瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

三面観音と万華鏡

前記事の続きになりますが。


三面の、馬頭観音。
三面の、大黒天。


(三=み=水)なので、三面体の仏像は「水」の神様と深い関わりがあるかもしれない

・・・という意味づけをしてみました。


三面仏像の代表格といえば。
他に思いつくのは、やはり今を時めく阿修羅王さまですよね。

あしゅらさま~

そのお顔は、どこから見てもそれぞれが個性的で美しいです。


顔が3つということで、ふとイメージしたものがありました。


それは三面鏡と万華鏡です。

三面鏡は、最近ではあまり見かけなくなりましたね。
子供の頃に、親戚の家に置いてあり、
とても面白い鏡だな、、と思ってパタパタしながらよく遊んでいました。

真ん中にいる自分はひとりきり。
映る自分もひとりきり。
・・・のはずなのに
鏡を開いたり閉じたりすれば、
双方向に自分の分身が顕れたり消えたりしていきます。

自分が三人いるみたいです。
それがとても不思議でした。

右良し 左良し すべて良し 
三位一体 すべて良し

それが完璧なバランスならば
中心の自分が美しくなければ、左右の自分も美しくは映りません。

過去の自分
いまの自分
未来の自分


陽の自分
中の自分
陰の自分


それぞれの自分を美しく映し出せる左右の角度は、
これまでは違っていたのかもしれません。

中心の自分が輝きだせば、どんな角度からでも輝いて美しく映ります。

三面鏡を覗けば、自分自身の統合されていく姿を知ることが出来るのかもしれません。

バランス感覚を知ることができるかもしれません。

調和を生み出すヒントが得られるかもしれません。


三面の仏像をみると、なんとなくそんな鏡をイメージするのでした。

万華鏡


万華鏡は、正三角の鏡の中をカラフルなビーズが
クルクルと移動して模様を描きます。

光にかざすことで、そのひとつひとつが
輝きながら2つとない美しい模様を描き出します。

正三角の鏡の中に置かれたものは
いつでも調和を保っています。

それはそれで綺麗なのかもしれません。


けれど、光にかざして傾けつづけていくと、綺麗なビーズは
躍動しながら変化を遂げる、生きた光のステンドグラスへと早変わりです。

動くことで輝きにも変化生みだして魅力がどんどん増していきます。


光のステンドグラスは
調和を求めながらも常にどこかに傾いて ゆらぎの中で変化を望み、
創造しつづける人の姿そのものに感じます。


人は常に変化と進化を望む生き物ですから。
躍動で輝き出す生き物ですから。


多面体のお仏像は、鏡であり、万華鏡であり、人の姿そのものであると思うのです。


多くの仏像を眺めていると、
きっと、どこか自分によく似たお顔にめぐり合えることでしょう。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2009/11/27(金) 23:29:45|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

多面体・・・「水」の神様・仏様

昨日からずっと考えていました。
先日、再度山・大龍寺で、いくつかの他面体の仏像に出逢った意味を。

大龍寺3

↑仁王門近くに祀られていた三面仏像です。

本坊では、三面の大黒天を見ました。

十一面観音菩薩を祀ったお堂もありました。


多面仏像は、どうして三面だったり十一面だったりするの?


