瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

~飛鳥~ 石舞台古墳

石舞台23

次に、石舞台古墳(いしぶたいこふん)へ行ってみました。

石舞台7

奈良県明日香村にある古墳時代後期の古墳です。
国の特別史跡に指定されています。

石舞台8

石舞台9

元は土を盛りあげて作った墳丘で覆われていたそうですが、
その土が失われて、巨大な石を用いた横穴式石室が露出しています。

石舞台10

埋葬者としては、蘇我馬子が有力視されているそうですが・・・

・・・真相はいかに!?

石舞台12

はじめて中に入ります。

ちょっとワクワクします。

石舞台14

内部は、ひんやりとしていて、気持ちが良いです。

暑い日だったので、汗だくでした。
スーッと冷たい空気に触れたので、それがとても心地よかったのです。

石舞台15

ここは天然の冷蔵庫として使えるのでは。。。

石舞台16

でも、よく考えてみたら、お墓として存在していたんだよね。

石舞台17

穀物貯蔵庫として使えるかも・・・

そんな生活に密着した主婦的発想ばかりが浮かんできたりします。

ここは歴史遺産なのにね・・・不思議なものですね。

石舞台18

きっと死者を祀るのも、食物の保存に対しても
どちらも古代においては神聖視されていたのでしょうね。

石舞台19

横穴式石室で、西南方向に開口しています。

花崗岩で作られた石組で
玄室は、長さ約7.7メートル、幅約3.5メートル、高さ約4.7メートル、
羨道は長さ約11メートル、幅2.5メートルの規模とされています。

石舞台20

石室内部には排水施設があります。

約30の石が積まれ、その総重量は2,300トンに達すると推定されています。
石は古墳のかたわらを流れる冬野川の上流約3キロメートル、
多武峰のふもとから運ばれたそうです。

石舞台21

花崗岩だから、心地よいんですね。

六甲山と同じだもんね。

石舞台22

また、形は違えど、ピラミッドとも同じです。
ピラミッドもたしか花崗岩ですよね。

石舞台24

大和三山の配置は、ピラミッドように三角形を描いて
潜象エネルギーを降ろして地上に繋いでいるようです。

そう考えると、石舞台や周囲の不思議な形状の巨石たちも
やっぱりピラミッドなどと同じ
天地を繋ぐ役割を担ってきたのかも・・・と想うのでした。

大和の歴史は、奥深そうですね。
ここからなにが紐解かれていくのでしょうか。

石舞台は、からっぽだけれど、この中にいると、
たくさんの見えないものたちが訴えかけているように感じました。

新しい扉が開かれていくのかもしれませんね。


テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2015/06/10(水) 17:01:51|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)

~飛鳥~ 聖徳太子生誕地・橘寺

橘寺2

・・・次に、橘寺まで歩きました。

ここから、三輪山も見えます。

橘寺3

田園の中に、龍神王も祀られています。

水が豊富で綺麗 山も青々と美しい飛鳥の地です。

古代の人々はそんな自然の中に
龍神さんたちの働きを見ていたのでしょう。

橘寺4

背景に、龍王山・三輪山・巻向山が見えます。

橘寺5

3つの山は、大鳥が両翼を大きく広げている姿に似ています。

大鳥の羽の山は、柿本人麻呂のウタにも詠まれています。

たしかに、そう見えますよね。

橘寺1

橘寺に到着しました。

聖徳太子の生誕地です。

橘寺6

久しぶりに参拝しました。

橘寺は、新西国霊場第十番札所です。

新西国霊場三十三箇所めぐりは、聖徳太子縁の霊場を中心にして設定されています。
気になる場所がたくさんあって、三十三箇所めぐりをしていた頃は、とても楽しかったです。
いまも印象に残る神社仏閣は、この新西国霊場三十三箇所ばかり。。。

