瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

春日大社 神苑 萬葉植物園

先週土曜日のことですが(1/22)奈良の春日大社に行きました。
表参道にある萬葉植物園に、ちょっと寄り道してみました。

開園時間: 午前9時-午後4時30分(1月、2月、12月は、毎週月曜日休園、祝日等と重なる時は、翌火曜日)
拝観料: 一般500円(高校生以上)/小人250円(小・中学生)

昭和7年に、万葉集にゆかりの深い、この春日野の地に
国内で最も古い約300種の萬葉植物が植栽された植物園が開園しました。

萬葉植物園1

冬の花壇には、どんな花が咲いているのかな?
春までは地味に山野草などが地面を覆っているのかな?

そう思っていましたが、入ってみると、すぐに鮮やかな橙色のクチナシと出会えました。
綺麗なんですよね、クチナシの実の色。
去年の秋にも、栗の甘露煮をたくさん作って、クチナシの実で色づけしたのです。

万葉集にも歌われているんですね。
冬でもこんなに綺麗ですもんね。

萬葉植物園2

菜の花(大根)も咲いていました。
春にはきっと、モンシロチョウもいっぱい留まるんだろうなぁ。^^

萬葉植物園3

の花です。
まだ咲き始めたばかりでした。

同じ枝を、カメラマンさんが真剣な眼差しで撮影していました。
その後も、その方は、ほとんど私が立ち止まる同じポイントで撮っていらっしゃったので、
似たような感性をもって観て歩かれているんだな・・・と思い、密かに嬉しくなりました。

こういう場所に来ると、よくあることです。
これまでどんなものを撮影してきたのかな・・・と、想像すると
なんとなく、その人のひととなりまでもが、透けて見えてきたりします。

とくに言葉は交わさずに、会釈くらいで通り過ぎていくのですが
似たもの同士の一期一会的な出逢いには、なにげに心もホットになって楽しいものです。

萬葉植物園5

大きな池の前に、遥拝石浮舞台が見えました。

萬葉植物園6

「臥竜のイチイガシ」というそうです。

ほんとうに龍神さんっぽいですよね。

かつて大風で倒れたそうですが、
その後、起きあがるように枝を伸ばして現在の姿になったそうです。
自然の尊い神秘と、太古からの時の流れを感じさせられる・・・まさに、そのようなお姿でした。

萬葉植物園9

小川があったり、
椿園があったり、藤の園があったり。

そう、春日大社といえば藤の花ですよね。

もうすこし温かくなって、本格的に春が到来したら
この萬葉植物園はもっと華やかな賑わいを魅せるようです。

萬葉植物園10

萬葉植物園11

「臥竜のイチイガシ」も見事でしたが、この樹を見たときも驚きました!

自然の生命そのものの逞しさや、ダイナミックな神々しさを感じられます。

地を這うようにして太い幹を伸ばしていき、
ぐーーーんと、天を突き上げるように上へ上へと真っ直ぐに成長していってるのです。

似たような樹はいくつも目にしてきましたが・・・
こちらの樹は、ダイナミックで圧倒され、しばし呆然と眺めてしまいました。。。

すごいですね。
自然の神秘・・・!


萬葉植物園15

足元まで近づいてきてくれたオオルリたん。
可愛かったです。^^

春日大社の白滝でも見かけました。
今回の大社までの道先案内人になってくれました。

萬葉植物園13

なんだか懐かしい匂いがする道でした。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/29(土) 10:58:13|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)

奈良公園(ならこうえん)

奈良公園の鹿さんのショットです。

奈良公園1

奈良公園2

奈良公園3

ここに来ると、一段と日光が眩しく感じます。

寒い日でしたが、身体中が温々に感じられた、鹿さんとの対話でした。

みんな、人懐っこく、寄ってきてくれます。

大好きだぁーー。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2011/01/28(金) 10:13:19|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)

興福寺(こうふくじ)

前記事の続きです。
(しばらく奈良詣での記事が続きます)

