瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

湊川神社(みなとがわじんじゃ)

昨日の続きです。

なんとなくタイミングを逃したまま、お蔵入りしていた画像を
今年の総決算として載せていく、第5弾です。

これでひとまず、ラストーーー!でございます。

-------

今回は、神戸市中央区にある湊川神社です。

神戸の中心、三宮からも余裕で歩いていける距離です。
最寄りは、西元町と高速神戸です。

2010年秋・大倉山公園を散歩した帰り道に、この神社へぶらりと訪れました。
湊川神社と大倉山は目と鼻の先。
神戸では湊川は有名な神社のひとつなので、過去に何度か訪れていました。

ちなみに、大倉山公園の記事はこちらです。↓

水入らず
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-258.html


さてさて、こちらが湊川神社です。

湊川神社1

主祭神は、楠木正成さんです。

ざっとこの神社の創建の歴史を振り返ります・・・

延元元年(1336年)5月25日、楠木正成は、湊川の地で足利尊氏と戦い殉節。
元禄5年(1692年)、徳川光圀が「嗚呼忠臣楠子之墓」の石碑を建立。

以来、水戸学者らによって楠木正成は理想の勤皇家として崇敬されるようになる。
幕末には維新の志士らによって祭祀されるようになる。

1867年(慶応3年)、尾張藩主・徳川慶勝により楠社創立の建白。
明治元年(1868年)、明治天皇が、大楠公の忠義を後世に伝えるため神社を創建するように命じる。
明治5年(1872年)5月24日、湊川神社創建。


創建の歴史が示すように

天皇親政を実現しようとした幕末の維新志士たちの理想像=主祭神・楠木正成公 ・・・だったわけです。

維新の志士たちから見れば、過去の歴史における尊皇攘夷派の代表が、楠木正成さんでした。
自分たちの姿を重ねてみていたのだと思います。

歴史は繰りかえされているのです。
この神社には、そうした多くの維新の志士たちの足跡が見てとれるのです。

うーん・・・
いまさらだけれど、今年のラストに持ってくるのにふさわしい神社仏閣巡りだったのかもしれませんね。
歴史の勇者達とともに、私たちはいま、戦いの歴史に終止符が打たれる悲願達成の瞬間に立ち会っているのですね。

湊川神社2

お近くの方は、ぜひ初詣に参拝してきてくだいまし。。。

湊川神社3

鳥居にとまる鳩さんたちがね・・・
なんとなく、靖国の鳩さんたちに、被って見えてしまうのです・・・

その理由が、今なら、とってもよく分かります。。。

湊川神社4

湊川神社には、日本最初のオリーブの樹があります。
明治11年に、パリ万国博覧会・日本館長・前田正名が、フランスより持ち帰ったものなのだそうです。

オリーブの樹が象徴しているのは、平和と知恵。

国際連合旗や、イタリアの国章、イスラエルの国章にも使われています。
日本では、香川県の県の木です。

ギリシャ神話の戦いの女神・アテナさんの知恵と平和を象徴しています。
アテナさん=瀬織津姫さん でもあるんですよね。

新しい時代の天皇親政=平成維新=平和と知恵=女性意識の復権

そんなサインがこのオリーブの樹にも見てとれます。


神戸の街をぶらぶらと歩いていると、ほんとうに意味深い聖地が多いんだなぁ・・・と、つくづく思いまね。

2010年、神社仏閣巡りの締めくくりは、こちらの湊川神社でシメたいと思います。
うまく纏まって、お後がよろしいようで。。。


2011年も、たくさん歩くぞーーーー!!!

お気に入りの聖地は、大なり小なり、誰しもに存在すると思います。
そんな場所へ訪れてみる旅は、自分のルーツを巡る心の旅でもあります。
私はまだまだ、時間が余す限り出かけてみたいと思っています。

ご興味のある方は、来年もぜひ、またおつきあいくださいませ。
今年も1年、ブログをご愛読くださいまして、ありがとうございました。

皆様にとって、私にとって、2011年も幸せいっぱいの年でありますように。

良いお年をお迎えくださいね・・・☆


恋はみずいろ / オリーブの首飾り ポール・モーリア(Paul Mauriat)

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/12/31(金) 11:53:54|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

魚崎八幡神社(うおざきはちまんじんじゃ)

ふぅー・・・
なんとなくタイミングを逃したまま、お蔵入りしていた画像を
今年の総決算として載せていく、第4弾です。

いつまで続くんだ。。。

今回は、東灘区の魚崎八幡神社です。

ここはね、垂水区にある海神社(わたつみじんじゃ)の帰りに、ふらりと寄ってみた神社です。
距離的にはこの二つの神社はすごく離れているんですが、、、なんとなく海つながりですね。
どちらも港に近いです。
それと、神功皇后つながり。

