瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

丹波国一宮 出雲大神宮(いずもおおかみのみや) part.3

出雲大神宮57

出雲の神様は、やっぱり縁結びの神様なんだなぁ。。。

そんな場面も、たくさん撮影してきました♪

出雲大神宮58

磐座のそばの樹木を、ふと見上げると
ペアの渦巻きカタツムリちゃんがいました。

仲良しカタツムリ。

まるでフトマニ図の中心に描かれている
ふたつの渦巻き模様みたいですよね。

出雲大神宮35

夫婦岩の上には、ピンク色のホワホワした光がいっぱい降り注いでいます。

出雲大神宮36

あの光に包まれたいわ。。。 温かそう。。。 (*´Д`*)

出雲大神宮37

ここにしばらく佇んでいたかったです。

めおと1 めおと2

伊勢二見浦の夫婦岩にも似た夫婦岩。

ひとつで夫婦の磐座にもみえるけれど

すぐそばの「真名井のいずみ」の磐座とあわせたら
ふたつでひとつ 「陰」「陽」対の磐座だったりしています。

出雲大神宮45

七五三の子供たちは何組か見かけましたが
花嫁さんの姿はありませんでした。

ホツマの集いで貸し切り状態の出雲大神宮でした。

出雲大神宮34

朝の、霧と靄がかかった池も素敵だったけれど
帰りがけに見た、綺麗に磨かれた鏡のような池も素晴らしいですね。

たくさんの自然の色が映えています。

私の心も、いつもこうでありたいです。

出雲大神宮42

久し振りに、おみくじを引いてみました。

が出ました♪ w(*・o・*)w

--------
うぐいすの 谷の戸いずる こえはして のきばの梅も さきそめにけり

久しい間のくるしみも 時が来て おのずから去り
なにごとも春の花のさく様に 次第次第に さかえてゆく運です
安心して ことにあたりなさい


願望 人の助けで調う 争わぬようにせよ
待人 来る 喜びあり
失物 出る 物の間にあり
旅行 良い出会いあり
商売 あせらず時をまて
学問 努力すればよろし
相場 売れ 利あり
争事 負けておく方が利あり
恋愛 良い人 幸せあり
転居 よろし 早くせよ
出産 安し 安心せよ
病気 神と医師を信じましょう
縁談 たがいにうたがいがとけてよき縁結がととのう


---------

やったー \(^○^)/

良いことばかりばかりが書いてありました。

こんなに良いこと尽くめのおみくじなので
たぶん、ここを読んでくださっている皆さんと
これから訪れる幸せを分かち合っていって良いのでしょう。

そんな気がしたので、おみくじの内容を公開しました。

出雲の神様と共に歩む皆さんに、たくさんの幸あれ~~~。

出雲大神宮43

市杵島姫命さん、ありがとうございます。

出雲大神宮44

出雲大神宮4

ハート♪

出雲大神宮46

銀杏の落ち葉が、バージンロードみたいでした。

レッドカーペットじゃなくて、ゴールドに輝いている道。

出雲大神宮47

寄り添う落ち葉。

花嫁さんと花婿さんに見立てて撮影してみました。

可愛いでしょう♪ (//≧▽≦//)

ホツマの集いに参加して、出雲の神様に、たくさんのご縁を頂きました。

これからも、様々なご縁を大切にしながら、新しい国造りをしていきましょう。

楽しいひとときを、ありがとうございました♪

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/26(火) 20:45:12|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

丹波国一宮 出雲大神宮(いずもおおかみのみや) part.2

出雲大神宮39

11/24(日)~11/25(月)京都府亀岡市で催された「ホツマの集い」に参加してきました。

丹波国一宮 出雲大神宮(いずもおおかみのみや) part.2 です。

霧に包まれたままで執り行われた正式参拝でしたが
滞りなく終了し、その合図とともに、パァーーーっと光が射してきました。

宮司さんのお話を拝聴しつつ
朱色の本殿が、よりいっそう鮮やかな紅葉色に輝いているのをボーっと眺めていました。

11月24日。

「24」は財運を意味する数字なのだそうです。

財運というのは金運だけの意味ではなく
心の財がこれからは大事、という有難いお話でした。

これからの私も、心の財を温めていく・・・その姿勢で居続けていきたいと思います。


出雲大神宮の旧称は「出雲神社」
別称として「元出雲」・「千年宮」とも。
また古くは、↑写真にあるように「大八洲国国祖神社」と称されたようです。

出雲大神宮41

国祖・国常立尊さん 神上がりの地に相応しく

御蔭山(神体山)には、龍神さんの姿を彷彿とさせるような雲が
空にいっぱいに、長く伸びていました。

地上の世界が、これから大きく動いていく
ひしひしと、そんな予感がしてきました。

出雲大神宮50

本殿近くの紅葉は、絵にも描けない美しさ。。。 (*"Д")

