瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

三角縁神獣鏡と神原神社

神原1

今回の出雲での帰省で、最後に参拝したのが
島根県雲南市加茂町にある神原神社(かんばらじんじゃ)です。

所在地は、島根県雲南市加茂町神原1436

数字が゛イヨイヨ弥勒゛になってるね♪

神原2

加茂岩倉遺跡を見に行こうとしていましたが、雪で断念。

父はほんとうに銅矛が大好きで、私を遺跡発掘場に連れて行きたがります。
母はあまりそういうものには関心が無くて、この時点でドライブにかなり疲れていたらしく
どうでもいいよ、どうでもいいよ、と繰り返していました。

母は私の「鏡」であって、近づいて覗きすぎると反発や摩擦が生まれていくという関係です。
似たもの同士と父は言いますが。。。
似すぎていてお互いに、時々嫌になるのかもしれません。
ほどほどの距離があると良い感じです。

私も、母が興味を惹かれるものに対しては、ほんとうに「どうでもいいよ」を繰り返したくなりますから。
好きなことにしか夢中になれない。眼中に無くなってしまう。受け付けないものはどうやっても無理。
強情で頑固な部分が、ほんとうにそっくりな母娘です。
どうしたものやらね・・・。ははは。。。

加茂遺跡の近くには「鏡の神社があるから行こう」と父。

ここが親子参拝ツアーの最後となりました。

「鏡」と聞いては、スルーして帰る訳にはいきません。  w(*・o・*)w

今回の一連の出雲八雲の旅は「スサノオ」「クシナダヒメ」「鏡」などがキーワードになっている感じ。

「天狗」と「三笠」も。

神原3

御祭神
大国主神
磐筒男命
磐筒女命


『出雲国風土記』大原郡条の神原郷の項に「所造天下大神之御財 積置給處也」とあります。
当初は大国主神のみが祀られていたようです。

宝永5年(1708年)に三刀屋天満宮宮司の広沢漆拾がまとめた『神原神社縁起』では
祭神が磐筒男命・磐筒女命とされているようです。

神原4

わー ここも真横一直線に光が入るね。 w(*・o・*)w

女神に纏わる古史古伝があったりするのではないかな。。。

神原5

小さな頃に、連れてきてもらったことがあったような気がする。

それが何歳で、いつの頃だったのか、さっぱり思い出せないけれど。

神原6

神の原っぱ。平野の中に佇む神社。

川も近くにあって、風光明媚な土地です。

神原7

大国主命の御歌。

ありがたや松井の里の神遊び

これぞみくにのまもりなるらん


この地での神遊びが、国の護りに繋がっていくのかな。。。

この日の参拝も、後でどこかに繋がっていくのかもしれませんね。

神原8

神原神社古墳

テントのような屋根で護られていました。

神原9

この古墳から「景初三年」の銘を有する三角縁神獣鏡が出土したそうです。

・・・といっても、別の場所にあった方墳を、この場所に復元されたそうです。
規模は29m×25m、高さは5m程と推定されています。
島根県では最古に属する前期古墳なのですって。

神原10

これが出土した三角縁神獣鏡

ここに来て、初めて知って、驚いたことがあります。

昔、赤川(斐伊川水系)の改修工事で社地が新堤防域に組み込まれるために
神社を南西に50mほど遷移することになったそうです。

その際に古墳の発掘調査が行われました。

竪穴式石室からの出土品の中には
魏の「景初三年」(239年)の銘が鋳出された三角縁神獣鏡があった・・・ということです。

この銅鏡を含めた出土品は一括して国の重要文化財に指定されました。
出土品は国(文化庁)所有で、島根県立古代出雲歴史博物館に保管されています。

あっ。

そういえばこの前、歴博の「山陰の黎明」展で見てた。

私が欲しいな・・・と言っていた、あの鏡だ。。。w(*・o・*)w

↓こちらの記事に書いています。2013-10-31(Thu)

島根県立古代出雲歴史博物館 part.2
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1067.html

歴史博物館57

↑これ。

卑弥呼の鏡かもしれない、っていう・・・

神原11

ほかの出土品も、たくさん。。。


この鏡が発見された年に、私は出雲の地で生まれました。

母が臨月の時に、記録的な豪雨災害があり

「おまえが生まれる前は大変な洪水だった」と・・・

今でもその時のことを家族は語ります。


鏡は、卑弥呼の「鏡」かもしれない?

「鏡」と同時に誕生した「私」

あぁぁ・・・

知りたくないと思っていても
扉をあけていくのは、やはり自分自身なのかもしれない。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/26(日) 16:56:06|
  2. 神社仏閣めぐり(島根)

八雲立つ 須我神社

須我1

さてさて、スサノオさんとクシナダ姫縁結び神社(八重垣神社)を後にして
ふたりの愛の宮殿であった須我神社(すがじんじゃ)にも参拝しました。

所在地は 島根県雲南市大東町須賀260

須我8

縁結びの夫婦松

ここでは「松」が和合の象徴となっていました。

須我2

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を

八股の大蛇にずっと脅えていた美しい姫を妻に迎え、これから二度と同じような想いはさせまいと誓いながら、
愛する妻を護るために幾重にも重なる垣根を作って御殿を建てた。
幾重にも重なるあの雲を見ていると、天からも守られているように感じるなぁ。


公益社団法人日本青年会議所 領土・領海委員会
http://www.jaycee.or.jp/2013/territory/?p=682

↑ こちらの日本青年会議所さんのコラムに、グッときました。。。
ぜひ眼を通してみてください。

須我3

主祭神
須佐之男命
稲田比売命
清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと)
ふたりの御子神です。

諏訪大社の分霊の武御名方命も配祀されています。

そのせいなのか、9月27日には鹿食神事という神事があるそうです。

例祭の前夜祭の後に神楽殿において宮司、神職、伶人(雅楽を演奏する者)たちによって執り行われます。
周囲の灯火が消され、殿内のわずかな明かりの中で祭事が進行するそうです。
神饌としてかつては鹿の頭が供えられていたそうですが
現在では茄子の実を輪切りにしたものを鹿の頭に見立てて供えられるそうです。
国家安泰、五穀豊穣を祈る神事です。

こ、これは・・・鹿島の神への挑戦?

