瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

田園のワカ姫と瀬織津姫

黄金の穂・田園

田園に佇む、瀬織津姫さんとワカ姫さんです。

ワカ姫さんは、イラスト初登場です。
イメージと違っていたら御免なさい。m(_ _)m

ワカ姫さんを描いていると、どういうわけか
どうしても高校時代の友人が浮かんできてしまうのです。
仕上がってみると、そっくりになっていました。
彼女も、明るくて性格良くて、全力で恋する乙女でした。
頭の中で、声や動作が再生されて・・・
なんとなく、ワカ姫さんと被ってしまうのでした。

二十歳の時に、突然に他界してしまいましたけれどね。
女神に愛されていたから、生き急いでいたのかな、、、とも思います。

女神さまはいつも素敵な女性と共に歩いています。


ワカ姫さんのことは、こちらの越木岩神社にも書いています。↓

越木岩神社 ふたたび♪
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-763.html

コシヒカリ3

今回モデルにしたのは、こちらの水田です。
私の実家で生産しているコシヒカリです。
出雲の神話米。
毎年頂いています。
とっても美味しいよ♪

全然知らない土地でも、田んぼがあると
身近な場所とタブって見えたりしませんか。

どこの田舎にもある、古き良き日本の風景という感じに。。。

コシヒカリ8

お米の品種って様々ですよね。
籾のかたちが、古代米とはぜんぜん違います。

この写真は、お盆に撮りました。
今頃は、もう少し黄金色に輝いていると思います。

光いっぱいの、豊穣の秋。

美味しいお米を頂きましょう♪ \(^○^)/

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/08/31(金) 21:29:57|
  2. 女神の肖像

保久良の神座と瀬織津姫

保久良の神座1

保久良の磐座と瀬織津姫さんを描いてみました。

六甲山系の金鳥山
その麓にある保久良神社(ほくらじんじゃ)は、巨石神社です。

今回は、保久良神社の境内にある、お気に入りの磐座を描いてみました。
(主な巨石群とはちょっと離れた場所にあり、この場所が境内といえるかわからないですが^^;)
私は、ここに来ると、大の字になって岩の上で寝ころびます。
気持ちいいよ♪

保久良神社の詳細は、こちらです。↓

保久良神社(ほくらじんじゃ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-230.html

初夏の六甲山♪part.8 ~金鳥山・保久良神社~
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-508.html

保久良の神座2

前回のキャラと同じじゃないか?・・・という突っ込みはナシで・・・。
今回は背景を描くだけで力尽きました。σ(^◇^;)

金鳥山と保久良12

今回、描いた磐座はこちらです。
このテーブルのような形がお気に入りです♪
良い感じじゃないですか?
すごく絵になるでしょう~? *。・+(*゜∀゜*)+・。*

本当は、ウズメたんばりに踊っているイメージがあります。
でも、いろいろな意味で衝撃なので、大人しめに描いておきました。

--------

これまで六甲山の、たくさんの巨石を紹介してきました。

阪急岡本駅から徒歩で参拝することができる
保久良神社(ほくらじんじゃ)の境内にも、たくさんの磐座群があります。
いずれも、古代の祭祀場と思われます。
出土品は、石器時代にまでさかのぼると云われています。

そして、保久良神社のある金鳥山といえば「カタカムナ文献」でも有名ですね。

「カタカムナ文献」は、楢崎皐月氏が、戦後間もない昭和24年金鳥山の山頂付近で
カタカムナ神社の神主、平十字と名乗る白髪の老人から
神社のご神体と伝わる不思議な巻物を見せられた事に始まるそうです。

氏はこの巻物がかって満州で聞いた、中国の老教の道士に伝わる
日本の上古代に存在したアジア族と呼ばれる高度な文明をもった民族にかかわるものではないかと直感し
これを書き写し、大変な苦労ののち解読した古代科学の書であるとされています。

六甲山中には、あちこちに秘められた日本の歴史があります。

--------
ほくら26

保久良神社に参拝すると、いつもイノシシたんと出逢います。

彼らを描かないと、やっぱり寂しい感じがするなぁ・・・
本当にいつもよく遭遇しているのです。

誰が主役なのか、わからない絵になってしまいました。(´∀`)ゝ”

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/08/26(日) 23:06:40|
  2. 女神の肖像

