瑠璃の星☆彡

写真・イラスト・旅日記

河合神社 (下鴨神社・摂社)

下鴨神社と、糺の森を出てから
摂社の河合神社にもお参りいたしました。

女性の守護神・・・とあれば、やはり参拝しないわけにはいきません。

河合神社1

御祭神は、下鴨神社と同じ、玉依姫命です。

神武天皇の御母神です。

玉依姫命は、神武天皇とともに、御母神として日本の建国に貢献された神様です。
日本婦人の鑑とも仰がれ、安産、育児、縁結び、学業、延命長寿の守護神として知られています。

う~ん、素晴らしい女神様ですね。

地球と地球の生命体のアセンションに尽力し
弥勒の世の建国に貢献していく女性のひとりとして
私もその御神徳に、ぜひともあやかっていきたいものです。


ここへ訪れることも、
今回の目的のひとつだったのかもしれません。


実際に訪れてみるまでは
真の目的などわからないものです。

こうして偶然のように訪れる神々との出逢いは
その後の自身の意識変容に
多大な影響を与えられたりしていきます。


向上心を持ち続けること
光を選択し続けること

それが意識の変容を促し
神々と繋がり
その世界に触れていく

ひとたびそうなってしまうと、
毎日がとてもエキサイティングなものになっていくのを実感できます。


まるで夢物語と思っていた遠い昔の神話や伝説が、
現代の私自身の三次元生活の中に
溶け込んで、交わって
様々なシンクロを呼び込んでいきます。


神々は、シンクロに繋がる様々なサインを
私たちに送って下さっているはずです。

頭で考えないで
素直に感じること

目に飛び込んでくるものを感じること
耳に聞こえてくる音を感じること

そうして感じ取って
身の回りに起こることを
歓びとして受けとめること

歓びの螺旋階段を登った先に見えてくる世界が
「弥勒の世」と呼ばれる新しい世界なのでしょう。

河合神社2 河合神社3

貴船社 高龗神(たかおかのかみ)

任部社(とべしゃ) 八咫烏神(やたからすのみこと)

六社

諏訪社 建御方神
衢社 八衢毘古神・八衢毘賣神
稲荷社 宇迦之御魂神
竈神社 奥津日子神・奥津比賣神
印社 霊璽
由木社 少彦吊神

三井社
  中社 賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
  西社 伊賀古夜日賣命(いかこやひめのみこと)
  東社 玉依媛賣命(たまよりひめのみこと)


--------

貴船社の、高龗神(たかおかのかみ)は、水の女神様であり、
下鴨神社・みたらし社の瀬織津姫命とも、とても関係が深そうです。

やはり、共にシリウスの女神様なのかな・・と感じます。

この糺の森全体の澄んだ小川が、
御祭神として存在する様々な女神の御神徳であることは間違いないと思います。


ヤタガラスの三本足は
「智」「仁」「勇」 ・・・または、 
「天」「地」「人」 ・・・を表すと言われています。



河合神社4

とても存在感のあるイチョウの木でした。

空の青に、イチョウの黄色がとても映えていました。

糺の森9

ここ河合神社は、「方丈記」の著者・鴨長明ゆかりの神社でもあります。


『石川や 瀬見の小川 清ければ 月も流れを たずねてやすむ』


鴨長明 「新古今和歌集」より

「瀬見の小川」とは、現在も河合神社の東に流れている川のことです。


12/2満月

折しも、本日は満月です。

美しい月も、清らかな小川の流れも、すべて女神様の象徴ですね。

これから開かれていく新しい世界「弥勒の世」では
私たち女性のひとりひとりが、女神様の御神徳を受けて輝き、神々と共に歩んでいく世となります。

「糺の森」の鮮やかな景色のように
心に美しい色を重ねながら輝きを放って進んでいきましょう。


下鴨神社の女神様
河合神社の女神様

お招き下さり、ありがとうございました。(-人-)

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2009/12/02(水) 22:22:29|
  2. 神社仏閣めぐり(京都)