それがとても不思議でしたが
数霊の中に大きなヒントをみつけることができました。

古神道的な捉え方では
先人達は十一面観音を「水」の神様として祀ってきたそうです。


観音さんは「仏」ですが
想念体である「神」は人と接する際には姿カタチを変えて顕れるため
「仏」=「神」との捉え方でもokなようです。


先人達は「水」を生活の中で十一の姿に見てきました。

「雨」「雪」「みぞれ」「ひょう」などの空から降ってくるもの
「霧」「霜」「霜柱」などの水が変化したもの

などなど、、、

十一種類の「水」に感謝をしながら生活してきたようです。

「水」はすべての生命の源です。
地球の緑や青、澄んだ空気や大気を造っているのも、すべては「水」。
私たちの体内もまた「水」で満たされています。


十一面観音菩薩は「水」の神様。

心の底から納得できました。


そして、三面の仏像に、三面の大黒天。


三は「み=水」で、やはり「水」です。

十一面観音と三面仏像は
同じ「水」のお働きだったわけですね。


大龍寺・奥の院の真裏に祀られていた「水天宮」
ここがとても重要なスポットに思えた理由が、これでよくわかりました。


寺社仏閣めぐりの楽しさは
こうしたキーワードの謎解きだったり
あちこちから送られてくる神仏たちのサインをキャッチできることです。


次の日に訪れた生國魂神社でも
「水」にまつわる様々なヒントやメッセージを受け取りました。

週末の大龍寺~生國魂神社は
「水」の神様が繋いで下さったパワースポットめぐりとも言えます。

一見見落としがちなところに
なにげに大きな意識変容のヒントが隠されているのかもしれません。



大自然の氣に意識を合わせてみる・・・

そうすることで、自然は私たちの味方になってくれますし
多くのシンクロを運んできてくれます。
自然にどんどん溶け込むことで
流れに乗って行きたい方向へ迷わず進んで行くことが出来ます。

先人たちは、それが日常でした。

自然・人・神。

すべてが区別無く、上下無く、一体でした。
身近で大切な存在をつねに敬って生きていました。

こうした先人たちの高い精神レベルを
私たちはいま、取り戻す時に来ています。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2009/11/27(金) 21:58:22|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

今宮戎神社

前記事の続きです。(関連記事:生國魂神社

さてさて、生國魂神社を出て、
時間があったので、今宮戎まで歩いて向かってみることにしました。

生玉公園1

こちらは生國魂神社の参道横にある、生玉公園です。
少しひと休み。

松屋町筋1

生玉から出て、松屋町筋をてくてく歩いていくと、天王寺公園へと突き当たります。

松屋町筋は、お寺街道でした。
いろんなお寺が、まるで軒を並べるかのように、横にずらーっと連なって建っていました。
大阪ではめずらしい街並みではないかな。。
こんな場所も存在するんだ・・・
大阪には、いろんな筋が存在しているんだなぁ。
まだまだ私の知らない大阪がいっぱいあるようです。(@@)

松屋町筋2松屋町筋3

ふと、気になったのは、源聖寺というお寺でした。

花の観音さま 光のお地蔵さま どうぞご自由にお参り下さい 

・・・だって♪

花の観音様ですって♪ 

*。・+(*゜∀゜*)+・。*

どんな麗しい観音様なんだろう~!?

ちょっと気になったので、立ち寄ってみることにしました。

松屋町筋4

こちらが花の観音さまです。
とってもお綺麗ですね♪

救世観音菩薩というそうです。
法隆寺夢殿の救世観音菩薩を模して鋳造されたそうです。

この仏像よりも前に、2つの同じお仏像が造られいて、
一心寺と京都の清水寺にそれぞれ納められていたそうです。

が、二体の仏像は、第二次世界大戦の時に、戦争で使う銃弾の材料にされたのだそうです。
兄弟をこうしたかたちで失って、それを越えてこられた花観音さま。

そうした深い悲しみを知っているからこそ、尚一層大きな力で
人々の悲しみや苦しみをしっかりと聞き遂げられ、お救い下さるであろう、、、と。
そういう伝えがあるようです。

いつだって、この地上に美しい花を咲かせていくのは女性のパワーなのですね。
それを私に伝えてくださっていました。

でも、、、

なにが出来る?
昨日まで、無力だと自分を疑っていた私に?

いいえ、、、

なにかができるかも。
それは、自分を信頼していればこそ。

昨日の私と、今日の私は、違う。
毎日、毎瞬間、生まれ変わっているのだから。


私にだって、花を。

咲かせることが出来るはず。


ここでこうして花観音さまと出会えた事も、なんだか良い流れに思えてきます。

光、差してるし♪

ぐんぐん上昇気流に乗っているのかもしれません。

ちなみに光のお地蔵さまは、本堂で金ピカに輝いていました。

通天閣1

さらにてくてく歩いていきます。
天王寺公園を横切り、R25沿いを歩いていくと、通天閣が見えてきました。
新世界って、以外と近いんだね。

今宮戎神社1

こちらが今宮戎神社です。

西宮戎よりも、ずいぶんと規模が小さいんですね。
ちょっと以外でした。

今日は、女の子でいっぱい。
ちょっと緊迫した空気が漂っていました。

なにごとかと、神社の方に聞いてみると、
今日はお正月に向けて「福娘」の選考会があるとのことでした。

これまた、なんというタイミングで訪れたんだろう。(@@)

「福娘」かぁ。
女の子ならば、ちょっと憧れますよね。

今宮戎神社3

今日は、女神さまのもとへ参拝に行くのが目的だったからでしょうか?

