瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

布引の滝と二宮神社

布引1

神戸布引ハーブ園から新神戸駅までのハイキングコースを歩いて下りました。

ハーブ園への登りはロープウェイに乗りましたが
帰りは、のんびりとダムや滝を見ながら、森林の中を歩きたくなります。

ここは、布引貯水池
五本松ダムです。

布引2

どこかの古代の文字が浮かんでいるように見えます。

光っている部分に、なんて書いてあるのかな?
私にはよく分からないけれど、護符に書かれているような文字っぽく見えませんか?

布引3

ダムのいちばん奧(北側)に、豊受稲荷大明神さんがお祀りされています。

ちょっと異次元過ぎて、何度撮ってもボヤけてしまふ。。。 (*"Д")

布引4

光でいっぱいですね。
貯水湖の水が、とても綺麗だから。

とても有難いことです。

布引5

たくさんの歌人達に詠まれてきた、白滝。
山姫の滝

布引6

こちらは下流の夫婦滝

ここも紅葉を待って訪れたらいいかも。(*´∀`*)

このまま、さらに下流まで歩いて新神戸駅に到着しました。

ふと思い立ち、そのまま南の生田川沿いを歩いていって
二宮神社に参拝して帰ることにしました。

二宮1

二宮神社です。

鳥居の向こうに神戸クアハウスが見えるでしょ?
ちょうど神社の北側の筋にあります。

117の阪神大震災では、無料で布引の綺麗な水を汲ませて頂くことができ
被災した神戸市民の生活を大いに支えて頂きました。
いまは有料になってしまいましたが、ここで汲む水は、
長期の保存に耐えられるということで、船乗りさんたちの長い航海の糧にもされてきました。

二宮2

二宮神社の御祭神は
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやび・あめのおしほみみのみこと)です。

神功皇后天照大神の御神託を受けて建立された神社のひとつで
応神天皇もお祀りされています。

関連記事はこちら↓

オシホミミ
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1018.html

二宮3

樹齢700年のケヤキの御神木。

二宮4

この木は、私の中では大山祇神社の御神木を越えてしまったのかもしれない。。。

目の前に存在しているだけで涙が溢れて止まらなくなりました。

【゜・`д´゜・】 うわーん

二宮5

ふだんは、そんな泣き虫ではないですよ。

とにかく、胸の奥を揺さぶられてしょうがないのです。
そんな木は、実際にはあちこちにあるんだけれど。。。

ここが「龍穴」と呼ばれているのは、本当のようです。

クアハウスの水汲み場が、震災後の人々の生活を支えてくれていたのも
龍神さんたちの御神徳。

二宮6

火災の浄化で失うものが多かった神戸の街ですが、水は手をさしのべてくれた。
どんな場面にも、神様は私たちと共にいる。

東北は、神戸とは逆のお働きだったのかな。

感謝の気持ちを、いつでも持ち続けていたいものですね。

二宮7

椋白龍社(むくのきはくりゅうしゃ)には、白龍大神が祀られていて
龍神さんや白蛇さんにまつわる逸話が数多く残されているようです。

それは、上流の布引の滝や、ダム付近の豊受稲荷大明神さんと同じ龍神さんなのでしょうね。

御手水の水も、とても澄んでいて綺麗です。

神戸には一宮~八宮までありますが
水の美しさにおいては二宮神社が随一かもしれません。

二宮8

「まさに勝つ、吾れは必ず勝ちて負けること無し、勝ち進む速さは日の昇るがごとし」

・・・と言われているオシホミミさんだけあって
防衛省の掲示板があり自衛官募集のポスターが貼られています。

格好いい! 格好いいよ!!

日本人のサムライスピリットを全力で守護してくださる神様だわ。 

*。・+(*゜∀゜*)+・。*

二宮9

身体中に熱いエネルギーが流れていきました。

家路について、ふと夕焼け空を眺めてみると、
羽衣天女のような綺麗な雲が浮かんでいました。

二宮10

いつも見てくださっています。

それを忘れないでいましょう。


大きな地図で見る

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/09(土) 10:27:58|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)