瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

岡山・総社の「鬼ノ城」

岡山・総社の「鬼ノ城」1

今日は用事があって、岡山県総社市に訪れていました。

ついでに、いちど行ってみたかった
桃太郎伝説でおなじみの
鬼ノ城(きのじょう)へも足を伸ばしてみました。\(^O^)/

岡山・総社の「鬼ノ城」2

鬼さんの本拠地と云われているところです。

岡山・総社の「鬼ノ城」3

ジブリ映画「もののけ姫」に出てくる
タタラ場みたいな雰囲気ですね。

岡山・総社の「鬼ノ城」4

総社の桃太郎伝説では、
民の生活を豊かにした鬼・温羅(うら/おんら)。

「吉備冠者」「鬼神」ともされて
称えられてきたようです。

岡山・総社の「鬼ノ城」5

以下は、wikiより・・・

概要

温羅とは伝承上の鬼・人物で、古代吉備地方の統治者であったとされる。
「鬼神」「吉備冠者(きびのかじゃ)」という異称があり、
中央の伝承によると吉備には吉備津彦命(きびつひこのみこと)が派遣されたというが、
吉備に残る伝承では温羅は吉備津彦命に退治されたという。

伝承は遅くとも室町時代末期には現在の形で成立したものと見られ、
文書には数種類の縁起が伝えられている。また、この伝承は桃太郎のモチーフになったともいわれる。

内容

伝承によると、温羅は吉備の外から飛来して吉備に至り、
製鉄技術を吉備地域へもたらして鬼ノ城を拠点として一帯を支配したという。

吉備の人々は都へ出向いて窮状を訴えたため、
これを救うべく崇神天皇(第10代)は孝霊天皇(第7代)の子で四道将軍の1人の吉備津彦命を派遣した。

討伐に際し、吉備津彦命は現在の吉備津神社の地に本陣を構えた。
そして温羅に対して矢を1本ずつ射たが矢は岩に呑み込まれた。
そこで命は2本同時に射て温羅の左眼を射抜いた。
すると温羅は雉に化けて逃げたので、命は鷹に化けて追った。
さらに温羅は鯉に身を変えて逃げたので、
吉備津彦は鵜に変化してついに温羅を捕らえた。
そうして温羅を討ったという。

討たれた温羅の首はさらされることになったが、
討たれてなお首には生気があり、時折目を見開いてはうなり声を上げた。
気味悪く思った人々は吉備津彦命に相談し、
吉備津彦命は犬飼武命に命じて犬に首を食わせて骨としたが、静まることはなかった。
次に吉備津彦命は吉備津宮の釜殿の竈の地中深くに骨を埋めたが、
13年間うなり声は止まず、周辺に鳴り響いた。
ある日、吉備津彦命の夢の中に温羅が現れ、
温羅の妻の阿曽媛に釜殿の神饌を炊かせるよう告げた。
このことを人々に伝えて神事を執り行うと、うなり声は鎮まった。
その後、温羅は吉凶を占う存在となったという(吉備津神社の鳴釜神事)。


岡山・総社の「鬼ノ城」6

現在の私たちの暮らしは物質的な豊かさが行き過ぎて
縄文の自然崇拝や心の豊かさに
原点回帰していく流れとなってきていますが、
温羅と吉備津彦の時代にも、
もしかして同じような流れがあったんじゃないのかな?
・・・・と感じられる部分もある気がしています。

その時代の豊かさが飽和していった結果
民の求める生き方も、
次第に二極化していく流れとなっていったのかもしれません。

謎の古墳がたくさん存在する吉備の国。総社。

真相は、なかなか見えてきませんが、
今の私たちの心のあり方、行き方を、
温羅と吉備津彦命は、
私たちに問いかけているようでなりません。

戦わないで、心も精神も肉体も
誰もが皆、仲良く豊かでいられる生き方とは・・・?


・誰もが譲り合い
・支えあう
・足るを知る暮らしを実践しつつ
・物質ばかりに依存しないで
・一人ひとりが自立して在ること

それに他ならないと思います。

岡山・総社の「鬼ノ城」7

温羅と吉備津彦。

もっと、いろいろな話が出てこないかな・・・

この岩は、亀さんですね。

岡山・総社の「鬼ノ城」8

たくさんの面白い岩がゴロゴロあります。

こんなに古墳やイワクラの山が周囲にたくさんある総社。

もしかしたら、温羅も潜象エネルギーを巧みに引き出して
摩訶不思議な物質移動とか、縄文自然科学の叡智を
人々の先頭に立って伝えていたのかもしれないですね。

大和の国を統一していく朝廷側にとってみたら、
そんなの脅威なのかもしれない・・・

岩崎士郎さんの空間エネルギーだって、
信じない人には、ずっと魔法使いの技なままだものね。

・・・・そういえば、岩崎さんも、玉野の出身だったっけ。

温羅と吉備津彦の関係は
岩崎さんの空間エネルギーの普及によって
きっとこれから大きく顕れてくるのかもしれませんね。

岡山・総社の「鬼ノ城」9

岡山の歴史は奥深いぞ・・・! (@_@;)

岡山・総社の「鬼ノ城」10

吉備PAの桃太郎さんです。

私には、温羅と吉備津彦、どちらも英雄に思えます。

きっと、私たちの宇宙的な生き方を
応援してくれているふたりなのです。

一緒に楽しんでいきましょうね♪ \(^O^)/


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/07/26(日) 00:45:29|
  2. 神社仏閣めぐり(岡山)