最初から最後まで、女性エネルギーにホワワンと包まれていた一日でした。

今の私、ちょびっと色香でてるかも♪

・・・なんてね。

いつも心に花を咲かせていこう。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/11/23(月) 23:56:24|
  2. 神社仏閣めぐり(大阪)

生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)

大阪は天王寺にある、生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)に参拝してまいりました。

兼ねてから行きたいと思っていた神社です。
今日は念願が叶いました。^^

生國魂神社28

生國魂神社26

御祭神は
・生島大神
・足島大神
・大物主大神

生國魂神社23

隅々まで手入れが行き届いた、清々しい気の神社です。
手水舎の水もこんなに澄んでいて綺麗。
美しい波紋を広げています。

生國魂神社3

それもそのはず、、、精鎮(せいちん)社が祀られています。
元は表参道の蓮池に祀られていたそうですが、戦後、地下鉄工事のために蓮池が埋められることになり、境内に遷されたそうです。
事代主神(恵比須)、比大神(弁天)が御祭神です。

比大神(弁天)=瀬織津姫様ですね。
ここでも歓迎してくださっているようです。

青いネットの下には、巨大な錦鯉が悠々と泳いでいました。
ほんとうに大きな鯉で、ビックリしました。(@@)

水の女神様の御神徳ですね。
水がしっかり循環していて綺麗なようでした。

鯉のように、この美しい水の流れのように、大自然の氣に意識を合わせてみよう。

そうすることで今まで以上に多くのシンクロを呼び込むことが出来て
この激動の世の中でも泰然と構え、中心からブレることなく
自然の流れに乗って進んでいけるはずだから。

それが、あるがままに、ということ。

生國魂神社18

精鎮(せいちん)社の横を流れる滝。
この流れが循環を造っているんですね。
心が洗われるようです。

生國魂神社20生國魂神社21

亀と蛙。

このカエル!!!
なんと、私の実家にも、全く同じものがあるんです!!(@@)

なんというシンクロ。 カエル・シンクロ。 ちょっとピックリ。 滝の中で潤っているね。

ちなみに、私の実家のカエルさんは庭に置かれています。

生國魂神社12生國魂神社14

ここには他にもたくさんの境内社があります。

・皇大神宮
・住吉神社
・天満宮

・城方向(きたむき)八幡宮
・家造祖(やづくりみおや)神社
・浄瑠璃神社
・鞴(ふいご)神社
・稲荷神社
・源九郎稲荷神社

などなど。。。 錚々たる神社が並びます。

生國魂神社4

こちらは、鴫野神社(しぎのじんじゃ) です。

かつては弁天島(現在の大阪ビジネスパークの位置)に祀られており、淀殿が篤く崇敬したそうです。
淀殿死去の後は淀姫社と呼ばれるようになり、現在も「女性守護の神」として知られています。

御祭神は
・市寸島比売(いちきしまひめ)
・大宮賣神(おおみやひめのかみ)
・淀姫神(よどひめのかみ)

心にカギの絵馬が印象的でした。

心に鍵。 (鍵=61=太陽・真理・要・発心・鶴・相性) 心に大切なものを見直して飛翔を。
心に錠。 (錠=100=美意識・神秘・富士山) 心に美意識を抱き神秘の人に。