1/22(土)近鉄奈良駅前の東向き商店街にて。
イスラエル・カフェでランチを食べた後
興福寺へ行きました。

ひっさしぶりの奈良公園
ひっさしぶりの興福寺

お天気にも恵まれて、おなかも満たされて
上機嫌で鹿さんに挨拶しながら大宮通りを歩いていきました。

興福寺1

看板なのに、阿修羅くんの周囲には キラキラと白く輝くオーブがが無数に舞っていました。
背景が黒いので、陽の光に反射して目立っていました。

通りすがりの人々の意識がその一点に注がれていくと、
そこに、どんなところにも、新しいいのちや意識がしっかりと宿っていくんですね。

いつでも心を真っさらにして、善い想念を周囲に発していきたいものです。

興福寺2

阿修羅くんに会えるのが、ちょっと楽しみになってきました。

この日は若草山焼きの日でした。

午前中は、比較的、まだ人が少なかったです。
夕方17時から18時頃には、燃えさかる若草山の祭典を一目見ようと、
多くの人々でいっぱいになっていましたよ。

のんひりと興福寺の境内を歩いていきました。

興福寺4

東金堂五重塔です。

東金堂のご本尊は、超巨大な薬師如来さんです。
奈良の国宝に指定されている仏像さんは、なにもかもが巨大で圧倒されます・・・。

薬師さんといえば、日光・月光菩薩さん、十二神将さんらが、脇を固めていらっしゃるのがデフォですが
皆様すべてが巨大で圧倒的。

奈良の仏像さんを、はじめて拝みに来たときは、中学の修学旅行の時でした。
そのときにも、東大寺大仏様には圧倒されていましたね・・・。(遠い目)

その時代に花開いた仏教文化の総力結集。

そんな、まつりごとの中枢を支え続けてきた
いにしえの人々の情熱や厚い信仰心が
そこかしこに垣間見えてきて胸が熱くなってきます。


私がこの時代に生きていたとしたら・・・

後世に残るような芸術作品(仏像彫刻や絵画)を創作して遺したい
あるいは、自分が信仰する宗教を進化発展させて、すばらしい教えを説いていきたい

・・・そんなふうに、思っりするのだろうか?

ここにいると、なにかそんな創造的な想いがふつふつと湧いてきて、すっぽりと包まれていくようでした。



どんな時代に生きていても、
人は輝きを放てる生き方を選択していけます。

移りゆく時代は、私たちの行いの評価を、その時代の価値基準に併せて変えていってしまいます。

移ろいゆくものに、本当は、正しさも間違いもありません。

何事にも恐れずに、真実、好きなことをして燃え尽きることができたら、私は幸せに感じます。


興福寺5

改築中の国宝館です。

奈良時代の彫刻・絵画・書跡・工芸・考古資料などがたくさん納められています。
どれもこれもが見応えがあって、またしても圧倒されます。

ここで阿修羅くんと対面しました。

にじみ出ていく優しさ・・・
内に秘めた激しさ・・・

ひとことでは言い表せない、
複雑な想いを掻き立てられる阿修羅くん像です。

どんな人にも備わっている内面を、この阿修羅くんも映し出して見せてくれる鏡のような存在なのだと思います。

弥勒菩薩さんと同じように。

興福寺6

南円堂です。

興福寺境内の、ど真ん中に建っている巨大な中金堂は、まだ再建中でした。
完成は平成30年(2018年)とのことです。

和銅3年(710)に飛鳥藤原京から現在の場所に移された興福寺は1300年を迎えました。
その節目の再建事業のようです。

興福寺7

興福寺8

五重塔と鹿さん。

うーん、、、奈良っぽい。

たくさんの鹿さんと戯れながら歩いていきました。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/25(火) 17:15:33|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)

若草山焼き

本日は、奈良の若草山へ行ってまいりました。

若草山は、全山芝生で覆われた、なだらかな山(342m)です。
なだらかな円い丘が、三つ重なっている様子から、別名を三笠山ともいわれています。

山焼きは春日神社興福寺東大寺の神仏が習合し
先人の鎮魂と慰霊、奈良全体の防火と、世界の人々の平安を祈る
早春を告げる厳かな祭典なのです。


iPhoneで撮影して、YoutubeにUPしてみました。
画質が荒くてちょっと見づらいですね。ごめんなさい。^^;



おぉっと!前に居たおっちゃんが映っちゃったよ・・・うわぁーゴメンね。(汗)

宇宙からのエネルギー照射でしょうか。
山にレーザーみたいな光が降り注いでいますよ。

春には見事なグリーンの芝が甦ります。
楽しみですね。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2011/01/22(土) 21:50:32|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)

