瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

イサナギ×イザナミ

イザナキ×イザナミ2

wikiより

イザナギ(伊弉諾、伊邪那岐)は、古事記、日本神話に登場する皇祖神。
イザナキとも。『古事記』では伊邪那岐命、『日本書紀』では、伊弉諾神と表記される。
イザナミ(伊弉冉、伊邪那美、伊弉弥)の兄であり夫。

イザナミ(伊弉冉、伊邪那美、伊弉弥)は、日本神話の女神。伊弉諾神(伊邪那岐命・いざなぎ)の妹であり妻。
別名 黄泉津大神、道敷大神。


イザナキ×イザナミ3
「ほつまつたゑ 解読ガイド」より
http://gejirin.com/src/I/isanagi.html

☆イサナギ

伊耶那岐尊。 
アワ君。アワ宮。タガの神。 斎名:タカヒト。幼名:カミロキ(神漏岐)。
根の国を治めたアワナギの長男。ウヒヂニ・スヒヂニの曾孫に当たる。ココリ姫、クラキネとは兄弟。
オモタル・カシコネの後、世嗣が無いため中央政府が空洞化し大きく世は乱れ、ヒタカミのトヨケが暫定的に日本を総括していたが、根の国主の御子タカヒトとヒタカミ国主の娘イサコが婚姻を結び、これを以て中央政権を継承する。 
各地を巡業し、殖産興業と民の教育に勤める。 
ヒルコ、ヒヨルコ、ワカヒト、ツキヨミ、ソサノヲを生む。 
アワチの宮にて神となる。
  

★滋賀県近江八幡市沖島町、奥津嶋 (オクツシマ) 神社。
★茨城県つくば市大字筑波、筑波山 (ツクバヤマ) 神社。
★福岡県福岡市西区小戸、小戸大神宮 (オトダイジングウ)。
★滋賀県犬上郡多賀町多賀、多賀 (タガ) 大社。
★兵庫県津名郡一宮町多賀、伊弉諾 (イザナギ) 神宮。


☆イサナミ

伊弉冉尊。伊邪那美命。
5代タカミムスビのタマキネの娘。 斎名:イサコ。 クマの神・ミクマノの神。
オモタル・カシコネの後、世嗣が無いため中央政府が空洞化し大きく世は乱れ、ヒタカミのトヨケが暫定的に日本を総括していたが、根の国主の御子タカヒトとヒタカミ国主の娘イサコが婚姻を結び、これを以て中央政権を継承する。 
各地を巡業し、殖産興業と民の教育に勤める。 
ヒルコ、ヒヨルコ、ワカヒト、ツキヨミ、ソサノヲを生む。 
ソサノヲはイサナミの生理中の交わりで孕んだので、その汚穢・隈がソサノヲに宿って世の隈となる。イサナミは我が身の汚穢が元であると責任を感じ、「隈の宮」となって世の隈を身に受けようとした。
ソサノヲがクマノの山に放った火を消そうとして生んだカグツチにより焼死するが、死ぬ間際にハニヤスとミヅハメを生んでいる。熊野の有馬に葬られる。
  

★滋賀県近江八幡市沖島町、奥津嶋 (オクツシマ) 神社。
★茨城県つくば市大字筑波、筑波山 (ツクバヤマ) 神社。
★福岡県福岡市西区小戸、小戸 (オト) 大神宮。
★滋賀県犬上郡多賀町多賀、多賀 (タガ) 大社。
★京都府京都市右京区嵯峨愛宕町、愛宕 (アタゴ) 神社。
★和歌山県東牟婁郡本宮町本宮、熊野坐 (クマノニマス) 神社。
★和歌山県新宮市新宮、熊野速玉 (クマノハヤタマ) 大社。
★三重県熊野市有馬町、花窟 (ハナノユハヤ) 神社。
★奈良県吉野郡十津川村玉置川、玉置 (タマキ) 神社。
  

■鳥居はイサナキ・イサナミの二柱を顕しているという。


----------

記紀とホツマの物語は、しょっぱなの国産み神話から
すでに全然違ってる内容だったので、最初の頃はワケワカメでした。(@@)

ほんのさわりの部分を知っただけですが
ホツマの内容を見ていると、優しい絵が浮かんできます。

記紀を参考にした国産み神話の絵って
なんだかみんな、おどろおどろしくて、惹かれる要素がほとんどありませんでした。

日本の神様って、ほんとはみんな、温かくて優しいんじゃないかな?
常々そう思ってきました。

私は研究者ではないので、ホツマの世界が歴史の真実なのか?
そんなことまでは、良くわかりません。

ただ、内容にはとても惹かれます。

私は、私が見たいな~と感じる神々を描いています。
いまは私たちと、とても身近な存在のように感じています。

---------

ふたりの間に生まれた子供は、第一子のヒルコちゃんです。
ヒルコ姫(=ワカ姫)は、のちに生まれるアマテル神のお姉さんです。
ホツマツタエの中では、筑紫で生まれて西宮で過ごし、素敵なお姫様に成長していきます。
ヒルコ姫(=ワカ姫)には、素敵な恋の物語もあります。

↓よろしかったら、こちらもどうぞご覧下さい~。

越木岩のワカ姫
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-844.html

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/08/09(金) 19:39:56|
  2. ペアの肖像