瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

大黒天さん

大黒正宗1

去年の暮れに、大黒正宗の酒粕をたくさん頂きました。
この冬は酒粕を使った料理にハマっています。

ショウガをたっぷり入れた甘酒とか。

大黒正宗2

クリームシチューなんかにも入れたりして。
(写真は南瓜を入れています)

他にも、粕汁、粕うどん、粕漬け、などなど。

今年の冬は寒さが厳しいですが
身体は温まるし、風邪知らずで過ごせています。


111伊勢ツアーで行ってきた、二見ヶ浦の二見興玉神社で
2017年最初の御籤をひきました。

縁起物(金の大黒天)が入っていて、大吉でした。ヽ(^o^)丿

【心】

自分の心の中を覗いてみる
飾らない素の自分の姿を見つめよう

自分に誠実でいること執着や恐れを手放すこと

素直な心で天命に従い懸命に生きることで
自らの運も開けるでしょう


そんな大黒様からのメッセージを頂きました。
大事にして、生きたい道を歩いて行こうと思います。

ruri87
=12+8+8+7
=35
= ゼロ点から離れて 離れたものを調和して放出する
これが私の天命なのだと思います。

大黒天
=-26+5+16+11+9+48
=陰陽統合から伝わるものが 転がり入って引き寄り 発信放射する

ん?

なんだか私と大黒天って
エネルギーの方向がよく似ているような。

起承転結の次の働きを示唆してくれるような。
大黒天さんは、私にとって、そんな存在なのかもしれません。

もともと出雲では馴染み深い七福神の一神。
とても親しみ深いです。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/27(金) 00:19:24|
  2. 美味しい創造♪

フトマニと数霊と

ふとまにと数

フトマニ128首のヲシテを
カタカムナの数霊で読み解いてみようと試みています。

こんなことに意味があるのかな~?とも思いますが
ちょっとやってみたくなりました。
もしかしたら、なにか法則とか見いだせるかもよ?
できるひとは一緒にやってみて。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/19(木) 13:15:14|
  2. フトマニ128

沖縄~☆~六甲

はっちゃんヘンプ1

沖縄のはっちゃんへ。

111伊勢ツアーの時に、
吉野先生から受け取りました。

ありがとぉぉぉーーーーーーー!!!

綺麗なヘンプ編みですね。
私もこんなにうまく編んでみたいな。
大事にしますね。ヽ(^o^)丿

369ポーズで御礼申し上げます。

吉野信子先生と越智啓子先生のお陰様で
沖縄と六甲がぐっと近くなりましたよね。
これからどうなっていくのかな~。
とても楽しみですね。

はっちゃんヘンプ2

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/16(月) 08:40:01|
  2. まいにち創造♪

111 伊勢に行ってきました part.6 加佐登神社と白鳥塚古墳

加佐登神社1

1/10(火)~1/11(水)
吉野信子先生とカタカムナ受講メンバーの皆様とともに、伊勢に行ってまいりました。

旅の詳細は、こちらの↓

吉野信子先生カタカムナ日記
http://katakamuna.xyz/diary/

をご覧ください。

今回の旅では、先生や皆様と共有した内容に関しても、個人的にも、
情報過多でとてもひとつの記事の文章には纏めきれないほど
盛りだくさんの出来事がありました。
111は、まさに反転の日だったと言えそうです。