阪神淡路大震災1.17のつどい

神戸・東遊園地の、阪神淡路大震災追悼イベントに行ってきました。

いろいろな意味で節目のように感じました。

画像がメッセージを伝えてくれています。
あえてこれ以上は語らないでおきます。

震災のつどい1

震災のつどい2

震災のつどい3

震災のつどい4


震災のつどい5

震災のつどい6

震災のつどい7

震災のつどい8

震災のつどい9

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2011/01/17(月) 23:42:20|
  2. 散歩(神戸)

王子動物園(おうじどうぶつえん)

昨日は仕事で灘の近辺を歩きました。
帰りがけに、ぶらーっと、ひとりで、王子動物園に寄ってみました。

多くの幼稚園児や小学生で賑わう遠足スポットなのですが
平日の昼間でも、さすがにこの時期は、人もまばらで貸し切り状態でした。

昔は家畜に囲まれて育ってきましたが
(蚕・和牛・鶏・猫・兔などが家にいました)
現在は、すこし足を伸ばさないと、なかなか多くの動物さんたちとふれあえないです。

昨日は多くの動物さんたちに、童心に戻してもらいました。

王子動物園1

本来は、アフリカに生息しているフラミンゴさん。

フラミンゴ(Flamingo)という名前は、ラテン語でを意味するflammaに由来しているんですって。
和名はベニツル

なんだか縁起がよさげなお名前ですね。

ここにいる彼らも、たくさんのペアをつくっているんでしょうけれど、
よーく目をこらして見ていても、わかりません。^^;

魂の結びつきっていうのは、
他者が見ている色や見た目だけでは
よく分からないものなのかもしれませんね。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2011/01/14(金) 09:04:31|
  2. 散歩(神戸)

西宮神社・十日戎

本日は、西宮神社「十日えびす」です。

家族みんなで、新しい笹を買いに行ってまいりました。

西宮神社1

西宮神社は”西宮のえべっさん”といわれていて、
日本全国に存在している蛭子神系えびす神社(約3500社)の総本社です。

とっても大きな神社なのです。

「十日えびす」の三日間は以下の通りです。

・1月9日 - 宵えびす 有馬温泉献湯式 宵宮祭
・1月10日 - 本えびす 十日えびす大祭 開門神事福男選び
・1月11日 - 残り福


近畿を中心に、全国からの参拝者で溢れかえっていて、この時ばかりは、お祭りムード満点なのです。

今日は祝日で本えびすだったので、ものすごい人、人、人、でした。
写真に写っていないところは、すべて人の頭があるんだと思ってください・・・
ふぅー、、、、目が回りそうだったよ。(@@)

西宮神社2

やっとこさ、本殿に着きました。

いつになく、人々の熱気であふれていました。

落ち着いたら、またゆっくりとお参りしに来よう・・・。

西宮神社3

こちらは西宮神社の境内にある南宮神社です。

廣田神社の摂社です。

廣田神社を本宮と見たときに、その南に成立することから南宮と呼ばれたようです。

西宮神社4

廣田神社は瀬織津姫さんでしたが
こちらの御祭神も女神様で、豊玉姫(トヨタマヒメ)さんです。
豊玉=勾玉 ということで、勾玉造りの里である古代出雲とも関係が深い女神様のようですね。

西宮神社5

黄金小判がざっくざく!をイメージした、ピカピカ☆きらきらの熊手や笹がたくさん売られています。
恵比寿さんを中心にした、七福神さんの宝船もたくさんあって、楽しい露天見物ができました。

太陽さんも七色の光でした。
七福神さんの光かなぁ。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/10(月) 17:16:25|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

六甲山系・八幡谷の滝

阪急岡本駅近くにある、岡本八幡神社
その真横の道を上っていくと、六甲山頂へと続く登山道があります。

八幡谷1

六甲山のハイキングルートは、いろいろとあります。
今回は八幡谷を歩いてみました。

現在地→→→山の神(分岐)まで。

軽装で、お散歩感覚で歩きました。

八幡谷3

八幡谷の入り口(看板の”現在地”の付近)です。

アスファルトの道路から逸れて、細い山道へと入っていきます。わくわくする瞬間です。

八幡谷7

ほんのちょっと歩いただけで、あっという間に緑の深い山道へ入ります。

さっきまで住宅街だった景色がガラリと変わって
現実世界から御伽の国へと入り込んだように、わくわくしてきます。

空気も変わります。

八幡谷8

道の横は崖になっていて、
はるか下からは、小川のせせらぎが聞こえてきます。

ざわざわとした自然の音を聞きながら歩いていくのは心地よいですよね。

八幡谷10

お地蔵さんが待ちうけていました。

八幡谷11

どうして向いている方向が違っているんだろう?