出雲大神宮51

出雲大神宮38

七五三参拝の御家族も。。。

女の子の着物も、紅葉とよくマッチしていました。

出雲大神宮52

出雲大神宮53

ちょっぴりブレブレな写真になってしまったのが残念。(ノ∀`)

でもきっと伝わってるよね。

出雲大神宮48

京都・けぶりがわ という温泉宿で宿泊しました。

講演会では、4人の先生方のお話を興味深くお聞きしました。
歴史を学ぶのが苦手な私ですが、ホツマの世界が明るく広がっていくように感じています。

大江さんの講演のあとで、私のイラストも紹介して下さいました。
皆さんにお披露目できて良かったです。
たくさんの方に知って頂けて、ほんとうに嬉しいです。

ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。 (*´∀`*)

出雲大神宮59

綺麗なお料理を頂きながら、いろいろなお話ができて楽しかったなぁ♪

出雲大神宮62

出雲大神宮の御神酒 「出雲乃真名井」も頂きました。

出雲大神宮61

御神水で造られた御神酒です。

スッキリとしていて、ほんのりと甘さもあって、美味しかったです。

出雲大神宮60

新嘗祭で、皇室に献上されているという御神酒です。

出雲大神宮63

とても貴重な御神酒を頂きました。

こちらは白い濁り酒。
甘酒のような感じかな?と想像しながら飲んでみたら、まったく違った味わいでした。
まったく甘さを感じませんでした。
香りも控えめ。
少し塩気を感じる味です。
少量でも気持ちよく酔えます。

お酒の原酒って、こんな感じなの?
初めて味わうお酒でした。

ほんと。ここでしかできない良い体験でした。

感謝・感謝です。


・・・さらにつづきます。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/26(火) 16:19:22|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

丹波国一宮 出雲大神宮(いずもおおかみのみや) part.1

出雲大神宮1

11/24(日)~11/25(月)京都府亀岡市で催された「ホツマの集い」に参加してきました。

ホツマの集いでは、年一回?のお楽しみイベントとして
ホツマの神々縁の聖地での研修旅行を企画されるそうです。

いつも、いろいろと御世話になっています、
六甲山と瀬織津姫との関係を研究されている大江幸久さんからのオススメも受けまして
今回、私も、旅行に初参加してきました。

場所は、丹波国一宮 出雲大神宮(いずもおおかみのみや)です。

普段は、いずもだいじんぐうと呼んでいますが
いずもおおかみのみやという名称が正しいようです。

大規模な旅行でした。現地に着いてからビックリ。(@@)

北は東北~南は九州まで、全国津々浦々から
ホツマツタエの神々に導かれてやって来た方々は、総勢100名を越えていました。よね?

私はこんな大規模な正式参拝は初めてでした。
くわえて、後の講演会で自作のイラストを紹介することになっています。

私は内心、ビビリまくっていました。  Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

なにせ、私のこの一年ときたら・・・
ほとんど引きこもってPCに向かい、ひたすらペンタブをカリカリ動かす日々が続いていましたから。。。

そんなヲタクの引きこもりが、ドヤぁ~~~ と自分を晒す機会を与えられたのです。

もっと少人数の内輪な会なのかと勘違いしていました。
大江さんには、まんまと、してやられた気分です。(ノ∀`)

