瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

神呪寺 再び

神呪寺4

鷲林寺へ参拝した後、甲山神呪寺へと足を伸ばしてみました。

この灯篭の存在感ときたら。。。

来るたびに気になってしまいます。
そしてペタペタ触ってしまふ。

赤いぞうさんとの再会は、門戸厄神で!と決めていました。
私から「一緒に行きまししょう」と誘ってみたものの、なぜそうしたかったのか・・・
その理由は、別れて家路に着いた後で分かることとなりました。

やっぱり彼とは、とても深い御縁があったんだ、と気づいてしまいました。


青いぞうさんとは、同じ西宮市内のお寺に行きたいなと思ったものの
まずは、どこに行ったらいいのかな?と決めかねていました。

いろいろな場所が浮かんでくるのです。
最初は鷲林寺がいいかな。
でも清荒神・中山寺も良いかな。
最後に行くのはきっと神呪寺かな。
神呪寺はなんとなく特別な場所のように思えたから。

最後と思っていた場所に、結局、最初に来てしまいました。

到着する前から、エネルギーがぐるんぐるん回っていきました。
頭まで沸騰しそうで目も回りそうでした。
交わした会話もうろ覚えです。

そんなこんなで
彼とも、タダならぬ御縁で繋がっているんだな・・・と感じた次第です。

判ってた。

うん。
判っていたんだよ。

この寺は、真井御前さんと空海さんによる平安時代の開基だけれど、
良い国を創った源頼朝さんや、多くの戦国時代の武将たちの歴史が詰まっています。信長さんとかもね。
とにかく、、、ひとことではいえない、様々な歴史で彩られた古刹です。

いろいろな霊たちに動かされ、語りかけられてしまうお寺。
感応してしまうのも当然なのかもしれません。
なので、最後でいいや・・・と思っていたのですけれどねぇ。。。

みんなの伝えたい、、、っていう熱い想いを、ひしひしと感じさせられました。
熱い。熱いよ。。。

神呪寺1

如意輪融通観音さんの、金色と青。

この組み合わせがとても好きだったんだけれど
彼も同じ視点で見ていたことに、ちょっと嬉しくなりました。

神呪寺2

こちらは弘法大師・空海さん。
同じ色。

藍染みたいで、美しいカラーだなと感じました。

神呪寺3

この日の参拝も、過去生回帰の一環といえるのかもしれません。

胸にちょっぴり痛みを纏わせつつも
これまでの長い旅は、終焉を迎えていくのでした。

再び巡り合えた御縁を大切に

私たちは、これからまた
新しい始まりを共に迎えていきましょう。

神呪寺5

彼の大好きなお店で一緒に食べたケーキ。
とっても美味しかったです。

瑠璃色の鳥がいました。
周囲にも、たくさんの仲間の鳥たちが。

私には、最初から見えないところに仲間が居たのね。
見ようとしなかっただけかもしれない。
見えなかっただけ。

柔らかくて甘いスポンジケーキの生地が
鳥たちの新しい住処のようにも見えました。

ちょっと温かい気持ちに包まれました。
もっと優しい心持ちになれるような気もしてきました。

殻を破って生まれた雛のように
これからまた、新しい私たちの創造を始めて行こう。

ありがとう。

大好きだよ。

貴方たちの仲良しさんたちとも
きっとこれから、大好きになっていけるんじゃないかな。

そんな気がしています。

これからも、どうぞよろしくね♪

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/02/19(水) 09:08:25|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)