瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

終戦70年 神戸護國神社へ

神戸護国神社1

早朝8時に、灘区の神戸護國神社へ参拝いたしました。

今日は終戦記念日です。

神戸護国神社2

兵庫県東部ゆかりの英霊さん53,257柱をお祀されています。

明治以降、兵庫会下山に祭庭を設けて英霊さんたちの招魂祭が行われていましたが、
昭和16年、灘区王子町に社殿が造営され、内務大臣指定護国神社となりました。

神戸護国神社3

山口組総本部の近くとあって、
なんとなく地元民の皆様にも倦厭されがちな神戸護國神社。。。

そのせいか、普段でも参拝者は少ない場所です。

人はいろいろな顔をもっていて
纏うペルソナも様々あると思います。

政治家の中の人
暴力団の中の人
宗教家の中の人

世間の表面的な評価しか、ふだんは見えてこないけれど
中の人も、いろいろだと想うから、単純に人ククリにはできないかも。。。

侵略者も、支配者も、迫害難民も、被災者も
加害者と被害者はくるくる立場は入れ替わり
みんなヤヌスの鏡のような多面体の自分で生きていて
それぞれに彩色豊かな人生経験を積み上げてきたのではないのか・・・?
・・・と私は考えたりします。

戦争だって、同じことが言える気がする。。。
過去の戦犯と呼ばれた人物は、どんな人に生まれ変わっているのかな。
亡くなった人たちは・・・

ただ、私はこちらの英霊さん53,257柱と靖国に帰る英霊さんたちと
ともに手をとり、新しい地上での往き方を、
ともに見つめて生きたいと想い今日はここに来ています。

( -人-)合掌。。。

神戸護国神社4

皇太子御一家の記念樹も、仲良く寄り添って植えられています。

皇太子様のアズサ
雅子様のハマナス
愛子様のゴヨウツツジ

仲良く三位一体。
すくすく大きくなっています。

神戸護国神社5

神戸護國神社の境内とその周辺は桜の名所となっていますが
境内の桜の枝に、オレンジ色のきのこがビッシリ生えていました。

さるのこしかけ?
たくさん生えてて、ちょっとびっくり。w(*・o・*)w

神戸護国神社6

神戸護国神社7

夏の花も、もうすぐ終わりに近づいています。

だんだん朝晩、
秋の気配を感じられるようになって来ました。

神戸護国神社8

マリーゴールドも、半分くらいは枯れていて
この夏の猛暑の厳しさを語っています。

あたらしい種が出来始めているのかな。

神戸護国神社9

神戸護国神社10

この花も、ちょっと桜に似ていますね。
なんていう名前なのか、知らないけれど
地味ながら神社の公園を彩っていました。

さて
明日からは、また新しいスタートです。





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/08/15(土) 12:22:47|
  2. 神社仏閣めぐり(兵庫)