やだなぁー ゆってよー ゆってよーー もぅーーー ・・・
・・・とかなんとかいいつつ

和気藹々と、参加の皆さんと共に
霧に包まれた神秘的な出雲大神宮の空気に包まれていきました。

出雲大神宮2

私は以前、家族で一度参拝したことがありました。
朱印帳を見ると、平成19年5月19日と記載されていました。

約6年ぶりの参拝です。
時が経つのは早いものですね~。

鳥居の手前には、大きな池があります。

出雲大神宮3

弁財天社があり 市杵島姫命さんが祀られています。

霧のかかった池と、真っ赤な紅葉。

小さな社が自然と馴染んでいて、とても美しく見えました。

出雲大神宮4

弁財天社の向かいの参道には、紅葉でつくられたハートが。。。

w(*・o・*)w

むっちゃ可愛いです。
これはブログでぜひぜひ紹介しなければ、、、と思いました。

出雲大神宮5

秋色に染まった参道。。。

とても綺麗でした。

出雲大神宮6

私たち、一番良い時期に来たのかも知れないね♪ と話していましたが
宮司さんも同じことを仰っていました。
紅葉の見頃は、ちょうど今がピークのようです。

今頃の時期は、霧もとても深くなるのだそうです。

出雲大神宮7

水も綺麗でした。

出雲大神宮8

縁結びの絵馬。

やはり元出雲ですね。
島根県の出雲大社よりも古い歴史や伝承があります。

出雲大神宮9

こちらも絵馬。 白いお馬さんですね。

出雲大神宮

真名井のいずみです。

出雲大神宮10

水が湧き出ているところが2ヶ所ありました。

大江さんが、以前は一方が渇いていて一ヶ所だけ湧き出ていましたよね。
と仰っていましたが、私もうっすらとそんな記憶があります。

前回参拝した時は、たくさん汲んで還りました。

最近になって、復活して2ヶ所で汲めるようになったのかな。

出雲大神宮11

こちらも真名井のいずみ。

容器を持参して自由に汲むことが出来ます。

出雲大神宮12

戦艦三笠のような舟岩を発見。

宇宙戦艦ヤマトにも見えます。 どこから見ても舟ですね。 すごい。。。

出雲大神宮13

こちらは夫婦岩です。 
伊勢二見浦の注連縄がかけられている夫婦岩ともよく似ていますよね。

やっぱり、ここは元出雲であり元伊勢でもあるんだなぁ。。。
そんなことを感じました。

出雲大神宮18

拝殿です。 

大国主命 (おおくにぬしのみこと)
別名を三穂津彦大神・御蔭大神。


三穂津姫命 (みほつひめのみこと)
高産霊尊の子で、大国主の国譲りの際に大国主の后となったと伝えられています。


夫婦神の二柱が祀られています。

ヲシテ文献を研究されている清藤直樹さんによると
大国主命=クシヒコさん ということで
のちの講演では、出雲大神宮の歴史と二柱の夫婦神のお話をたっぷりと教わることが出来ました。

大国主命=オオナムヂさん とは限らない・・・
目から鱗のお話ばかりです。
いろいろと見えてくると、歴史を知ることが楽しくなりますね。

出雲大神宮14

御神体の御蔭山には、麓のほうにも磐座がゴロゴロ存在しています。

出雲大神宮15

本殿の裏手に近いところには、春日社の磐座があります。

武甕槌命
天児屋根命

温かい波動が伝わってきました。

出雲大神宮22

こちらの磐座は、私の近所にある保久良神社の神座にちょっと似ています。

となりには、春日の神様が祀られているところも同じ。。。
ほんとうにそっくり。

眉間がむず痒くなります。

出雲大神宮20

十代 崇神天皇社

祭神は御真木入日子印恵命(崇神天皇)

出雲大神宮は崇神天皇により再興されたと伝えられているそうです。

ここに存在しているすべての磐座群や社が教えて下さいました。
個人的な体験なのですが、2013年6月・愛媛の聖地巡り~から、この日まで
神々が手を繋いだ世界と繋がって、新しい流れを作るべく動かされてきたんだな・・・と。
それが宇宙と世界の動きに今現在も繁栄しているのです。
話せば長くなってしまい、とりとめも無くなってしまうので、上手く伝えられませんが、、
磐座を見ていくと、その流れを確認させられているような気分になりました。

私たちは本当に神の手の中に包まれていて
一緒に宇宙の流れを作っているんだな・・・と実感しました。

個人的な神との繋がりも、
こうしてたくさんの方たちとの交流を通しての神との繋がりも
どちらも大事。

・・・きっとワケワカメな内容ですよね。

すみません。
うまく伝えられないですが
いつかたくさんお話できる日が来るといいなと思っています。

出雲大神宮23

少し登っていくと、摂社があります。

上ノ社

祭神:素戔嗚尊、奇稲田姫命

大国主命の祖先、ソサノオさんとクシナダヒメさんです。
文化10年(1813年)の造営とされています。

この場所、好きだなぁ。。。 (*´Д`*)

出雲大神宮24

ソサノオさんはやっぱり紫色です。

社の中心、格子戸のところに、うっすらと、鏡のような光の球が見えます。
丸い紫色です。(ねっ 見えるでしょ?)

