FC2ブログ

瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

カタカムナ平和の詩

廣田神社ツツジ絵馬

本日も西宮の廣田神社へ参拝しました。

コバノミツバツツジの絵馬が満開で、
冬でも華やぎがあって心が和らぎます。

参道の掲示板には、2月の言葉として、
大伴旅人の和歌が紹介されていました。

わが園に梅の花散るひさかたの
天より雪の流れ来るかも


今年は暖かくて阪神間では雪が降りませんが
なにかが暗示されている歌なのかもしれません。

雪の結晶=六芒星
西宮の市章でもあります。

廣田神社鏡守り

広田山荘で今日も女神庵の能楽稽古です。

私はもともと喉が弱くて、発声自体に
長らくコンプレックスを抱えていたのですが、
何度か舞台に立たせていただき
少しずつ自信がついてきました。
発展途上の私が言うのもアレですが、
誰もが真心で謡えば、きっと上手くなると思います。

これからの謡いの上達を願って、
廣田神社の鏡守りを身に付けることにしました。

愛・調和・幸せの渦を起こし、
私たちは歌で世界を変えてゆきます。

また、カタカムナと能楽のコラボレーションにより
令和時代に花開く 歌を通して拡げてゆく
世界に大調和の渦を興す時です。

観世流梅若派の井上和幸先生が
緑幸会から「カタカムナ平和の詩」を謡い、監修されました。
この詩は、カタカムナ言霊伝道師の吉野信子先生の原案で
和幸庵の黒田順子先生が作詩されています。

2018年、冬至の頃。イスラエルにて、
日本から旅立ったカタカムナ学校有志の方々により謡われ
現地で聴いてくださった、ユダヤの兄弟姉妹の魂である人々に
大絶賛されていた「カタカムナ平和の詩」です。

このたび緑幸会より動画を公開されましたので、
ぜひ御覧ください♪



カタカムナ平和の詩 千人プロジェクトについて
京和文化協会


『カタカムナ平和の詩』の意味を伝えて下る方、
謡い舞ってくださる方千人で、平和な世界への反転を!

『冬至に、インターネットで日本中、世界の方々を繋いで、
一緒に大合唱し、潜象の世界に響かせ反転の現象化を!

カタカムナリトリート〜千人プロジェクト
和幸庵Facebookページ




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/02/06(木) 21:38:31|
  2. 能楽・女神庵

カラスと西王母と熊野(ゆや)@廣田

2020廣田1

2020から、緑幸会女神庵の拠点が
廣田神社境内地の廣田山荘となりました。
観世流梅若派井上和幸先生主宰の夙川支部です。

稽古のために来たのですが
廣田神社に参拝するのは久しぶりでした。

私は謡曲「西王母」のシテを勤めます。
発表会の成功をお祈りました。

すると・・
社殿の上空に、辰・巳・狐・兎にみえる
不思議な雲が現われました。

なんだかカワイイです。 (^o^)

2020廣田2

廣田の森で、早朝ひとりきり。
大樹の傍で、「西王母」と「あわうた」を謡いました。

小鳥のさえずりの中に、カラスが集まってきて、
一緒に大合唱をしてくれました。

この前、熊野に行ったからかな。
カラスさんとはここでも仲良しです。

本日は謡曲「熊野(ゆや)」のお仕舞も教わりました。
このタイミング。偶然でょうか・・・?

