瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

オオタタネコさん

オオタタネコ

クシミカタマさんに心を寄せながら、古代出雲を偲んでいたら
オオタタネコさんのことにも、触れたくなりました。
ふたりは三輪の大物主に繋がるホツマツタヱの編纂者。
フィーリングは似てるけど、性質はちょっと違う感じ。

しわかみのweb

シワカミノ ココロホツマト ナルトキハ ハナサクミヨノ  ハルヤキヌラン
『地上の 心 ほつまと 成る時は  花咲く代の 春や来ぬらん』

ほつまつたゑ(29~40文)を編纂したオオタタネコが
序文の中で記しているウタです。

このウタは、なんだかよく分からないけれど
心にずきゅんと響くというか、
一度目にしてから、ずっと頭の中で回っているという
私にとっては印象の強い、マジナイちっくな歌なのです。
ほかに優れていると思う歌は、たくさんあるのに、これが一番のお気に入りです。

詳しくはこちらを御覧ください↓
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1589.html

この歌は、誰か特定の人に向けられているのではなく、
全方向に広がりや浸透をもたらす光があるからじゃないかな。
過去にも未来にも、遥か遠くまで、見通しながら詠まれた歌です。

皆様も、この一文のこの部分が気になってしょうがない、、、、そんなのがありますか?
私には、いくつかあります。
そこを掘り下げると自分の本質に近づける感じです。
読み方は、何通りもあって、何通りもの理解がある。
それを楽しんでいます。

きっとタタネコさんは、楽しめ~楽しめ~ と伝えていると思うよ。
なので、私は、自分なりの理解でアートにします。
どうせなら、誰もしていないことを、やってみたい。
たぶん、喜んでくれているんじゃないかな。
そう思っていたいですね。

このウタのイラストを完成させてupしたのが、2016年5月18日でした。

2016広島1

そしてそれから9日後の5月27日
アメリカのオバマ大統領が、原爆投下国の現職大統領として初めて、被爆地・広島を訪問。
広島平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花したというニュースが流れました。

そっくりなお花のリースが映し出されているのを見て、思いました。

やっぱり、タタネコさんの歌に感銘を受けるのは、
時空を超えて、世界の調和を伝え続けている歌だからなんだよ。

言霊48音の四十八神は、48音(ヨハネ)の黙示録のヨハネでもあり
言葉は真っ直ぐで純粋な想いを、現象化していくのです。

タタネコさんと、繋がってるな~と実感できた出来事でした。
私たちは、言葉は正しく使わなければならないです。
宇宙も世界も変えていく「音」なのだから。

2016広島2

この時、日本国民の心は癒され
多くの人たちの目から、熱い涙が零れたと思います。

それからまた終戦記念日を迎えて、
秋分と、お彼岸を超えて、、、

いまはどうでしょうか?

偽りの心で
偽りの歴史を刻む
偽りの世界創造を
続けていくのでしょうか?

2016広島3


6月8日、元春日・河内国一宮「枚岡神社」に参拝し
神奈備山である神津嶽にも登拝した時に、境内の掲示板に
昭和天皇の御製が張られているのを目にしました。

西ひがし むつみかはして 栄ゆかむ 世をこそ祈れ としのはじめに

皇統を繋いでいくお立場の歴代の天皇陛下のお心は、
縄文神の心そのものです。

私たちにも、その心を問われています。

まっさらな心で
道を糺して進んでいく時。
おわらせて、はじめてゆく時。

日本と世界の国々の、遥かなる、あめなる道を進んでいくとき。

崇神天皇とオオタタネコが出会ったときも、
国が外来勢力に包囲されて、
疫病が流行り、臣民の心は乱れ、
世界の終わりを迎えようとしていた。

昭和天皇の御代は、
幾度も繰り返される世界戦争に加担せざるを得なくなり、
大東亜戦争で国力を落とし、
一時代の終焉を迎えることになりました。

もしかしたら、崇神天皇とオオタネコの関係は
昭和天皇と国師・三上照夫の関係とも似ていたのかな。

いろいろなことを創造させられます。
ホツマツタヱは、編纂したクシミカタマさん・オオタタネコさん
ふたりの心に寄り添う気持ちで読んでいったら
きっと、読み解けなかったことが、だんだんと見えてくる気がします。
だって、私も同じ。
彼らとルーツを共にする古代出雲人だもん。
時空を超えて分かり合えているはず、そう思っています。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/07(金) 08:37:22|
  2. 未分類