瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

冬の神魂神社

神魂1

1/23(木) 両親とともに八雲立つ風土記の丘の周辺をドライブしてきました。

最初に参拝したのは、神魂神社(かもすじんじゃ)です。

神魂2

この近辺は、古代出雲の中枢都市でした。

あちこちに古代縄文の祭祀場・古墳・史跡などが存在しています。
少しザクザク掘っていけば、その時代の集落の営みを知ることができそうですね。

逆に、むやみに掘れなくなっているのかも。。。

なにか、隠れていた、とんでもないものが見つかっていきそうな
そんな空気に包まれている風土記の丘です。

神魂3

森の香りがする・・・ 〃o(*´▽`*)o〃

神魂4

こんな場所を毎日散歩したいわ。。。

神魂6

眼に映っていく、周囲のすべての緑たちが
疲れた眼に安らぎと潤いを与えてくれました。

好きでしょ? こういう場所。 

一緒に散歩したくなるでしょう。 〃o(*´▽`*)o〃

神魂7

御由緒は過去記事でどうぞ。↓ 前回は真夏の参拝でした。

神魂神社(かもすじんじゃ)
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-222.html

主祭神は、伊弉冊大神(イザナミ)伊弉諾大神(イザナギ)
中世末期ごろから祀られているそうです。

寛文年間ごろの新嘗会祝詞には、熊野大神・大己貴命などの神名が見えるそうです。

社伝によると、天穂日命がこの地に天降って創建したものと伝えられていますが
『延喜式神名帳』、国史や『出雲国風土記』には記載されていないそうです。
そんな、謎多き神社です。


本殿は現存する最古の大社造建造物で
昭和27年3月に国宝に指定されました。

昭和23年の修理の際に、柱から正平元年(1346年)の墨書が見つかったそうです。
現在の社殿は天正11年(1583年)の再建と考えられています。

ここに来ると、紫色や瑠璃色にファインダーが染まってしまうけれど。。。

今日はちょっと、スゴイかも。

そういえば、23日でした。
シリウスデーでしたね。

神様みんなに歓迎されているようで嬉しくなりました。〃o(*´▽`*)o〃

神魂9

白い雪が、光の反射板になっていたのかな。

雪の日って、とくに周囲の景色を美しく映していくよね。

寒いのは苦手だけれど、そんなに苦ではなくなってしまったわ。

神魂11

杵築社
伊勢社
熊野社

神魂12

武勇社
蛭子社
荒神社
外山社
貴布祢稲荷両神社
秋葉社

国津神オールスターですね。

神魂13

こんな森の中の陽だまりが
私にとってはとても心地よく感じるのです。

私が吐いている白い息も、光の粒子に変わっていくよ。。。

神魂14

相変わらず、近くにある八重垣神社よりも参拝者さんは少ないです。

この日も、深々としていました。

それがまた良いですね。

ここもまた、神の庭なのです。


大きな地図で見る

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/25(土) 15:11:49|
  2. 神社仏閣めぐり(島根)