熊野(ゆや)を舞う事が出来るようになったら
遠江国の桜の下で舞いたい。
目標、夢ができました。

浜松を旅した時、「月」「熊」という地名がありました。
熊野(ゆや)がとても気になります。

西王母は楊貴妃とも関わりが深いようです。

ホツマツタヱでは、ウケステメ(西の母神)
=崑崙山の西王母と比定されていて、
菊理姫とは姉妹の契りを交わし、
交流していたとされています。

キツネとヤタガラスが語る楊貴妃信仰
⑥道教の神々~「太陽の八咫烏」と「月のヒキガエル」〜
崑崙山の西王母が日本と古代イスラエルを結びつける(日ユ同祖論)

金鶏・金烏・八咫烏・九尾の狐、
みんな「西王母」関連でした。
空に描かれたメッセージも理解しました。

謡うことは、光で繋がりあうこと♪

ここ、西宮・夙川周辺・廣田神社周辺、六甲山系の山々は
私の一連のジャーニーが始まった、その原点の場所です。

もうずいぶん前のことで、このblogには記していないけれど
生まれた時からの山陰出雲、1995以前から六甲山系周辺、
瀬戸内の陽光輝く穏やかな景色を眺めていると
いつでもゼロに戻ることができると感じる
私の愛すべき故郷です。

そんなこの地で、いまも統合が進んでいます。
2020年が明けてひと月経ちましたが、
マジカルな日々が続きます。

楽しみながら謡います♪

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2020/01/30(木) 22:33:17|
  2. 能楽・女神庵

謡曲『竹生島』奉納

2019竹生島1

観世流梅若派・井上和幸先生と緑幸会、
関西支部・夙川女神庵の皆さまとともに
謡曲『竹生島』を奉納してきました。

2019竹生島2

謡には弁財天と龍神が出てきます。

琵琶湖に浮かぶ竹生島の
かわらけ投げの舞台から御奉納。

流線型の白雲が出ていて、とっても綺麗でした♪

白髭神社1

高島市鵜川の白鬚神社では、玉串を捧げる正式参拝。
ここでは謡曲『西王母』を奉納。

岩戸社の磐座も拝みました。

白髭神社2

岩戸社は古墳の石室です。
どなたの御陵なのでしょうか。白髭翁?猿田彦?

白髭神社3

白鬚神社の磐座です。

白髭神社4

謡曲『白鬚』の内容はどんなのだろうか?と気になりました。
井上先生によれば、難易度高いようです。
いつか教わりたい謡曲のうちの一つです。

『白髭』のあらすじが書かれたブログを見つけたので
貼っておきますね。

死ぬまでに書き残したいこと
<謡曲百番勝負第41番「白鬚」(新日本古典文学大系「謡曲百番」岩波書店参照)

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/10/31(木) 23:05:39|
  2. 能楽・女神庵

ゆかた会@梨木神社

ゆかた会1

9/1です。
新しい月となり、秋らしくなってきました。

今日は、京都御所のとなりにある梨木神社で
緑幸会主宰のゆかた会
(健康能楽ワークショップ&発表会)に参加してきました。

ゆかた会2

お役を頂いた謡曲「竹生島」と
地謡で参加した「西王母」
お仕舞は「絃上」

他の参加者の方の謡にも
いろいろ刺激も受けました。

楽しかったです。ヾ(o´∀`o)ノ

ゆかた会3

能楽師の井上和幸先生から、お謡いを習い始めて
良かったなと思うことがいっぱいあります。

とくに弱点だった喉が、
少しずつ強化されてるような気がします。
この調子でがんばります。

ゆかた会4

謡を聴いていると、なかなか意味深。
そのストーリーには興味が尽きないです。

たくさんの謡を知っていきたいなと思っています。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/09/01(日) 23:38:52|
  2. 能楽・女神庵

香雪院 東山聖天

東山聖天1

和幸庵からの流れで、令和元年の5/1は
能楽師の井上先生と最後まで残られた緑幸会の皆様とともに
香雪院 東山聖天 へ参拝いたしました。

御代替わりの、最初の参拝が、聖天さんとは
まったく予想もしなかったのですが、
親縁御縁を感じています。

東山聖天2

歓喜天だから、ゾウのガネーシャさんがお庭にも。(^o^)

Mastodon(マストドン)のキャラにもそっくり。
mstdn.jpさんには昨年ずいぶんとお世話になり、いまは放置していますが
興味深いインスタンスを見つけたら、またお世話になりたいと思っています。

