瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

大御食神社(おおみけじんじゃ)

大御食1

12/4(金)
大下先生・櫻井さんとともに阿智村のアチヒコさんゆかりの神社を参拝しました。

そして、ここで史郎さんと合流しました。

ここからは、4人で
駒ヶ根の大御食神社(おおみけじんじゃ)を参拝しました。

大御食2

史郎さんのHP
「伊那の谷から古代が見える」

その内容に引き込まれ
阿智村や駒ヶ根周辺の土地がとても気になり、
今回の旅のきっかけをくださいました。

--------------------

こちらは、御蔭の杉です。
とても存在感のある御神木です。

大御食3

御蔭の杉

以下はwikiからの引用です。

「美しの杜社伝記」では以下のように伝えている。

建御名方命は国の巡りの時「奇(くしき)杉なり」とこの杉を愛で、
日本武尊はこの木の元で饗応を受け大いに悦び
「この杉はや、弥栄えて丈高し、奇び杉なりや。」と誉めた。
以来この杉を「御蔭の杉」というようになった。

神功皇后4年(204年)、御影杉が枯れたので
翌5年春、中枝の大虚に育った実生の杉の植継を行った。
斉衡3年(856年)5月 二代目御蔭杉が枯れたため 天安2年(858年)春 植継ぎが行われた。
現在の御蔭杉はこの三代目であるという。

ただし駒ヶ根市誌自然編では、樹齢300年としている。

大御食4

大御食神社の創建は、
当社蔵の「美しの杜社伝記」によると、

大足彦忍代別天皇の御代四十八年(よそじまりやとせ)、
御食彦御蔭の杉の木の下(もと)御安楽居(みやすらい)し
その仮宮を神の御殿(みあらか)に見立て、
日本武尊を祝い祀りて大御食ノ社(おおみけのやしろ)と御名を附け奉りき。


美しの杜(美女ヶ森)
とあり、日本武尊が当地に立ち寄った際に饗応した里長が「御食彦(みけつひこ)」の名を賜り、
後に日本武尊を祀った当社を創建したものという。
118年(景行天皇48年)の創建と伝わる。(神社明細帳では景行天皇51年。)

建御名方命が愛で、日本武尊が「奇び杉なりや」と誉めた古杉を御神木(御蔭の杉)としている。

(現在の木は三代目)
旧社格は 郷社で、現在の本殿建物は元治元年(1864)に建替えられたものである。

別名の「美しの杜」の名は、社伝記に、
「宮簀姫またの名は厳郎姫を迎えまつりて、
所の名を美しの杜と御名負はせまつる」とあることによる。

現在氏子らは「美女ヶ森(びじょうがもり)」と呼んでいる。

大御食5

御祭神は・・・

・日本武尊
景行天皇48年(118年)創祀。

・宮簀姫
応神天皇38年(307年)熱田ノ宮より草薙ノ剱の御霊代とともに迎えられた。

・八幡大神
相殿に祀られている。元慶三年(879)石清水八幡ノ宮より迎えられた。

大御食10

代々の宮司は、高皇産霊神ー思兼神に始まる神々の系譜に繋がるという。

日本武尊が東国平定の帰路に信濃国赤須の里へ滞在した。
そのとき赤須の里の長赤須彦は御影の杉のもとに仮宮を立て尊を饗した。
それにより赤須彦は日本武尊より御食津彦の名を賜った。

また日本武尊は赤須彦の娘・押姫を愛で、赤須の里に三夜滞在した。
(以来、赤須彦の子孫である神官宅を【采女邸(うねめやしき)】と呼ぶ。)

大御食8

ここは、ヤマトタケの物語が
ロマンいっぱいに広がっていく場所のようですね。

大御食6

ヤマトタケにとっては、この大御食神社は
東征での戦いの疲れが癒されていく・・・
そんな、心休まるひと時の場所だったのではないでしょうか。

私はそんな場所であったらいいなぁ・・と、ここに立って、感じていました。

大御食7

たくさんの境内社があります。

・御渡社  建御名方命・橘姫命・上古地主神(産土神)
・御継社  伊弉諾命・伊弉冉・天之御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神
・天神社  菅原道真
・伊雑社  天照大神
・稲荷社  豊受姫神
・秋葉社  迦具土神
・若宮社  佐賀喜霊神
・諏訪社  建御名方命
・御食津彦社  八意思兼尊・御食津彦・他
・植継社(植継大明神)  吾道赤須彦
・二木社(日本岐社)  天之御中主神・六孫王経基
・二木社の境内社  社宮司社
・神若衆社
・甲子社
・齊殿社
・清和荒神社

・山神社  大山祇神
・山の鼻社  建御名方命
・山の鼻社の境内社  金比羅社
・山神社
・利生稲荷社

・富士社  木花咲耶姫
・真澄神社  大山祇神


大御食9

大御食神社の神域
「美女ヶ森」です。 

=みめがもり

そう読み名をあてるほうが綺麗でふさわしいと
大下先生は仰っていました。

ここにも言霊百神がはたらいているのですね。

大御食11

曇っている日の夕方だったから、
森の美しさが伝えきれない・・・・

う~ん ちょっぴり残念です。

大御食12

晴れていたら、木漏れ日がキラキラしていて
イイ雰囲気だったでしょうね。

ぜひとも、そんなタイミングで、また行きたいと思います。

大御食13

大御食14

大御食15

近くを流れる小川の橋です。

大御食16

なんと。
ここに、ヤマトタケと、御食を捧げる押姫の姿が描かれていました。

とっても素敵です♪

もっともっと、長野を旅してみたくなります。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/12/08(火) 14:36:16|
  2. 神社仏閣めぐり(長野)