瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

大酒神社と広隆寺

大酒神社1

関西ホツマのメンバーさんと、ニギハヤヒを巡る旅part.7。

京都・太秦編です。

蚕ノ社から、少し歩いて次に訪れたのは大酒神社でした。

大酒神社2

兵庫県赤穂市の「大避神社(おおさけじんじゃ)」には、秦河勝が祀られていますが、
どうやらこちらの大酒神社のほうが、より深い歴史を秘めているようです。

大酒神社3

ちょっとおもしろい形状の、
皇紀2600年記念碑。

大酒神社4

刀?剣?のかたち?

どうして丸い穴が空いているの?

弥勒菩薩の指先がつくる輪っかなのか。

はたまた、太陽の光を通す日時計的なモニュメントなのか
見えない鏡を想像するための穴なのか・・・

とても気になる形でした。

鳥居の真正面に壁のように存在していて、本殿を遮ります。
光の射す方向を追って行ったら、なにかおもしろいことがわかるのかも・・・と思いました。

考えすぎかなぁ・・・?

大酒神社8

大酒神社の名前のとおりに、ワンカップのお酒がいくつか並べて供えられていました。

大酒神社7

大酒神社の由緒書

祭神:秦始皇帝(しんのしこうてい)、弓月王(ゆんずのきみ)、秦酒公(はたのさけきみ)
相殿:兄媛命(えひめ)、弟媛命(おとひめ、呉服女、漢織女)
神階:正一位、治歴4年4月(1068)


当社は、延喜式神名帳葛野郡二十座の中に大酒神社(元名)、大避神社とあり、大酒明神ともいう。

「大避」称するは秦始皇帝の神霊を、
仲哀天皇8年(365)に皇帝14世の孫・功満王(こうまんおう)が漢土の兵乱を避け、
日本朝の淳朴(じゅんぼく)なる国風を尊信し始めて来朝し此地に勧請す。
これが故に「災難除け」「悪疫退散」の信仰が生まれた。

后(のち)の代に至り、功満王の子・弓月王、
応神天皇14年(372)に百済より127県の民衆18,670余人を統率して帰化し、
金銀玉帛(ぎょくはく)等の宝物を献上す。

また、弓月王の孫・秦酒公は、秦氏諸族を率いて蚕(かいこ)を養い、
呉服漢織に依って絹綾錦の類をおびただしく織出し朝廷に奉る。

絹布宮中に満積して山の如く丘の如し。
天皇御悦の余り、埋益(うずまさる)と言う意味で秦酒公に禹豆麻佐(うずまさ)の姓を賜う。
数多の絹綾を織出したる呉服漢織の神霊を祀りし社が
大酒神社のかたわらにありしが明歴年中破壊に及びしを以て、当社に合祀す。

機織(はたおり)のみでなく、大陸及半島の先進文明を我が国の輸入するに努め、
農耕、造酒、土木、管絃、工匠等産業発達に大いに功績ありし故に、其二神霊を伴せ祀り三柱となれり。
今大酒の字を用いるは秦酒公を祀るによって此の字に改む。

広隆寺建立后、寺内 桂宮院(国宝)境内に鎮守の社として祀られていたが、
明治初年政令により神社仏閣が分離され、現在地に移し祀られる。
現在広隆寺で10月10日に行われる、京都三大奇祭の一つである牛祭りは、
以前広隆寺の伽藍神であった時の当社の祭礼である。

なお、603年の広隆寺建立者・秦河勝(はたのかわかつ)は秦酒公の6代孫。
また、大宝元年(701)に子孫・秦忌寸都理(はたのいみきとり)が松尾大社を創立。
和同4年(713)には秦伊呂具(はたのいろぐ)が伏見稲荷大社を建立した。
古代の葛野一帯を根拠とし、畿内のみならず全国に文明文化の発達に貢献した、秦氏族の祖神である。

大酒神社5

大酒神社の由緒書から、
この時代のことを、もっと知りたいと思うようになりました。

大酒神社6

ひとことで秦氏といっても、
日本に渡来してきた秦氏には、
いろいろな人たちが居たんだろうなぁ。。。

現代の移民問題の中にも、
その幻影が見えてきそうな気がしました。

2600年前の記憶が目覚めたら
そこからなにを伝えていけるんだろう・・・?

いろいろな想いが頭の中を駆け巡っていきました。

広隆寺1

その後、広隆寺へ。

広隆寺2

境内は撮影禁止となっていたので、
楼門のみ御紹介します。

弥勒菩薩半跏像、久しぶりにご対面いたしました。
対面しているあいだ、私の魂の家族たちに、少し想いを馳せてみました。

広隆寺3

太秦周辺を走っている京福電車は、とっても可愛いです。

この日は晴天に恵まれて、太陽神の祝福と受け留め、喜んでいた私たちです。

風はまだとても冷たくて、京都の冬の厳しさも同時に感じられた一日でした。

広隆寺4

駅前の土手には、芝桜が咲いています。

こんなに早くからすでに満開になっていることに驚き、嬉しくなりました。

属名の学名「Phlox(フロックス)」は、ギリシア語の「phlogos(火炎)」が語源なのだそうです。

「合意」「一致」「忍耐」「燃える恋」「華やかな姿」

弥勒菩薩さんの想いと
今でも、これからも
同じところに居られたら嬉しいなぁ。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/02/27(土) 23:54:55|
  2. ニギハヤヒの軌跡旅