瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

八十八夜の茶摘み歌

くにびきやぶきた茶

4月の第4週に母方の祖母が他界して出雲で葬儀がありました。
まだ90代だと思っていたけど、105歳の長寿で老衰。
理想的な旅立ちで、誰からも慕われ愛された
祖母らしい最後だったんだな・・・と思いました。

母が採れたての筍と、煎茶、鳩サプレーを送ってくれました。
筍は、さっそく炊いて食べたんですが
採れたてはやっぱり柔らかくて美味しいですね♪

「くにびき・やぶきた茶」というお茶は、出雲らしい名産品で
大国主命の国引き神話にちなんだネーミングの煎茶です。

鳩サプレーをお茶うけに・・・鎌倉に親戚はいないけれど
御土産でよく頂くお菓子で、子供のころから大好きでした。


根源に還っていった母の母(祖母)の魂と、
いつも気にかけてくれている母に想いを寄せつつ・・・

今日は八十八夜ということで
「茶摘み」(ちゃつみ)の歌を
カタカムナで思念読みしてみたいと思いました。


--------------

茶摘み

1.夏も近づく八十八夜
 野にも山にも若葉が茂る
 あれに見えるは茶摘みぢやないか
 あかねだすきに菅(すげ)の笠

2.日和(ひより)つづきの今日このごろを
 心のどかに摘みつつ歌ふ
 摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
 摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ


--------------
(以下、思念読み訳)


重要なものが集り、近づく 八十八夜
これまで時間をかけて進んできたので 
調和から離れて 
ついには現象の「死」を迎えることとなって
止まろうとしている

あれに見えるは
凝縮して集まっている光の玉ぢゃないか? 

見えない世界から伝わるもの

あかねたすき (6.7.8.9次元)=陰
菅の笠 =陰から伝わる光の玉

入ってきて
また調和していく


宇宙の根源から生れ出て
地上で転生を繰り返してきた私たちは
心 和香に 光を集めて歌う 

集まる光を 集めよ 光を
光を集めて 集めなければならない
光が集まらないと 
日本の 「茶(42ハ)」にはならぬ

42(ハ)+42(ハ)=強く引き合う
=84(ハ+ハ 中に入るチカラ)
=88(ハ+ハ) =母


--------------


八十八夜の茶摘み歌は、
大和撫子が成長して
立派な日本の母となるための歌でした。


八十八=88(はは)=母

四国88か所は
88=飽和して離れる
はちじゅうはち=42+27+(-23)+19+42+27=171=9 

9=空海

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/05/02(火) 08:23:23|
  2. 美味しい創造♪