知恵とエネルギーいっぱいのゾウさんに感謝♪

東山聖天3

御代替わりの法要が行われていました。

東山聖天4

私たちが到着した頃には、ほとんど終わりかけていたのですが
その恩恵のエネルギーはしっかり受け取れました。

東山聖天5

大根二本。

大きな根っこの日本、とも読めませんか。

東山聖天6

東山聖天7

東山聖天8

今日も朝から雨がパラパラ・・・
境内は花盛りでした。

東山聖天9

能楽シテ方五流派のひとつ、
金剛流の能楽師の方が舞われて、
狂言や寄席をご披露されました。

東山聖天10

お供物とお食事も頂き、善い御参りでした。

聖天さん・・・
ありがとうございます。 (^o^)


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/05/02(木) 09:41:10|
  2. 能楽・女神庵

令和元年 おめでとうございます

和幸庵1

平成から新元号「令和」となり、
新しい御代が始まりました。

和幸庵2

平成最後の日である4/30に、京都の和幸庵さんに伺いました。

そして、能楽師・井上和幸先生をはじめ、
お声かけ頂いた和幸庵主宰の順子先生、
集ってくださっていた緑幸会・有志の皆様とともに、
謡曲「西王母」「鶴亀」「高砂」
「カタカムナ平和の詩」「君が代」「あわうた」
などを謡いあげながら、ともに一夜を明かしました。

新旧元号を跨いでのお祭りです。

とても楽しいひとときでした♪

記念すべき日を
ともに過ごしてくださった皆さま
ありがとうございます。

和幸庵3

優しい雨が降り注ぎ
樹木の新緑がいっそう鮮やかに見えました。

和幸庵4

令和の時代をともに生き、
輝かしい未来となる歴史を紡いでいきましょう。

弥栄♪

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/05/01(水) 19:21:56|
  2. 能楽・女神庵

2019 桃も桜もアーモンドも開花

2019開花1

先週は、身近な場所の花の開花を見てきました。 \( 'ω')/

弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)の枝垂桜です。

2019開花2

こちらは弓弦羽神社のお隣り・香雪美術館の「源平しだれ桃」

2019開花3

「源平しだれ桃」

2019開花4

香雪美術館のお庭

幽玄の世界への誘い

四世梅若実襲名記念
「幽玄の世界への誘い」


梅若六郎家所蔵の能面と能装束
2019年2月26日(火)~5月6日(月・振替休日)
香雪美術館(神戸・御影)
-----------------------
いまちょうど開催していて、練習終わりに
井上先生たちと一緒に観てきました。

能楽世界がより身近になりました。
お近くの方はぜひ。\( 'ω')/

2019開花5

こちらは、近所の公園に咲く、アーモンドの花です。
神戸の一部の地域には、アーモンド並木があるのです。

2019開花6

西宮市の夙川です。
阪急電車・夙川駅から。

今年も満開のお花を愛でられて幸せです。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/04/08(月) 08:08:10|
  2. 能楽・女神庵

