瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)

大阪は天王寺にある、生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)に参拝してまいりました。

兼ねてから行きたいと思っていた神社です。
今日は念願が叶いました。^^

生國魂神社28

生國魂神社26

御祭神は
・生島大神
・足島大神
・大物主大神

生國魂神社23

隅々まで手入れが行き届いた、清々しい気の神社です。
手水舎の水もこんなに澄んでいて綺麗。
美しい波紋を広げています。

生國魂神社3

それもそのはず、、、精鎮(せいちん)社が祀られています。
元は表参道の蓮池に祀られていたそうですが、戦後、地下鉄工事のために蓮池が埋められることになり、境内に遷されたそうです。
事代主神(恵比須)、比大神(弁天)が御祭神です。

比大神(弁天)=瀬織津姫様ですね。
ここでも歓迎してくださっているようです。

青いネットの下には、巨大な錦鯉が悠々と泳いでいました。
ほんとうに大きな鯉で、ビックリしました。(@@)

水の女神様の御神徳ですね。
水がしっかり循環していて綺麗なようでした。

鯉のように、この美しい水の流れのように、大自然の氣に意識を合わせてみよう。

そうすることで今まで以上に多くのシンクロを呼び込むことが出来て
この激動の世の中でも泰然と構え、中心からブレることなく
自然の流れに乗って進んでいけるはずだから。

それが、あるがままに、ということ。

生國魂神社18

精鎮(せいちん)社の横を流れる滝。
この流れが循環を造っているんですね。
心が洗われるようです。

生國魂神社20生國魂神社21

亀と蛙。

このカエル!!!
なんと、私の実家にも、全く同じものがあるんです!!(@@)

なんというシンクロ。 カエル・シンクロ。 ちょっとピックリ。 滝の中で潤っているね。

ちなみに、私の実家のカエルさんは庭に置かれています。

生國魂神社12生國魂神社14

ここには他にもたくさんの境内社があります。

・皇大神宮
・住吉神社
・天満宮

・城方向(きたむき)八幡宮
・家造祖(やづくりみおや)神社
・浄瑠璃神社
・鞴(ふいご)神社
・稲荷神社
・源九郎稲荷神社

などなど。。。 錚々たる神社が並びます。

生國魂神社4

こちらは、鴫野神社(しぎのじんじゃ) です。

かつては弁天島(現在の大阪ビジネスパークの位置)に祀られており、淀殿が篤く崇敬したそうです。
淀殿死去の後は淀姫社と呼ばれるようになり、現在も「女性守護の神」として知られています。

御祭神は
・市寸島比売(いちきしまひめ)
・大宮賣神(おおみやひめのかみ)
・淀姫神(よどひめのかみ)

心にカギの絵馬が印象的でした。

心に鍵。 (鍵=61=太陽・真理・要・発心・鶴・相性) 心に大切なものを見直して飛翔を。
心に錠。 (錠=100=美意識・神秘・富士山) 心に美意識を抱き神秘の人に。

女神様からのメッセージは、そんなところでしょうか。

生國魂神社24

こちらは御神木です。

生國魂神社19生國魂神社30

蝉の抜け殻が、木々のあちこちにくっついていました。

秋も終わりの時期に、どんなに激しい風雨にも堪えてきて、ここまで綺麗にかたちを残しているなんて。
ちょっと感動です。

見事に脱皮して、この蝉さんは、どこへ飛び立っていったのでしょうか。

私たちも、無心でやってきたことが、そろそろ実を結んでいく頃・・・?
それを告げてくれているのかもしれません。

浄化とデトックスの繰り返しが、スムーズな脱皮と進化を促すことを知りました。

繰り返し、繰り返し、新しい羅針盤が差していく方へ。
光の射していく方へ。

重い苦しみを味わったぶんだけ、きっと飛躍は愉しんでいけるはず。

生國魂神社27

生國魂神社31生國魂神社29

参集殿では、出口王仁三郎さんの耀碗(ようわん)展が開催されていました。

どの椀も、手ひねりでの作陶で、温もりと情熱を感じさせられる作品でした。
こうした作品は、作者の人柄がハッキリと作品に顕れるものです。
いろんな色を併せ持ちカラフルでダイナミック。
出口氏は、そんなハッキリとした正義感溢れる魂さんだったのだろうなぁと感じます。

作品を語る上でも、「好き」も「嫌い」も無くなりました。
あらゆる場面で物事が統合に向かっていく中、
内なる感性もまた、そうあるようです。

いくたまさんの神々からのメッセージは
今後の流れが楽しみになるようなものでした。

ありがとうございます♪ (-人-)

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/11/23(月) 22:51:34|
  2. 神社仏閣めぐり(大阪)