瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

龍神たちの雪下ろし

穂積屋1

荒神谷遺跡を散歩してから、お昼ご飯を食べに行きました。

出雲市斐川町にある、地元で人気のうどん・蕎麦のお店です。

鶴華 波積屋 / つるがはずみや

穂積屋2

久しぶりに、出雲蕎麦を食べるつもりが・・・

あまりに寒かったので、鍋焼きうどんを注文してしまいました。

温かくて、美味しかったよ。。。 〃o(*´▽`*)o〃

穂積屋3



日蓮宗の鶴の紋みたい。

丸いマークは、蕎麦の実を引く道具かな。
鶴の恩返しの、機織の糸
糸巻きの糸
運命の赤い糸
そんな感じにも見えました。


ここでは蕎麦打ち体験ができる施設もあるのです。
いつも出雲大社参拝の、多くの観光客さんで賑わっているお店なのです。
大社の近くには、たくさんの蕎麦屋さんがあります。
出雲蕎麦は地元の名産ですから。

美味しいので、ぜひ、皆様にも出雲の蕎麦を食べてほしいなぁ。
・・・といいつつ、うどんを紹介している私です。 てへ♪

雪景色2

実家に帰ると、床の間の掛け軸が変わっていました。

天照皇大神 → 梅ノ木

あっ 弁才天さんがいる。 w(*・o・*)w

2014 元旦 出雲の夜明け
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1111.html

↑この記事の中では「弁才天さんだけがなぜか居ない」と書いていたのに
今回帰省すると、ちゃんと弁才天さんが飾ってありました。
何も伝えなくても、やっぱり両親には、ちゃんとテレパシーが通じてしまうみたい。

嬉しいなぁ♪

そして
去年11月の出雲大神宮で引いたおみくじを思い出してしまいます。

うぐいすの 谷の戸いずる こえはして のきばの梅も さきそめにけり

久しい間のくるしみも 時が来て おのずから去り
なにごとも春の花のさく様に 次第次第に さかえてゆく運です
安心して ことにあたりなさい


-------

出雲に着いた晩、激しい雪下ろしの雷が鳴り響きました。

あぁぁぁ・・・龍神たんが、大暴れしてる。。。

家の屋根を突き破りそうな勢いで
ドスーーーン・ズドーーーーン・バリバリバリ・・・と鳴り続けていました。

雷には慣れているはずの家族たちでしたが、かなりビビッておりました。

私は雨女でもあるけれど
雪女でもあったんだなぁ。。。

それも、かなり顕著になってきてるみたい。ははは。。。(汗)

雪景色1

一夜明けると家の周囲は
御覧のように、いちめんの銀世界に変わっていました。\(^O^)/

うわぁ・・・

トンネルを抜けると、そこは雪国であった  ・・・みたいなね。

玄関を開けると、そこは雪国に変わっていた也。

雪景色3

久しぶりに、雪遊びを愉しみました。\(^O^)/

白兎神ーーーーー。

雪景色4

カエルにも積もってる。

雪景色5

そういえば、このカエルは親子だったんだよ。
ずっと実家の庭にいて、ずっと私にサインを送ってくれていたんだね。

大きなカエルは私。

私が、現世の子供たちを背負ってる。

そして、再会した私の過去生での子供たちをも背負ってる。

子供のカエルは、そんな魂の兄弟たち。

母カエルの私は背負ってる。

再会した過去生の息子たちは、大切な私の伴侶でもあります。

シングルソウルは、ここには並んでいない父カエル。

私たちの親子再会を見届けると、その役割を彼らに引継ぎ、還っていきました。

ずっと長い間、私たちを温かく見守り続けてくれていたんだね。。。

ちゃんと、恩返しをしていけるといいな。

私たちには、これからまだまだ、やることがいっぱいあるね。



いまは多次元的な人生生活を、愉しみながら過ごしています。

これまでも、そんな感じだったけれど。。。


なかなか理解してもらえないお話をしているのかもしれません。


私たちは、すでに「弥勒の世」の中で生きています。


毎日が新しい日々。

どんどん輝きを増していく日々。

虹色の日々。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2014/01/25(土) 09:41:31|
  2. 自然(出雲)