梨木神社

梨木神社1

京都御苑の東側にある梨木神社です。

日付が変わってしまいましたが、

1/27(日) 能楽師井上和幸先生の
緑幸会「新年会」・能楽発表会がありました。

私も仕舞と謡で参加させていただきました。

練習する時間があまりとれなくて、
上手くできるかな・・・と気がかりでしたが
梨木神社の能舞台は、不思議とリラックスできて
自然体で舞うことができました。

謡いは「西王母」のワキです。
こちらも、リラックスして前回よりも良かったかも。

神社の能舞台はやっぱり良いなぁ~。
軸がちょっとずつ整ってきているのかもしれません。

また参加したいと思います。\( 'ω')/

井上先生、緑幸会の皆さま、
本日もありがとうございました。

梨木神社2

湯川秀樹博士の歌碑がありました。

「千年の昔の園もかくやありし木の下かげに乱れさく萩」

萩が綺麗な季節に、また訪れてみたいですね。

梨木神社3

「染井」とよばれる井戸があるそうですが、
京都三名水のひとつと呼ばれています。

写真は手水舎です。
綺麗ですよね。

梨木神社4

昨日はそうとう京都も冷え込んでいたらしく
雪が少し積もっていたようです。

正午近くに京都御苑を歩いていたら
カップルみたいな雪玉がふたつ並んでいて、微笑ましいなと思いました。

能舞台が終わるころには、たぶん溶けていたんじゃないかなと思います。

束の間の心に刻む儚いアートですね。

楽しんでいきましょう♪





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/01/28(月) 00:34:03|
  2. 能楽・女神庵

神話を舞う  能楽の世界

観世流シテ方(梅若実玄祥家)
緑幸会主宰 能楽師 井上和幸先生です。

私の師匠です。
御謡と御仕舞の様々な効用を教えて頂いてます。

ZeroPoint TV 【能楽師 井上和幸 1/3】



ZeroPoint TV 【能楽師 井上和幸 2/3】



ZeroPoint TV 【能楽師 井上和幸 3/3】




世界遺産で神話を舞う(4K撮影メイキング)2160p



【2016年1月3日(日)夜9:00】 
世界遺産で神話を舞う ~人間国宝・能楽師とギリシャ人演出家~
「ルミエール・ジャパン・アワード2015」(主催:先進映像協会) 4K部門 【優秀作品賞 受賞】
番組ページはこちら→http://www.bs-asahi.co.jp/umewaka2016/

「アテネ・エピダウロスフェスティバル」は今年60周年を迎え
人間国宝・能楽師の梅若玄祥さんが
世界最古の劇場「エピダウロス古代円形劇場(世界遺産)」で「能」を舞いました。
日本人としてこの聖なる舞台に立ったのは初めて。
演目はギリシャ神話を題材にした叙事詩「オデュッセイア」より
第11歌「ネキア」をアレンジした新作能「冥府行」。
演出はギリシャを代表する舞台演出家マルマリノスさん。
全てが世界初の試み。
ギリシャでは大騒ぎに!
しかし、異文化が交流しての創作は決して平坦な道ではありませんでした。
能を始め日本文化を学んできたマルマリノスさん曰く
「今は途絶えた古代ギリシャの文明は、日本にあるのだ」太陽や大地、木々など、
あらゆるものに神が宿ると信じてきた国、日本に、
オリンポスの神々を信仰してきた古代ギリシャがあるのだと言います。
はたして古代ギリシャ演劇と日本の伝統芸能は融合するのか・・・?


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2019/01/26(土) 12:02:50|
  2. 能楽・女神庵

謡曲 『西王母』

西王母

そもそも、芸能とは、諸人の心を和らげて、
上下の感をなさんこと、寿福増長の基、
遐齢延年の法なるべし。

きはめきはめては、諸道ことごとく、
寿福延長ならんとなり。

『世阿弥 風姿花伝第五奥義』



昨日は観世流シテ方(梅若派) 
能楽師・井上和幸先生主催の発表会でした。

私は今年の1月から、西宮の友人宅で
井上先生より謡と仕舞を教わっています。

緑幸会
https://www.ryokukohkai.com/

梅若

はじめての発表会で
舞台に立つのはドキドキでしたが
おおむね成功です。(^o^)

『西王母』は難しい・・・
でも、この謡は覚え甲斐があります。

もっと上達していきたいです。
新たな目標が芽生えました。
清々しい達成感に包まれました。

稽古をつけてくださった井上先生、
お世話になりました緑幸会の皆さま
ありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


福知山は明智光秀公ゆかりの能楽の故郷です。
紅葉で山が色付き始めています。

緑幸会1

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/26(月) 20:31:47|
  2. 能楽・女神庵
次のページ