武御名方命は大国主命の御子神。
出雲の国譲りの際に、鹿島の神を相手に、最後まで抵抗して戦っていた神です。

鹿ちゃん、、、鹿島、、、食べちゃうんだ。。。

ちょっと背筋が寒くなる神事だなぁ・・・と思いました。

そういえば今回の帰省の前に、今年の「阪神震災のつどい」では、和歌山県・みなべの梅を頂いていました。
その時に、「鹿島と須佐」というキーワードが出てきていたのでした。

鹿島と出雲は、ご来光の道。。。

みなべの梅
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1128.html

出雲と鹿島

これからは、緩しと和。
新文明の創造は、太陽の光のラインを繋げ合っていかなければ。。。

縁結びの夫婦松は、夫婦神の和合の象徴でもあるけれど
出雲と鹿島の和合の象徴とも成り得るのかもしれないですね。

弥勒の世は、松の世。

須我4

神社の背後には、八雲山
2000m歩いて登ると奥宮があります。

夫婦岩と呼ばれる磐座と小祠があり
元は須賀の地の総氏神として信仰されていたそうです。

島根と鳥取 山陰和合のポスターに磐座の写真が使われていました。

これからは、山陰・山陽かな。

出雲の地も、古代出雲王国のように広範囲にわたって束ねられていくのかなぁ。。。

なんだか、胸が熱くなるわ。。。

須我6

本殿は結構高い場所に在ります。

なんだか、神戸の近所・岡本にある、天王宮 素盞鳴神社
こんな感じで山肌に建っていたなぁと思い出しました。

ちょっと似てるかも。。。

天王宮 素盞鳴神社(すさのおじんじゃ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-669.html

須我7

機会があれば、奥宮の磐座にも行ってみたいです。

八雲山周辺は、ほんとうに清清しくて気持ちの良い場所です。
太陽の光に地面の雪が反射して、少し世界が変わって見えました。



大きな地図で見る

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/26(日) 15:17:15|
  2. 神社仏閣めぐり(島根)

冬の八重垣神社

八重垣1

熊野大社を後にして、八重垣神社へ参拝しました。

所在地は、島根県松江市佐草町227  

八重垣゛と書こうとしたら゛矢描き゛って変換されてしまったよ。
これはあながち、間違いではないんじゃないかな。

× =は和合カラーだったんだね。

ここに来ると、いつも濃い紫色の光が射しています。

前回訪れたのはは2010-08-18(Wed)でした。真夏の参拝でした。

八重垣神社(やえがきじんじゃ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-221.html

↑ やっぱり同じ紫色です。
 
すぐ近くにある神魂神社ではブルーカラーだったのにね。
八雲の里は様々なエネルギーで満ちています。

八重垣2

主祭神
素盞嗚尊(スサノオ)
櫛稲田姫(クシナダヒメ)

大己貴命(オホナムチ)
青幡佐久佐日古命(アオハタサクサヒコ)
 『出雲国風土記』意宇郡大草郷条で須佐乎命の子として記載

素盞嗚尊と櫛稲田姫の縁結び神社です

参拝者さんが途切れることの無い神社で、誰も居ない瞬間を狙って撮影するのは難しかったです。

今は恋愛祈願の若い女の子たちがいっぱいなので
父は「あんまり行きたくないなー」とか言って、ゴネていました。
「じゃぁ無理して行かなくてもいいよ、お父さんの行きたい他のところに行こう」と言うと
イヤイヤ言いつつも、結局、連れて行ってくれるのも父なんですよね。

ここは、子供の頃から親子で何度も訪れています。
懐かしいなぁ・・・という感覚です。

やっぱり来て良かったよ♪
なんだかんだいいつつ、御機嫌になってしまう私たちなのでした。 〃o(*´▽`*)o〃

確かに、いつ行っても、女の子たちでいっぱいです。
観光バスから降りてきた参拝者さんで、拝殿の周囲はますます賑やかになっていました。

八重垣3

こちらは伊勢宮 天照大御神

前回の参拝では、アマテル神×瀬織津姫 両神は別れていたと考えていたけれど
今回はすでに和合して、アマテル神の一部を抱いた瀬織津姫=女神・天照大御神の復活

祝福の参拝

そんな感覚で手を合わせていました。

アマテル神は、瀬織津姫の一部
アマテル神は、スサノオの一部

そんな存在の仕方をしていたりする・・・のかもしれない。

このあたりのことも、なかなか受け入れて頂けないお話なのかもしれません。
自分の中で起こっている感覚的なことを書いています。

サラッと聞き流してください。。。

八重垣4

アシナヅチ・テナヅチ 夫婦神です。

櫛稲田姫の両親です。

『ほつまつたゑ』では、アシナツチとテニツキ
『古事記』では、足名椎命・手名椎命
『日本書紀』では、脚摩乳・手摩乳

出雲国の肥の川の上流に住んでいて8人の娘がいたが、毎年ヤマタノオロチがやって来て娘を食べてしまい
スサノオが二神の元にやって来た時には、最後に残った末娘のクシナダヒメを食いにオロチがやって来る前だった。
二神はスサノオがオロチを退治する代わりにクシナダヒメを妻として差し上げることを了承し
オロチ退治の準備を行った。このとき、スサノオによって娘のクシナダヒメは櫛に変えられた。

--------
八岐大蛇は8つに別れた大蛇だけれど
8人いた娘の最後のひとりは、スサノオに救済されて生き残り、結ばれた・・・

なんとも意味深なストーリーですよね。

櫛稲田姫の存在そのものが、一厘の仕組の、最後の一厘を伝えてくれているのかもしれないです。

この夫婦神は、アラハバキ神との関わりも深いようです。

八重垣5

イワナガ姫です。

磐長姫尊。石長比売。
八岐のオロチ (ハヤコ) の転生であるお姫様。 

山神神社として、周囲の山全体を護る様に、とても大切に御祀りされています。

これまでは、オロチとしての闇の側面ばかりに注目されてきたけれど
光の側面を見ようとすると、強力で眩い上昇する大きな光なんだろうなぁ・・なんてことを感じます。

ここにはいつも、ナチュラルに男性シンボルがいっぱい飾ってあるの。
ほんと、この摂社の周囲には、これでもかってくらいに。

イワナガ姫関連に触れていき、自身の中のオロチと出会う。
その対峙の末に己に且つ。

するとオロチは眩い光を放ちながら上昇していく。
クンダリーニの光に変容しながら。

オロチはどんな女性の中にも眠っているよ。
光に目覚めるその時を待っているんだよ。

向き合うことが大切だよ。
避けていては、この先、一歩も進んではいけないよ。

2013年ヘビ年は、私にとって自分の中のオロチさんと対峙し続けていた年でした。
そんなオロチさんも、もうすでに光に還っていってしまってる・・・そう信じたい、ですけれどね。

