瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

私の瀬織津姫

康国寺8

年始に御参りしたお寺へ、再び行くことになりました。

ひいおばぁちゃんの33回忌法要なのです。

今回出雲へ帰省したのも、このためでした。

康国寺9

もう一度紹介しておきましょう。

---------
大雲山 康國寺(こうこくじ)

臨済宗妙心寺派のお寺です。

【住所】島根県平田市国富町1301
【本尊】釈尊牟尼如来
【開山】孤峰覚明(三光国師)
【開基】三沢康国

【由緒】康国寺は、山号を大雲山と号し、臨済宗妙心寺派に属する寺である。
臨済宗大雲山康国禅寺は、元享2年(1322)南北朝時代、孤峰覚明禅師(三光国師)の開闢の霊場であり、
大檀越三沢康国公の寄捨の地である。同寺の庭園は江戸時代末期の天保年間(1830-44)に、
松江藩7代藩主不昧公が江戸から連れ帰った庭師沢玄丹に施工させ、築庭された庭で、旅伏山麓にあり、
禅院特有の枯山水庭園で、借景に旅伏山を取り入れている。自然山水との調和の美しさは見る人を誘い、
この地方独特の松を配した様式手法は美的効果を一層高め、整然と置かれた飛石、
池に面した老松のたたずまいなど、山陰随一の名庭園と言われている。

【寺宝】聖徒妙麟/古文書/白隠禅師書

---------

「仏教総合情報サイト ブッダワールド」さんより
http://www.buddha-world.jp/

康国寺10

このお寺は、小さい頃から、ひいおばぁちゃんと一緒に御参りもしていたし
私にとっては、とても馴染みの深い、温かいお寺でした。

康国寺11

私にとっては、瀬織津姫といったら、ひぃおばぁちゃん、かな。

共働きの忙しい両親に代わって、小さな私を、とても大事に育てて下さいました。
寝食をともにして、お風呂も一緒に入って、なにからなにまで、一緒にしていました。

電車やバスにのって、大社にもよく参拝していたっけ。
御祭にも一緒にでかけて、オハジキなんかを買ってもらったりして。
そんな、ひいおばぁちゃんが大好きでした。

私が中学生の頃に86歳で他界してしまいました。

後に、まったく血が繋がっていなかった、と知った時は、とても驚きショックでした。

子供の居ない曽祖父と曾祖母のもとに、祖父は養子に入っていたのです。

ひいおばぁちゃんは、子供・孫・ひ孫の私・・・
たくさんの子供たちを我が子と思い、たくさん育ててきていたのです。

私の中では、いつでもお手本にしてしまう女性です。

今回の33回忌法要でも
「お婆さんは、我が家の姫たちをたくさん育ててきたんだねぇ・・・立派だわ」
などと、叔母と私を見つめながら呟き、両親はひいおばぁちゃんの在りし日を讃えていました。

叔母と私は、どこかよく似ています。
母よりも、雰囲気は似てるかも。

そんなこんなで、私にとっての瀬織津姫は、ひいおばぁちゃんなのです。

康国寺12

また昔語りをしてしまいました。

でも、きっと、話を聞きたいと感じて下さっている
必要な人たちがいらっしゃるからですね。

血よりも濃い、魂の繋がりがどんどん広がっているから。

他愛のないこんな話でも、なにかを感じて頂けるといいな・・・と思います。

康国寺13

ポスターが張ってあったり

康国寺14

なんだか明るく、アートな空間になっている本堂です。

康国寺15

四国八十八箇所の御朱印もありました。

私は、西国霊場巡りの旅を思い出していました。

二十代の始めのころに、西国三十三箇所を満願して
三十代の半ばのころに、新西国三十三箇所を満願しました。

薬師さん巡りもしてみたいけれど・・・なにせ、時間がないようで。。。

楽しいことがいっぱいの霊場巡り。好きなんですよね。

康国寺16

仏陀さーーーん

アニメ映画の第二段ですね。

最初の映画上映を、吉野山の金峯山寺で知って、割引チケットを頂き、すぐに見に行きました。

このタイミング? 2/8ってもうすぐですね。
見に行ってみようかな。
たしか、幸福の科学関連だったと思ったけれど。。。

第一弾の仏陀さんは、冒険へ出て挫折感を味わうところで終わってしまっていたような・・・
なんだか見ていて、消化不良なままズルズル引きずってしまったような感じでした。

今度は、冒険で何かを見つけるお話なのでしょうかね。
ちょっと気になってしまうわ。

あっ 

割引チケットがあれば、頂いておくんだった。
うぅぅ・・・聞けばよかった。残念。。。

康国寺17

絵画がたくさん奉納されていて
話の流れから、私の仏画もお贈りすることになりました。

いいのかしら。。。弁才天さんなんだけど。。。

そんな約束もしてきました。

出雲での神社仏閣との関わりも、これからどんどん出来て行きそうな予感です。

住職さまとお会いしたのは、祖父の法事以来かな。
もうかれこれ15ぶり・・・。
これまで私のしてきたことに対して
今でも、とても好感を持ってくださっているんだな・・・と知って嬉しくなりました。

なんだか、住職様とも、並々ならぬ御縁を感じたりもしています。
優しくて頼もしい感じの、お父さんのような方です。

がんばるぞーーー。\(^O^)/

康国寺18

美しい庭園です。

康国寺19

この庭園を一目見たいと、遠方から訪れる方も多いそうです。

康国寺20

いつも鴨ちゃんたちが居ます。

ここは、あまり変わらないでいて欲しい場所のひとつです。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/25(土) 12:28:37|
  2. 古墳・遺跡・史跡(兵庫)