瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

ブレーメンと雛形・神戸

フローラ1

三宮のフラワーロードです。
通りすがりの花壇がとても可愛かったので、記念に撮影してきました。

ブレーメンの音楽隊 〃o(*´▽`*)o〃

場所は、神戸国際会館・みずほ銀行・三菱東京UFJ・市役所花時計がクロスしているところ。
小さな花壇だけれど、紙芝居を見ているような、楽しい気分になりました♪

フローラ2

ブレーメンの音楽隊はグリム童話です。

人間に捨てられ、あるいは食料にされようとした動物たちが
一致協力して自分たちの新生活を切り開いていくお話。

--------
かつて働き者だったロバは年を取ってしまい
仕事が出来なくなってしまったので
飼い主から虐待されるようになった。

これはかなわんと脱走し、ブレーメンに行って音楽隊に入ろうと考える。

その旅の途中で同じような境遇のイヌ、ネコ、ニワトリに次々に出会い
彼らはロバの提案に賛成し、ブレーメンへと足を進めた。

ブレーメンへの道のりは遠く
日も暮れてしまったので動物たちは森の中で休憩をする事にした。

すると、灯がともる家に気づいたので、その家に近づいてみると
中では泥棒たちがごちそうを食べながら金貨を分けている。
ごちそうを食べたい動物たちは、泥棒を追い出すために一計を案じた。

窓の所でロバの上にイヌが乗り、イヌの上にネコが乗り
ネコの上にニワトリが乗り、一斉に大声で鳴いたのである。

泥棒たちはその声に驚き、窓に映った動物たちの影を見て
お化けが出たと叫んで逃げ出して行った。

動物たちは家の中に入ってごちそうをたらふく食べる事ができ
腹一杯になると明かりを落として眠りについた。

森に逃げた泥棒たちは、落ち着きを取り戻すと家に帰ろうとした。
そして一人が偵察のために真っ暗な家の中に恐る恐る踏み込む。

動物たちは家に入ってくる泥棒に襲い掛かった。
ロバが蹴とばし、イヌが噛みつき、ネコは引っかき、ニワトリは突っつく。

闇の中で散々な目にあって逃げ帰った泥棒は
本当にお化けに襲われたと思って仲間に報告したので、
泥棒たちに家を取り戻す事をあきらめて退散してしまった。

動物たちはその家がすっかり気に入り、音楽を奏でながら仲よく暮らした。

(*wikiより引用)
--------


弱者の反撃ですね。

この花壇を通り過ぎて、さんプラザ地下のパン屋さん「Cascade(カスカード)」でパンを購入しました。

カスケード (Cascade) =滝 (waterfall)

IT関連では、カスケード接続 (cascading connection) =多段接続 と呼ばれる装置があります。
ハブのポートとポートを接続してネットワークを拡張する方法です。
双方に繋がれている機器が通信できるようになり、ネットワークを広げることができます。

このブログの役割も、益々そうなっていけたらいいなぁ・・・。
ネット通信=叡智が飛び交う光のネットワークだから。

あっ。
そういえば、ここはドイツ仕込のパン屋さんだったっけ。
グリム童話と同じドイツ繋がりでした。

ドイツを意識しながら歩いてみました。
雛形と呼応地は、きっとこのあたりじゃないかな?

メルヘン街道

三宮フラワーロード=ドイツ・メルヘン街道

花時計・市役所・東遊園地=旧市庁舎前・マルクト広場
=ドイツ・メルヘン街道の起点でグリム兄弟生誕の地・ハーナウ (Hanau)

神戸ポートタワー・モザイク近辺=水と緑の都ハンブルク

北野異人館通り=ロマンティック街道(ローマへの巡礼の道)

ラインハルトの森=布引公園 森林植物園?

いばら姫のバラ=ハーブ園のバラ

生田川=ヴェーザー川


・・・正確ではないかもしれません。

でも感じています。
神戸の中心地・三宮には、ヨーロッパ都市のような町並みが続きます。
やっぱりドイツと相似なのだな・・・と思わずにはいられませんね。

cascading connection=山姫の滝コネクション

----------
孤児院で育ち、旅一座の踊り子となって
ヨーロッパ中を巡り母親探しの旅を続けるナージャの物語。

明日のナージャ_op


テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2014/03/08(土) 10:26:00|
  2. 散歩(神戸)