瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

鳥見白庭山 長髄彦の本拠地と饒速日命の碑を訪ねて

白庭台1

磐船神社を後にして、次に向かったのは、
奈良県生駒市にある白庭台(しらにわだい)です。

大阪と奈良の県境です。
磐船神社から約2kmの道のりを、歩いて超えていきました。

そして、鳥見白庭山の碑へと到着。

白庭台2

この白庭台の碑は、この地が、長髄彦の本拠地であったことを伝えているようです。

白庭台3

鳥見白庭山の碑の横には、集会所があって、さながら社務所のようです。

ここに私たちが訪れた、ちょうどその時、
となりの民家から福田さんという
御年86歳の、おじいさまが現れ出てくださいました。

いろいろ白庭台の由来や伝承を教えてくださいました。

道案内のサルタヒコなのか・・・?! \(◎o◎)/
神光臨なのか?!

と、心ざわめく、私たち。。。

さすがに地元の方だけあって
そのお話は、とても説得力を帯びたものです。

本当にこのときは、神のお導きなのかと想いました。

白庭台6

たとえば、この地は住宅地となって開発されたことで
元の長髄彦の本拠地は、あの鉄塔の、さらに向こうに進んだところに在ったんだよ・・・
ここは、後に移されてきた場所なんだ・・・・、と教えてくださったり。

白庭台4

鳥見白庭山は、長髄彦の本拠地。
鎮圧された反乱軍の地。

長髄彦は最後は仕えていた主君・饒速日命によって斬られてしまい、
饒速日命は、神武の東征に屈して神武に降伏・帰順する。

なんだかもう、このあたりの歴史を知ろうとすると、
哀しくやるせないような気持ちが湧き上がってきて、しょうがないです。。。

だって私には、饒速日命の魂が
神武の魂に劣る輝きであるとは、思えないもの。。。

立場が違えば、こんなにも明暗を別けてしまう
運命の流れが生み出されていくのでしょうか。

この地上のシステムって、たしかに魂をダイナミックに成長させていくのかもしれないけれど
たくさんの痛みによってそれが得られるというのなら、とても残酷だな・・・とも想います。
痛みを知った分、そのぶん、喜びも大きくなるということを、知っていても。。。

もっと知りたいような、
もう、知りたくないような・・・

でも、饒速日命さんと、長髄彦さんは、
私たちに、大事ななにかを伝えたがっているように感じます。

そして知ることで、大きく世界が開いて動いていくように感じます。

白庭台5

「月の光」さんの、鳥見白庭山についての記事を読みました。
ホツマから読み解かれている歴史です。↓

この地も「白庭山」と伝わるらしい
http://www.tukinohikari.jp/jinja-nara/topics-iko-siraniwayama/index.html

写真と地図で解説されているので
私のような歴史に疎い人でも、頭に入ってきます。
いまなら土地の景色が浮かんでくるので掴みやすいです。

ぜひご一読ください。

白庭台7

白庭台は、新興の住宅地だけれど、とても落ち着いた良いところですね。

こんなふうに、産土さんを大切にされています。

白庭台8

ここは、役行者さんが祀られているそうです。
福田のおじいちゃんに教えていただきました。

白庭台9

祠の裏から登って行くと、そこには役行者さんの石像があるそうな。。。
ここからは見えなかったけれど。。

磐船神社も近いから、
山岳信仰の名残がこんなところでも垣間見ることが出来ますね。

ニギハヤヒ墓1

福田のおじいちゃんは、本当にサルタヒコの化身のように
饒速日命のお墓がある山まで、私たちを道案内してくださいました。

そして、山への入り口に差し掛かると、
横断歩道の向こう側から、満面の笑みで大きく手を振る男性の姿が・・・

彼は、’15統一地方選:市議選の立候補者、神山聡(かみやまさとる) 44 無新 さん。

自転車に、「フレッシュ44」という小さな幟を背負って選挙活動中でした。 

お名前が、めっちゃ神懸かっている・・・ w(*・o・*)w

福田のおじいちゃんもサルタヒコだけれど、
こんな出会いもまた、また神様のメッセージ。
素直にそう想います。

神山聡さん、新しい日本のために、がんばってください。。。

ニギハヤヒ墓2

饒速日命さんは、私たちに、
「この神の山で、それぞれが何かを悟って帰ってください」
そう伝えてくださっているような気がしました。

山の入り口に、鏡のような池がありました。
エメラルドグリーンの池は、周囲の緑を映しこんで
ますます綺麗に輝いて見えました。

ニギハヤヒ墓3

地元の人しか知らないような、案内板もなにもない場所です。
私たちだけで探検していたら、たどり着くことができなかったのかもしれないです。

福田のおじいちゃん、本当にありがとう。

ニギハヤヒ墓4

イノシシくんが出てくるかな・・・と六甲さんの山を思い出したけれど
野生動物の通っている感じはありません。

ニギハヤヒ墓5

到着しました。

ニギハヤヒ墓6

饒速日命のお墓と云われているところ。。。

あまりにも質素です。
まったく日が当たらない場所。

でも、ここにいると
山全体のパワフルなエネルギーが集約されているようにも感じます。

白い菊の花と榊が手向けられていて、嬉しい気持ちになりました。

私も、なにかお供えを持ってくれば良かった。。。

私たちは、ここで「あわ歌」を歌いました。

ニギハヤヒ墓7

灘五郷の日本盛。
奥大山の天然水。
真澄は諏訪にある酒造会社のお酒。

なんだかんだで、やっぱり、出雲と繋がっていくのですね。

これまで、ずっと探していた「真澄の池」。
それは諏訪湖のことだったんだ。。。

饒速日命さんは、いつも大事なメッセージを私に投げかけてくれています。

ニギハヤヒ墓8

とても素敵な、長髄彦の本拠地と、饒速日命の碑を訪ねる旅でした。

ニギハヤヒ墓9

最寄り駅は、近鉄けいはんな線白庭台駅。

周囲は、生駒市道5号線(かえで通り)、
生駒市道2号線(けやき通り)を中心として
新興住宅地が広がっています。

真実が埋もれてしまった太古の歴史の上に、
新しくやってきた人々のモダンな暮らしが広がっています。

私たちは立ち止まっていては、生きてはゆけない。。。
でも、大切なことは、連綿と続く古い歴史の中にしっかりと刻まれている。

「大きな古時計」の歌のように。。。

忘れてしまったものを取り戻しながら
新しいときを重ねていけたらいいなと想います。

駅のベーカリーカフェで、ベーグルとマンゴージュースを頂きました。
今、流行しているヘルシーフード・なんとかシードが入っています。

なんとかシードって、なんだったかな?
忘れてしまいました。

こんな感じで、日々、忘れてしまうことだらけですが・・・
太陽カラーいっぱいの、このカフェの雰囲気は、きっと覚えていられるでしょう。

交野と奈良1

大阪と奈良の境界で眺めていた蓮華の花畑も、とても印象的でした♪

今回の旅はこれで終了ですが、
もうしばらくは、饒速日命を巡る旅は続いていくかもしれません。。。

どんどん深みにはまっていきそうです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/04/25(土) 00:02:38|
  2. ニギハヤヒの軌跡旅