女神様からのメッセージは、そんなところでしょうか。

生國魂神社24

こちらは御神木です。

生國魂神社19生國魂神社30

蝉の抜け殻が、木々のあちこちにくっついていました。

秋も終わりの時期に、どんなに激しい風雨にも堪えてきて、ここまで綺麗にかたちを残しているなんて。
ちょっと感動です。

見事に脱皮して、この蝉さんは、どこへ飛び立っていったのでしょうか。

私たちも、無心でやってきたことが、そろそろ実を結んでいく頃・・・?
それを告げてくれているのかもしれません。

浄化とデトックスの繰り返しが、スムーズな脱皮と進化を促すことを知りました。

繰り返し、繰り返し、新しい羅針盤が差していく方へ。
光の射していく方へ。

重い苦しみを味わったぶんだけ、きっと飛躍は愉しんでいけるはず。

生國魂神社27

生國魂神社31生國魂神社29

参集殿では、出口王仁三郎さんの耀碗(ようわん)展が開催されていました。

どの椀も、手ひねりでの作陶で、温もりと情熱を感じさせられる作品でした。
こうした作品は、作者の人柄がハッキリと作品に顕れるものです。
いろんな色を併せ持ちカラフルでダイナミック。
出口氏は、そんなハッキリとした正義感溢れる魂さんだったのだろうなぁと感じます。

作品を語る上でも、「好き」も「嫌い」も無くなりました。
あらゆる場面で物事が統合に向かっていく中、
内なる感性もまた、そうあるようです。

いくたまさんの神々からのメッセージは
今後の流れが楽しみになるようなものでした。

ありがとうございます♪ (-人-)

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/11/23(月) 22:51:34|
  2. 神社仏閣めぐり(大阪)

再度山・大龍寺

数日前から呼ばれている気がして、
六甲山系の西にある再度山(ふたたびさん)へと向かいました。

向かうは、お寺です。

以前、神戸市立森林公園へ行った際に、ドライブウェイのカーブからからチラッと見えた
朱色の山門がやけに印象的で心に残っていたのかもしれません。

山門のその先のビジョンが、なんとなくいつもクリアに浮かんでくるので
この休日に行ってみようと思い立ちました。

こうしたビジョンは、放っておけば、そのうちに忘れてしまうこともありますが、
この場所はなんとなく、行っておかなければ頭から離れてくれないような気がしたので
連休ということもあり、足を運んでみることにしました。

前知識は、なにも詰め込んでいません。

ただ朱色の山門がそこにあった・・・
その先を見てみよう・・・

今回は目的もなく、ただそれだけです。

大龍寺1

このお寺は、大龍寺( たいりゅうじ)という寺でした。

兵庫県神戸市中央区再度山町にある仏教寺院。
山号は東寺真言宗別格本山。通称、中風除けの寺。

大龍寺2

どことなく、山門周辺には高野山と同じような清々しくも柔らかな空気が漂い、
参道の石段には、滋賀の立木山寺を彷彿とさせるような、荘厳な観音霊場の佇まいがありました。

被る・・・
イメージが、被りまくる・・・

デジャブかと思うくらいに、この場所を歩いていると
その一歩一歩に、上記のような場所が次々とリンクしていくような感覚がある・・・

そんな不思議な既視感に包まれていきました。

大龍寺3

それも当然かもしれません。
このお寺は、たくさんの霊場札所になっていたからです。

・摂津国八十八箇所第82番
・近畿三十六不動尊霊場第9番
・摂津西国第6番
・ぼけ封じ三十三観音第8番
・神戸十三仏6番
・神戸七福神(ここでは大黒天)
・西国愛染十七霊場第5番

こんなに・・・! たくさんのエネルギーに満ちているわけですね・・・。

写真は、仁王門を潜ったところにいらした、頭に馬が乗っかっているお不動さん。
三面なところが、阿修羅王っぽいですが。^^

そういえば、納経所では、三面の大黒天も見かけました。とてもめずらしくて印象的でした。

大龍寺4

本尊は、 奈良時代の木造菩薩立像で、如意輪観音(秘仏・重要文化財)です。

御縁起に寄ると・・・
768年 和気清麻呂が、蛇ヶ谷(高雄山の西方の谷)で道鏡の刺客に襲われし時、
龍(大蛇)に姿を変えた菩薩に命を救われたことにより開かれた寺、なのだそうです。

弘法大師が唐に渡る前に修行した寺としても有名で、境内には四国八十八ヶ所がありました。
大師が唐から帰ってから、再びこの地を訪れたことから再度山の名がついたそうです。

あぁ納得・・・!

空海様ゆかりのお寺だったんだ・・!