一体は、崖の方を。
一体は、麓の方を。

親しみが湧いてくるお地蔵さんたちでした。

八幡谷15

しばらく歩くと、川の向こうに祠が見えてきました。
激しい水音が聞こえてきます。

八幡谷26

奥のほうに、滝とお不動さんの像が見えてきました。

八幡谷27

小さい滝ですが、水音が周囲一帯に響いていて清々しいです。

滝壺には、ヤツデの葉がいきいきと育っていました。
それを見ていたら、鞍馬天狗さんを思い出しちゃった。。。

八幡谷25

お不動さんです。
六甲山系の滝には、お不動さんの像があちこちに彫られています。

目神山(女神山)「九想の滝」や、
芦屋ロックガーデン「高座の滝」でもそうでした。

やはりここでも、空海さん、役行者さんの足跡を感じられます。

八幡谷16

玉姫大神さん。

八幡谷17

このお不動さんは、
目神山(女神山)「九想の滝」のお不動さんと瓜二つですね。

八幡谷18

カエルさんも。
なんだか微笑ましいです。

八幡谷21

阿弥陀如来さんです。
石垣に文字がたくさん刻まれています。
ちょっと読みづらいかな。

八幡谷23

八幡谷29

八幡谷31

八幡谷44

滝を見てから、来た道を引き返して帰りました。
ほんの小一時間で味わえる、癒し散歩でした。

駅からそんなに遠くない場所に、こんな素敵な癒しスポットが、たくさん存在しています。
岡本近辺は、ほんとうに素敵な街です。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2011/01/09(日) 16:58:07|
  2. 自然(六甲)

岡本八幡神社(おかもとはちまんじんじゃ)

芦屋神社へ参拝した後で、阪急岡本まで帰ってきました。

阪急岡本駅を出て、天上川の上流へ向かって登っていくと、岡本八幡神社が見えてきます。
ついでに少し、寄り道してみました。

岡本八幡2

周囲は住宅街ですが、なかなかの急勾配です。
鳥居をくぐると、さらに急な石段が続きます。

岡本八幡3

ここも手水舎の水がとっても綺麗です。
六甲のおいしい水の恵みですね。

周囲には、六甲登山道の入り口があちこちにあります。
この岡本八幡神社へお参りすると、いつも行き帰りの、リュックを背負ったハイカーさんとすれ違います。

岡本八幡4

本殿から鳥居を眺めてみると、こんなにも遠近感が・・・
距離はそんなに離れていないのに、トリックアートみたいな感じに見えてきます。

岡本八幡6

お正月・三が日の初詣。そのなごりがここにも・・・。

岡本八幡7

創建不詳

御祭神

応神天皇(誉田別尊)
神功皇后(気長足姫尊)


岡本八幡8

境内には、幹が二つに分かれた御神木が、あちこちに。

岡本八幡9

ここにも。

親子の象徴なのか

はたまた、ソウルメイト・ツインソウル・シングルソウルを象徴しているのか・・・

ここにくると「どうしてそうなってるのー?」と、ついつい尋ねてみたくなります。

岡本八幡10

絵馬がしゃもじ型で面白いですね。^^

日だまりの中で暖められたベンチのような、心地よい憩いの場所、、、そんな感じの神社です。
ここに来ると、寒い時期でも、よく晴れていて温かいからかな?
そう感じています。

春になると、真横を流れている天上川が綺麗です。
近くに梅林公園保久良神社があります。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/09(日) 15:07:40|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

芦屋神社(あしやじんじゃ)

1/8(土) 芦屋神社へお参りいたしました。

最寄りは阪急芦屋川です。
芦屋川の上流へ向かって歩いていきます。

芦屋神社1

芦屋神社2

風光明媚な芦屋川です。
春には桜の名所として賑わいます。
やがて芦屋神社への参道が見えてきますので、道なりにさらに歩いて上っていきます。

芦屋神社4

芦屋神社は、かなり坂の上にありました。
はじめて訪れました。
鳥居が新しいですね・・・ここにも震災の影響が大きく顕れたっぽいですね。

芦屋神社5

鳥居をくぐると、ウルトラマンがポーズをキメているポスターがありました。背景が芦屋川。
光の国から地球の防衛にやってきたウルトラマンは、弥勒菩薩さんがモデルになってるんだって。

その下には、十一面観音さんが。
火の元=日ノ本 かな?