私がここを訪れたのも、10年ぶりかもしれません。
・・・時の流れは早いですね。

橘寺7

橘寺8

飛鳥にもたくさんの神社仏閣があるれけど
私は特に、ここ、橘寺はお気に入りの場所だったりします。

なぜでしょう。

橘寺9

橘寺10

橘寺(たちばなでら)は、奈良県高市郡明日香村にある天台宗の寺院。
正式には「仏頭山上宮皇院菩提寺」

本尊は聖徳太子・如意輪観音。

橘寺という名は、垂仁天皇の命により不老不死の果物を取りに行った
田道間守が持ち帰った橘の実を植えたことに由来しています。

橘寺11

橘寺の付近には聖徳太子が誕生したとされる場所があります。

寺院は聖徳太子建立七大寺の1つとされています。
太子が父・用明天皇の別宮を寺に改めたのが始まりと伝わっているそうです。

橘寺12

橘寺13

橘寺14

聖徳太子が勝鬘経講讃を行った時に降った
蓮の華を埋めたと伝えられる方形土壇。

大化の改新(645年)の時に、この蓮華塚のサイズを基準に
一畝(36坪 / 約100平方メートル)と定め
面積の基準として田畑の区画が整理されていきました。

蓮華塚は、畝割塚(うねわりづか)とも呼ばれています。

橘寺16

こちらは、「二面石」です。

橘寺18

二面石は、人の心のもち方を表したものとされています。

右は「右善面」と呼ばれ太子堂(本堂)の方を向いています

橘寺19

左は「左悪面」と呼ばれ寺の外を向いています。

人の心の二元性・裏表。
「ヤヌスの鏡」とも通じるものがあるのかな。

そういえば、コノハナサクヤヒメとイワナガヒメの関係に
何が見えてくるか・・・それをちょうどこの前、話していたところでした。

観察する視点を変えていくと、
人が持つ「善」の顔と「悪」の顔
また両者の印象や立場なども、
ガラリとひっくり返ったりすることがあります。

人間の内面と外面を見つめていくことを無視していては、
これからは生きていけない・・・生き辛くなる。
私たちはすでにそんな時代に突入しているように思います。

橘寺20

橘寺21

睡蓮の白い花が咲いていました。

橘寺22

観音堂のそばに、センダンの木があります。

白檀の別名で、学名は栴檀(せんだん)
インドの原産の香木で
花は淡紫色でまれに白色・果実は薬用になるそうです。

橘寺23

橘寺では、ここが一番好きかもしれないです。

橘寺26


如意輪観音さんには、
特に強い思い入れがあるせいかもしれませんが。。。

橘寺24

三光石。

推古天皇の時代に天皇の仰せにより、
聖徳太子は3日間に渡り勝鬘経講讃を執り行いました。

その時に聖徳太子の冠から、日月星の光が輝いたと伝えられています。

輝いたのは、「太陽」と「月」と「シリウス地球」なのでしょうか。

・・・石舞台古墳に、つづく。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2015/06/10(水) 16:13:25|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)

~飛鳥~ 亀石 天武・持統天皇陵

持統天武5

6/7奈良の飛鳥へ行ってきました。

聖徳太子・蘇我氏・藤原氏が絡む
飛鳥京の歴史街道を中心に歩いてきました。

この日に、祝戸荘で
ハリー山科さんとアニメーション監督・小坂春女さんが
大和三山をテーマに講演会をひらくということで
やっぱり内容が気になってしまい、参加することにしました。

少し早めに出発して、久しぶりに飛鳥の地を歩いていきました。

古代ロマンに浸るミニ歩き旅です。

駅前に、レンタサイクルがあるので
それを利用しても良かったのかもしれません。
明日香村は歩いてみると、とても広範囲。

この日も夏の気温でとても暑くて、ちょっと歩いただけで汗だくになりました。
でも、面白い巨石があちこちに散りばられていて
歩いて史跡めぐりをするには楽しい街です。

亀石の場所にも行ってみました。
なんだか、かわいい亀さんですね。

持統天武6

亀石の説明が書いてあります。

ふつうの民家の庭先みたいな場所に地味に存在しています。
奈良の巨石って、摩訶不思議な形状で、
ひとつひとつは目立つのに
ポツポツと配置されていて・・・こんな感じなのです。

持統天武2

なにやら小高い丘の上から、人がたくさん降りてきました。

持統天武1

なんとそこは、天武天皇と持統天皇の御陵でした。 w(*・o・*)w

天武天皇と持統天皇の御心に触れられないと
大和三山と飛鳥の歴史って、なかなか紐解けないように思います。

真心をこめて、手を合わせました。

持統天武3

なんだかUFOみたいですよね。
もしかして、彼らの正体は・・・?

これから徐々に紐解かれていくのでしょうか。
どきどき。。。

----------
こちらのハリーさんの動画では、大和三山と飛鳥についての考察もありとても面白いです。
ご興味のある方は、視聴してみてください。

皆神山の謎 第四部 一厘の仕組篇 第十章 飛鳥・大和三山の謎に迫る 改訂版


2013/05/08 に公開
日本古代史最大のミステリー、大和三山の謎に迫ります。また飛鳥に点在する不思議な石­像や巨石の謎、そして大和高原に広がる巨石の天空図などを通して、縄文神科学の実態を­解明していこうと思います。かなり壮大なテーマですが、この研究を深めている多くの方­の成果を糧に、私なりの解釈をしていきます。古代ミステリーの旅に、ご一緒しませんか­?

 大三輪山山頂磐座のイラストに「出典;泰山の古代遺跡探訪記」のクレジットを追加しま­した。泰山氏はたくさんのイワクラを研究されています。氏によれば奥津磐座は、我々が­現在見れるのはほんの入り口で、もっとずっと奥まで続いていてかなりの規模だそうです­。やはりこの周辺の中心的霊山として秘密が隠されているのではないでしょうか・・・

皆神山の謎 第五部制作情報交流メルマガ

https://hinotoricom.com/p/r/DJEssQKk

皆神山の謎 一厘の仕組み復習メルマガ

https://hinotoricom.com/p/r/FxsnBR3O

皆神山の謎 第五部 メルマガはじめました Harry山科

https://youtu.be/Sz-vuck1Z6c

「一厘の仕組篇」がDVDになりました。
内容はYOUTUBE とまったく同じですが、テレビでじっくり見たいというリクエストもありましたのでDV­D-R化いたしました。
8枚組送料込みで3500円です。
ご注文は下記の販売部からお願いいたします。

Good Weather Studio presents
http://www.good-weather-studio.com/

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2015/06/10(水) 15:21:59|
  2. 神社仏閣めぐり(奈良)