瀬織津姫と六甲の夜明け

六甲比女夜明け1

新しい日本の夜明けなり~。

・・・ということで
ここ最近は、六甲山瀬織津姫さんのイラストを描いています。

清々しい朝の光と六甲山中の磐座。
とても絵になりますね。

六甲比女夜明け2

六甲比女神社(むこうひめじんじゃ)の御神体である巨大な磐座をモデルに描きたかったのですが
いろいろ撮影してみたものの、ちょっと形状が把握しづらく
絵にするのはとても難しいと感じました。

六甲山中には、他にもたさんの巨大岩があります。
今回は、摩耶山・青谷道で出逢った巨大岩をモデルにしています。

青谷道10

↑こちらが、その摩耶山・青谷道の巨大岩です。
水の気でいっぱいですが、イメージは六甲比女神社の御神体とも近いです。


この岩と出逢える、青谷道の詳細はこちらです。

摩耶山・青谷道 part.2 青龍の滝
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-805.html

お近くの方は、ぜひ、行ってみてくださいね♪

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/08/24(金) 18:03:03|
  2. 女神の肖像

廣田の森と瀬織津姫

廣田の神木1

西宮市にある廣田神社瀬織津姫さんが祀られている神社です。

このブログでも、何度も紹介しています。
詳細は過去ログを見てね。

廣田神社は、いつ行っても、とても綺麗に清められていますが
私は境内にある森が好きです。

この御神木の周囲が特に好き。

廣田の神木2

なんとなく、こんな絵が浮かんできました。

廣田の森

こちらが、その御神木です。

枝が龍のような曲線を描いていて素敵。
参拝すると、必ず立ち寄るお気に入りの場所です。

廣田の森
http://ruri87.blog18.fc2.com/category19-1.html

お近くの方は、ぜひ、行ってみてくださいね♪

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/08/22(水) 17:40:42|
  2. 女神の肖像

六甲比女(瀬織津姫)と雲が岩

六甲比女・夫婦岩1

六甲比女神社(むこうひめじんじゃ)の近くにある、雲が岩と瀬織津姫さんです。

この岩は実在しています。

六甲比女の夫婦岩

↑こちらです。 ねっ 同じでしょ♪

大きな岩が、二つで一つみたいに
ピッタリとくっついているように見えます。夫婦の岩のよう。

六甲比女のシリウス犬

ついでに、その時に出逢ったシリウス犬も描いちゃった。

六甲比女神社参拝の詳細はこちらです。

六甲比女神社(むこうひめじんじゃ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-761.html

六甲比女・夫婦岩2

拡大or縮小すると、あちこち潰れてしまいます。

目がぁ・・・(ё_ё)

綺麗にみせる方法を知っている絵師さま~
どうか瑠璃たんにテクニックを伝授してくださいまし~。

六甲比女・夫婦岩3

ちゃんと瞳がはいっていますよ ☆彡

良い感じでしょう?(ё_ё)

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2012/08/19(日) 20:08:26|
  2. 女神の肖像

青谷道の瀬織津姫2

青谷道の瀬織津姫4

さっきの続きです。

少し修正しました。

身長が伸びて、スタイルが良くなったでしょ~。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2012/08/11(土) 19:53:37|
  2. 女神の肖像

青谷道の瀬織津姫

青谷道の瀬織津姫1

久々の「女神の肖像」です。

六甲山系の中心に聳える摩耶山
旧天上寺の参道・青谷道の滝のそばに佇む瀬織津姫さんです。

場所の詳細はこちらです。↓

摩耶山・青谷道 part.2 青龍の滝
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-805.html

青谷道12

この写真を背景に使いました。

この写真の場所は、青谷道の中でも
特に私のお気に入りスポットです。

このまま埋もれさせてしまうのはもったいない
素敵な景観でした。

いつかイラストにしたいな~と思ってたんです。(*´∀`*)

青谷道の瀬織津姫2

六甲山でよく見かける、オオルリたんと一緒に。
勾玉のアクセサリーを、お揃いのブルーにしてみました。

青谷道と呼ばれているだけあって
やはり、景観すべてが清々しいブルーの光に満ちていました。
清流が煌めく、とても素敵な場所です。

青谷道の瀬織津姫3

夏の六甲山へぜひどうぞ・・・♪

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2012/08/11(土) 14:51:36|
  2. 女神の肖像