瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

須磨寺 奥の院

昨日の須磨寺詣での続きです。
その後、奥の院へと進んでいきました。

奥の院には、弘法大師・空海さんがお祀りされています。
そこを目指しつつ、
道中、楽しいアドベンチャー体験を満喫してこようと思います。\(^○^)/

須磨寺奥の院1

てっぺんが奥の院です。
そのルートには、神戸七福神巡り神戸十三佛巡りが楽しめるようになっているのです。
なんともワクワクしてしまうミニ巡礼です。o(^^o)(o^^)o

日頃の運動不足解消に・・・と思われる方にオススメです。
普段から動いていないとキツイ山道なのかもしれませんが
案外子供でも余裕で登れるんじゃないかなとも思えます。

須磨寺55

最初に、社務所で短冊状の御札を購入します。(一束100円なり)
これがお賽銭の代わりです。
各ポイントにこちらの御札を納めながら進んでいくのです。

それではレッツゴー!

須磨寺奥の院3 須磨寺奥の院4

最初は不動明王さんと出逢いました。
御札は、ご覧のポストに納めていきます。

ねっ、これが続いていくのですよ~。
楽しいでしょ♪

須磨寺奥の院5 須磨寺奥の院6

奥の院を中心にして、
東から登っていくと、如来さんや菩薩さんのお堂が続いていく十三佛巡りから入り、
西から登っていくと、弁天さんや布袋さんらのお堂が続いていく七福神さんルートから入っていくようになっています。
お好みで、須磨寺境内の東と西どちらからでも登っていくことができます。

私はこの日、東から登って十三佛さんから先に出逢っていきました。
写真は、弥勒菩薩さん。

須磨寺奥の院12 須磨寺奥の院26

薬師如来さんと弁財天さんが隣り合わせにいらっしゃったのが、興味深かったです。

十三佛さんと七福神さんは、分かれてお祀りされているのですが、
この隣り合わせの場所は、ちょうど中間地点で結ばれているルートでした。

須磨寺奥の院2

途中でいろんな樹木に遭遇します。

ミスドのフレンチクルーラー2つ?
注連縄?

・・・思わずなにかに喩えてみたくなるような圧倒的な存在感でした。
磁場の高い感じが、鞍馬山っぽいです。

これだからアドベンチャー。
これだから山歩きはやめられない。(*"Д")

須磨寺奥の院9

奥の院はもうすぐみたいです。
ここまで結構なダンジョンでした。
あぁ楽しかった~。。。

門には、布袋(ほてい)さんの像が。
布袋さんといえば、弥勒菩薩さんの化身といわれていますよね。
いざ!「弥勒の世」へ!

須磨寺奥の院11

石段を登り切ると、奥の院へと到着いたしました。
空海さんがお祀りされています。
第2日曜日(8月第1日曜日)には、11時より、こちらの奥の院で法要が執り行われいてるようです。

ここまで来ると、なんともいえない達成感があります。

須磨寺奥の院21

空海さん関連のなにかが祀られています。(うろ覚え)

須磨寺奥の院23

こちらは龍神さん。

須磨寺奥の院22

稲荷さんです。

須磨寺奥の院15

そのお稲荷さんの裏手には、祠に添うように大きな御神木が・・・!

これまた圧倒的な存在感でした。
強力なエネルギーが渦巻いているのを感じます。
お稲荷さんが潜んでいらっしゃるのかも。

須磨寺奥の院18

御神木を見上げると、確かに光が射してきます。
すごく気持ちがいい空間にいさせて頂いているなぁと感じました。

須磨寺奥の院24

波切不動明王さん。
不動明王さんは、ここ須磨寺では別格のようです。

須磨寺奥の院25

奥の院は、とても綺麗に手入れされています。

波切不動明王さんに手を合わせていると
ご奉仕されていたお母さんのお一人に、声をかけて頂きました。

「ぜひぜひ、お線香あげてって~」

ロウソクとお線香を頂いて、もう一度合掌。

また、よくここを訪れるという地元のお父さんにも声をかけて頂きました。

参道に入ってくる前に、一度お会いしていて

「奥の院に行くの?楽しいよ!御札を買って持って行くと良いよ」

と、ひととおり説明した下さったりしていました。

奥の院に着くと、先ほどお会いしてお話しを聞かせて頂いたお父さんに、バッタリ再会。
反対側の、西側ルートから登っていらっしゃったようでした。

奥の院での法要の様子を事細かく語ってくださったり
七不思議的なお話しを聞かせてくださったりして、とても興味深かったです。
奥の院には、運動がてら、日頃からよく歩いて登られているようです。

「また今度は日曜日に来てみたら?ぜひまたね」

・・・あれ ナンパだったのかな?


そういえば、ここに来る前に
三重塔でミニチュアバージョンの88ヶ所巡りをしていたときにも
そこに訪れていたお母さんに、お線香を分けて頂いたのでした。

須磨の人たちは、気さくな方が多いようです。
好きだな~須磨。

また訪れたいと思います。

須磨寺奥の院27

p.s.

昨日の須磨寺の記事の投稿時刻は 2010. 04. 27 18:07:27 でした。
27の数霊が気になって、ふと須磨寺の御由緒にあった年中行事を見ていたら
旧暦2月7日は、平敦盛・源平戦士追悼法要と書いてありました。
やっぱり今回も源平戦士さんたちに呼ばれていたのだな、、と感じました。
 

テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/04/28(水) 18:20:25|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)