私も、まだまだ自分自身のことが、ちっとも分かっていないのです。
蓋を開けていくのは怖いんだもん。
自分の知らない自分との出会い。

見たくなかった嫌な自分をたくさん見てきたから。
そんなことの繰り返しでした。

さて これからどうなっていくのでしょうか。。。

八重垣6

連理の玉椿

櫛稲田姫が二本の椿の枝を立てられたところ
それが芽を吹き出し一心同体、愛の象徴として神聖視されるようになったそうです。

境内には椿の樹がたくさんあります。

一心同体の椿の樹は3本あって、そのうちの1本がこちらの玉椿。

資生堂の花椿会も、こちらの玉椿を神聖視されているそうな。。。

そういえば資生堂さんの商品にはTUBAKIという名のシャンプーもあったね。
私は大島椿のシャンプーやオイルを愛用してきましたが。

椿はとても身近な花でした。

八重垣8

わーい♪ わーい♪ きのこのおうちーーー♪ 〃o(*´▽`*)o〃


・・・などと、子供の頃は大はしゃぎしながら見ていた御神木。

意味を知ってしまってからは
その頃のはしゃぎっぷりを思い出して参拝のたびに赤面でした。

アホな娘でごめんね、お父さん。 (//≧▽≦//)

本当に、リスとかウサギが出てきそうな感じの木のおうちでしょ?
可愛いなーと思ったの。

八重垣9

奥の宮の御神木。

夫婦杉。

八重垣10

櫛稲田姫を祀る天鏡社です。

「鏡」って2014年のキーワード。

八重垣11

こちらが、鏡の池です。

櫛稲田姫命が、スサノオさんに勧められて
この社でヤマタノオロチから身を隠している間
鏡代わりに姿を映して身だしなみを整えていたと伝えられている池です。

ここでは良縁占い(銭占い)が行われていて
若い女の子たちでいっぱいの人気スポットです。

この日も、真剣に占いの結果を見つめている女の子たちの邪魔にならないように
静かに写真だけ撮ってきました。

社務所で売られている薄い半紙の中央に、小銭を乗せて池に浮かべると、お告げの文字が浮かぶ占い。
紙が遠くの方へ流れていけば、遠くの人と縁があり、
早く沈めば、早く縁づくといわれています。


私もずいぶん遠距離な御縁なのだけれど。。。

八雲の里を歩いていると、彼と一緒に歩いてみたいな・・・と思う場所ばかりです。
実際に、そうしてきた過去があるのかもしれない。
そんなふうに感じたりします。

お互いが近くに居て、良いことはたくさんあるでしょう。
離れているからこそ、感じていけること。それも大切なことのように思えます。

こんな場所に立っていると
超絶恋愛モードにスイッチが入ってしまいます。

彼と会った日のことを思い出しながら、幸せな気持ちになりました。

八重垣12



大きな地図で見る

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/26(日) 12:15:49|
  2. 神社仏閣めぐり(島根)

出雲国一宮 熊野大社

熊野大社2

1/23(木)出雲国一宮 熊野大社へ参拝しました。

本殿の所在地は、島根県松江市八雲町熊野2451番

熊野大社3

出雲大社が一宮じゃないの?と思われるかもしれませんが、
こちら八雲熊野大社のほうが古い歴史を誇っています。

熊野大社は、火の発祥の神社

「日本火出初之社」(ひのもとひでぞめのやしろ)とも呼ばれています。

出雲大社とは共に、出雲国一宮とされていますが。。。

熊野大社4

こちらは、とても落ち着いた佇まいです。

火の発祥の地では、水も美しく湛えています。

父の里は出雲大社に近いけれど
母の里は熊野大社に近いのでした。

お正月などに母の実家に里帰りすると、こちらの熊野大社で初詣となることが多かったです。
出雲も熊野も、私はどちらも好きなんですけれどね。

熊野大社5

神紋は一重亀甲に「大」の文字。

祭神
伊邪那伎日真名子(いざなぎのひまなご) =「イザナギが可愛がる御子」の意
加夫呂伎熊野大神(かぶろぎくまののおおかみ) =「神聖な祖神」に鎮座地名・社名に大神とつける
櫛御気野命(くしみけぬのみこと) = 「クシ」は「奇」「ミケ」は「御食」=食物神

いずれも、素戔嗚尊(スサノオ)の別名です。

これは『出雲国造神賀詞』に出てくる神名を採用したものであり
『出雲国風土記』には「伊佐奈枳乃麻奈子坐熊野加武呂乃命(いざなひのまなご くまのにます かむろのみこと)」とある。
本来、櫛御気野命は素戔嗚尊とは無関係であったものとみられるが、
『先代旧事本紀』「神代本紀」には「出雲国熊野に坐す建速素盞嗚尊」とあり
かなり古い時代から櫛御気野命が素戔嗚尊と同一視されるようになったと考えられる。
明治に入り、本来の形に復するとして祭神名を「神祖熊野大神櫛御気野命」として素戔嗚尊の名を廃したが
後の神社明細帳では「須佐之男命、またの御名を神祖熊野大神櫛御気野命」となり、元に戻っている。

------
*wikiより

熊野大社6

本殿の裏山に自生している御神木。

一部が伐られていて、地面が晒されていました。

数年前に、地すべり防止のために伐採されたそうですが
もしかして、和歌山の熊野本宮の御神木が伐採された時期と、被るのかしら。。。

そんなことが、ふと気になりました。

私はそのニュースを見ていて、非常に悲しく、同時に強い怒りが沸いてきたことを思い出しました。
和歌山の御神木伐採の時は、あのあと、台風被害と記録的な洪水が起こったんですよね。

