瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

ノミノスクネさん

宿祢1

すっかり秋も深まってきましたが、
この夏、頂きものの「冷やし中華」があったことを
失念しておりました。

今日のお昼ごはんです。

宿祢2

たつの物語 宿祢

宿祢(すくね)とは・・・
たつの市は相撲の元祖 『野見宿祢』由来の地。
その名前から『宿祢』と名付けました。
相撲も麵も≪コシ≫の強さが命です。


兵庫県たつの市神岡町
森口製粉製麺株式会社さんの
二人前 冷やし中華です。

息子と二人で食しました。

トッピングは、ありあわせです。
黒豆枝豆、茗荷、葱、蓮根、
青柚子、松山揚げ、えごまパウダーとか。

中華なのに、素材は和風です。
いつも適当です。
でも合うんだなぁ~これが。

ごちそうさまでした♪

野見宿祢は、天神さんとして
菅原道真と一緒に祭られています。
中国地方では、とくに多いのではないでしょうか。
私の実家の近くでは、そうなっています。

祖父が健在だったころ、
一緒にTVで時代劇や大相撲の中継を見るのが好きでした。

行司さんの「はっきょい、残った、残った」
子供の頃は、この独特な掛け声を、
自然なものとして受け止めていましたが
いま聞くと、言葉の響きが面白いですよね。

どうして西と東に別れて軍配を受けるの?
南と北だとダメなの?
偉い人がそこから見ているから?

日が昇って沈む方向に
結びの一番は綺麗に括られるのかも。

勝負事にも日本人は
綺麗なリズムを求めてきたのかもね。

土俵って、フトマニ図みたいに見えます。

いろいろ見ていくと、いまさらながら、新鮮な発見がありそうです。
もう他界しちゃったけど、やっぱり相撲の話は、おじいちゃんとしたいなぁ~。
もう叶わない願いだけれどね。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/16(日) 14:49:43|
  2. 美味しい創造♪