瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

日吉神社  (高島市新旭町針江)

日吉神社(針江)1

8/8(月)の最後に、
高島市新旭町針江に鎮座する
日吉神社へと参拝しました。

日吉神社(針江)2

さすが、「生水の郷(しょうずのさと)・針江」と云われているだけあって
町全体に流れている水は、とても美しいです。

この日は炎天下だったので、見ているだけでも癒されます。

地元の子供たちが、神社の前の川で水遊びをしていました。
ワイワイはしゃいでいて、楽しそうだったなぁ~。

日吉神社(針江)3

手を浸すと、冷たくて気持ちがイイです。

日吉神社(針江)4


周囲に工場誘致がなされていないので
枯渇しないで、各家で生活用水として汲んで飲める環境が今でも保たれているそうです。

いい環境ですね。
こういう地域を守りつつ、また広げていかなければね。

町の水路に、こんなに大きな鯉が悠々と泳いでいます。

日吉神社(針江)5

ということで、高島に訪れて
ふたつめの日吉神社参拝となりました。

綺麗な水の御蔭で、
とても印象深い場所となった、針江の日吉神社です。

そんなに大きな神社ではないですが
インパクトは絶大です。

日吉神社(針江)6

手水舎だって、他とは違っていました。
昔の井戸で水を汲む感覚です。

日吉神社(針江)7

なんか龍の子みたいな、小動物みたいな、
可愛らしい青い生命が浮かんで見えます。

お水マジック、恐るべし。

日吉神社(針江)8

御祭神は、玉拠姫命(玉依姫命)

やっぱり、白髭神社の岩戸社とピラミッド磐座付近で見つけた白羽は
賀茂別雷の神様からのメッセージだったんだ。。。

ここに来て、ちゃんと目にするものを
見のがさないようにしていこうと心に誓いました。

圧倒されるような、光の玉がたくさん現れています。
玉依姫だけに、玉響いっぱいのシャワーなのかも。。。

日吉神社(針江)9

お隣には、神武天皇社。
明治7年(1874年)の勧請で、御祭神は神武天皇です。

ここに来て、ハッと思いました。

8/8 15時を少し過ぎていました。
ここに私は立ち、手を合わせていたのです。

折しも、天皇陛下のお気持ちが、
メディアを通じて日本国民に流されている最中の出来事でした。

枚岡神社の8888~お笑い神事からここまで、
長かったような、短かったような。

またまた不思議な異次元感覚に包まれていた時間でした。

日吉神社(針江)10

その日は、ここで皆で宿泊しました。

日吉神社(針江)11

川端(かばた)体験ができるという、
針江ならではの生活体験の宿でした。

家の中で、自然の湧水が使える
昔からのエコ・システムが生きています。

縄文的であり、江戸文化的でもあります。

こんな経験は、他ではなかなかできないはず。
とても新鮮な気持ちになりました。

日吉神社(針江)12

川端(かばた)の冷たい水で冷やされた野菜や水
美味しい水で作られた手作り豆腐に、鮎の塩焼き。
どれもが絶品で、美味しくいただきました。

貴重な体験をプロデュースしてくださったホツマの会の皆様
いつもありがとうございます。

すべてに感謝の気持ちです。

日吉神社(針江)13

家屋の川端から溢れる水は、外の水車を回転させています。

ここまで見た時に、
ほんとうに優れたシステムだと改めて思いました。

日吉神社(針江)14

生命を生み出す水は、
地上に棲息する私たちの命を
これまでずっと育んできてくれました。

当たり前だと感じていることに
日々の感謝も当たり前でありたい。

日吉神社(針江)15

心にも透明に注がれているのだから。。。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/08/10(水) 23:46:59|
  2. 神社仏閣めぐり(滋賀)