写真だけ、とりあえず
ここに記録しておきたいと思います。

facebookグループ 「セヲリツヒメの官女たち」にも
一緒に旅した皆の記録がたくさんUPされています。

私はfacebookはやっていませんが、
ご興味がおありの方は
そちらで皆様が更新されている
今回の旅の意義にぜひ触れてみてください。

加佐登神社2

最後に訪れたのは
三重県鈴鹿市加佐登町の
加佐登神社と白鳥塚古墳でした。

日本武尊の御陵とされている古墳です。

加佐登神社3

神社は頂上のようです。
石段をひたすら登っていきます。

加佐登神社4

加佐登神社5

加佐登神社6

加佐登神社7

加佐登神社8

日本武尊かな。

加佐登神社9

加佐登神社10

新春の花。
梅が開花していました。

加佐登神社11

ほかにも花がたくさん。

加佐登神社12

加佐登神社13

加佐登神社14

白鳥塚古墳(しらとりづかこふん)は、
7基から成る白鳥塚古墳群の主墳なのだそうです。

正式名称は白鳥塚古墳1号墳。
三重県下最大の帆立貝式古墳。

加佐登神社15

上っていく途中に、
連理の榊が植えられていました。

あったかい感じの和合の光が浮かんでいました。
今回とても印象的だった写真です。

すべてはうまくいっている♪ が実感できましたね。

加佐登神社16

墳長78メートル
後円部墳径67メートル、墳丘高9メートル
前方部墳長16.4メートル、幅27メートル

最下部に基壇を設け、その上の墳丘は2段構造。
型式から、5世紀前半に築造されたとみられるようです。

加佐登神社17

中世以降は戦乱による荒廃もあったようですが、
平成16年~17年の学実調査で複数の円筒埴輪が出土しているそうです。

とても興味深い古墳ですね。

加佐登神社18

古墳の頂上です。

加佐登神社19

頂上付近で育っていた
広葉樹と落葉樹の和合の木。

武部さんが発見されました。

タイプの違う樹木同志が仲良く寄り添う姿は
地球と宇宙・日本と世界・あなたと私・・・
その新しい文明でのあり方を、
身を持って示してくれているようにも思えます。

加佐登神社20

加佐登神社21

とても意義深い、111カタカムナ伊勢の旅でした。

吉野信子先生をはじめ、講演会の皆様
御一緒頂いた各地の皆様 ありがとうございます。

私の心の御柱もしっかり大きくなったような・・・
皆様が今後も、それを充実し
実感できる出来事に恵まれますように。

私もしっかりと
感じる生命をこれまで以上に
発信放射していきたいと思っています。

ありがとうございました。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/14(土) 17:08:53|
  2. 神社仏閣めぐり(三重)

111 伊勢に行ってきました part.5 内宮と磐座

伊勢内宮1

1/10(火)~1/11(水)
吉野信子先生とカタカムナ受講メンバーの皆様とともに、伊勢に行ってまいりました。

旅の詳細は、こちらの↓

吉野信子先生カタカムナ日記
http://katakamuna.xyz/diary/

をご覧ください。

今回の旅では、先生や皆様と共有した内容に関しても、個人的にも、
情報過多でとてもひとつの記事の文章には纏めきれないほど
盛りだくさんの出来事がありました。
111は、まさに反転の日だったと言えそうです。

写真だけ、とりあえず
ここに記録しておきたいと思います。

facebookグループ 「セヲリツヒメの官女たち」にも
一緒に旅した皆の記録がたくさんUPされています。

私はfacebookはやっていませんが、
ご興味がおありの方は
そちらで皆様が更新されている
今回の旅の意義にぜひ触れてみてください。

伊勢内宮2

いよいよ111の日です。
内宮へとやってきましたよ。

伊勢内宮3

宇宙の護符?記号?
あちこちに浮かんでいましたよ。

伊勢内宮4

カメラを通して、たくさん映り込んでくるのですが
現時点では、肉眼ではキャッチできません。

そのうち可視化できるでしょう。
だって、こんなに近いんだもん。

伊勢内宮5

外宮と同様に、ここ内宮でも正式参拝できるように予定が組まれていましたが
御饌神事と重なっていて、それは今回は叶いませんでした。

伊勢内宮6

五十鈴川の清水は、とっても冷たくて
目が覚めるような心地でした。

伊勢内宮8

これまでは昼過ぎの混雑した時間帯に訪れていた内宮ですが
今回は早朝の参拝で、まだ人もまばらでした。
外宮同様の心地よさです。

皆で訪れることができて、感謝の気持ちでいっぱいです。

伊勢内宮7

滝祭宮です。
グルグル巻きのコルネ状の磐座が祀られていました。

伊勢内宮9

なんかもうね・・・
ちょっとビビるよね。

(@_@;)

伊勢内宮10

撮影はここまで。
内宮の拝殿に到着しました。

心を込めて、手を合わせましょう。

伊勢内宮11

こちらは神楽殿。

伊勢内宮12

武部さんの誘導で
内宮の磐座へ訪れました。

伊勢内宮13

こちらで111のカタカムナ御神事が執り行われました。

1月11日11時11分。
反転の日。

伊勢内宮14

ここで、吉野信子先生の先導により
天然笛・根竹環の奏者である
投光寺・大浦勝鬨(おおうらかつとき)さんの石笛奏上から始まり、
皆でヒフミ祝詞を唱えて、
観世流梅若六郎家・能楽師 井上和幸さんと
お弟子さんたちによる、お能の奏上と舞の奉納が
つつがなく執り行われました。

伊勢内宮15

内宮の磐座は、とてもダイナミックで
猿田彦は、この磐座に佇んで
伊勢にやってくる倭姫を待ち構えていたのかな・・・と想像させられます。

寒い日だったので、太陽の光とその暖かさが
とてもありがたく感じられます。

そんなフィーリングの磐座でした。

伊勢内宮16

磐座周辺には、
いろいろな種類の樹木が茂っていましたが
太陽カラーの色素をもつ
クチナシの実を見つけました。

伊勢内宮17

磐座周辺の木漏れ日。

神秘的で宇宙的。

・・・どちらの星人さまですか?