いつも一緒に居てくださってる・・・そう実感できます。
私はやっぱり出雲人なんだなぁ。。。

出雲大神宮21

奧に鎮座される国祖・国常立尊さんの磐座へと続きます。

霧が深くて、ほんとうに神秘的な神体山・御蔭山。

龍のお姿で現れてくれそうな気配です。

出雲大神宮30

ここが国常立尊の磐座です。

樹木が龍神さんの映し身にしか見えない。。。 (*"Д")

画像がぼやけます。。。

出雲大神宮56

国常立尊さんに、話しかけられているような気がしてきませんか?

あるいは、心の奥を見透かされている、覗き込まれているような感じ。

胸がザワザワと震えました。

私はいつも心の鏡を磨いていたいな・・・と思いました。 (*"Д")

出雲大神宮54

正式参拝・国祖祭参列をひととおり終えたあとで
国常立尊さんの磐座の、さらにその奧の神域にある磐座を見せて頂きました。

それが、こちらです。

紫色に光っていました。
国常立尊さんも降り立った時には紫色の雲に包まれていたのかな。。。

出雲大神宮29

磐座の付近を見ると・・・
たくさんの樹木にエネルギーを与えていることが分かります。

ザワザワ ザワザワ と空気が騒がしくなっていくように感じました。
霧が濃いので、なおいっそう、神の気配を感じとることができました。

もっともっと繋がっていたいです。

いつもありがとうございます。。。 (-人-)

出雲大神宮31

要石のような小さな岩もあります。

たくさんの神々のお顔が浮かんで見えました。

出雲大神宮55

ほんのつかの間でしたが
正式参拝前の神域巡りを愉しませて頂きました。


・・・つづく。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/26(火) 13:21:58|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)

布引の滝と二宮神社

布引1

神戸布引ハーブ園から新神戸駅までのハイキングコースを歩いて下りました。

ハーブ園への登りはロープウェイに乗りましたが
帰りは、のんびりとダムや滝を見ながら、森林の中を歩きたくなります。

ここは、布引貯水池
五本松ダムです。

布引2

どこかの古代の文字が浮かんでいるように見えます。

光っている部分に、なんて書いてあるのかな?
私にはよく分からないけれど、護符に書かれているような文字っぽく見えませんか?

布引3

ダムのいちばん奧(北側)に、豊受稲荷大明神さんがお祀りされています。

ちょっと異次元過ぎて、何度撮ってもボヤけてしまふ。。。 (*"Д")

布引4

光でいっぱいですね。
貯水湖の水が、とても綺麗だから。

とても有難いことです。

布引5

たくさんの歌人達に詠まれてきた、白滝。
山姫の滝

布引6

こちらは下流の夫婦滝

ここも紅葉を待って訪れたらいいかも。(*´∀`*)

このまま、さらに下流まで歩いて新神戸駅に到着しました。

ふと思い立ち、そのまま南の生田川沿いを歩いていって
二宮神社に参拝して帰ることにしました。

二宮1

二宮神社です。

鳥居の向こうに神戸クアハウスが見えるでしょ?
ちょうど神社の北側の筋にあります。

117の阪神大震災では、無料で布引の綺麗な水を汲ませて頂くことができ
被災した神戸市民の生活を大いに支えて頂きました。
いまは有料になってしまいましたが、ここで汲む水は、
長期の保存に耐えられるということで、船乗りさんたちの長い航海の糧にもされてきました。

二宮2

二宮神社の御祭神は
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやび・あめのおしほみみのみこと)です。