摂津国の神社のほとんどがそうなっている感じです。
神功皇后の御威光が、いかに強大だったかを、この近辺の神社をめぐると伺い知ることができるようです。
今年は本当にゆかりの神社を良く巡りました。
そして、神功皇后ゆかりの地には、空海さんの足跡アリです。
とても興味深いつながりに感じていました。。。

ちなみに海神社のご紹介はこちらです。↓

海神社(わたつみじんじゃ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html


魚崎八幡神社の鳥居は、こんなに綺麗な赤鳥居。

魚崎八幡1

R43沿いにあります。

R43を挟んだ向かい側には、覚浄寺というお寺があったのですが、
そちらは震災で潰れてしまってからは、まったく手つかずのままです。

この神社も本殿が建て直されたり、いろいろと震災の影響はありました。

魚崎八幡3

ご祭神は・・・

天照大御神
(あまてらすおおみかみ)
八幡大神
(はちまんたいしん)
春日大神
(かすがたいしん)



魚崎八幡神社は、もともとは「雀神社(ささいじんじゃ)」と呼ばれていたようです。
ご祭神も、現在の八幡大神ではなく、もともとは素盞鳴命さん。


・・・・あぁぁぁ、、、出雲とも、しっかりと繋がっているんだ。。。

ご縁があるわけだ。。。



漁業と酒業が盛んな街、魚崎。
近くには、櫻正宗菊正宗浜福鶴、少し離れたところには白鶴酒造があります。

神功皇后が新羅遠征に向かうために軍船をあつめさせたところ、
この魚崎の浜に、各地から500隻もの船が集結したそうです。
その故事から、この地は五百崎(いおざき)→→→魚崎(うおざき)と呼ぶようになったそうです。

魚崎の地名には、豊漁祈願が込められています。


神功皇后ゆかりの聖地には「鶴」由来の灘五郷。
空海さんゆかりの聖地・四国には、丸亀酒造さんの「亀」。

六甲には鶴甲という地名があったりします。

地名からも「かごめ歌」が巡りますねー。

魚崎八幡2

平日昼間の、静かな佇まいでした。

魚崎八幡5



魚崎八幡7

魚崎八幡8

白髭大明神さん。

ここではシビアに金運アップを願ったことがあります。

お金は入ってきたときに、どんな使い道をするかですよね。

魚崎八幡9

近々、またお参りに行く予定です。

近くの氏神様に、ぜひ皆さんも新年の初詣へと出かけてみてくださいね。
貴方ご自身とも、きっと深いご縁で結ばれている神々さまです。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/12/30(木) 17:43:00|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

森稲荷神社(もりいなりじんじゃ)

さらに、さらに・・・
なんとなくタイミングを逃したまま、お蔵入りしていた画像を
今年の総決算として載せていく、第3弾です。

前の記事の続きです。

高座の滝→三条八幡神社→森稲荷神社 へとやってまいりました。

はい

こちらが、森稲荷神社です。

稲荷神社1

芦屋に隣接する東灘区の甲南地区にあります。

森南町にあるため、森稲荷神社と呼ばれているようです。
わりと近所なのに、はじめて訪れました。

稲荷神社2

R2沿いに、大きな赤鳥居が建っているのが印象的なのです・・・・が。
その画像は残念ながらありません。
紹介できないのが残念です。

赤鳥居がこの地域のシンボルなのです。

巨木でできたこの鳥居も、存在感ありましたけどね。

稲荷神社3

御祭神は 宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)

御神徳 商売繁盛/無病息災/五穀豊穣


稲荷神社4

大きな神社です。
そのただっ広さに感じることは
だんじり祭りで活躍する地車にかける地域の皆さんの熱い想い、煮えたぎるような情熱、、、でしょうか。

毎年五月に行われる、だんじり祭り。
この地区ではきっと、一番盛り上がっているのではないかと思います。

稲荷神社5

熱い!

いやほんとに暑いよ、、、暑かったよー。。。

稲荷神社6

樹齢200年
兵庫県下最大の「アカマツ」と赤鳥居です。 

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/12/30(木) 16:59:47|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

芦屋 三条八幡神社(さんじょうはちまんじんじゃ)

えーと・・・
なんとなくタイミングを逃したまま、お蔵入りしていた画像を
今年の総決算として載せていく、第2弾です。

夏頃に訪れた、高座の滝

芦屋 高座の滝(こうざのたき)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-231.html

2010年は、ほんとうに猛暑の日が続いて大変でしたね。
阪神間のヒートアイランド化も、この先、人が住み続けるのには、もうすでに限界な感じでした。
でも避暑地を探そうと思えば身近に見つけ出すことはできる・・・
高座の滝はそう感じさせてくれた素敵な場所でした。