しかも、二回も訪れていた寺なんだ。

どうりで、高野山や立木山と被るわけです。
特に本堂周辺は、お堂の配置やらなにやらまで、そっくりでした。

イチョウの葉が色づいて、一面黄色で飾られていて美しかったです。
イチョウは、黄金カラーともいえますね。

そして祀られているのは龍神様。
金龍様が、呼べばこちらにいらしてくださるのかもしれませんね。

大龍寺5

ぼけ封じの観音様です。
とても美しいお姿で、ウットリ。。。

大龍寺6大龍寺7

観音様も数え切れないほど祀られていますが、他の仏像も数多く配置されています。
みどころが、いっぱい。

六甲山へ抜ける縦走ハイキングコースだったりして、
このお寺にもハイカーさんがたくさん立ち寄っていらっしゃいました。
休憩ポイントになっているのかもしれません。

大龍寺8大龍寺9

ペットの供養塔には、ワンちゃんの像が。
うーん・・・こういうのを見ちゃうと、やはりシリウス系の神様に呼ばれたのかも
・・・という気がしてきます。

子育て観音などもありました。

大龍寺10大龍寺11

紅葉がピークでした。ベストタイミングでしたね。

大龍寺14大龍寺15

如来様や菩薩様の分身がここにも。

こんど生駒山近辺に行ったら、歓喜天を拝見しようと思っていました。
豊川稲荷についてのブログ記事を、先日たまたま目にしていたところでした。
十一面観音についても、えーとえーと、なにかの化身でとのうこうのと・・・

あぁぁ、、なにげにシンクロしています。(@@)

というか、ここって、なんだかすごいお寺だったんですね。。。
近所なのに知らなかったなぁ。。。

大龍寺12

水子供養の仏様です。カラフルですね。^^
どこの水子供養も、子供の魂の慰めにと、明るく飾って工夫されていますよね。

この光景を見て”恐い”と受け止める人が、まだまだたくさんいらっしゃるようです。
が、どこにフォーカスするかは、人それぞれ。自分次第だと感じます。
悼む心も慈しみの心も、離れていった子供たちの魂と天にはしっかりと通じています。
私たちが歓べば、子供たちも共に歓ぶのです。

大龍寺13

お稲荷さんの鳥居。 
権倉稲荷大明神で、狐さんと白蛇さんが祀られていました。

地面に散ったモミジの赤と、鳥居の朱のコントラストがとても美しい一角でした。

ここには、まるで計算されているかのようで、そうではない、あるがままの自然美がそこかしこに存在しています。
人の手で生み出した創造物と、自然の有機物が織りなす、一体感。
移ろいゆく季節の中で、その一瞬一瞬を、一期一会を、味わい深く感じることのできる美しさ。

私が寺社仏閣を訪れるのが好きな理由の1つは、それを発見できるところです。

大龍寺16

奥の院です。
ここは弘法大師さん一色でした。

もっと上に行けば、弘法大師さんが岩に掘ったという梵字と亀さんが拝めますが・・・今回はパスしました。

大龍寺17

奥の院の真裏に発見しました。

水天宮。

多くの龍王が祀られていて、ちょっと圧倒されました。
湧き水も少し沸いていましたが、ちょっと枯れ気味でした。。。

なんの案内も出ていませんでしたから、裏手に回らなければ気がつかなかったと思います。
布引の滝も近いですから、なにげに重要ポイントだったのかもしれません。

やはり呼んでくださったのは、瀬織り津姫様かその関連なのかな。。。

大龍寺18

大龍寺19

紅葉が本当に素敵でした。

また訪れたいなと思いました。

六甲山系に、またひとつお気に入りスポットができました。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2009/11/22(日) 21:09:29|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

六甲山フィールド・アスレチックの秋

山頂に程近い、六甲山フィールド・アスレチックに行ってきました。

六甲山フィールドアスレチック11

まだまばらな紅葉たちは
空と大地から 切り替わりの信号が降り注いでいることを伝えてくれていました。
いまはちょうど、温かさと寒さが混在する季節。

フィールドアスレチック秋6フィールドアスレチック秋5

フィールドアスレチック秋4フィールドアスレチック秋3

フィールドアスレチック秋2フィールドアスレチック秋1

フィールドアスレチック14
フィールドアスレチック秋13
フィールドアスレチック秋12

六甲山頂の東。
ここは森林浴に最適な場所です。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/11/08(日) 21:07:41|
  2. 自然(六甲)