なにか、無関係ではないような気がしてしまう。。。

山の樹を伐るときは、我が家の両親も神に祈っています。
家の裏山には荒神さんも祀ってあるし・・・それが習慣化して当たり前に成っています。

ちょっと目立ってしまっている山肌が、痛々しく見えて、気になってしまいました。

余計なお世話なのかもしれませんが。。。

・・・というか、私自身の想い癖もマズイのかも。。。
あまり怒りの意識を寄せないように、気をつけていかなくちゃ。

いろいろと想うところがある今日この頃です。

自戒。自戒。

熊野大社8

こちらは本殿の横 稲田神社です。

祭神:櫛名田比売命

足名椎命、手名椎命 他、六社合祀

ヤマタノオロチの生贄となりかけたお姫様です。
後の、スサノオさんの奥様。

ご両親とともに祀られています。

熊野大社9

荒神社
稲荷神社


伊邪那美神社も立派ですが、撮影し忘れてしまいました。
伊邪那美神社は、元々は上の宮にあった社殿なのだそうです。

イザナミさんは、スサノオさんのことを、ずっと深い愛情で気にかけていたんだろうなぁ。。。
私も母親だから、なんだかちょっと気持ちが分かるような気がしました。

熊野大社10

こちらは鑽火殿です。 鑽火祭の舞台となるところ。大正4年(1915年)造営


熊野大社の秋の大祭に、鑚火祭(さんかさい)があります。

ここには、火をつける道具の
燧杵(ひきりぎね)・燧臼(ひきりうす)が保管されています。
出雲國造の「火継式」に使われます。

出雲大社の宮司が「古伝新嘗祭」に使用する、
燧臼と燧杵を受け取るための神事を「亀太夫神事」と呼ばれていて

出雲大社では「古伝新嘗祭」のすべての食事を、燧臼と燧杵でおこした火を使ってつくるそうです。

この神事では、出雲大社が、燧臼・燧杵を受け取る代わりに『餅』を奉納するそうです。

その時に、熊野大社が『今年の餅の出来は悪い!』などとケチを付けるのが慣わしとなっているそうです。
出雲大社は、熊野大社の前では、言われるがまま、なすがまま。
出雲大社のほうが、弱い立場に立ち続けているという、なんとも不思議な神事です。


どうしてケチを付けるのかな?


亀太夫神事が終わると、餅撒きが行われ
出雲大社の宮司によって「百番の舞」が舞われます。


もしかして・・・


餅=オロチと化したモチコ姫・ハヤコ姫?

亀太夫=鶴に対する亀?

地に這うように生息している亀は、同じ地を這うように生息している蛇とイメージが被ります。
亀は、天上からの叡智を地上でキャッチして上昇していく生命体。

地に近いということは、底まで下降していけるということは
本当は、天上にもっとも近い存在なのかも。

最近はよく、そんなことを考えます。

出雲國造は、そんな役割を担ってきたのかな。

熊野側は火。
オロチは嫉妬に狂って肥大化した自我を持つ姫。

女性の中に蔓延る女性特有の悪癖の数々を「餅」に準え
劫火で焼き尽くして浄化してしまう・・・

そんな筋書きが見え隠れしている神事のような気がしました。

女性の御霊磨きというのは、本当に、大変ですから。。。

炙り出してくれる存在が居たら、それはもう神ですから。。。

熊野大社12

鑽火殿の奥です。

これは・・・火の神様なのかな。

黄色い光と
奥には紫色の光が見えましたね。

本殿よりも神懸かった場所のように感じられました。
火の神様が常駐していらっしゃるのかも。

熊野大社16

こんな感じで行われるんですね。

いちどは「亀太夫神事」の一部始終を見届けてみたいですね。

〃o(*´▽`*)o〃

熊野大社15

大祓いの火起こしも、縄文古代ちっくですね。

さすが火の発祥の神社。

熊野大社17

夏越の大祓いの写真を見ていて、またまたドキドキ。

これは、どうみてもオロチだよね。。。うわぁ。。。

熊野では、ここまで意識してお祀りされていたんですね。知らなかったよ。

スサノオさんとオロチ・・・今までずっと、気になっていたことだけれど
双方、大変な因果を背負って、ここまで歴史を重ねてきていたんですね。

あぁ、、、大変なことだなぁ。。。
ちょっと複雑な気持ちになってしまい、うまく言葉になりませんでした。

もう充分ですね。
新しい一歩を踏み出していきたいものですね。

熊野大社18

夫婦和合 連理の榊

こんなにぴったりと寄り添っている榊も珍しいよね。

テレパシックな意識の二人三脚。

私たちにも出来るよね。
きっとこれから楽しくなるよね。

そんなことを考えていました。

熊野大社14

熊野大社の元宮は、天狗山の磐座です。

600m以上登って行かないとたどり着かないので、今回は諦めてしまいましたが。
時間があれば、参拝に行きたいところです。

現在の熊野大社は「下之宮」であり
鳥居を潜ってすぐの意宇川の川上には、ふたつの象徴的な山があります。

(位置関係はgoogle mapでお確かめください)
川を挟んで三角形になる位置関係です。


天狗山=熊野山 熊野大神(スサノオ)が最初に降り立ったところ 

御笠山=最初の熊野大社「上之宮」 熊野三山の元津宮(イザナミ)



