瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

摂津大峯 行者山

行者山1

7/6(土)のことですが、六甲比女神社吉高神社参拝のあとで、大江さんと別れて
その後、ジェイコブスさんとお友達のHさんに誘われて
能勢へとドライブしてきました。

いろいろな場所へ連れて行って頂きましたが
その中のひとつ 行者山の磐座がとても印象的だったので
ブログで紹介しようと思います。

行者山2

能勢の行者山(440m)は

修験道の開祖といわれる役小角さんが
天智8年(669)に開設したと伝えられています。

行者山3

麓には谷川やキャンプ場があり
オートキャンプを楽しむたくさんの家族連れが
わいわいバーベキューや川遊びを楽しんでいました。

その賑わいの横から、山道を登っていきました。

このあたりの景色って、どこか、六甲フィールドアスレチックの感じによく似ています。

行者山4

少し登っていっただけで、大小様々なかたちの磐座・磐座のオンパレード。

なんだかワクワクしてきます。

行者山5

山の入口付近に

大日如来さんが掘られた磐座があります。

役小角さんが御自身の爪で掘られたと伝えられているようですが。。。

強固な龍の爪なのだろうか。。。 (*"Д")

大きな磐座ですよ。

行者山6

こんなのや・・・

行者山7

こんなのが・・・

行者山9

ゴロゴロしていますよ。

やっぱり六甲山っぽいな~。

六甲のように複雑に密集しているわけではないけれど
ひとつひとつの磐座のスケールが桁違いに大きいです。

こういう山にくると、何も知らなくても
役小角さんの気配を感じられるようになりました。

行者山11

いくつかの行場を巡ると、やがてお堂が見えてきました。

行者山12

お堂の側の磐座が、群を抜いて大きいのですが
転がらないの???と思うほど滑らかで綺麗なかたちをしています。

横にいる木が、ちと辛そうです。^^;

行者山14

反対側から見たところです。

転がりそうもない形状をしていました。^^;

巨大すぎて、全体像がわかりません。

行者山<br />15

そこは、弥勒菩薩像が祀られている行場でした。

お堂の前にあるということは
弥勒菩薩さんはとても重要な菩薩さんということなのでしょうね。

行者山16

背後の巨大磐座です。大きな一枚岩。

弥勒菩薩さんって、やっぱりスケールが大きいんだなぁ。。。 (*"Д")

行者山18

そんな磐座のそばにある、お堂です。

行者山19

覗いてみると・・・

w(*・o・*)w  たくさんのオーブが舞っていました。

行者山20

神様や仏様のオーブにも、いろいろなかたちや個性があるよね。

・・・なんて話もしていましたが、本当にそうだと思います。

行者山21

ここが龍穴らしいです。

行者山22

ちょっと六甲比女の「雲が岩」にも似ているね。

真っ二つに割れている磐が多いのは、なぜでしょうか。

行者山24

蒸し暑い日で、頂上に着くと汗だくになりましたが
気持ちの良い風が吹いてきて、ここでのしばしの休憩は、至福のひとときでした。

行者山23

能勢を訪れたのは、2年まえくらい(?)の妙見山に登った時以来でした。

この土地の空気も気持ちいいなぁ♪

また訪れたいです。


大きな地図で見る

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/07/09(火) 09:37:48|
  2. 散歩(大阪)