猿田彦さんは、やっぱり特別な嗅覚というか、
感覚をお持ちだったのだな~と思わざるを得ませんね。

(@_@;)

伊勢内宮18

この日は、東北地方を中心にして寒波襲来というニュースがありしたが
近畿や中部、ここ伊勢でも、とっても寒い一日でした。

日の丸も風に揺らめいていましたよ。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/14(土) 00:47:14|
  2. 神社仏閣めぐり(三重)

111 伊勢に行ってきました part.4 二見浦の夫婦岩

夫婦岩1

1/10(火)~1/11(水)
吉野信子先生とカタカムナ受講メンバーの皆様とともに、伊勢に行ってまいりました。

旅の詳細は、こちらの↓

吉野信子先生カタカムナ日記
http://katakamuna.xyz/diary/

をご覧ください。

今回の旅では、先生や皆様と共有した内容に関しても、個人的にも、
情報過多でとてもひとつの記事の文章には纏めきれないほど
盛りだくさんの出来事がありました。
111は、まさに反転の日だったと言えそうです。

写真だけ、とりあえず
ここに記録しておきたいと思います。

facebookグループ 「セヲリツヒメの官女たち」にも
一緒に旅した皆の記録がたくさんUPされています。

私はfacebookはやっていませんが、
ご興味がおありの方は
そちらで皆様が更新されている
今回の旅の意義にぜひ触れてみてください。

夫婦岩2

1/11(水)のスタートは、二見浦の夫婦岩からです。

近くの観光ホテルに宿泊し、早朝7時の夫婦岩からの日の出を拝もうと
二見興玉神社へ向かいました。

八大龍王大神も祀られています。

夫婦岩3

朝日が射してきましたが、太陽の周りは雲に覆われています。

波はちょっと荒ぶっていました。

夫婦岩4

夫婦岩のそばには、鴨の群れたちが。

夫婦岩5

ふたつでひとつの、横顔の人面石?
そっぽを向いているように見えるのです。

どこかで見たような・・・

思い出しました。

飛鳥の橘寺にある「二面石」に似ているような気がしたのです。

詳細はこちら↓

飛鳥~ 聖徳太子生誕地・橘寺
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1453.html

橘寺の「二面石」は、人の心のもち方を表したもので、
「右善面」と「左悪面」があり、善悪習合の鏡でした。

ホツマツタヱには、二見浦に
瀬織津姫によって、心を映す鏡が置かれたとされています。

この岩も橘寺の「二面石」と同様に、
私たちの、心の二面性を見つめて認め合い、和合させよという
メッセージが込められているように感じました。

夫婦岩6

猿田彦さんのお使いの、
カエルさんたちが見守っています。

夫婦岩7

二見興玉神社です。

夫婦岩8

ここで、発見!

禊祓いの輪注連縄。

夫婦岩9

なんと

○十字になっているではないですか。

\(◎o◎)/!

夫婦岩10

まん丸の日の出は、雲の向こうで
この日は拝むことはできませんでしたが
これだけ知ることができたら、
もう充分かもしれない・・・と思いました。

夫婦岩11

2017年初めての富士山のお姿が見えました。

うっすらと、ピンク色の雲に包まれて、その姿が浮かんでいます。

やったぁ~ 見えた! \(^o^)/

夫婦岩12

夫婦岩13

夫婦岩14

岩に留まっていたいた鵜が、
今日の旅立ちを見送ってくれていました。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/13(金) 14:42:01|
  2. 神社仏閣めぐり(三重)

111 伊勢に行ってきました part.3 伊雑宮

伊雑宮1

1/10(火)~1/11(水)
吉野信子先生とカタカムナ受講メンバーの皆様とともに、伊勢に行ってまいりました。

旅の詳細は、こちらの↓

吉野信子先生カタカムナ日記
http://katakamuna.xyz/diary/

をご覧ください。

今回の旅では、先生や皆様と共有した内容に関しても、個人的にも、
情報過多でとてもひとつの記事の文章には纏めきれないほど
盛りだくさんの出来事がありました。
111は、まさに反転の日だったと言えそうです。

