瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

縄文の食文化・どんぐりを食べてみよう

本日は、動画の紹介です。

宇宙哲学バラエティ HarryとNoaの魔法のランプ 第一回



2016/07/27 に公開

宇宙哲学の学徒、ハリー山科とシンガーの水木ノアのコンビでお送りするちょっと不思議な番組であります。

UFO、宇宙人、神社、神様、潜象エネルギー、天城流湯治法、そして二人とも音楽が大好きで得意なんであります。

さらに、第一回目のスペシャルゲストは縄文時代の主食、どんぐりを食品化しているどんぐり源さんこと、
平賀国雄さんにお越しいただき、どんぐりの持つアンチエイジングのパワーなどを教えていただきました。

さらに、それらどんぐり製品を番組を通して販売することになってしまいました。
どんぐりの素晴らしさに気が付いた人たちの間では、なかなか入手が難しかったもので、ぜひご利用ください。
なにが起きるか分からない宇宙の「神はたらき」であります。

今後の展開もさっぱり分からないですが、楽しくやって生きたいでありまぁ~っす!!

皆様のご意見、ご質問をお待ちしております。

また、どんぐり製品の御注文もこちらからお願いいたします。     
magicallamp2016@gmail.com

ホームページはこちらです。
http://gwsp.hustle.ne.jp/lamp/mlampindex.html
よろしくお願いいたします。


-----------------------------------------
ハリー山科さんと、水木ノアさんが
どんぐり源さんと語らっていらっしゃいます。

おぉぉ~ やっと時代が追いついたか。。。

じつは私も、数年前からどんぐりを調理して食べてきました。↓

どんぐりrecipe
http://ruri369.blog74.fc2.com/

源さんにお会いしてみたいわ。

動画を見ていたら、なんと、私と源さんとは誕生日が一日違いと判明しました。
おと~さんみたいな感じ?
な、なんか運命的なものを感じるわ。。。(汗)
源さんのどんぐり料理も食べてみたいわ。

水木ノアさん主催の宇宙人コンテスト開催のお話も面白いです。
私もコスプレしてみたいな。楽しい動画です♪ 
ぜひご覧あれーーー。

どんぐりぱん

↑こちらは過去に作ったどんぐりパンです。
最近忙しくて、手抜き調理が続いていますが
秋になったらまたどんぐりパンを焼いてみようかな♪

どんぐり、食べてみませんか。
ほんと、美味しい縄文食ですよ。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/07/29(金) 15:49:24|
  2. 美味しい創造♪

三輪山の麓で畑を耕す

菜園1

ようこそ国のはじまりを語るまち桜井へ

・・・ということで、
本日は晴天の奈良県桜井市へやってきました。\(^o^)/

菜園2

大神神社の御神体 「三輪山」の麓にある、
友人の別荘へやってきました。

花壇を菜園にして、神谷農法で野菜を作りたいということで、
お手伝いをしにきました。

菜園3

半日かけて、4人がかりで耕して、こんな感じになりました。

ふぅ~。。。

ツンデレキャラの白雪姫の小人さんと、
アヒルと、ウサギの置物が守り神となって
これからの野菜作りと収穫を応援してくれるでしょう。

菜園4

花壇の一角にオニユリがたくさん植わっていたのですが
ひとつ植えたら、どんどん増殖していったそうです。

根元に蜂が集まっていたので、きっとそのままにしておいたほうが良いのでしょう。
・・・ということで、このオニユリたちは、このまま残しておくことになりました。

お花と野菜の饗宴もイイのかもしれませんね♪
むかごをたくさん産んでくれるし。

菜園5

作業を終えて一息ついていたら、
カマキリさんを見つけました。

他にもたくさんの昆虫を見かけました。
オニユリにはクロアゲハ。
草木の間にテントウムシ。

恵まれた環境で新しい生命が育まれ
和やかに饗宴していける世界の創造を意図します。

半農半xの世界に、また一歩、近づくことがてきたかも。 

( ∩ˇωˇ∩)  いい夢見るぞ・・・!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/07/19(火) 22:13:11|
  2. 散歩(その他)

水尾神社 (みおじんじゃ)

水尾神社1

滋賀県高島市拝戸(はいど)にある水尾神社へ参拝してきました。

水尾神社2

ここに来るのは初めてです。
でも、初めてのような気がしません。

水尾神社3

たぶん11月になったら
また高島に訪れるでしょう。

そのまえに、訪れる機会が出来たら
ぜひ参拝しておきたいと思いました。

安産祈願の幟旗がとてもかわいいかったです。

水尾神社4

祭神は・・・

磐衝別命 (いわつくわけのみこと)
第11代垂仁天皇皇子で、『古事記』『日本書紀』では三尾君(三尾氏)・羽咋君(羽咋氏)の祖。
河南社(南本殿:現在社)の祭神。

比咩神 (ひめがみ)
第26代継体天皇の母の振姫(振媛、ふりひめ)。
河北社(北本殿)の祭神で、昭和46年(1971年)に河南社に遷座して相殿となり、そののち合祀された。