御笠山=三笠山

ちょうどタイムリーに「進撃の巨人」の話をしていて
「ヒロインのミカサは、戦艦三笠なんだよー」なんてことを言っていました。

ミカサとエレンは幼馴染。

ミカサ= イザナミ
エレン= スサノオ

そんな国津神の本質が描かれているのかなとも感じています。

戦艦三笠も日本海軍を護る大きな母体。 
兵士の傍には母が寄り添い護るのです。

進撃の巨人の巨人は、光の存在として見ることもできるけれど
悪役としての側面をみていたら、オロチ・ハタレに相違ないよね。

なんだかもうね・・・
すべてがスサノオさんに繋がってしまう今日この頃ですね。

そういう流れの中にいるんですね。

熊野大社19

桜の枝のあいだから見上げている日の丸。

眩しいなぁ。 〃o(*´▽`*)o〃

熊野大社20

熊野大社の横には八雲温泉があり、会館ではお食事もできます。

念願だった、割御の出雲蕎麦を頂きました。
やっぱり、これが出雲スタンダード。

熊野大社21

熊野大社からの帰り道 R432を走っていると
「火の樹」のモニュメントを見かけました。

走行中の車から撮影したので、形がちょっと分かりにくいですが
縦にウェーブしながら伸びている、あの棒状の建物です。

火の樹=火の性質の樹=檜 ですね。 

どういう由来で立てられたのかな?
帰ってから、調べてみました。

「八雲支所だより」によると、八雲町民の融和の象徴として設置されたそうです。

「火の樹」の4本の柱= 「未来」「伝統」「愛情」「平和」
8個の光= 「発展」「幸福」「連帯」「調和」「親切」「健康」「尊重」「努力」


そんな八雲の願いが託されているそうです。

これって、熊野大神・スサノオさんの願いそのものなのでしょうね。

とても大切なメッセージを頂きました。
これからきっと、役立てていけることだと思います。



熊野大社は、最初の火の気の神社でした。

火の気= 火の樹・ヒノキ・檜


大きな地図で見る


テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/25(土) 18:50:37|
  2. 神社仏閣めぐり(島根)

冬の神魂神社

神魂1

1/23(木) 両親とともに八雲立つ風土記の丘の周辺をドライブしてきました。

最初に参拝したのは、神魂神社(かもすじんじゃ)です。

神魂2

この近辺は、古代出雲の中枢都市でした。

あちこちに古代縄文の祭祀場・古墳・史跡などが存在しています。
少しザクザク掘っていけば、その時代の集落の営みを知ることができそうですね。

逆に、むやみに掘れなくなっているのかも。。。

なにか、隠れていた、とんでもないものが見つかっていきそうな
そんな空気に包まれている風土記の丘です。

神魂3

森の香りがする・・・ 〃o(*´▽`*)o〃

神魂4

こんな場所を毎日散歩したいわ。。。

神魂6

眼に映っていく、周囲のすべての緑たちが
疲れた眼に安らぎと潤いを与えてくれました。

好きでしょ? こういう場所。 

一緒に散歩したくなるでしょう。 〃o(*´▽`*)o〃

神魂7

御由緒は過去記事でどうぞ。↓ 前回は真夏の参拝でした。

神魂神社(かもすじんじゃ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-222.html

主祭神は、伊弉冊大神(イザナミ)伊弉諾大神(イザナギ)
中世末期ごろから祀られているそうです。

寛文年間ごろの新嘗会祝詞には、熊野大神・大己貴命などの神名が見えるそうです。

社伝によると、天穂日命がこの地に天降って創建したものと伝えられていますが
『延喜式神名帳』、国史や『出雲国風土記』には記載されていないそうです。
そんな、謎多き神社です。


本殿は現存する最古の大社造建造物で
昭和27年3月に国宝に指定されました。

昭和23年の修理の際に、柱から正平元年(1346年)の墨書が見つかったそうです。
現在の社殿は天正11年(1583年)の再建と考えられています。

ここに来ると、紫色や瑠璃色にファインダーが染まってしまうけれど。。。

今日はちょっと、スゴイかも。

そういえば、23日でした。
シリウスデーでしたね。

神様みんなに歓迎されているようで嬉しくなりました。〃o(*´▽`*)o〃

神魂9

白い雪が、光の反射板になっていたのかな。

雪の日って、とくに周囲の景色を美しく映していくよね。

寒いのは苦手だけれど、そんなに苦ではなくなってしまったわ。

神魂11

杵築社
伊勢社
熊野社

神魂12

武勇社
蛭子社
荒神社
外山社
貴布祢稲荷両神社
秋葉社

国津神オールスターですね。

神魂13

こんな森の中の陽だまりが
私にとってはとても心地よく感じるのです。

私が吐いている白い息も、光の粒子に変わっていくよ。。。

神魂14

相変わらず、近くにある八重垣神社よりも参拝者さんは少ないです。

この日も、深々としていました。

それがまた良いですね。

ここもまた、神の庭なのです。


大きな地図で見る

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/25(土) 15:11:49|
  2. 神社仏閣めぐり(島根)

私の瀬織津姫

康国寺8

年始に御参りしたお寺へ、再び行くことになりました。

ひいおばぁちゃんの33回忌法要なのです。

今回出雲へ帰省したのも、このためでした。

康国寺9

もう一度紹介しておきましょう。

---------
大雲山 康國寺(こうこくじ)

臨済宗妙心寺派のお寺です。

【住所】島根県平田市国富町1301
【本尊】釈尊牟尼如来
【開山】孤峰覚明(三光国師)
【開基】三沢康国

【由緒】康国寺は、山号を大雲山と号し、臨済宗妙心寺派に属する寺である。
臨済宗大雲山康国禅寺は、元享2年(1322)南北朝時代、孤峰覚明禅師(三光国師)の開闢の霊場であり、
大檀越三沢康国公の寄捨の地である。同寺の庭園は江戸時代末期の天保年間(1830-44)に、
松江藩7代藩主不昧公が江戸から連れ帰った庭師沢玄丹に施工させ、築庭された庭で、旅伏山麓にあり、
禅院特有の枯山水庭園で、借景に旅伏山を取り入れている。自然山水との調和の美しさは見る人を誘い、
この地方独特の松を配した様式手法は美的効果を一層高め、整然と置かれた飛石、
池に面した老松のたたずまいなど、山陰随一の名庭園と言われている。