写真だけ、とりあえず
ここに記録しておきたいと思います。

facebookグループ 「セヲリツヒメの官女たち」にも
一緒に旅した皆の記録がたくさんUPされています。

私はfacebookはやっていませんが、
ご興味がおありの方は
そちらで皆様が更新されている
今回の旅の意義にぜひ触れてみてください。

伊雑宮2

1/10(火)には
伊勢神宮・外宮→倭姫宮→猿田彦神社・佐瑠女神社へと参拝し
最後に訪れたのは、伊雑宮(いさわのみや)でした。

伊雑宮3

伊雑宮に訪れたのは、初めてです。

ホツマツタヱの関係で、その関係者の方と
訪れることになるだろうか・・・と予感していましたが

こんなタイミングで、カタカムナの御神事で訪れることになろうとは。

どちから辿っていっても、ここに来ることができるということは
大変に意味深いことのように思えます。

伊雑宮4

スダジイの木だったかな?
大きな御神木が見えます。

伊雑宮5

幹がどっしりとした、とても不思議な形状の木です。

伊雑宮6

伊雑宮7

同じ木ですが、角度を変えてみていくと
さまざまな表情を持っていて見飽きないですね。

森の中の主みたい。。。

伊雑宮8

参道の周囲の木々も、豊かに茂っています。
とっても清々しいです。

ずっとここに居たくなりますね。

伊雑宮9

ここは井戸かな。

伊雑宮11

神殿が見えてきました。

伊雑宮10

伊雑宮15

ここで、吉野先生の先導により
皆でヒフミ祝詞を唱えて、
観世流梅若六郎家・能楽師 井上和幸さん
お弟子さんたちによる、お能の奏上が
つつがなく執り行われました。

伊雑宮12

夕日が沈んでいことしています。

オレンジ色の太陽の光が、神殿を照らしていました。
とても神秘的な光に見えます。

伊雑宮13

御神霊の姿でしょうか。

白い玉響が、拝殿の中心に見えます。

伊雑宮14

こちらの写真の方が、鮮明に見えますね。

中心に浮かんでいる、白い玉響

きっと、皆様の思いが通じたのでしょう。。。

きっと、私たちの心の実柱も輝きだすはず。
ありがとうございます。

伊雑宮16

伊雑宮17

大きな御神木の傍に落ちていたどんぐり。

伊雑宮18

伊雑宮19

また、訪れることができたらいいなぁ。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/13(金) 13:44:33|
  2. 神社仏閣めぐり(三重)

111 伊勢に行ってきました part.2 猿田彦神社と佐瑠女神社

猿田彦神社1

1/10(火)~1/11(水)
吉野信子先生とカタカムナ受講メンバーの皆様とともに、伊勢に行ってまいりました。

旅の詳細は、こちらの↓

吉野信子先生カタカムナ日記
http://katakamuna.xyz/diary/

をご覧ください。

今回の旅では、先生や皆様と共有した内容に関しても、個人的にも、
情報過多でとてもひとつの記事の文章には纏めきれないほど
盛りだくさんの出来事がありました。
111は、まさに反転の日だったと言えそうです。

写真だけ、とりあえず
ここに記録しておきたいと思います。

facebookグループ 「セヲリツヒメの官女たち」にも
一緒に旅した皆の記録がたくさんUPされています。

私はfacebookはやっていませんが、
ご興味がおありの方は
そちらで皆様が更新されている
今回の旅の意義にぜひ触れてみてください。

猿田彦神社2

伊勢神宮・外宮へ参拝した後は
倭姫宮へ参拝して、そこでヒフミ祝詞を皆で唱えて
猿田彦神社へ向かいました。

写真は猿田彦神社の拝殿です。

猿田彦神社3

猿田彦神社の境内には
佐瑠女神社がありました。

佐瑠女=ウズメさんですね。

猿田彦神社4

「瑠」の字が入っているから、
なんだか他人事のように思えません。

もしかして私の中にも、
ウズメさんの要素があるのかも。

2017年は裸踊りでもしてみようかな♪

°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

今までとは違った自分と出会えてしまうかもしれませぬね。
それもまた愉しきかな♪

猿田彦神社5

鶴なのか鷺なのか。。。

猿田彦神社6

佐瑠女神社の裏手にまわると、
磐座がありました。

武部さんが教えてくださいました。
祭壇みたいな岩ですね。
捧げものを置くにはちょうどいい形状ですね。

猿田彦神社7

猿田彦神社8

猿田彦神社9

なんだか体中にエネルギーがぐるんぐるん回っていくような磐座群がたくさんあります。
そんなに大きくはないけれど、存在感がありますね。

猿田彦神社10

猿田彦神社11

やっぱり猿田彦と磐座との関係は切っても切れないのでしよう。

猿田彦神社12

その後、伊雑宮に向かいました。

道中のパスの車窓にて。
途中の山に、オウム岩が見えます。

猿田彦神社13

武部さんが、このオウム岩について
いろいろと説明してくださっていましたが
内容はちょっと失念。。。

詳しくは武部正俊さんのブログをどうぞ (←丸投げ)