神功皇后天照大神の御神託を受けて建立された神社のひとつで
応神天皇もお祀りされています。

関連記事はこちら↓

オシホミミ
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1018.html

二宮3

樹齢700年のケヤキの御神木。

二宮4

この木は、私の中では大山祇神社の御神木を越えてしまったのかもしれない。。。

目の前に存在しているだけで涙が溢れて止まらなくなりました。

【゜・`д´゜・】 うわーん

二宮5

ふだんは、そんな泣き虫ではないですよ。

とにかく、胸の奥を揺さぶられてしょうがないのです。
そんな木は、実際にはあちこちにあるんだけれど。。。

ここが「龍穴」と呼ばれているのは、本当のようです。

クアハウスの水汲み場が、震災後の人々の生活を支えてくれていたのも
龍神さんたちの御神徳。

二宮6

火災の浄化で失うものが多かった神戸の街ですが、水は手をさしのべてくれた。
どんな場面にも、神様は私たちと共にいる。

東北は、神戸とは逆のお働きだったのかな。

感謝の気持ちを、いつでも持ち続けていたいものですね。

二宮7

椋白龍社(むくのきはくりゅうしゃ)には、白龍大神が祀られていて
龍神さんや白蛇さんにまつわる逸話が数多く残されているようです。

それは、上流の布引の滝や、ダム付近の豊受稲荷大明神さんと同じ龍神さんなのでしょうね。

御手水の水も、とても澄んでいて綺麗です。

神戸には一宮~八宮までありますが
水の美しさにおいては二宮神社が随一かもしれません。

二宮8

「まさに勝つ、吾れは必ず勝ちて負けること無し、勝ち進む速さは日の昇るがごとし」

・・・と言われているオシホミミさんだけあって
防衛省の掲示板があり自衛官募集のポスターが貼られています。

格好いい! 格好いいよ!!

日本人のサムライスピリットを全力で守護してくださる神様だわ。 

*。・+(*゜∀゜*)+・。*

二宮9

身体中に熱いエネルギーが流れていきました。

家路について、ふと夕焼け空を眺めてみると、
羽衣天女のような綺麗な雲が浮かんでいました。

二宮10

いつも見てくださっています。

それを忘れないでいましょう。


大きな地図で見る

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/09(土) 10:27:58|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

2013 神戸布引ハーブ園 part.3

ハーブ園37

最後に、気に入った場所の写真を貼っていきます。

葡萄棚です。
葉っぱが紅葉していて、木洩れ日も金色に輝いて見えました。
ちらっとロープーウェイが見えているところが良い感じでしょ?

ハーブ園39

ふつうの小屋にこんなリースがあるだけで、ずいぶんとお洒落に見えますよね。

ほんのちょっとの創造と工夫で、
ふつうの畑仕事やふつうの生活が楽しくなっていきそうな感じです。

ハーブ園40

模様が描かれた簾やカーテンみたい。

野菜はハーブ園のあちこちで可愛らしいオーナメントとして飾られています。
自分の生活にも気軽に取り入れられそう。
そんなデザインとヒントに溢れていますね。

ハーブ園42

どこを見ても、
新しい文明にも役立てていくことができそうな
スローな生活へのヒントがいっぱいです。

さっき見た、新婚さんの愛の巣も
レトロでありながら、新しく感じました。

自然から生み出される命の美を、大切に愛する気持ち。
それだけで、いろいろなものを生み出していけそうな気がします。

・・・実際、ハーブ園はたくさんの人の手で管理維持されていますが
少しの手間で、豊かでエコで美しい環境を作っていけたらいいなぁ。。。

ハーブ園41

3つの十字架の窓。

たくさんの蔦や蔓植物で縁取られていて素敵です。
何種類だろう?
色とりどりに絡み合っています。

こういう感じは、絵にも描けないです。
ずーっと見ていたくなるなぁ。

ハーブ園38

ベンチに座っていると、目の前に来て踊ってくれました。

ハーブ園36

サフランの花。

今が見頃です。

ハーブ園43

あ~

ハーブ園44

たまらないです~

ハーブ園45

コスモス畑に到着しました。

ハーブ園46

ここはカップルで訪れるべき。

・・・と思ったけれど、女性2人組みを多く見かけました。

ハーブ園47

コスモスいっぱいの広場に、ひっそりと、一輪だけヒマワリが咲いていました。

一輪だけ、というのが良いスパイスが効いている感じ。^^

とても大切にしたい存在になりますよね。

ハーブ園48

初めて林檎の花を見ました。

王林の花です。

黄緑色の林檎なのに、花は桜のようなピンク色なんだね。
可愛いね。(*´∀`*)

分類は、バラ科の落葉高木になるそうです。

林檎の花=バラ だったんだ! 

