瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

駒ヶ根 大宮五十鈴神社

大宮五十鈴神社1

12/4(金)
今回の一連の旅の最後に
長野県駒ヶ根市赤穂に鎮座する
大宮五十鈴神社に参拝いたしました。

大宮五十鈴神社2

さむい冬の、夕暮れの駒ヶ根。。。

この写真では写ってませんが、
雪が少しずつまた降りだしました。

長野の冬はやっぱりキビしぃんだなぁ。。。

大宮五十鈴神社3

こちらの水辺は、
伊勢の五十鈴川を模して造営されているのでしょうね。

小川の音が、とても耳に心地よかったです。
水音って、やっぱり心が洗われていきますね。

大宮五十鈴神社4

ヤマトタケが結ぶ、伊勢と出雲の神々の宮。
この神社の役割はとても重要な気がする。。。

大宮五十鈴神社5

さきほど訪れていた大御食神社のように
森に囲まれていて杉の木が高く茂り
小高い場所に社殿があります。

このあたりの特徴的な神社のスタイルみたいですね。

はじめての場所でも車で走っていると
あっ あの場所が気になる・・・というスポットが見つかります。

山に囲まれていると、ちょっと感覚も冴えてくるようです。

大宮五十鈴神社6

御祭神は・・・

・熱田大神
・天照大神
・建御名方命
・天児屋根命

以下は御由緒です。

応神天皇三十九年。御食津彦の子、瑞武彦が、尾張国熱田大神の分霊を勧請し創建。
同四十四年伊勢国五十鈴より、天照大神を、諏訪神社より建御名方命を、祀り伊鈴神社と称した。

のち明治40-41年上穂八社
(白山社・春日社・山王社・八剣社・白髭社・伊勢宮・八幡社・五十鈴社 )
を合祀して現社号に改称し、村社に列した。

↓こちらは大宮五十鈴神社のHPです。
http://isuzu.jinja.jp/
宮司さんのブログが素敵です。

大宮五十鈴神社7

ここも大御食神社と関連しています。

ヤマトタケの訪れたときの伝承が
ここでもちゃんと伝えられています。

最後に訪れて良かったぁ~と想えた場所でした。

大宮五十鈴神社8

熱田や名古屋の一宮にある
ヤマトタケ縁の場所もとても気になりますが、

ここにくると、
諏訪湖の周辺が気になってきますし、
さらにここに来る前日から、阿智村のあちこちを散策したためか
今度はアチヒコさんの末裔が移り住んでいた
戸隠まで行ってみたいな・・・と思うようになりました。

戸隠は、これまではまったく足が向くことが無かったのですが
これから動かされて行くような気がしています。

さて、どうなっていくのでしょうか。

大宮五十鈴神社9

いずれ機会があれば、また。。。

大宮五十鈴神社10

最後に訪れた場所なので、
だいぶ周辺が暗くなり始めていました。

大宮五十鈴神社11

神社の中心にボォ~~っと広がっている明かりが、
温かみがあって、ありがたいです。

大宮五十鈴神社12

知らなかった場所を訪れると、
これまで知らなかった自分にも出会えます。

今回の旅も、そんな感じでした。

大宮五十鈴神社13

これからやっていきたいことも
ここから見つけ出すことができました。

そこに協力しながらやっていける仲間もできました。

さぁ 気を引き締めていきまょう。

大宮五十鈴神社14

大下先生、櫻井さん、史郎さん
一緒に旅していただき、ありがとうございます。

そして、岐阜や長野の縄文の神様・・・

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/12/08(火) 15:47:54|
  2. 神社仏閣めぐり(長野)