火(ホ)と「ニワ」と鍋釜
http://blog.livedoor.jp/omtakebe/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/13(金) 00:17:29|
  2. 神社仏閣めぐり(三重)

111 伊勢に行ってきました part.1 伊勢神宮外宮

伊勢外宮1

1/10(火)~1/11(水)
吉野信子先生とカタカムナ受講メンバーの皆様とともに、伊勢に行ってまいりました。

旅の詳細は、こちらの↓

吉野信子先生カタカムナ日記
http://katakamuna.xyz/diary/

をご覧ください。

今回の旅では、先生や皆様と共有した内容に関しても、個人的にも、
情報過多でとてもひとつの記事の文章には纏めきれないほど
盛りだくさんの出来事がありました。
111は、まさに反転の日だったと言えそうです。

写真だけ、とりあえず
ここに記録しておきたいと思います。

facebookグループ 「セヲリツヒメの官女たち」にも
一緒に旅した皆の記録がたくさんUPされています。

私はfacebookはやっていませんが、
ご興味がおありの方は
そちらで皆様が更新されている
今回の旅の意義にぜひ触れてみてください。

伊勢外宮2

では、ここから伊勢神宮・外宮の写真をご紹介します。

伊勢外宮3

晴天に恵まれてイイ感じ。

天照大神も、豊受様も、
きっと微笑んでくださっていることでしょう。

皆で正式参拝しました。

伊勢外宮4

一緒に参加されていた武部正俊さんによると、
内宮から五か所湾に至る道を南下したところにある浅間山(せんげんさん)と、
ここ外宮の「三ツ石」とを結ぶと、正確な南北ラインが顕れるそうです。

ここから浅間山(せんげんさん)は真南にあるということ。
そしてラインを伸ばすと、外宮の「多賀宮」にも通っているそうです。

そして外宮の多賀宮は「内宮の磐座」を遥拝するように建てられていて
ここから拝むと、そのラインは遥か遠くの
滋賀県高島市にある白髭神社の磐座にも結ばれていくそうです。

武部さんの解説は、とても面白くて興味深かったです。

猿田彦大神は、磐座巡りをしていくとその軌跡が
どんどん顕れていくようです。

武部正俊さんのブログはこちら↓

火(ホ)と「ニワ」と鍋釜
http://blog.livedoor.jp/omtakebe/

ぜひご覧ください。

伊勢外宮5

伊勢外宮6

伊勢外宮7

伊勢外宮8

伊勢外宮9

伊勢外宮10

こちらが、多賀宮です。

今回の気になるポイント。

夏に白髭神社を訪れたのも、
このためだったのか・・・とも思える。

猿田彦さん、お導き頂きありがとうございます。

伊勢外宮11

多賀宮の前に並んで聳える杉の木を見ていると、
恵那神社で出会った、イザナギさんとイザナミさんの御神木に
再び出会ったような気持ちになり、感無量でした。

伊勢外宮12

伊勢外宮13

これまでとは違ってる
外宮の木漏れ日。

伊勢外宮14

私を取り巻く世界は
どんどん虹色になっていきます。

伊勢外宮15

こんな画像を見ていると
kagomeっちが伝えてる
シリウス・プラズマ生命体とのコンタクトと同じでしょ。

Sirius/ シリウス女神と繋がる ★とびら★
http://blogs.yahoo.co.jp/sirius19593453

私の世界も、ファンタジーそのものなのです。
天気だって、変わっちゃう。
変えられちゃうんだからね。
ほんとに。

それは、目に見えない存在たちと一緒に進んでいく世界。

伊勢外宮16

こちらは平清盛ゆかりの樹木らしいです。

伊勢外宮17

伊勢エビ風味?の龍くん。

ちょっと笑えました。

(*´▽`*)

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/12(木) 00:23:03|
  2. 神社仏閣めぐり(三重)

2017七草

2017七草

おはようございます。
一年ぶりの七草粥です。
玄米で作っています。

七草の由来はホツマツタヱにも出てきます。
知ったときは、とても感動しました。

なんとなく好きで続いているもの。
知らないで受け継がれてきた習慣。
手間なく自然。
身体も目覚める感じ。

和食は不滅のlegacyだよね。 (*´﹃`*)

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/01/07(土) 08:25:24|
  2. 美味しい創造♪