水尾神社5

かつては、猿田彦命(河南社)・天鈿女命(河北社)の2柱とされていたようです。
三尾君の祖神を祀る神社であるとして、現在は磐衝別命・比咩神の2柱が祭神に定められています。

水尾神社6

どうやら、高島周辺や、
大津の三井寺・園城寺・三尾神社周辺、
野洲の近辺、
広範囲にわたって
私と家族(夫の系譜になりますが)にとって
とても魂的な縁の深い場所であることが判明しました。

京都や福井の若狭も。。。

話すととてつもなく長くなりますし
あまりにもプライベートなことなのでなにも書けませんが、
ご先祖供養の一環として、訪れておきたいなと思っていたのです。

願いが叶って嬉しいです。

水尾神社7

ここに来ると、ほどけていくような感覚がありました。

家族とは、ご先祖様の背負ってきた難しい関係を解いていくために結ばれるものなのかもしれない。
この20年で築いてきた家庭生活では、それを実感する出来事がたくさん起こりました。

そしてそのみんなを背負って
私たちは新しい道を選択しながら歩いていきます。

我が家はみんな、「我が道を行く」という逞しいタイプなので
シガラミがほどけていくと、家族の関係も自由で軽やかなものに変容していくように感じています。
すでに、そうなりつつあります。
みんな好きなことができる環境を選んで。バラバラに居を構えて暮らしていますから。
息子はまだ選挙権のない未成年なので、私と一緒に暮らしていますが。
それぞれが、自由に好きに生きています。

家族が顔を合わせる機会があまりないので
みんなで出かける機会が、ほんとうに最近、無くなってきたなぁ~。。。
それも流れだなぁ~ などと、しみじみ思います。

水尾神社8

水尾神社の境内には、水尾庭園という美しい庭がありました。

水尾神社9

磐座もいっぱいで、眺めているとほんとうに心地よいです。

水尾神社10

裏手の山中には、6世紀の群集墳(拝戸古墳群)が残っているそうです。

皇子塚という墳墓があり、三尾君の祖が埋葬されているようです。

水尾神社11

池の鯉が寄ってきてくれます。

水尾神社12

水尾神社13

なんだか、ほほえましい二匹の鯉たち。
クルクル陰陽図みたいに回転しています。

私たち家族と、ご先祖様たちとの和合の舞のように見えました。
そして、するりと優雅に離れていきました。

水尾神社14

空にも羽を広げた鳥が舞っているように見えました。

ありがとうございます。 

また訪れたいです。 \(^o^)/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/07/16(土) 21:45:03|
  2. 神社仏閣めぐり(滋賀)

明治天皇 御製

とても貴重な山腰明将さんの著書をお借りしました。
冒頭に記されていた明治天皇の御製が心に響きます。
胸の奥が熱くなってきます。
せっかくなので、ヲシテ文字とカミツ文字で覚書しておこうと思いました。 

明治天皇御製1web

明治天皇御製2web

明治天皇御製3web


・・・ここで、一首


アマテラス

あまてらす ふることふみの 百神も 吾に響きあい 和に咲かむけり


瑠璃姫 
こころの歌

なんちゃって
お粗末さまでした~

(・ω≦) テヘペロ

歌詠みも続けてみよう。
(公開できるレベルじゃないけど)

瑠璃たんはやればできる子。 (∩^ω^∩)
継続はチカラなり!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/07/13(水) 15:26:21|
  2. こころの歌・覚書

紫蘇とさくらんぼ

しそジュース

参院選、どちらさまも お疲れさまお元気さまでした。

爽やかな手作り紫蘇ジュースをどうぞ~。
大葉が苦手な息子でも、
赤紫蘇はジュースにすると好きみたいです。
作り置きしておいても、あっというまになくなってしまいます。
山形の佐藤錦をふたつ。トッピング。

ちょと寝不足で、妙なテンションでいます。ヽ( ε∀ε )ノ
目を覚まさなくては~。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/07/11(月) 11:02:24|
  2. 美味しい創造♪

