瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

景行天皇陵と崇神天皇陵

景行天皇陵1

1/26(火)に出かけてきた、三輪山周辺のニギハヤヒを巡る旅。
さらに続きます。

・他田坐天照御魂神社 (おさだにますあまてるみたまじんじゃ)
・箸墓古墳
・桧原神社

・・・と山の辺の道をてくてくと歩いて
すでに15時頃になっていたでしょうか。

今回は、やたらと道に迷ったり
行きつ戻りつしながらの珍道中となりました。

年明け最初の旅で
みんな調子が狂っていたのでしょうかね?
まぁそんなことも、たまにはあっても良いのかも。

あとで振り返ると、そういうことが記憶に強く残るってもんです。
失敗の数だけ成功が生まれるんだから。

波の無い人生にはドラマなど生まれないのだ。
そんなのツマラナイのだ。
ねぇ?そうでしょ。

景行天皇陵2

そんなこんなで、
グダグダになりながらも
やっと、たどり着いた景行天皇陵です。

大きいなぁぁぁ~~~~。

あの鳥居の向こうに、美しの森が。。。

景行天皇陵3

二羽の青鷺が木々に止まっていて、
私たちの上空をぐるぐる旋回してくれていました。

ヤマトタケをより身近に感じられるような気がしました。

景行天皇陵4

ここには現在地を示す地図がありました。

向って左側の前方後円墳が、崇神天皇陵。
向って右側の前方後円墳が、景行天皇陵。

このふたつの巨大な古墳を見つめる先には(視線を山側へ)
ヲガタ塚という水領と桜の名所に辿りつくようです。

とても気になります。
ちょっと行ってみたくなりました。
それこそ、桜の時期にでも。。。

崇神天皇陵と、景行天皇陵。

こうして見るとふたつの古墳は
ヲガタ塚への桜並木を境にして
まるで鏡あわせのように向かい合っていますよね。

両者の歴史的な背景を、
もっと私たちは知っていくことが大事なのでは・・・?
そんな気持ちにさせられました。

崇神天皇陵1

こちらが、崇神天皇陵です。

崇神天皇陵2

さきほどの平坦だった景行天皇陵とは対照的に、
こちらは丘への階段が続いています。

崇神天皇陵3

崇神天皇陵4

なみなみと水を讃えた堀には、
たくさんの鴨たちが群れて泳いでいるのが象徴的でした。

こっちはたくさんの鴨。

青鷺と、鴨かぁ・・・

ふたつの古墳の印象は、
地図で見ている限りではそっくりだけれど
足を踏み入れると、そのフィーリングはまるで違っていました。

崇神天皇陵5

崇神天皇陵6

最後に、鏡がたくさん出土している黒塚古墳へと向かいます。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/01/28(木) 16:00:39|
  2. ニギハヤヒの軌跡旅