新しい発見でした♪


神戸布引ハーブ園シリーズ
お読み頂きありがとうございました。

これから紅葉が素晴らしいです。
お近くにお住まいの方は、ぜひ行ってみてくださいね。

---------------
リンゴ 松山晴介 Seisuke Matsuyama

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/09(土) 00:40:04|
  2. 散歩(神戸)

2013 神戸布引ハーブ園 part.2

ハーブ園22

・・・いやぁ・・・ビックリしたぁぁ~。(@@)

いつのまにやら、新婚さんの愛の巣におじゃましていただなんて。

もしかして、この、水晶ポイントのような「グラスハウス」って
アリスの鏡の国ならぬ、水晶の世の「クリスタルハウス」なのかも。。。

愛がいっぱいで、なんだか妬けちゃうな。。。(//≧▽≦//)

ハーブ園23

などと思っていたら、またもや愛のパワースポットへと導かれていってしまいました。

母が子を抱きしめている「愛の像」です。

1993年、バレンタインデーの起源となった街、イタリア・テルニ市から
日本のバレンタイン発祥の地である神戸市に愛の像が寄贈され
グラスハウスの温室に設置されました。
母が子を抱きしめる優しい姿は愛の名所になっています。
----------

「聖バレンチノの伝説」

ローマ時代紀元前3世紀頃、テルニの熱心なキリスト教徒夫婦にセラピアという娘がいました。
美しい乙女となったセラピアは、ローマの軍人ザピノと恋に落ちますが、それは許されぬ恋でした。
当時、キリスト教徒はローマ皇帝から迫害を受けており、敵対関係だったからです。
ザピノは身の危険を顧みず、聖バレンチノのもとで洗礼を受け
ふたりは結婚しますが、3ヶ月後セラピアは病に倒れてしまいます。
回復の見込みが断たれた時、ザピノは聖バレンチノに
ふたりが一緒に天に召されるように祈ってもらいました。
ふたりは天国に旅立っていったといわれています。
聖バレンチノはザピノやセラピアをはじめ、多くの恋人達に幸福を授けたといわれています。
しかし、時のローマ皇帝の迫害を受け、起源273年2月14日、ついにローマで殺害されてしまいます。
今日のバレンタインデーは聖バレンチノの命日なのです。
聖バレンチノのお墓があった場所には教会が建てられ、それが聖バレンチノ教会です。
毎年2月14日には盛大なミサが行われています。
聖バレンチノの愛の心はいまもテルニの人々に受け継がれています。

(布引ハーブ園パンフレットより)
----------


神戸のモロゾフが仕掛けたのかな~。(´・∀・`)

ハートのかたちに配されていたお花は、カランコエでした。

ハートがいっぱい。愛がいっぱい。

ハーブ園24

テラスからは神戸市街が見渡せます。

私も、あの海のように
心を広くして、愛をいっぱいに満たしていたいな。。。

ハーブ園25

テラスから「誓いの鐘」の場所へと続いていました。

何度か訪れているのに、鐘があったなんて、初めて知ったかも。。。

秋桜に誘われて、行ってみよう。

ハーブ園26

なんだか秋桜に誘われているような気がしたから。

ハーブ園27

階段を降りていって、振り返ったところ。

さっきまでいたグラスハウス。
ほんとうに水晶ポイントのような綺麗な建物だよね。

鹿ちゃんも、待っててくれたみたいですよ。

ハーブ園28

お馬さんのうえにリスさんが乗ってる。

ハーブ園29

フクロウさんもいたよ。

ハーブ園30

ハートの絵馬がいっぱい。

まるで神社のような愛の聖地と化していますね。

絵馬があるだけで、なんだか特別な場所のように思えてきます。
お馬さん(?)効果ってすごいんだね。(@@)

ハーブ園31

御神体・・・ぢゃなくて

誓いの鐘を発見しました。\(^○^)/

ハーブ園32

私も「聖バレンチノ」になろう。

大切な方たちの、愛と御多幸を願います。

ずっとずっと幸せを願います。

誓います。

鐘は澄んだ音で響き渡りました。

ハーブ園33

ふと見上げると、雲がハートに変化しかけていました。

きっと天にも地にも通じたんだよ。

ハーブ園34

合わせ鏡のような、なかよし天使。

ハーブ園35

アーチに絡まるバラの花は、フランスからきた「サラバンド」という名前でした。

-------
Eric Satie - Sarabandes N° 1-3

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/08(金) 23:30:47|
  2. 散歩(神戸)