七夕の弓弦羽神社と香雪美術館

ゆづるはじんじや

今日は関西ホツマの会の久下さんと一緒に
御影の弓弦羽神社へ参拝してきました。

ゆづるはじんじや1

「夏越の大祓」を過ぎて
茅の輪がまだ設置されていました。

今年もここに来ようかなと思っていたのですが
なんとなく足が向かなくて
6/30に、六甲八幡神社の参拝で済ませた気分でいました。

でも、やっぱり、今年もここへ来てしまいました。
久下さんと来るために避けていたのかもしれない、、、とも思ったりしました。

私にとっては近所だけれど
彼女はわざわざ遠い場所から参拝しに来ているので
きっと、私たちに共通した、ご縁の深い場所なのでしょうね。

ゆづるはじんじや2

前回、ふたりで参拝したのは、ひな祭りのシーズンでした。
節句や季節の節目を大切にしたい私と、
久下さんの想いは、どこか重なっているのでしょう。

今日は「七夕の日」ということで、きっと後々
面白い出来事に繋がっていくんだろうなと思います。

この神社は天の川銀河の星々とも関連が深そうな気がしています。
三本足のヤタガラスさんが、ここにはたくさんいますから。

この日は、占星術やタロット・易のエキスパートさんたちにも
偶然的に出会って、たくさんお話しをしました。

やっぱり七夕ってそんな日なんだねぇ。。。

ゆづるはじんじや3

7の星への願い事。
約束。

届いたらいいな~。

ゆづるはじんじや4

羽生くんが御祭人の神社でもあります。

いつも全力姿勢なので純粋に応援したくなりますね。

羽生君のふるさとである東北や仙台方面の
ホツマ関連の聖地にも行ってみたくなります。

東北地方出身の方と、ここ六甲で出会う機会も最近とても増えてきました。
西と東がどんどん近くなってきているみたいな感覚になります。

ゆづるはじんじや5

狛犬さんも、カッコいいんです。
渦巻きが綺麗にクルンクルンになってるでしょう。
いつも見とれてしまいます。

ゆづるはじんじや6

弓弦羽神社のとなりには、香雪美術館があります。
http://www.kosetsu-museum.or.jp/

朝日新聞社の創業者・村山龍平が蒐集した
日本、東洋の古美術コレクションなどを収藏する美術館として、
昭和48年(1973)に開館したそうです。

新しいように見えたけれど
ほぼ自分と同い年の建物だったんだ・・・
またひとつトリビアの扉が開いてしまった。。。

ゆづるはじんじや7

そんな場所で、

春日大社第六十次式年造替記念
香雪美術館「神々の姿 神と仏が織りなす美」展


などが催されています。

今回の目的はここ!

スゴイお宝をたくさん拝めました。
またまた情報過多で頭いっぱいです。
これから私たちはどこへ向かっていくのでしょうか。。。

ゆづるはじんじや8

香雪美術館は庭園も美しく
めずらしい樹木をたくさん見かけました。

こちらは椿ですが
実が成っています。

ゆづるはじんじや9

老爺柿(ろうやがき)という柿の実。
こんな真夏に柿の実が成っているなんてびっくりです。

さくらんぼみたいに可愛くて小さいです。
見た目が幼女っぽいのに「爺さん」の柿なのかなぁ。。。

これからどんな形状に変化を遂げていくのか、ちょっと気になるところです。

ゆづるはじんじや10

こちらは「源平しだれ桃」というのだそうです。

源平合戦の土地ならではですね。
しだれの桃も珍しいかも。

見た目が完全に梅っぽいですよね。

久下さんがホツマの時代の「桃」=「梅」だったんじゃないかな?
みんなバラ科だし。・・・という話をしていましたが

私も、縄文の時代の桜や梅は
品種や系統の枝分かれがまだ原始的だったんだろうなと感じています。
絵で描き分けるのは難しそうだよ。。。

ゆづるはじんじや11

摩耶紅梅。

六甲山系の摩耶山もここから近いです。
きっと鮮やかで美しい紅梅が咲くのでしょうね。

いろいろな新しい発見のあった
七夕の弓弦羽神社参拝と香雪美術館でした。

阪急御影駅周辺は、いろいろ楽しいです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/07/07(木) 19:35:09|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)

半農半x

越冬稲

この鉢植えは、越冬した縄文古代米稲です。
真冬には室内に取り込んで育てていましたが、
だんだん弱ってきたので、春に思い切って刈り込みました。
それからまた芽が出てきたので外に出して育てています。

畑を持っていらっしゃる方々のご協力で
今年もあちこちの土地で育てていただけることになりました。
ありがとうございます。
とっても嬉しいです。
もっと広がっていけばいいなぁ。

環境の良い空間を広げて
土を触りながらの半農半xが夢。

その実現はいつになるかわからないし
誰も付いてきてくれないのかもしれないけれど
気が付いたらそうなってた・・・みたいな流れができていったら理想。
とりあえず、いまできることを、しっかりとやり遂げていかないとね。

-------------
真砂秀朗  「観音」


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/07/04(月) 08:51:43|
  2. まいにち創造♪