瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

下鴨神社

前回からの続きになるのでしょうか。。。

水の女神様のお導きなのか
またしても呼ばれているような気がして、
京都市左京区にある、下鴨神社(しもがもじんじゃ)に行って参りました。

「下鴨神社にたくさんのどんぐりが落ちているよ」と、
去年のちょうど今頃、ブログで知り合った方からいろいろと情報をお聞きしていたので、
いまこのタイミングで行くのがちょうどいいかも・・・と思い立ったのが最初のきっかけです。

行こうと思い立ったら、とりあえず行ってみなければ落ち着かない。
なんだかソワソワして落ち着かない。

それは、ハイヤーセルフさんだったり
私を護ってくださる御神霊さんだったり
そういう存在からの確たるサインだと思っています。

たまたま昨日は仕事が休みで、良いお天気だったので、出かけてみることにしました。

参道2

下鴨神社の正式名称は、山城国一宮・賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)です。

上賀茂神社(賀茂別雷神社)とともに古代の賀茂氏の氏神を祀る神社です。
両社をもって一社のような扱いをされてきました。

賀茂神社両社の祭事である賀茂祭(葵祭)で有名です。

参道3


手水舎


本殿1 えとのお社2

御祭神は、玉依姫命(たまよりひめのみこと)と賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)

創建 不詳(崇神天皇7年(紀元前90年)頃?)

末社には八咫烏(ヤタガラス)をお祀りするお社があります。
ヤタガラスは、賀茂建角身命の化身であると言われています。

ヤタガラス=太陽 でもあります。

付属施設に、糺の森(ただすのもり)、みたらし池があります。

-------

実際に着いてみると、やはりシンクロが満載だと気付かされます。

ヤタガラスは、氏神様にもお祀りされているので、私にはとても身近な存在に感じられました。


また、葵祭で有名な下鴨神社の御神紋は、「双葉葵」という植物です。

「あふひ」と書かれ、「あふ」は「会う」、「ひ」は神様のお力を示す言葉で、
神様の大きな力に出逢う植物が「あふひ=葵」であると伝えられているそうです。

余談ですが、先月、私にとって、はじめての”姪”が誕生しました。
その子の名前は「葵ちゃん」といいます。
御祭神の玉依姫命は、安産・子育ての神様でもあります。
「葵」シンクロということで、本殿では姪の成長を祈願致しました。

-------

本殿の前には「えとのお社」があります。

干支の守り神様は大国主命。(おおくにぬしのみこと)
七つのお名前をもたれ、それぞれの干支を護っておられます。

・大国魂神(おおくにたまのかみ)  :巳、未歳生まれの守護神
・顕国魂神(うつしくにたまのかみ) :午歳生まれの守護神
・大国主神(おおくにぬしのかみ)  :子歳生まれの守護神
・大物主神(おおものぬしのかみ)  :丑、亥歳生まれの守護神
・志固男神(しこおのかみ)     :卯、酉歳生まれの守護神
・大己貴神(おおなむちのかみ)   :寅、戌歳生まれの守護神
・八千矛神(やちほこのかみ)    :辰、申歳生まれの守護神

大国主命といえば、出雲大社の御祭神です。
どことなく、出雲の空気を感じました。

大国主命の言霊数は181。 
弥勒菩薩と同じです。
大国主命は、やおろずの神々の中でも特に強力に私たちを応援して下さる神様のようです。

ここでは、あらためて地球と地球の生命体のアセンションに尽力することを誓い、
弥勒世に繋がるためのお力添えをお願いいたしました。

下鴨神社2 出雲井於神社1

・・・と、大国主命のエネルギーに触れ、出雲大社と出雲の地を思いだしていたところ
なんと、他にも出雲と名の付く摂社が存在することに気がつきました。

出雲井於神社本殿(いずもいのへのじんじゃ)です。
御祭神は、建速須佐乃男命でした。

う~ん。。。ミラクル。。。

さざれ石 結婚式2

君が代でも歌われている、霊石・さざれ石です。
これまた、出雲大社にも同じように祀られています。御縁が深そうですね。

大国主命は縁結びの神様です。
今日は楼門にさしかかると、ちょうど結婚式の参列に遭遇いたしました。

やはり、大国主命=181=弥勒菩薩 ということもあるので

弥勒世への移行へと”万端整えておけよ”というサインかなという気が致します。

みたらし社1

さてさて、やってきました。
こちらが、水の女神さまをお祀りしている「みたらし社」です。

こちらの御祭神は瀬織津姫命です。

本殿よりも先に、奧にあるこちらに導かれました。

みたらし社6

丑の日が近づくと、このみたらし川には、水がこんこんと湧き出てくるそうです。

どんぐりみたらしだんご5

数日前に、なんとなく、みたらし団子が食べたくなり
どんぐりを原料にして作って食べていたんですよね。
(写真は「どんぐりみたらしだんご」です)

みたらし団子は、ここの御手洗池(みたらしのいけ)の水泡を模してつくられたといわれているそうです。
この近辺の茶屋で誕生しました。

下鴨神社は、みたらし団子発祥の地だったんですね。

これもまたシンクロです。
また食べたくなりました。
神社に落ちているどんぐりでまた作ろうかな。。。

みたらし社2 みたらし川4

みたらし社5 みたらし川3

水はとっても澄んでいて綺麗でした。

みたらし川1

みたらし川に架かる橋には、たくさんのイチョウと銀杏が。

参道鳥居1

表参道の大鳥居です。
どこで撮っても、光がとても美しく射し込んできます。

御手洗舟形磐座石2

表参道にある御手洗は、舟形の磐座(いわくら)石です。
御祭神の神話伝承にちなんで、舟形になっているのだそうです。

媛小松1

御神木の媛小松です。

御祭神の玉依姫命にちなんで”媛”小松と名付けられています。

相生社2

こちらは、相生社の近くにある、連理(れんり)の賢木(さかき)です。

二本の木が、途中から一本に結ばれている不思議な木です。


いろいろ参拝しているうちに
身体がホカホカに温かくなってきました。。。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2009/12/02(水) 00:38:26|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)