2013 神戸布引ハーブ園 part.1

ハーブ園1

良いお天気だったので
布引ハーブ園に行ってきました♪
新神戸からロープウェイに乗って行きます。

神戸の紅葉は、まだちょっと先かな。
11月下旬頃には楽しめると思いますよ。

ハーブ園2

展望プラザに着いたのは、午前10時ちょうどでした。\(^○^)/

まだあまり人がいなくて、お店も開いていませんでした。

ハーブ園3

ゆっくりと、たくさんのお花を見ていきましたよ。

黄色い秋桜ってちょっと珍しいよね。

ハーブ園4

展望プラザの一番良いところに、ローズシンフォニー・ガーデンがあります。
森のホールや香りの資料館もあります。
アロマオイルの歴史や精製過程をゆっくりと見学することが出来ます。

お庭はバラを中心に植えられている英国風ガーデンですね。

アレクサンドラローズ

気になったバラの花を撮影してきました。

アレクサンドラ・ローズ

ジャコウジカから取れる動物性の香料(ムスク)に似た官能的な香りがするそうです。
ヒマラヤ山系と北アフリカに自生するロサ・モスカータが、この香りのバラのルーツなんですって。

・・・クンクンしてみました。

うぅ~ん。。。
たしかにスパイシーな強い香りです。 (*´Д`*)
見た目は可愛く控えめな感じなのにね。

ザメイフラワー

こちらは、ザ・メイフラワー

オールドローズの香り。

私はアロマには詳しくないので、オニューもオールドも、よくわかりません。(´∀`)ゝ”
結構好きな香りでした。

シャルロット

シャルロット

ダージリン紅茶のような軽やかな芳香と上品な甘さを併せ持つティーローズの香り。
18世紀末に中国産のバラによってもたらされ、ハイブリットティー系やノアゼット系へ
そしてイングリッシュローズへと受け継がれてきた優雅な香りです。

・・・ということです。

私はフレィバーティーにも詳しくないので、オニューもオールドも、よくわかりません。(´∀`)ゝ”
結構好きな香りでした。

ダークレディー

ザ・ダーク・レディー

中国原産のバラがもたらされる以前の、西洋バラの原種が持つ華やかで甘い香り。
初期のイングリッシュローズは、ポーランド系、ブルボン系などのオールドローズを
交配親に持つため、この香りを受け継いでいるものが多くあるそうです。

プライススピリット

プライス・スピリット

今回、私が一番気に入ったバラです。
黄色いバラ。太陽光でますます綺麗に輝くバラです。

アレクサンドラ・ローズと同じく、ムスクのような官能的な香り。

メアリーマグダリン

メアリー・マグダリン

こちらはティーの香り。
優しい芳香です。見た目も優しいオレンジ色。

ほかにもたくさんのバラが咲いていて、見ていると、とても幸せな気持ちになります。

原色に近い鮮やかな色も良いけれど
私はどちらかというと、柔らかいピンク色やクリーム色が好きです。

ハーブ園5

バラ園の中心には、噴水があります。

大きな魚の口を、天使(?)の子供が、がーーーっと広げています。
そこから水が噴き出して居るんですよ。

な、なかなか、シュールな図ではないですか?? (@@)

いったい、なにを意図して作られたんだろう?

うーん・・・謎。
でも意味がわかったら、面白そう。

ハーブ園6

ハーブ園のほうへ散歩。

ホウショウ(芳樟)の木を見つけました。

クスの中では特に良い香りを持っているそうです。
この香りの成分はリナロールといい、人の心をおだやかにする効果があるそうです。

葉から取れるオイルは石鹸や化粧品に、幹はコースターやペン立てなどの工芸品に
葉は乾燥して匂い袋に使うそうです。

私も以前、衣替えのたびに衣装ケースに防虫用の「樟のう」を入れていました。
最近はティーツリーオイルをティッシュに含ませて使っています。

森林系ハーブのスーッとした爽やかな香りって良いですね。
ヒノキやヒバなども気分転換したい時に愉しみたい香りですね。

・・・と、ツウぶってカキコしてみるも
そんなに詳しく知っているわけではありません。 てへ。

こういうところに来ると、いろいろ知りたくなりますよね。

ハーブ園7

クリスマスローズ

大好きです。
でもまだ蕾にすらなっていなかっです。
地味に可愛いお花ですよね。

ハーブ園8

食卓でお馴染みのハーブが勢揃いのゾーンです。

バジルとかミントとかオレガノとかローズマリーとかセージとか。。。

カレープラントが大人気。本当にカレーだもんね。(*´ー`*)

ハーブ園9

こちらはグラスハウスです。

ハーブ料理のカフェや、ハーブを使ったインテリアや雑貨
ジャングルのような温室があります。
愛の像もね!