ちょっと意味深なアピールですね。

芦屋神社6

手水舎の水がとっても綺麗でした。
きちんとお手入れされています。

きっとお正月の三が日は、多くの参拝者さんで賑わっていたのでしょうね。
この日は静寂に包まれていました。

芦屋神社7

古い御札が炊き上げられていました。

芦屋神社8

富士山の噴火口てこんな感じなのかな・・・と、ミニチュアを観ている気分になりました。
陽の光に照らされて煙が綺麗に昇っていきました。

芦屋神社17

御祭神

天穗日命 (アメノホヒノミコト)

古来から、芦屋神社は天神社と呼ばれていたそうです。

瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)がこの国を統治すべく、先だって天穂日命が天降って国見をしたそうです。
大国主命に承認を得るために、この霊山に皇祖天神を祀り、
その御霊威を身に戴いて、出雲に赴いたとされています。

・・・歴史のある神社だったんですね。
天穗日命さんは、出雲国造の祖先とされている神様です。
出雲との関わりが個人的に興味深いです。


合祀

天照大神、豐受大神、木花開耶姫命、猿田彦神、須佐之男神、
彌都波能賣神、大山祇命、大山咋命、大己貴命、正哉吾勝命、
國常立命、國狹土命、八衢比古命、八衢比賣命、久那度命、伊邪那美命


芦屋神社12

ここへ来る前に、ハイヤーセルフさんに、おみくじを引いてご覧なさいと言われていました。
今年初めての運試しです。

「第一番」でした。
「大吉」です。 ラッキィでしたぁ。
------
花の木陰にねる様な気持ち、感謝、感謝の礼ごころ
神様、御先祖様に、今日一日を無事に過ごさせて頂いた、有りがたさの御礼を申して、
明日の一日を、清く正しく生き貫く事を御契い申し、御祈り申して、安らかな眠りの床につきましょう。
心の幸福は感謝の念から湧き出て、身の幸福は祈りによって倍加する。
------
苔むせる松ヶ枝に 千年の鶴鳴きて 晴れたる空に 御世を寿ぐ

神様のお助けを戴いて常盤の松に鶴の舞う如く、福徳の日に増して、望事は心のままになりますが
身を持ち崩すと災いを招きます
心を清く正直にし、明るく倖せな運勢を拓きましょう
------

その他の項目も、良いことばかりが書いてありました。
うわぁ・・・最高のメッセージを戴いちゃったかも!

ありがとうございます。
感謝・感謝の礼ごころ、花ごころ、、、でございます。

芦屋神社10

伊勢神宮の神様にも、ここでお祈りしました。
御神木の幹が筒状になっていて、個性的な拝殿でした。

芦屋神社13

芦屋神社14

摂社

 出雲神社「大國主命、伊邪那岐命、竃神、菅原道眞、火産靈神、少名毘古那神」
 稲荷神社「稻倉魂神」
 猿丸神社「猿丸太夫」


猿丸太夫は三十六歌仙のおひとりです

おく山に もみじふみわけ なく鹿の こゑきく時ぞ 秋はかなしき

近辺にはイノシシさんが多いです。
鹿は奈良の鹿さんでしょうね。

芦屋神社15

芦屋神社18

龍神さんの神社です。

芦屋神社19

その奥には、水神様へと続く鳥居が。

芦屋神社20

古墳に水神様がお祀りされています。

芦屋神社21

芦屋川の上流には巨大な弁天岩があるそうです。
由来は、芦屋川の水の神様にあるようです。

水源はすべて六甲山系の山々から繋がっていますね。

芦屋神社22

古墳の中から外を眺めたところです。

芦屋神社23

芦屋神社24

静寂と清涼が広がっている
心が落ち着く芦屋神社でした。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/08(土) 11:25:01|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)
次のページ