瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

磯良神社(いそらじんじゃ)・疣水神社(いぼみずじんじゃ)

肬水7

・・・・そうそう、大事な場所を忘れていました。

疣水2

今回のニギハヤヒ旅では、
3つの新屋坐天照御魂神社(にいやにますあまてるみたまじんじゃ)に参拝しましたが、

・新屋坐天照御魂神社 (大阪府茨木市西福井) - 旧郷社
・新屋坐天照御魂神社 (大阪府茨木市宿久庄) - 旧村社
・新屋坐天照御魂神社 (大阪府茨木市西河原) - 旧村社

もともとその新屋坐天照御魂神社の旧境内であり、
そこから分かれて鎮座された、
磯良神社(いそらじんじゃ)
またの名を疣水神社(いぼみずじんじゃ)にも参拝してきました。

肬水1

3+1

もともとは、,みんな
ひとつだったということです。

この磯良神社(疣水神社)は、
寛文9年(1669年)3月に新屋神社が西北隅に遷座されて分かれたようです。

肬水3

主祭神は、磯良大神 

境内社に
住吉神社 - 底筒男命・中筒男命・表筒男命、息長足姫命
桜姫稲荷神社 - 宇賀御魂神


井保桜(いぼさくら)と呼ばれる、大きな桜の木も祀られていたようです。
もう枯れてしまったそうですが・・・

肬水4

ここも、安威川水系の用水に関わる氏族、
三島溝咋耳一族の重要拠点だったのかもしれませんね。

肬水5

疣水とは・・・

疣(いぼ)を取るのに神験ありとの信仰から
疣水神社(いぼみずじんじゃ)と呼ばれるようになったようです。

疣は、イボ。
姫路の「揖保の糸」「揖保川」とも繋がりがふかいのでは?
そんな話も出てきて、イボのこと、もっと知りたいと思うようになりました。

『摂津志』に「玉の井」、『摂津名所図会』に「便の水」と記された諸病平癒に霊験あらたかな神水。

肬水6

肬水8

霊験あらたかな神水が汲める場所です。

肬水9

「玉の井」の祠。

水玉模様のような
たくさんの玉響がゆらゆら~。

肬水10

肬水11

肬水12

にわか雨と、雨上がりの日差しの洗礼を受けたのも
もっと水・大地・風・空・太陽に注目しなさいと
云われているような気がしました。

暑い夏がまだまだ続いていきますが、
それこそが、お水の有り難味を
実感できるときなのだと感じました。

今日も水の神様、
ありがとうございます。







テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/08/01(土) 16:07:49|
  2. ニギハヤヒの軌跡旅