【寺宝】聖徒妙麟/古文書/白隠禅師書

---------

「仏教総合情報サイト ブッダワールド」さんより
http://www.buddha-world.jp/

康国寺10

このお寺は、小さい頃から、ひいおばぁちゃんと一緒に御参りもしていたし
私にとっては、とても馴染みの深い、温かいお寺でした。

康国寺11

私にとっては、瀬織津姫といったら、ひぃおばぁちゃん、かな。

共働きの忙しい両親に代わって、小さな私を、とても大事に育てて下さいました。
寝食をともにして、お風呂も一緒に入って、なにからなにまで、一緒にしていました。

電車やバスにのって、大社にもよく参拝していたっけ。
御祭にも一緒にでかけて、オハジキなんかを買ってもらったりして。
そんな、ひいおばぁちゃんが大好きでした。

私が中学生の頃に86歳で他界してしまいました。

後に、まったく血が繋がっていなかった、と知った時は、とても驚きショックでした。

子供の居ない曽祖父と曾祖母のもとに、祖父は養子に入っていたのです。

ひいおばぁちゃんは、子供・孫・ひ孫の私・・・
たくさんの子供たちを我が子と思い、たくさん育ててきていたのです。

私の中では、いつでもお手本にしてしまう女性です。

今回の33回忌法要でも
「お婆さんは、我が家の姫たちをたくさん育ててきたんだねぇ・・・立派だわ」
などと、叔母と私を見つめながら呟き、両親はひいおばぁちゃんの在りし日を讃えていました。

叔母と私は、どこかよく似ています。
母よりも、雰囲気は似てるかも。

そんなこんなで、私にとっての瀬織津姫は、ひいおばぁちゃんなのです。

康国寺12

また昔語りをしてしまいました。

でも、きっと、話を聞きたいと感じて下さっている
必要な人たちがいらっしゃるからですね。

血よりも濃い、魂の繋がりがどんどん広がっているから。

他愛のないこんな話でも、なにかを感じて頂けるといいな・・・と思います。

康国寺13

ポスターが張ってあったり

康国寺14

なんだか明るく、アートな空間になっている本堂です。

康国寺15

四国八十八箇所の御朱印もありました。

私は、西国霊場巡りの旅を思い出していました。

二十代の始めのころに、西国三十三箇所を満願して
三十代の半ばのころに、新西国三十三箇所を満願しました。

薬師さん巡りもしてみたいけれど・・・なにせ、時間がないようで。。。

楽しいことがいっぱいの霊場巡り。好きなんですよね。

康国寺16

仏陀さーーーん

アニメ映画の第二段ですね。

最初の映画上映を、吉野山の金峯山寺で知って、割引チケットを頂き、すぐに見に行きました。

このタイミング? 2/8ってもうすぐですね。
見に行ってみようかな。
たしか、幸福の科学関連だったと思ったけれど。。。

第一弾の仏陀さんは、冒険へ出て挫折感を味わうところで終わってしまっていたような・・・
なんだか見ていて、消化不良なままズルズル引きずってしまったような感じでした。

今度は、冒険で何かを見つけるお話なのでしょうかね。
ちょっと気になってしまうわ。

あっ 

割引チケットがあれば、頂いておくんだった。
うぅぅ・・・聞けばよかった。残念。。。

康国寺17

絵画がたくさん奉納されていて
話の流れから、私の仏画もお贈りすることになりました。

いいのかしら。。。弁才天さんなんだけど。。。

そんな約束もしてきました。

出雲での神社仏閣との関わりも、これからどんどん出来て行きそうな予感です。

住職さまとお会いしたのは、祖父の法事以来かな。
もうかれこれ15ぶり・・・。
これまで私のしてきたことに対して
今でも、とても好感を持ってくださっているんだな・・・と知って嬉しくなりました。

なんだか、住職様とも、並々ならぬ御縁を感じたりもしています。
優しくて頼もしい感じの、お父さんのような方です。

がんばるぞーーー。\(^O^)/

康国寺18

美しい庭園です。

康国寺19

この庭園を一目見たいと、遠方から訪れる方も多いそうです。

康国寺20

いつも鴨ちゃんたちが居ます。

ここは、あまり変わらないでいて欲しい場所のひとつです。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/25(土) 12:28:37|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)

龍神たちの雪下ろし

穂積屋1

荒神谷遺跡を散歩してから、お昼ご飯を食べに行きました。

出雲市斐川町にある、地元で人気のうどん・蕎麦のお店です。

鶴華 波積屋 / つるがはずみや

穂積屋2

久しぶりに、出雲蕎麦を食べるつもりが・・・

あまりに寒かったので、鍋焼きうどんを注文してしまいました。

温かくて、美味しかったよ。。。 〃o(*´▽`*)o〃

穂積屋3



日蓮宗の鶴の紋みたい。

丸いマークは、蕎麦の実を引く道具かな。
鶴の恩返しの、機織の糸
糸巻きの糸
運命の赤い糸
そんな感じにも見えました。


ここでは蕎麦打ち体験ができる施設もあるのです。
いつも出雲大社参拝の、多くの観光客さんで賑わっているお店なのです。
大社の近くには、たくさんの蕎麦屋さんがあります。
出雲蕎麦は地元の名産ですから。

美味しいので、ぜひ、皆様にも出雲の蕎麦を食べてほしいなぁ。
・・・といいつつ、うどんを紹介している私です。 てへ♪

雪景色2

実家に帰ると、床の間の掛け軸が変わっていました。

天照皇大神 → 梅ノ木

あっ 弁才天さんがいる。 w(*・o・*)w

2014 元旦 出雲の夜明け
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1111.html

↑この記事の中では「弁才天さんだけがなぜか居ない」と書いていたのに
今回帰省すると、ちゃんと弁才天さんが飾ってありました。
何も伝えなくても、やっぱり両親には、ちゃんとテレパシーが通じてしまうみたい。

嬉しいなぁ♪

そして
去年11月の出雲大神宮で引いたおみくじを思い出してしまいます。

うぐいすの 谷の戸いずる こえはして のきばの梅も さきそめにけり

久しい間のくるしみも 時が来て おのずから去り
なにごとも春の花のさく様に 次第次第に さかえてゆく運です
安心して ことにあたりなさい


-------

出雲に着いた晩、激しい雪下ろしの雷が鳴り響きました。

あぁぁぁ・・・龍神たんが、大暴れしてる。。。

家の屋根を突き破りそうな勢いで
ドスーーーン・ズドーーーーン・バリバリバリ・・・と鳴り続けていました。

雷には慣れているはずの家族たちでしたが、かなりビビッておりました。

私は雨女でもあるけれど
雪女でもあったんだなぁ。。。

それも、かなり顕著になってきてるみたい。ははは。。。(汗)

