瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

大神山神社・奥宮「夏宮」

大神山神社(おおがみやまじんじゃ)奥宮です。
積雪で冬の祭祀が厳しいため、一般的には夏季にお参りする神社となり「夏宮」と呼ばれます。

大神山神社奧宮1 大神山神社奧宮9

みごとな参道です。
鳥居を潜れば、そこから国内最長といわれる約700メートルの自然石が敷かれています。

大神山神社奧宮19 大神山神社奧宮11

参道脇にも、水がサラサラと音を立てて流れます。
雪解け水は目が覚めるような冷たさですが、次第に温かみも感じられたりもします。
ふれるとシャキッと身体が引き締まります。

岩に掘られたお地蔵さんが目を引きました。

大神山神社奧宮4

大神山神社奧宮7

こちらは「和合の岩」です。

”和合”とは”仲良くする”と言われているが、この杉の老木と岩とは、
不思議なほど自然と調和しているのでこの名があるそうです。
いつ頃か、子供が欲しい人、よいお嫁さん、お婿さんが欲しい人、
夫婦仲や、お舅、お姑との仲があまりうまくいかず悩んでいる人は、
この和合の岩にお祈りすると願いが叶うと言われるようになったそうです。

「和合」に希望を見いだすのは、昔も今も変わらないんですね。
ほんとに見事な「和合」です。

大神山神社奧宮14

本当に、長~い石畳の参道です。

大神山神社奧宮21

神門が見えてきました。
石段を登り切ります。

大神山神社奧宮23

さらに石段が続きます。

・・・見えてきました。大神山神社の奥宮です。

大神山神社奧宮24

奥宮の御祭神は、大己貴命(=大国主命)です。

拝殿は、50メートルを超える間口の広さが特徴です。
その存在感に圧倒されました。

大山とのコントラストがとても美しいです。
ここでは何度も深呼吸をしました。

大神山神社奧宮26 大神山神社奧宮27

細工がとても美しい社殿です。

大神山神社奧宮28

弁財天社です。
御祭神は、宗像三女神です。

多紀理毘売命(たきりびめ)
市寸島比売命(いちきしまひめ)
多岐都比売命(たぎつひめ

とてもうつくしい、美と水の女神様です。

相殿神として、大山津見命。

大神山神社奧宮16

大神山神社奧宮18

大山の中腹は、水と自然あふれる古代神々の聖地でした。

伯耆富士・大山は、平安時代には修験道場として著名な山となっていたそうです。
参道のそこかしこに、その名残や先人の息づかいを感じられます。

山にすまう神々の、大きなパワーが溢れる神社でした。

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/04/06(火) 00:17:05|
  2. 神社仏閣めぐり(鳥取)