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/13(土) 11:12:48|
  2. Project Phoenix

Project Phoenix 2018 【8】 バルセロナで夕食を

10Meliá Barcelona Sky周辺2r

Project Phoenix 2018
《神戸市・バルセロナ市姉妹都市提携25周年・文化交流記念事業》
《日本スペイン外交関係樹立150周年・記念事業》


ということで、
創生神楽宗家/日本国エンターテイメント観光マイスター/
社団法人日本文化伝統産業近代化促進協議会代表理事/
出雲観光大使/財団法人伝統的工芸品産業振興協会 
産地プロデューサーの、表博耀先生、

モルドバ国立教育大学 名誉教授
哲学博⼠  モルドバキリスト神学大学、神⼾平和研究所 理事⻑の、杣浩⼆先生

カタカムナ研究家の、土居正明先生(トレドから合流) 

また今回初めてご一緒させていただいた諸先生方と
スペインのカタルーニャ地方での「創生神楽」ご奉納に同行させていただきました。
とても実りの多い旅でしたので、ここに少しですが、紹介していきたいと思っています。

★プロジェクトフェニックスとは・・・

異なる文化背景を持ち、表面的には違っているように見える人々も、
心の奥底には母なる自然や先祖への尊敬など多くの共通点があります。
これらの共通点を思い出していくことで相互理解を深め
世界平和に寄与していく、「地球再生運動」です。

------------------------------
10Meliá Barcelona Sky周辺3r

10/3(水) 
バルセロナ市庁舎表敬訪問の後で、フリータイム。
一緒に来た仲間たちと市内を方々歩きまわり、
時差ボケもあって、だいぶ疲れていました。

夕食は娘と2人でホテル近くのレストランに入りました。

10Meliá Barcelona Sky周辺4r

ここでも片言の英語と関西弁とジェスチャーを駆使しながら
なんとか2品を注文することができ、美味しく頂きました。

ボロネーゼパスタと、
オリーブ・フレッシュチーズ・野菜のディップとバケットです。

メニューが全部スペイン語で写真も無し。
なんとなく想像した通りの料理が運ばれてきて
ホッとしながら、2人で晩餐しました。

日本ならば、お水が当たり前のように運ばれてくるわけですが
バルセロナではそれもメニューの一部です。

乾燥してカラカラの喉を、日中の散策でも
どれほど潤してくれただろうか。。。

どれだけ水が自由に美味しく頂けることがありがたいことなのか。

バルセロナに来てから身に染みて分かりました。

娘とふたりで、そんな当たり前に思っていたことが通らない場所で
実はとっても恵まれていてありがたいことだったね、と話しながら頂きました。

いまなら、なにを食べても美味しく感じるね、と。

10Meliá Barcelona Sky周辺5r

オリーブもとても新鮮で美味しかったです。
お店にいる他のお客さんを見ていると、
同じものを注文している方がたくさんいらっしゃいました。

どうやら人気メニューのようです。

10Meliá Barcelona Sky周辺1r

レストランの近くには、イケバナのお店がありました。

スシ・レストランも見かけました。
巻き寿司の専門店のようでした。

イケバナには鉢植えばかりが並んでいたけれど
日本の和心を理解できるカタルーニャの人々に好感を持ちました。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/12(金) 15:39:07|
  2. Project Phoenix
次のページ