雪景色1

一夜明けると家の周囲は
御覧のように、いちめんの銀世界に変わっていました。\(^O^)/

うわぁ・・・

トンネルを抜けると、そこは雪国であった  ・・・みたいなね。

玄関を開けると、そこは雪国に変わっていた也。

雪景色3

久しぶりに、雪遊びを愉しみました。\(^O^)/

白兎神ーーーーー。

雪景色4

カエルにも積もってる。

雪景色5

そういえば、このカエルは親子だったんだよ。
ずっと実家の庭にいて、ずっと私にサインを送ってくれていたんだね。

大きなカエルは私。

私が、現世の子供たちを背負ってる。

そして、再会した私の過去生での子供たちをも背負ってる。

子供のカエルは、そんな魂の兄弟たち。

母カエルの私は背負ってる。

再会した過去生の息子たちは、大切な私の伴侶でもあります。

シングルソウルは、ここには並んでいない父カエル。

私たちの親子再会を見届けると、その役割を彼らに引継ぎ、還っていきました。

ずっと長い間、私たちを温かく見守り続けてくれていたんだね。。。

ちゃんと、恩返しをしていけるといいな。

私たちには、これからまだまだ、やることがいっぱいあるね。



いまは多次元的な人生生活を、愉しみながら過ごしています。

これまでも、そんな感じだったけれど。。。


なかなか理解してもらえないお話をしているのかもしれません。


私たちは、すでに「弥勒の世」の中で生きています。


毎日が新しい日々。

どんどん輝きを増していく日々。

虹色の日々。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2014/01/25(土) 09:41:31|
  2. 自然(出雲)

冬の荒神谷

荒神谷2

1/21(火)~~~1/24(金)まで、出雲に帰省していました。

バス停まで迎えに来てくれていた父と一緒に
久しぶりに「荒神谷遺跡」へと寄り道・散歩してきました。

場所は、島根県出雲市斐川町神庭878

荒神谷3

まさに神庭といった感じの場所で
ここでは弥生時代の青銅器がたくさん発掘されています。

冬はちょっと寂しい感じですが
夏になると、蓮の池にたくさんの綺麗な古代の蓮が咲きます。

そんな時期に訪れると、とても綺麗ですよ。

荒神谷5

古代米も作られています。

ここで作られているのは赤米です。
赤米は赤飯のルーツと言われているようです。

荒神谷4

水稲みたいですね。

赤米は、白米と一緒に日本列島に伝わったそうですが
次第に姿を消して、神事用に栽培されてきそうです。

最近は、あちこちで、赤米の古代米が栽培されるようになって来ましたね。

ここの赤米は、ちょっと、もち米に近い感じなのかな。

私が育てている赤米は、陸稲で、少し長くてインディカ米に近い感じ。
ここの赤米とは、少し似ていると思うけど、違うんだろうな。。。

古代米も勾配を繰り返して、種類が豊富になっているのでしょうね。

いまの日本人だって、混血を繰り返してきたんだもん。。。
しかし、本来のDNAに刻まれた資質が顕著になってきましたね。

自然の中の生命を見つめていても
誰を見ても、いまはそう感じてしまいます。

荒神谷6

八雲や斐川の空は、めまぐしく変わっていきます。

晴れたり・曇ったり・降ったり・・・
こんな冬の時期は、5分先の天気ですら、まったく分からないんです。

荒神谷7

ここも、鏡の池。

荒神谷8

渡り鳥が居るかな・・・と思ったけれど、ぜんぜん見かけることはありませんでした。

雲が近い。

こんな空の下にいると、あぁ・・・帰ってきたんだなぁ・・・と実感してしまいます。

荒神谷1

荒神谷博物館
http://www.kojindani.jp/iseki/

ここにある博物館にもいろいろと出土品が展示されていますが

出土した弥生時代の銅剣358本・銅鐸6個・銅矛16本・・・など
主なものは、出雲大社の近くにある島根県立古代出雲歴史博物館に展示されています。

島根県立古代出雲歴史博物館 part.1
島根県立古代出雲歴史博物館 part.2

ぜひ、行ってみてね。

荒神谷9

銅鐸がこんなところにも。。。

荒神谷10

荒神谷博物館の中で見かけたチラシ。

櫛稲田姫(クシナダヒメ)です。

『古事記』では櫛名田比売
『日本書紀』では奇稲田姫

『出雲国風土記』では久志伊奈太美等与麻奴良比売命(くしいなだみとよまぬらひめ)

スサノオヤマタノオロチ退治に登場するヒロインです。

出雲神話の中では、一番好きなお姫様でした。〃o(*´▽`*)o〃

ここでチラシを見かけたので、やっぱり今回は
スサノオとクシナダヒメの神社にも参拝しに行こう、と思いました。

そんなこととはまったく別の目的で、帰っていたんですけれどね。。。

荒神谷11

そういえば、以前にも荒神谷のことは記事にしてました。
2010-04-05(Mon)のことでした。

荒神谷史跡公園
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-110.html

↑近くに祀られている三宝荒神や、遺跡発掘現場の写真をUPしています。
ご興味のある方は、あわせてご覧ください。

荒神谷12

これから、今回の出雲の旅のことを書いてみます。

冬の出雲は、やっぱり寒かった。。。


大きな地図で見る

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2014/01/25(土) 08:13:41|
  2. 古墳・遺跡・史跡(島根)