今回ご紹介するのは
その高座の滝からの帰り道に訪れた、芦屋の神社です。
三条八幡神社です。

三条八幡1

阪急電車の線路沿いにある神社なので、山手のほうではあるのですが
滝からかなり南下した場所なので、ここに到着したときは、かなりもう汗だくでした。
移動は自転車です。

三条八幡2

こぢんまりとした神社です。
でもこうして写真で見ると、結構、存在感がありますねー。

厳島姫さんがお祀りされた神社だからでしょうか
そんな場所を訪れるといつもこんな感じの光が映り込みます。

三条八幡4

芦屋の三条町に鎮座されているので、三条八幡。

主祭神は、八幡皇大神(やはたのすめおおみかみ)さんです。

大山積大神
(おおやまづみたいしん)
厳島比売大神
(いつくしまひめたいしん)


創建は不詳とのことです。

三条八幡5

明治十二年の「神社明細書」によると
旧三条村の氏神様として、古来より鎮守されてきたそうです。

この近くには、8世紀(天平時代)に行基上人が開いたといわれる塩通山法恩寺(芦屋廃寺)があったとされていて、
三条八幡神社はその鎮守社として勧請されたとも言われています。


地名の謂れは、京都の三条の町名とも、条里制の三条とも云われているようですよ。

三条八幡6

素通りしてしまいそうなくらい、存在自体は目立たない神社です。

近くには小さな個人商店が並ぶ、住宅地の一角です。道幅も狭い場所。。。

でも、素通りできないなにかがあったんです。

三条八幡7

三条八幡8

三条八幡9

芦屋は、案外、弥勒の世へと繋がるコード満載の
ミステリースポットてんこ盛りなのかもしれない。。。

2011年は、さらに芦屋の街をてくてくと散策してみようと思いました。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/12/30(木) 16:06:50|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)2010.桜

・・・というわけで、
なんとなくタイミングを逃したまま、お蔵入りしていた画像を
今年の総決算として載せていこうと思います。

すべて神社仏閣巡りの画像です。

まずはこちらから。

東灘区の弓弦羽神社です。

弓弦羽神社は、過去記事で紹介済みですので、ご興味があればちらをご覧ください。

弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-210.html


熊野の神々さまがお祀りされている、神功皇后ゆかりの神社です。
六甲山=弓弦羽岳 なので、山そのものが御神体として祀られているのかなとも感じています。

弓弦羽神社1

2010年・春の桜です。
仕事の合間にふらっと訪れて、携帯で撮った写真です。

ここの神社の桜は本当に見事で、何時間見ていても飽きない感じです。
なにもなくても、時間があれば訪れています。
特に桜の時期は、嬉しくなります。

弓弦羽神社2

なにか新しいことに取り組みたくなったときにも、こちらの神々にお願いするのです。

新しい自分に生まれ変わるので、見守っていてください

お願い事は、だいたいそんな感じです。
ただ見ていてほしいということだけです。

なかなか人には言えない取り組みだったりすることが多いですから
親目線で見ていてほしいという感じです。

弓弦羽神社3

氏神様と同じですね。

私にとっては、温かい神様の懐を感じる場所なのです。

そんな場所が、ほかにもたくさんありますが、この場所は特に好きです。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/12/30(木) 14:59:02|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

12月の出雲

日曜日は出雲にいました。

出雲12月1

朝の木洩れ日。

虹色でした。

弥勒の光すなぁ・・・。(*"Д")

出雲12月3

キラキラした日差しは、植物をますます活き活きと輝かせていました。

温かくて眩しかったよ~。

出雲12月4

桜の木はすっかり葉っぱを落としていたけれど

春に備えて待機中、、、といった様子でした。

ここ数年、ものすごい勢いで大きく成長しています。

出雲12月5

金魚すくいですくった金魚さんたちです。

月日が経って、いつしか子供たちも増えていって、大家族になっています。

みんなとっても人懐っこいのです。

出雲12月6

庭には、赤い実がいっぱい。

いつも目立たないところでひっそりと彩っているんですよね。

かわいい実ですよね。名前は知らないですが。。。

出雲12月15

栗の木です。

大きな栗の木の下で~。

歌いながら撮ってみました。

出雲12月7

なんて気持ちいい空なんだろう~。

(*"Д")

出雲12月8

田んぼです。

今年も美味しい新米をたくさん頂きました。ありがとうございます。(-人-)

出雲12月9

柿ばたけです。

出雲12月10

鳥さんの食べる柿は、そのまま枝に残っています。

とても甘い柿です。

鳥さんも甘党なんだね。

出雲12月11

おばあちゃんが、干し柿を作っています。

二階のベランダにびっしりと。

出雲12月12

場所が足りないので、軒下にも。

出雲12月13

綺麗にできてるでしょ?

お正月の御供え用になります。

出雲12月14

散歩って愉しいですね♪

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/12/06(月) 12:05:39|
  2. 自然(出雲)