瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

遥かなる古代出雲

出雲本2冊

古代出雲のソサノオと鉄の道について、もっと知りたいな。
・・・そんなことを思って書店に行くと、二冊の新刊に巡り合いました。

私の故郷は、出雲国風土記にも記されている、楯縫郡というところです。
ソサノオの八岐大蛇伝説が伝わるところ。
たたら文化や鋼鉄技術発展の元になった砂鉄の宝庫の地。
古代から現代まで銅をたくさん産出してきた銅山にも囲まれています。
もともと、とてつもない磁場の地なのです。
そして韓半島と大陸への窓口。
韓神(カラカミ)との習合・合祀の神社がたくさんあり
韓半島から、地名や苗字、言葉に至る様々な影響を受けまくってきた地域です。

大阪鶴橋の比売許曾神社に参拝してから、
ツヌガアラシト~アメノヒボコ・アカルヒメの生きていた頃が気になりだしました。
崇神天皇の御代も。
時代が下って秦氏の渡来も。

島根半島とは無関係ではないはず。
もっと古代の任那や新羅のことも
知っていったほうが良いんじゃないか・・・と感じるんです。
いつも心に引っかかっていて、胸がザワザワします。

なかなか前進はしませんが
少しずつ本当の古代出雲が見えてくるといいな。

私自身が、古代出雲人で、現代にも生きている
そんな感覚でいるので、
知らないことは心地良くない、と感じるようになりました。

ロボニャンはジバニャンの未来の姿。
ようじゅつ 氷結の術
とりつく鋼鉄パワー(まもりアップ)
ひっさつ ボウギョモードニャン
そしてちょっと寂しん坊


キミは私の相棒だyo!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/05(水) 08:40:01|
  2. 未分類