住吉大社 白馬神事

住吉白馬13

大阪・住吉大社白馬(あおうま)神事に行ってきました。

住吉白馬

何年ぶりだろう。。。

前回来た時は梅雨の季節でした。
住吉公園にたくさんの紫陽花が咲いていたことを思い出します。

その時は、急に降り出したので
水の神様が歓迎してくださったと思っていました。

住吉白馬2

今回は綺麗な晴天です。\(^O^)/

そして、新年が明けて間もないというのに
春先のようにぽかぽかと温かかったです。

まさに春麗はるうらら、という感じでした。

本当にそうなってしまうんですね。
素敵だぁ♪

神域はどこもかしこも、ホワホワしたピンクの光や虹色の玉響でいっぱいです。
温かい感じが伝わりますよね。

〃o(*´▽`*)o〃

住吉白馬11

神功皇后女神天照の象徴

ウサギさんにもご挨拶しました。

住吉白馬5

もうひとつの手水舎。

水はよく澄んでいて、とても冷たかったです。

住吉白馬1

二種類の絵馬。

今年は様々な白馬がいっぱいの住吉大社です。

住吉白馬7

仲良くお散歩中のカモちゃんたち。

あちこちで鳩ちゃんたちもいっぱい羽ばたいています。

住吉白馬8

海の神様・住吉大神も見守っていてくださっている・・・

鏡のように、神秘的に光っている水辺を見ていると
神様の存在をしっかりと意識できますね。

拝殿よりも、こんなところに手を合わせたくなります。

住吉白馬12

ふだんは、ここに神馬の白雪ちゃんがいるようです。

私が着いたときにはその気配はすでにありませんでした。
本日は神事に向けて、本殿の傍でスタンバイしているようでした。

がんばって。。。白雪ちゃん。
陰ながら応援しているよ。

住吉白馬9

幕の向こうに、大阪消防局のポスターが貼ってありました。

神社に消防・・・こんなところにも火の神・カグツチさんのサインが。

特撮系セイバーミライは炎の龍を背負っているのかぁ。
カッコイイね。

これはますます火の元にご用心ですね。。。

住吉白馬15

こちは「誕生石」


源頼朝の寵愛を受けた丹後局 (たんごのつぼね) がここで出産した場所と伝えられています。

その子が薩摩藩「島津氏」の始祖・島津忠久公です。

安産祈願の場所ですね。

住吉白馬16

安産=創造の神様かな。

これからの創造活動の祈願をしました。

住吉白馬17

神事のために訪れた参拝者さんたちでいっぱいでした。

住吉白馬18

一時間早く行ったけれど、みんな良い位置で神事を見守りたいからでしょうか。
ほんとうに賑やかでした。

住吉白馬19

白雪ちゃん。

時々こっちを振り返ってくれました。

住吉白馬20

綺麗な背ですね。

住吉白馬21

サラサラのポニーテール。

良い感じに揺れていて、スタイルも良くて、ちょっと羨ましいなと思いました。

住吉白馬22

三回、走って回っています。

住吉白馬23

白雪ちゃんは、私が新年に描いたペガサスくんにも似てる。

あのイラストには、いくつかの物語があります。

描いた事が、どんどん現実になっていくよ。
私は見届けていくことができるのかな。
できればそうでありたいな。

そんな思いが白雪ちゃんにテレパシーで届いたかな。
どうかよろしくお願いします。

住吉白馬24

どうかこの一年も、国家安泰・無病息災でありますように。

皆様にとっても、そうでありますように。

住吉白馬25

地上の人の国と天上の神の国とをつなぐ掛け橋。

住吉白馬26

虹の架け橋に、幾つもの光が射してきた。。。

天照大御神・神功皇后・たくさんの神々の御光。

住吉白馬27

きっと、天にも地にも、届いた気がします。

ありがとうございます。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/07(火) 18:15:28|
  2. 神社仏閣めぐり(大阪)

蒜山(ひるぜん)

蒜山1

ここは、米子自動車道の蒜山(ひるぜん)SAです。

1/2 出雲から神戸までの帰り道。

雪がこんなに積もっていました。\(^O^)/ 白い♪

蒜山2

蒜山は火山です。

岡山県真庭市北部鳥取県倉吉市南部に跨って位置しています。

約100万年前に活動をはじめ、約60万年前に活動を停止したそうです。

北隣の大山山系より形成は古く
成分・特徴も似ていて形成過程を重複している部分も多いため
専門家は大山山系の側火山・外輪山と見ているそうですよ。

蒜山3

ほんと、大山と仲良く手を繋いでいる感じの山々です。

そしてやはり、大山同様に、富士山のように青々としていて美しい姿です。

蒜山4

子供の頃、家族みんなで、蒜山高原センターに遊びに行きました。

美味しい空気、高原、遊び場、動物たち、、、気分はハイジです。

ハイジの生活にもちょっと憧れている自分がいます。
出雲の雲州平田も充分に自然を満喫できる田舎なんですけれどね。

それもこれも、みんな良い思い出ですわ。。。

蒜山5

雲が厚くて、光が射したり、蔭ったり。。。

やっぱりここは山陰だね。

蒜山6

オオサンショウオのかたちの御影石のベンチです。

オオサンショウオは、本州から九州北部に生息していて、一生水中で過ごすんですって。
世界中の両生類の中で一番大きな生物なのだそうです。
昼は水中の穴に住んでいて、夜になるとカエルなどの小動物を食べているそうです。

夏になると卵を500個ほど産み
卵を守るのはオスの役目なのだそうです。

このあたりは、オオサンショウオの生息地です。
生きた化石であり、特別天然記念物で絶滅危惧種でもあります。

大切に護られている生物からは
多くのことを教えてもらえそうな気がします。

生きることに必要なことのみでロスカットしつつ自給していく、エコな生き方のお手本にも観えます。
卵を守るのがオスの役目なら、一緒に生きる男女の役割も少しずつ変わっていくのかもしれません。
家族間の子育てだけに当てはまるのではなく、社会観念そのものの変化の中で
本来の能力や役割を活かしていけるヒントをたくさん見つけられるような気がしています。

なにか、いろいろなことを考えさせられます。

オオサンショウオは、人よりも長生きしている生物種だもの。

開発という名の破壊で、彼らの生息地を奪って生きてきた私たちは
護っていかなければならない大切なものが、たくさんあるんだよ。

どこに居たとしても、すぐ傍に。この足元にも。

どうか 忘れないで。。。

オオサンショウオは、生き方を見習うべき大先輩、という感じがしてきませんか。

蒜山7

・・・雪だるまは、娘のお手製です。可愛いでしょ♪

オオサンショウオの背に乗っているけれど
龍(日本列島)の背に乗っているようにも観えました。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2014/01/06(月) 09:56:59|
  2. 自然(出雲)
次のページ