瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

恵那神社

恵那神社1

12/3(木)~12/4(金)
岐阜と長野へ行ってきました。

南木曾~中津川~恵那~駒ヶ根へ。

伊勢神宮神代文字奉納文・保存会代表の大下先生と、金沢の櫻井さんとともに。

最初に参拝したのは、岐阜県中津川市にある恵那神社でした。

恵那神社2

恵那神社は、恵那山の麓にある神社です。

恵那山が御神体です。
イザナギとイザナミの子、
アマテル神の胞衣(えな=へその緒)を納めた場所とされています。

胞衣を洗い清めた池が、恵那山麓の別の場所にあるということで
あとでそちらにも皆で向かいました。

恵那神社3

ということで、
主祭神は、
・天照大神
・伊邪那岐
・伊邪那美
です。

恵那神社4

とても大きな夫婦杉です。

岐阜県の天然記念物。
昭和41年9月14日に指定されたそうです。

左側・・・幹周り6.29 m・高さ47 m
右側・・・幹周り5.48m・高さ46 m

樹齢600年~800年と推定されていますが
これからもっともっと大きくなるんじゃないかな~。

ここに来る前は、雨が降っていました。

途中で重い雲の合間から、太陽の光が射したとき
キラキラして、より大きく見えました。

この夫婦杉は、イサナギとイサナミの両神そのものです。
真ん中に立っていると、
とても優しくあたたかいフィーリングに包まれて
胸がいっぱいになって震えました。

久しぶりに、涙がポロポロ・・・落ちてきました。 

(´;ω;`)ブワッ

こんな体験は久しぶりでした。

恵那神社5

大きな夫婦杉に対して、とても小さな祠です。
イサナギとイサナミ
両神の石像。

大きな本殿に対して、
とても控えめに前面に座している姿にも
ちょっと心を揺さぶられました。

ふたりは、こんなかたちで
アマテル神を護ってきたんだね。。。

両神の前に「鬼ころし」がお供えされていました。
このあたりでは有名なお酒なのかな。

恵那神社6

恵那神社7

拝殿は新しいですが、ここは恵那山が御神体の、
とても古い時代からの祖霊信仰が脈々と受け継がれてきた場所です。

肌に触れる気から、それを強く感じ取ることができます。

恵那神社8

大下先生からお誘いされなかったら、
とても独りでは来ることができなかったと思います。

櫻井さんといっしょだったから、
スムーズにたどり着くことができたのだと思います。

それも、自分としては、思いも寄らないかたちで
実現してしまいました。

いろいろと、タイミングってあるんだな・・・と感じます。

流れに素直に乗ることで、
見えてくることって大きいんだな・・・とも思います。

恵那神社9

とても心地良い場所です。

ずーっとここに居れたらいいのにな・・・
なんてことを思いつつ

しばし、樹木を眺めながら
ゆっくりと眺めて歩きました。

恵那神社10

恵那神社11

恵那神社12

こちらが御神体の恵那山を臨む遥拝所です。

恵那神社13

所どころ紅葉している恵那山。

ず~っと見ていたいような、心が安らぐ山です。

遠目で眺めているだけでも心地がいいです。

恵那神社14

恵那神社15

恵那神社16

恵那神社17

ありがとうございます。

素敵な場所にご縁ができて
とても嬉しいです。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/12/05(土) 22:37:45|
  2. 神社仏閣めぐり(岐阜)