瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

六甲山 三国岩

三国石1

六甲山の三国岩へ行きました。

三国石2

三国岩は、三国池のすぐそばにあります。

六甲山上駅~摩耶ロープウェー山上駅を結ぶ
六甲摩耶スカイシャトルバス(阪急バス・六甲摩耶鉄道バス)の「三国池」から徒歩300mくらいの場所。

バス停から山に入って歩きます。

三国石3

ダイヤモンドポイントへの分岐の処で
今回も蝶々が待っていてくれて、三国岩方面へと案内してくれました。

三国石4

杉の木がたくさん。

三国池周辺は、どこを歩いても気持ちの良い場所が広がりますね。

三国石5

光の中でたくさんの蝶々が踊っていました。

幻想的な風景でした。

三国石6

留まっているところしか撮ることができなくて、ちょっと残念。^^

こんな蝶々がたくさんいたのです。

三国石7

この先に三国岩があります。

三国石11

磐座に着きました。
こちらが三国岩です。

たくさんの座布団が重なっているような
タワーパンケーキのような
ハンバーガーのような

平べったい岩が規則的にたくさん積み重なっているようにみえる不思議な岩です。

六甲比女の磐座よりもずっと小さいですが、存在感がありますね。 (*"Д")

三国石20

本当にハンバーガーみたい。(*´∀`*)

三等三角点の「三国岩」は、六甲山の分水領にあたります。

武庫・菟原(うはら)・有馬三郡の境界点で「三国岩」

由来は他にも

・巨石が3つ積み重なっていることから
・摂津,播磨,淡路の三国が見渡せることから

そんなこんなで「三国岩」は3つを束ねる岩なのです。


昨日upした白山の宮・石の宝殿は、船坂川、仁川、芦屋川、住吉川などの分水嶺上にある宮でした。

六甲山の水は古から本当に大切に祀られてきたんですね。。。
大事ですよね。水。。。

三国石21

ここに窪みがあって、祭壇のように見えます。

昔、神様へのお供え物や奉納品が置かれていたのかもしれませんね。

思わず両手を合わせて拝んでみました。。。

三国石12

磐座のてっぺんです。

割れ目に沿って笹が生えています。
流れるようなシルエットで、笹の葉もフサフサ。

磐の上で、龍が一休みしているように見えました。
真上から見ると、笹が龍のウロコのように見えるのです。

この横に座らせて貰って
持参してきた玄米おにぎりを食べました。

私も一緒に一休み♪

三国石13

松の葉でハートが出来ていました。

可愛いね。 *。・+(*゜∀゜*)+・。*

三国石14

こちらは、松ぼっくりが瞳になってるダックスフントに見えます。

犬とハートに出逢ってしまった。

これはなんのサインでせぅ?

三国石19

おにぎりを食べたのに、甘いものが欲しくなりました。

キャラメルとかチョコとか。

・・・この記事、食べ物の名前が多いな。。。^^;

磐がとても温かいです。
いつも陽が当たっている場所。

これも六甲比女の磐座とはちょっと違います。

ちょっと違うけれど、温かさに包まれている感じ。

だから甘いものを口に含みたくなったのかな。
今度来る時は、お菓子を持ってこよう。

三国石18

頭上には松ぼっくりがたくさん。

三国石15

アカマツの木が周囲に沢山あります。

松茸が生えているかもしれない。

三国石16

ここは天気の良い日に訪れたい場所です。
---------
地図は三国岩に近い最寄りのバス停です。

大きな地図で見る

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/09/11(水) 10:04:55|
  2. 自然(六甲)