ハーブ園10

秋っぽい演出ですね。

ハーブ園11

かわいい♪ (*´∀`*)

ハーブ園12

立派なきのこも、かわいい、かわいい♪ (//≧▽≦//)

ハーブ園13

ハーブを取り入れた生活って、どんな感じ? 

それを垣間見させてくれるゾーンに来ました。

西洋アンテイーク?
なんだか見ているだけでワクワクしてきます。
映画の中に出てきそうな素敵なお部屋ですね。

ハーブ園14

乾燥ワラを詰めて作ったお布団です。

昔はこんなお布団で寝ていたのかな。

太陽の匂いがするような気がしました。
なんだか良い夢が見れそうですね。

ハーブ園15

キッチンカウンター

サフランの花やとうもろこしが置いてあります。
飾られている植物はみんなハーブや野菜で、そのまま調理に使えるものばかりですね。

ハーブ園16

良い匂いが漂ってきそう。(*´Д`*)

ちょっとお腹が好いてきたよ。

ハーブ園17

レトロな足踏みミシンです。
懐かしい感じの空間ですね。

ハーブ園18

チェストの上の雑貨スペース

ハーブ園19

可愛いね。

姉弟なのかな。

ハーブ園20

あっ

w(*・o・*)w


・・・・

あらあら うふふ

私ってば。
新婚さんのお部屋におじゃましてたみたーーーーーーーい♪

どうも、どうも。

呼ばれてないのに来てしまいました。(´∀`)ゝ”


いやほんとは呼んだでしょ?(小声)


愛あるシリウス文明の新婚さんのオタク訪問でした♪


ハーブ園21

別角度からの、おふたり。

なんだか微笑ましい空間になっています。 


・・・そして「愛の像と誓いの鐘」へと続いていくのでした。。。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/08(金) 19:59:27|
  2. 散歩(神戸)

朝の散歩道

畑1

実家に滞在している時、畑の周辺を撮影してきました。

朝露がいっぱい付いた草木を見ていると
光の世界そのものといった感じで、朝からめちゃめちゃ癒されますよね。

畑2

以前から、こんなにブルーの光が入っていたっけ?

自然界も少しずつ、目に見えて変わっていってるよね。
人もどんどん変わっていってるけれど。

畑3

もう少ししたら、露が霜に変わっていくね。

そんな光の世界も好きだな~♪

畑4

こんな場所なんですけどね~。

一見、なにもない
つまらない場所のように見えるかもしれないけれど

朝の散歩は、まるで宝石箱の中に居るみたいです。

畑5

かならず見かけるアマガエル。^^

畑6

ダリアにバッタがいました。

畑7

翌日の朝に見た時には、二匹に増えていました。

畑8

小さな花に、瑠璃色の蝶。

畑9

母のお気に入りなのか
ビオラやパンジーの鉢植えがたくさんあります。

畑10

蔦の実も最近たくさん見かけますよね。
こんな色の組み合わせがたまらなく好きです。

畑11

柿の収穫を手伝いました。
今年は例年に比べて、不作だったようです。

今年は全国的に、農家にとっては難しい試練の時でしたね。。。
来年はたくさん実ると良いね。

畑12

なぜか、綿花が植えられていました。

どこかご近所さんのところから
種を貰ってきて植えてみたらしいです。

フワフワの綿菓子のようで可愛いですよね♪

綿。。。

しあわせゾウさんに続いて
なんだかやっぱり、インドが来てるな~。

薬師如来さんが繋いでくださる縁。

畑13

この小さい蜂さんも、最近やたらと遭遇しています。

畑14

猫、大歓喜 の、ねこじゃらし。
家の近所にはたくさんのノラ猫がいます。

でも最近はあまり見かけなくなったよ。
どこにいったんだろう。

畑15

雲がたくさん忙しなく泳いでいました。
神在月の出雲の風景。

畑16

井戸です。
ライオンちゃん。久し振り。(*´∀`*)

畑17

金魚が大きく成長しています。
またこの夏の猛暑で、すこし数が減ってしまったね。

帰省のたびに、どれだけ成長したのかな~と
井戸の中を覗くのが楽しみです。

畑18

また逢おうね。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/01(金) 16:14:01|
  2. 自然(出雲)